ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2021年度 攻略済作品まとめ 1月~3月
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2021年度 攻略済作品まとめ 1月~3月

2021-01-10 02:30
    タイトル【点数(最大100点)】※US,EU,KR等は海外版
    ★はオススメ度【MAX5】
    色付きタイトルは各期の個人的なMVPです。
    プレイ中に思ってた内容を記載してますが、中身のないコメントが9割を占めます。
    文章はちょこちょこ追加したり修正してます(誤字があればすみません)

    そんな内容なので細かい部分は放送中に聞いてください。
    更新タイミングは基本クリア後トロコン時トロコンが近い時です。
    参考(トロフィー状況):https://psnprofiles.com/atelier-kirika

    Demon's Souls 【70】★
    いわゆるソウルゲーの元祖でしょうか…
    私自身ダークソウルは経験ありますが(3作とも挫折)デモンズは初でした。
    PS5買ったからやっぱりこれもやらないと!!って気分で新年1発目の作品に決定。

    良い部分はまあ良くも悪くもソウルシリーズ。
    難しいが達成感はあります。
    悪い点は少し不親切なところはやっぱりソウルシリーズ。
    一部のボスも結構情報分からないと苦戦します。
    ただ困難の果てに達成感がある作品なのは間違いなく、今回はクリアまでは無事いけました。
    改めてやってみるとダークソウルは結構MAPも広く、自由度もあがってたんだな…って感じます。
    リメイクとはいえ程よいボリューム、難しさを楽しめてそこは満足。
    問題は自身のプレイスキルがどうにもならなく、トロコンが難しいということ…

    そもそも私ソウルシリーズってBloodborneが初めてクリアできた作品です。
    それこそそっちがいけるなら簡単だよ!!ってよく言われますがそんなことない(´・ω・`)
    仁王とかSEKIROとかも終わらせてますが、どうにも元祖ソウルシリーズは難しいようで…
    なので今回は早めに切り上げます。
    コンプまで持ち込みたいが私には厳しそうだ…
    でも楽しかったのは間違いないです。

    アオナツライン【95】★★★★
    恋愛ノベルゲーで2020年度より詰みゲーと化していた作品の1つ。
    いろんな縁と恵まれた環境のもと頂いておりましたが、長い事眠らせていました。
    今年1作目のノベルゲーとして選定しましたが、個人的には非常に満足
    ヒロインは3人、長さも程よく、皆良かった。ことねが可愛いよ!!
    しいて言うなら1名だけちょっと他よりも終わった印象が弱かったくらい。
    ただそれは悪いわけではなく、他が良すぎただけです。~~~っ......
    100点つけるのは難しいですが、それでもここ最近やった中では1番良かった。
    内容自体は青春もの。
    王道的だけどそれが良いのです。

    VVV戰機少女【58】
    国内版タイトル名はブイブイブイテューヌでHK版です。
    細かいことは国内版と同じです。
    ドウガバトラーがYoutubeが使えない為、そこが作業としてちょっとだけ変わってたくらいです。
    基本は国内版を昨年やったのでそちらを参照してください。

    メルヘンフォーレスト【70】★
    元はスマホ用のアプリ作品、その後Steamで発売もしていたみたいですね。
    私が知ったのは昨年末くらい、雰囲気的に楽しそうだったので今回やろうかなって。
    良い部分は戦闘は楽しい、難易度自体も悪くなくボリュームも丁度良い感じ。
    悪い部分は程よくユーザーに不親切、戦闘が長引くほど単調になるという事。

    戦闘自体は基本的に攻撃、回避、防御の3種類がメインでリアルタイム戦闘。
    敵の攻撃には回避推奨攻撃、回避不可攻撃、防御推奨攻撃、タイミングよく防御するとパリィできるものの基本4種類です。
    基本の流れは通常攻撃を行い、パリィ可能な攻撃はパリィする。
    パリィ後はアイテムが使用できたり(回数無制限)必殺技が使えたりします。
    なのでパリィ後は技を使いダメージを稼ぐことがメインの戦法です。
    雑魚戦自体は楽しいです。回避しないと結構ダメージが大きいのも緊張感がある。
    ただ問題はボス戦。
    後半の雑魚戦もそうですが、パリィができる攻撃をあまり敵が使ってくれないのです。
    HPがわりと高いボス戦では緊張感はあってもかなり作業感が増してしまう…
    バランスが難しいのはありますけど、この作業感はちょっとだるさを感じてしまった。
    普段が良いだけにどうしてもここがもったいない。

    ユーザーに不親切な部分も目立ちます。
    まずMAPが見れないです。MAPが広いわりにこれはかなり致命的。
    アイテムの効果もメニューからだと見れない為、何がどういう効果か使って覚えるしかない。
    パリィ後の技やアイテム選択も何故か技を選ぶと前の選択肢に戻れないのも謎です。
    1つ1つが結構重要な項目な為、ここはどうしても他作品と比べると不親切に感じてしまう。

    そうはいっても基本は面白いです。
    雰囲気も良いし、戦闘も基本的には楽しめる。
    惜しい部分が多いけど普通にやる分には充分楽しめます。
    元がスマホアプリって後から知り、そこからCS版にできるくらい人気があるのも分かる楽しさでした。
    値段もお手頃なので是非1度やってみては??
    私は新年1つ目のRPGとしては充分満足してます。

    かけぬけ青春スパーキング【85】★★★
    PC版ギャルゲーなのでR18ですね。
    詳細はR18ゆえに書きませんが、橘花っていう子が凄い可愛いとだけ言っておきます。
    久しぶりに感動して大泣きした作品。
    細かい事を聞きたい方は配信中にでも直接聞いてくださいな。

    ぷちっとクラスター【80】★★

    値段も1000円以内(だった記憶…)で買えるパズルゲーム
    文字だけだと伝わらない気がする為、画像も用意しました。
    ↓こんな感じのパズルゲーム

    ルール的には自陣3列、各列の一番下にある色の1つ上の色と同じ色を下に配置すると同じ色に変わる。
    画像だと左は、中央は、右は青。左記の色を列の下に置くと間の色がその色に変わります。
    要するにオセロみたいなものですね。
    あとは多くの色を変えていけば相手の体力が多く減り、黒の何色か分からないブロックが配置される感じ。
    やる事はぷよぷよとかに比べるとシンプルです。
    ただシンプルなだけに結構面白い。
    ネットワーク通しての対人もできます。
    ぷよぷよよりよっぽど簡単です。
    ゲーム自体はそこまでやる事が多い作品ではないですが、シンプルだからこそ楽しめる部分も大きく、不満はこれといってないです。
    値段以上には普通に楽しめました。

    HOME SWEET HOME【40】
    ホラーだと思ったのでわくわくしながらやりましたが、思ったよりも怖くなかった作品。
    基本は探索、敵は倒せない為回避。
    ホラーゲームのよくあるパターンですね。
    良い点は雰囲気のみ。
    敵(Ch3の巨人はダメ。あれはいらない)含め結構怖い雰囲気作りは良い。
    敵の武器のカッターのカチカチ音がいい感じに怖さを表現してます。
    悪い点はこれ1つでシナリオは完結しないこと。
    これがやっぱり大きいです。

    雰囲気に関しては問題なく楽しめます。
    怖いかどうかは人によりますが、学校等は結構雰囲気楽しめる。
    血の表現が多いですが、これも怖さ的には良い演出になってる。
    敵に関しても基本逃げる…というより相手にしても倒せない為、基本は隠れられるロッカーみたいな回避ポイントに逃げ込み敵を撒いて探索に戻る感じです。
    作品自体もそこまで長くはないですが、これ1つで完結しないのはダメ。
    ED直前ではブレアウィッチでもあった家内を延々歩きます。
    この時点で嫌な予感がしてましたが、案の定最後はEP2に続くの文字が…
    一応基本的には夫が妻を探す部分が話の重要部分。
    そこを根本的な解決がないまま引っ張られても、この作品をそこまで続きをやりたい!と思える内容ではないのです。
    せめてそこは解決する、もしくは合流したうえで引っ張られるならまだしも…
    ※聞くとこによればEP2は1と違って雰囲気含め残念と聞きました。真相はやってみないと分からないですが、1をやったうえで2は特にやる気が起きないのが本音。

    良くも悪くも雰囲気を楽しむ作品かと。
    人によっては結構怖いらしいです。
    そういう怖さが楽しめるなら充分ホラーゲームとしては楽しめるはず。
    私は耐性があるので怖いどころか配信中に笑ってるくらいには余裕だった為、その辺ホラーゲームとしてもちょっと不満足。
    でも不気味な感じは初見時は結構わくわくできました。
    もっと敵さんは自由に動いてほしかったかな。
    まあそれでもブレアウィッチよりは絶対マシです。
    それは断言できます。
    このゲーム糞だわーって言う人はブレアウィッチやってほしい。
    あっちはいつ終わるかわからない絶望の雰囲気は完璧だけど、こっちのが全然楽しめます。
    比較対象がそれになってしまうくらいにはちょっとイマイチでした。

    Devil May Cry4 Special Edition【70】
    DMC5やったから4も今なら挫折しないでやれるだろう!って始めました。
    無事クリアまで行けましたが、5ほど個人的に盛り上がれなかった…
    アクション自体は別に楽しめるので不満は特になく。
    ただ戦闘中のカメラの移動が最高速度に調整しても遅いのがキツイ…
    私の場合5を経験して快適さに慣れてるからでしょうけど、昔の作品なのでしょうがないのは分かるがやはり比較してしまうものです。
    どうしてもカメラの遅さだけは気になりました。

    また5は基本1本道を進んでいく感じに対して、4はバイオのような探索要素もあります。
    アクション下手な人が言うのも変ですが、探索したいならバイオでいいかな…って。
    戦闘自体は楽しいですが、探索はこの作品だとどうしても邪魔に感じてしまう。

    初めて出たのももう何年も前ですし、意外と古い作品になってしまいましたがそれでも楽しめるのは確かです。
    とはいえ5の後にやると色々と不便というか違いに驚きます。
    それだけ5が進化したんだな…って。

    金色ラブリッチェGolden Time【70】★
    PC版プレイ済み、今回どの程度コンシューマー版になる際にセリフ等変わったか、カットされたか見比べて見ました。
    想像通りでしたが、結構減ったな…って。
    特にコンシューマー版は1人だけかなり良い子になってしまった…
    まあこれはCS化するうえでしかたがないです。
    ただ切るだけでなくてちゃんと話を辻褄合うように見せるのは結構大変そうだと改めて見比べて思いました。
    作品自体は楽しめます。
    前作はやった方が良いかと。
    やらなくても問題ないけど、その場合70点⇒30点くらいになります。
    それくらいちゃんとした続編ですから一応。

    void tRrLm(); ++ver;【80】★★★
    日本一のローグライクゲーム。
    風来のシレンとかトルネコの不思議なダンジョンとかで有名なシステムですね。
    良い部分はローグライクですが、基礎ステータスに成長要素がある事。
    これにより通常であれば死亡やダンジョンクリア時等は初期化されるステータスですが、
    成長していく為、難易度的にもかなり簡単なのです。
    また装備等アイテムは一切持ち越しできないのは本作の特徴。
    通常この手のゲームって素潜りと呼ばれる持ち込み禁止ダンジョン以外は大概持ち込めます。
    なので良いアイテムを入手して持ち帰って、また次の時にお世話になる…
    この作品の場合、獲得したアイテムはダンジョンを出る際に全て素材値に変わります。
    その素材値を使ってステータスUP系の鑑賞アイテムを作ったりするわけです。

    悪い部分もちょっと探索を進めたいときに限ってお世話に戻る手間が生じる事。
    この作品は人類滅亡に思われた世界で1人の人間を機械がお世話する作品。
    病気になったり空腹のままにしておくとゲームオーバーみたいです。
    なのでいい所で戻らされたりする場面があり、テンポが悪くなる原因でもあります。
    これ以外の目立つ欠点はないです。

    日本一にしては珍しく当たりの作品。
    目立つ欠点がないんです。本当に。
    テンポが悪くなる要因ですが、作品のテーマでもある為、そこは仕方なく…
    長さも実はあまり長くない為、ストーリークリア以外はやりこみっぽいダンジョンも1つですが、それも難しくない為全体通してはかなり短いです。
    お手軽にできて、難易度も優しいので遊びやすいのは事実です。
    久しぶりに日本一で当たりを引けて嬉しかった!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。