• 生路達のカードワースシナリオの取り扱いについて #CardWirth

    2019-12-25 19:33

    生路の制作シナリオで使われている生路が作ったカードデータは、(他者の著作物が含まれている場合、そっちの規約も参照ですが)「誰もが」画像ごとインポートしてシナリオ製作などに使って問題ないです。
    キャストデータを使おうが、スキルやアイテムをNPCやエネミーに持たせたりシナリオ中で手に入れられるようにしようが、必要に応じて加工したり、データや画像を書き換えたり、テキスト書き換えようが。
    「誰もが」使って問題ないです。

    生路作のカードワース画像素材は「誰もが」使用して問題ないです。
    (他者製の素材との合成場合、別途合成相手の作者の許可なども要りますが、生路としては)カード画像合成も、生路の画像素材を使用したカードのインポートによる再配布許可も同様に全面的に許可します。
    なんでしたら、シナリオから生路が描いた画像素材をぶっこぬいて使ったってかまわないです。
    「誰もが」使って問題ないです。

    生路の制作シナリオはニコニコ動画・YouTubeなどでのシナリオプレイの動画投稿や生放送、スクリーンショットも同様に許可です。
    「誰もが」動画を投稿したり生放送したりしても問題ないです。
    ブロントくんのCardWirth入りみたいに動画用にシナリオいじくっても問題ありません。
    東方カードワースみたいに動画中にカードワース画面以外を挿入しても問題ありません。
    「誰もが」やっても問題ありません。

    生路の制作シナリオはカードワースSS媒介も同様に許可です。
    「誰もが」生路の制作シナリオを題材にしてSSや漫画やイラストを描いても問題ありません。
    向こうでの独自の解釈や、媒介上のネタバレやどれほどの大幅な改変も全く無制限に問題ありません。
    「誰もが」やっても問題ありません。
    てゆーか、幹徒からは「版権ネタとかやっているんですから、私みたいにそういうの気に入らない人は遠慮なく大幅改変してください」との事です。

    何らかの理由で生路のシナリオや素材が絶版になった場合の代理配布・公開も同様に許可です。
    「誰もが」やっても問題ありません。
    てゆーか、その場合、躊躇なく著作権放棄するつもりです。


  • 広告
  • 生路の絶版嫌いの重症加減

    2019-07-08 18:45

    生路が望むのはみんなが創作物で楽しく幸せになれる、笑顔になれる世界。

    「表現の自由の侵害」や「文化保存面」などの問題に付属する人間(作り手・会社・ボランティア含)は生路にとって、その「みんな」には含まれていないのを通り越して、ああいう人達や、寛容さや心の余裕がない人は創作文化/二次創作文化の破綻を招くと考えている。
    逆に言ったら、そういう人達も、生路の理想とする世界を叶える事で「救う」事になるんだと考えている。

    たとえ、その問題に付属する人間や会社の意向や事情にしてみれば不本意であったとしても、生路は創作物で楽しく幸せになりたい人達に誰一人泣いて欲しくないんです。創作物で楽しく幸せになりたい人達みんなに笑顔でいて欲しいんです。

    結局は不寛容な心と、真心を忘れてた卑しい心が問題を産むんだよ。今の創作側に足りていないのは、「寛容」や「真心」の心だよ。僕自身とて例外でなく、ね。

    いかに作品保存面を改善するかは、いかに作品を必要としている人達を幸福にするかは、今後の創作者の課題ではないでしょうか。

    生路は現在も、文化保存面でバッシングが起きていた時代や、文化保存面の問題でメーカーが作品の著作権を文化庁に差し止められた世界線を悪夢で見てはうなされています…。

    本当…原作側の版元が二次創作者に、作り手が回覧者・消費者・需要側・使う側に配慮すべきだと思う…。何というか…強い立場や力の者が自分達の為だけに力を振るうのは間違っていると思うし、弱い立場の人を守るのが正義だというのも割と同感だから。

    生路の「文化保存活動」に纏わる記事を繋げて見てみると、生路の文化保存と著作物に纏わる心情がわかる。


    生路の絶版嫌いの原因は誹謗中傷された事とバーチャルコンソールを求めての「たのみこむ」での文化保存派活動延長線上トラブルのトラウマ。
    ▼余談:あの延長線上のトラブルで作品の著作権放棄さぜるを得なくなった作家もあの当時居ました

    現実の世界でも日常的に文化保存問題に関わっているニンテンドープリペイドの購入など電子書籍やDL販売の購入・支払いの為に現実の世界で活動する頻度が高い)事も原因になっている。
    ※なぜ、文化的・法律的な損失が出てからの改善が、最悪の解決方法といえるか。それは、株主とかに文化保存面の問題を酷くしていると疑われるなどしたら、信用を失うなどの理由による。下手なダンピングよりも酷い安売りをさぜるを得なくなって、大なり小なり作り手側に経営上のダメージを与えてしまい、最悪原価割れして創作者側が食いはぐれかねないからなのだから。

    □絵を描いていたら、現在絶版のかつてのお気に入りの絵に自分が描いた絵の構図・角度・ポージングが酷似している事に気づく傾向有り。
    ┗リアル知人と湖岸、雪菜園樹、烏丸樹、万年青、サウスの付き添いのもと、今までの絵を振り返ったり、実際に現在絶版のかつてのお気に入りの絵の模写と絶版アップロード作品のキャラクターからのモドキキャラの製造({保存していたor違法アップロードサイトで発見した}実物を見ながら・実物が無いので記憶を探る共に)試みて検証した処、それらの絵と同じ構図・角度・ポージング・センス・デザインで描くのが特意な傾向に生路はある事に気づいた。

    □生路の作品が消される事と供給側に需要側がないがしろにされる事に伴う苦痛は、絵の練習にも支障をきたす所まで精神的ダメージがかさんでおり…。
    ニルズスラフエレラカロルペリゼ
    見覚えがあったんだ…自分の絵柄に、目指していた自分のセンスに…!!
    といっても、言うまでもなく、先人の絵師の画風をそのまま使うには生路の能力が足りないため、完全な再現は出来ていない。
    だが、足りないものを他の要素で補うことによって、生路自身が忘れかけていたにも関わらず、自分で描いて自分で既視感を感じるほどオリジナルに非常に近い絵柄を実現している。
    …というのが生路の分析。

    □モドキキャラでない一次創作キャラクターデザインを描いたら、現在作品が絶版のアップロード作品のオリジナルキャラクターや擬人化・擬少女化キャラクターに酷似している事に気づく傾向有り。

    □作品漁りをすると、かつてのお気に入りや慕う人が作っていた絶版の作品やキャラクターや擬人化とは、作品属性が同じ作品や、外見などがそっくりなキャラクターに惹かれる傾向有り。例として挙げれば…
    ▽のあ・ばーとん兄のゆう・ばーとんに対する「銀河にたゆたう僕と君」の男の娘の断髪後(カップやきそば現象)
    ▽米※の姉御の忘却崩魂に対する
    東方男娘録」「RuneF@ctory」(記憶喪失繋がり)
    ▽作者録に対する「ふたば☆ちゃんねる」など女体化TSFモノ全般(女に生まれ直す繋がり)
    ▽東方天空剣/ダブルソードに対する恋姫無双・戦国恋姫系列、和月信宏系列、みゅうたんにおまかせ等のモドキキャラ系とFE×東方全般。
    ……記憶喪失、女体化TSF、モドキキャラなど、どうしても復活させたい気持ちのある作品と同じ作品属性の作品に生路は強く惹かれている。
    ▽その他、({保存していたor違法アップロードサイトで発見した}実物を見ながら・実物が無いので記憶を探る共に)細かく調べた所、生路が惹かれたキャラの内、プリキュア系列の星空みゆき、菱川六花、輝木ほまれが絶版アップロード作品のイラストに描かれたキャラクターと酷似している事を特定。

    ▽生路は絶版嫌い抜きにしても永久保存されない著作物の限界に影響されやすい。
    東日本大震災のストレス・トラウマが絵や遊びに影響出て、津波の絵を夢中になって描くようになったって話と原理が同じ症状とも推測。


    ◇検証結果と仮説から出した結論:生路1人に限った話でなく永久保存されない著作物は誰にとっても非常に危険。過去ばっかりを見て今を捨てなきゃいけなくなる。

    ◇生路のネット・リアル双方の知人の協力の元、さらに細かく検証した結果。
    所謂キャラ厨・懐古厨・カプ厨・リク乞食の類(と迷惑行為をしてない同じ考えの人達)にも、生路に起こっているのと同じ原理の症状をきたしているケース過多。(メガネっ娘が突如としてメガネを捨てる、髪が長かったキャラが断髪、ロリショタが成長等、意図的にキャラ属性を崩されてしまうのを嫌がる人が、自分が好んだキャラクター作画の技術・画力が異常上昇する。懐古厨(とそれと同じ意見の人)が自分が好きだったのと同じ作風で作品を作ったら思いのほか大好評。キャラ厨が魅力的なキャラクターを作り出したり、イメージ戦略的な部分のスキルに、リク乞食がシチュエーションを魅せる技術に高い才能を示すなど)
    …その検証方法はリアル知人が教えてくれました。その検証方法が何なのか、どうやって確実にそうだと実証したかというと…「人の振り見て我が振り直せ」「好きこそものの上手なれ」ということわざと生路に絵を教えた人が言った「たとえオリジナリティや流行を度外視してでも、自分で自分に合う作品を作る覚悟も必要」という言葉で説明がつく

    □絶版だった作品の合法的な再公開を見れると大声で喜んでしまう悪癖があり、周りのリアル知人に迷惑をかけてしまう事も。(実は生路的にはかなりコンプレックスになっているが、冗談抜きでうれしいのも事実なので治す気も無い)

    □今までを振り返ると先々PD化する前に永久保存される事になる著作物や、保護期間が切れる前に著作権放棄される事になる創作物に惹かれている傾向有り(重症?)
    どれぐらい重症かと言うと…
    ・バーチャルコンソール以前から熱心な任天堂ファンでソニー系列にも関心を持つ。
    ・ダウンロード販売のアダルトゲームとアリスソフトフリー配布宣言作品の中には、全年齢メディア、Wikipedia、ニコニコ動画、文化保存活動などから経由で未成年時から生路は存在・内容などを知る事になった作品(とその関連作品)が多々ある。全年齢にしても、東方サッカー、バカルテットX、幡紫竜で同じことになった。
    ・「東方時封城」「東方夢終劇」は片やレイラ生存説の開祖という事で、片や東方アレンジで惹かれ、最後の再販の後のある日東方弾幕風wikiに立ち寄って…
    東方人形劇に至っては、幻想人形演舞の事もあるが、素材の著作権が放棄されている。
    ・逆に生路にはあんまり惹かれるもののない作品は、割と突然に/あっさり、打ち切り・削除されてしまう傾向有り。(まあ、生路ちゃんは何が嫌いかより、何が好きかで自分を語るという心情な以上、こっちは作品名は出さないけれど…)最も、そういう作品ですら消されたりしたら本気で悲しい辺り、重症。
    ▽仮説1:無意識下で未来を視てしまって、永遠に保存される著作物として対応するレベルで重症?
    ▽仮説2:重度の絶版嫌いのあまり、お気に入りの作品が先々永久保存されるフラグが立つ体質に?
    …作者録や忘却崩魂や東方天空剣や英衣さんの学園モノとかも、あたしは今も復活を望んでいる辺り、先々…?まさかね…。

  • 文化保存に関して浮上した可能性+生路の望む文化保存に否定的な人達へ警告:違法流通を警察が取り締まった結果の予想

    2019-06-30 12:49

    アメリカの世論が文化保存に傾いていくまでのアメリカの著作権・流通関係のタイムテーブルを纏めてみた結果こうなった。

    2012年1月:違法流通に利用されていたオンラインストレージMEGAUPLOADがアメリカ司法省とFBIによって封鎖

    2013年1月:それで逮捕基礎された人物が新規のオンラインストレージMEGAを開設

    2013年03月:米著作権局が議会に「保護期間短縮」を要請

    …1年と…たった二ヶ月…!!時期の近さなどから考えると…

    まるまる1サイト囮の…

    全部、割れ厨の罠!!?

    結論:オンラインストレージの違法流通での逮捕者が文化保存面の問題を喋った結果、そこから司法省・FBI・裁判を経由して著作権庁にまで問題が知れ渡った線濃厚

    もし、そうだとしたら…日本でも海外にせよ国内にせよ、違法アップロードサイトやP2P…それも絶版品(封印作品のマンガやアニメやライトノベル、削除・公開停止されたアップロード作品、絶版の同人作品、ダウンロード販売にないアダルトゲームなど)を取り扱っている所を摘発したら…!!

    絶版品の違法流通に関わっていた人がタイーホ

    絶版品やサービス終了したオンラインゲームの文化保存面の問題を供述した事により問題が知れ渡る。最悪の場合、この時点で絶版品の著作権が即死する

    作品保存面の問題も検討され始める。

    著作権保護期間を短縮したうえで、著作権保護対象外を指定さぜるを得なくなる

    結局、作品を下げておきたい作者側にも不利益になる