魔王「ブロマガ始めました」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

魔王「ブロマガ始めました」

2013-01-24 01:06

    こんなに遅く夜と風をついて、ニコ動で動画を見ているのは誰?
    それは子供を連れた父親。
    父は子を腕に抱き、しっかりとつかみ、温かく抱きしめている。


    ----------------------------------------------------------------
    父「わが子よ、何故そんな怖そうに顔を隠すのだ?」

    子「お父さんには魔王が見えない? 
      カボチャマスクをかぶって、ハンダゴテを持った魔王が?」

    父「息子よ、あれはきりんの投稿動画だよ」



    ----------------------------------------------------------------
    魔王「かわいい坊や、わしと一緒にいこう!
       お前と楽しい遊びをしてあげるよ!
       画面にはたくさんの色とりどりのコメントが流れているし、
       たのしいゲームもたくさんあるよ!」

    子「お父さん、お父さん、聞こえないの?
      魔王が声をひそめてぼくに約束しているのが?」

    父「静かに、静かにしていなさい、わが子よ。
      きりんがコミュに誘っているだけだよ。」




    ----------------------------------------------------------------
    魔王「いい子よ わしと一緒に行きたくないのかい?
       わしの娘たちにお前の世話をよく見るよう言ってある。
       わしの娘たちは夜ごと輪舞を披露し、
       揺すり、踊り、歌ったりして、お前を寝かしつけてくれるよ!」


    子「お父さん、お父さん、あそこに見えないの? 
      暗いところにいる魔王の娘たちが!」


    父「息子よ、息子よ、確かに見えるとも。
      あれはきりんの静画だよ。」



    ----------------------------------------------------------------
    魔王「わしはお前が好きだ かわいい姿がたまらない!フヒヒ!
       お前にその気がないのなら、力づくだぞ!ハスハス!」


    子「お父さん!お父さん!つかまっちゃったよ!
      魔王がぼくをひどい目にあわせるよ!」


    父親はさすがに恐ろしくなって、急いでブラウザを閉じた。
    うめく子供を腕に抱いて。
    やっとのことでPCの電源を落とば、
    その子は腕のなかでブロマガを読んでいた・・・


    ----------------------------------------------------------------
    というわけで、気が向いたら投稿した動画やニコ生でやっている
    ゲームの話でも書こうと思います。



    • 前の記事
      これより過去の記事はありません。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。