アーティストバトルロワイヤル 第1回
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アーティストバトルロワイヤル 第1回

2014-08-27 07:27

    こんばんは、木更津市民です。
    このコーナーをやるのも久しぶりですが。
    如何せん、6月に入ってからは
    このコーナーを開始したために、
    そもそも、ここのアーティストについて
    書かなくなっていった事があります。
    なので、このコーナーを少しでもやると、
    すぐにネタ切れる、という事になります。
    予定としては、9月までのもので、
    スクールカレンダー上の
    上半期の上位を決めていきたいと考えています。
    その際には、これまでのワイルドカードはなしにします。
    では、今週も始めます。

    戦いを繰り広げるのは、次の人たちです。

    ○KAT-TUN
    ○V6
    ○氷室京介
    ○布袋寅泰
    ○UVERworld
    ○SURFACE

    これら6組から上位10曲を項目別評価により、
    ランキング付けしてみたいと思います。

    これらの人における、個々のランキングはこちら。

    ☆KAT-TUN

    詳しい内容~日々の音楽~へ

    1位:Keep the faith(2007)
    2位:Real Face(2006)
    3位:BIRTH(2011)
    4位:僕らの街で(2006)
    5位:CHANGE UR WORLD(2010)


    ☆V6

    詳しい内容~日々の音楽~へ
    1位:TAKE ME HIGHER(1996)
    2位:over(1998)
    3位:グッデイ!!(2007)
    4位:Sexy,Honey Bunny!(2011)
    5位:愛なんだ(1997)


    ☆氷室京介

    詳しい内容~日々の音楽~へ

    1位:STAY(1996)
    2位:NATIVE STRANGER(1997)
    3位:魂を抱いてくれ(1995)
    4位:KISS ME(1993)
    5位:SWEET REVOLUTION(2006)


    ☆布袋寅泰

    詳しい内容~日々の音楽~へ

    1位:スリル(1995)
    2位:STILL ALIVE(2010)
    3位:RUSSIAN ROULETTE(2002)
    4位:CIRCUS(1996)
    5位:命は燃やすつくすためのもの(1996)


    ☆UWERworld

    詳しい内容~日々の音楽~へ

    1位:CORE PRIDE(2011)
    2位:D-tecnoLife(2005)
    3位:儚くも永久のカナシ(2008)
    4位:Colors of the Heart(2006)
    5位:哀しみはきっと(2009)


    ☆SURFACE

    詳しい内容~日々の音楽~へ

    1位:ゴーイング my 上へ(2000)
    2位:さぁ(1998)
    3位:なあなあ(1999)
    4位:.5(ハーフ)(2001)
    5位:それじゃあバイバイ(1998)


    と言う訳で、30曲が出揃いました。

    それでは、順位をつけていきたいと思います。



    10位:Keep the faith(2007)

    歌詞はこちら

    歌詞:★★★★★★★★☆☆
    曲:★★★★★★★★★☆
    アレンジ:★★★★★★★★★☆
    声:★★★★★★☆☆☆
    歌唱:★★★★★★★☆☆☆
    ボーナス:

    総合:40



    9位:NATIVE STRANGER(1997)
    歌詞はこちら

    歌詞:★★★★★★★★☆☆
    曲:★★★★★★★★★☆
    アレンジ:★★★★★★★★☆
    声:★★★★★★☆☆☆
    歌唱:★★★★★★★★☆☆
    ボーナス:

    総合:42


    8位:CORE PRIDE(2011)

    歌詞はこちら

    歌詞:★★★★★★★★☆☆
    曲:★★★★★★★★☆☆
    アレンジ:★★★★★★★★★☆
    声:★★★★★★★☆☆
    歌唱:★★★★★★★★☆☆
    ボーナス:★★

    総合:43

    ボーナス理由:
    ソニーのアニメソングは、基本的には
    昔からの意識の名残で、好きになれません。
    しかしながら、UVERworldは
    アニメと楽曲のマッチングは別として、
    アニメファンにも浸透しているバンドなので、
    そこは評価しないといけないと思うため、
    わずかですが、ボーナスを付ける事にします。


    7位:STILL ALIVE(2010)

    歌詞はこちら

    歌詞:★★★★★★★★★★
    曲:★★★★★★★★☆☆
    アレンジ:★★★★★★★★☆
    声:★★★★★★★☆☆
    歌唱:★★★★★★★☆☆☆
    ボーナス:★

    総合:43

    ボーナス理由:
    この曲が「北斗の拳」のプロジェクトの
    主題歌として使用されていたことにより、
    歌詞がその世界でしっかりと染まっているのを聞いて、
    この手の作品をしっかりと作れることを認識して、
    さすがHOTEI、当時感心しました。
    歌詞に評価が含まれているので
    ボーナスは弱めです。


    6位:スリル(1995)

    歌詞はこちら

    歌詞:★★★★★★★★☆☆
    曲:★★★★★★★★★☆
    アレンジ:★★★★★★★★★★
    声:★★★★★★★☆☆
    歌唱:★★★★★★★★☆☆
    ボーナス:

    総合:43


    5位:STAY(1996)

    歌詞はこちら

    歌詞:★★★★★★★★☆☆
    曲:★★★★★★★★★☆
    アレンジ:★★★★★★★★★☆
    声:★★★★★★★☆☆
    歌唱:★★★★★★★☆☆☆
    ボーナス:★★

    総合:43

    ボーナス理由:
    この曲で、初めて「ヒムロック」はこれか。
    そういう認識をしたのを覚えています。
    「魂を抱いてくれ」あたりからは
    十分に認識はしていましたが、
    この曲とは全く違いものだったので、
    本格的な被無ロックサウンドに触れたという事で、
    このボーナスとなります。


    4位:さぁ(1998)

    歌詞はこちら

    歌詞:★★★★★★★★★☆
    曲:★★★★★★★★★☆
    アレンジ:★★★★★★★★★★
    声:★★★★★★☆☆☆
    歌唱:★★★★★★★☆☆☆
    ボーナス:★★★

    総合:45

    ボーナス理由:
    SURFACEにおける最初のヒットであり、
    個人的会心作だったとある事。
    そして、主題歌として起用された
    アニメ「まもって守護月天」もまた
    私においては、思い出深いものとなっているため、
    この程度のボーナスが付くことになります。
    今でも、このノリは衰えません。



    3位:ゴーイング my 上へ(2000)

    歌詞はこちら


    歌詞:★★★★★★★★★☆
    曲:★★★★★★★★★☆
    アレンジ:★★★★★★★★★☆
    声:★★★★★★☆☆☆
    歌唱:★★★★★★★☆☆☆
    ボーナス:★★★★

    総合:45

    ボーナス理由:
    この曲のリリースの頃、私は就職活動で
    非常に苦闘を強いられていました。
    就職は運ゲーだという事を
    強く思わされていた時でした。
    こういう、精神状態の悪さを
    回復させてくれた曲に入ります。
    なので、この曲における思い出は
    かなりのものがあります。
    就職活動自体は成功しましたが
    そもそも、入った会社が間違っていました。
    これもまた、運ゲーなのでそうね。



    2位:ライオン/中島愛,May'n(ワイルドカード)

    歌詞はこちら

    歌詞:★★★★★★★☆☆☆
    曲:★★★★★★★★★★
    アレンジ:★★★★★★★★★☆
    声:★★★★★★★★☆
    歌唱:★★★★★★★★★☆
    ボーナス:★★

    総合:46

    ボーナス理由:
    アニメ「マクロスF(フロンティア)」後期オープニング。
    歌唱をテーマにした作品であるために、
    曲自体は優秀なものが揃っていました。
    この主題歌もまた秀逸な出来だと思います。
    ここでボーナスが弱めなのは何故か、といえば、
    この曲に関して言えば、アニメファンの超ベタになっており、
    必ずというほど歌う人がいるからです。
    流石に、そればかり押されると辟易してしまうため、
    本来の思いよりも下がったボーナスとなります。
    曲自体は、流石は菅野よう子、弱点が見当たりません。
    歌詞は少々よくわかりませんが。



    1位:TAKE ME HIGHER(1996)

    V6リリースヴァージョン元のヴァージョン。当然、英語詩。歌詞はこちら

    歌詞:★★★★★★★★★☆
    曲:★★★★★★★★★☆
    アレンジ:★★★★★★★★★★
    声:★★★★★★★★☆☆
    歌唱:★★★★★★★☆☆☆
    ボーナス:★★★★

    総合:47

    ボーナス理由:
    私は初期のV6のユーロビートが大好きでした。
    しかし、それだけ選曲してしまうと、
    この系統の曲だけで埋まってしまうので、
    そのユーロビートの曲たちをこの曲に集約しました。
    なので、、それらの曲を踏まえた上で、
    ボーナスをつける事となりました。
    こういうサウンドは今でも必要だと思います。
    誰か、このサウンドをやってくれないものか。
    元々のユーロビートを聴くべきか。悩みどころです。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。