独断と偏見ランキング 林原めぐみ編-03.25.2014アーカイブ-
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

独断と偏見ランキング 林原めぐみ編-03.25.2014アーカイブ-

2014-08-30 17:48

    このブログの原作はこちら

    さて、奥井雅美、米倉千尋と来たので、
    最後は90年代のレジェンド、
    林原めぐみについても書いておこう。
    私がアニメソングを聞く流れとして、
    林原めぐみの曲が真先にあった。
    林原めぐみの曲を聴いたからこそ、
    今でもアニメソングを愛好している、
    と言える程、林原めぐみが
    私に与えた影響は大きい。


    当時は、林原めぐみの曲が、
    小室哲哉の系列を引く、
    打ち込み主体の音だったため、
    私の好みに素晴らしく合っていた、
    という事があった。
    如何せん、90年代のアニメソングは
    レコーディングの状態が悪く、
    音室も宜しくないと言われ続けていて、
    打ち込みの曲なんかは、
    その槍玉に上がっていたわけだ。
    更に、小室哲哉が業界を
    支配していた頃でも、
    この音の作りに関しての評価は低かった。
    露骨にアニメソングを蔑視する発言が
    メディアで見られたりと、
    今の業界の状態とは全く異なる、
    それは非常に歪んだ物が展開していた。



    ただ、私的には
    そんな状態でも、林原めぐみは
    業界の旗手として、八面六臂の活躍を見せた。
    役者の面でも、演じた主役キャラは数しれず、
    主題歌を執る事に関しても、
    今の業界では通常になった、
    主役を張っての歌唱を体系化させた。
    この人あっての、
    今のアニメソングの形態だ。



    と言う訳で、90年代において、
    アニメを嗜んだ人にとって、
    林原めぐみは特別な存在だ。
    私としてもそれは同じだ。
    ただ、長々とだべっても
    しょうがないので、
    今までどおり、5曲順位付けしてみる。


    5位:faint love(2002)



    MAD動画 フルコーラス

    歌詞はこちら


    オープニングテーマでは珍しく表題曲ではなく、
    更に、同じアニメの挿入歌が入っているベストに、
    この曲が収録されていない、と言う、
    なかなかに扱われ方が雑な曲のように思う。
    だが、しかし。
    この曲で表されている感情は
    あまりに痛いほど伝わって来る。
    叶わぬ恋に引き裂かれそうなその心を
    どうしようもないのが良く判る。
    恋の歌の中でも、あまりに悲恋なように思う。
    林原めぐみの曲で、恋の歌はそこまで多くはないが、
    その中でも、群を抜いて、感情で理解出来る。
    痛みが伝わる曲だと思って良い。



    4位:Successful Mission(1996)



    歌詞はこちら




    この曲は、林原めぐみが
    テレビで歌唱した事で一部では有名です。
    まさか、本人が出てきて歌うことは
    当時では全く想像のつかない事で、
    林原めぐみ自身もそういうテレビに出て、
    という思想は持っていないと思っていたので、
    本当に泡を食いました。
    曲としては本当に素晴らしいのですが、
    顔出しはいかがなものか、
    歌もうまく行ってなかったし。
    このテレビ出演は残念なものでした。
    さてさて、そんな事よりも
    アニメの主題歌としては、
    この上ない程のマッチングを見せてくれました。
    faint loveとはまた違う方向ですが
    戦い、守る立場にある女性の気持ちが
    赤裸々に表されています。
    「あやつり人形のような毎日の中で」
    「からくり人形の瞳の奥」
    アニメのヒロインの事をよく表している
    表現も見事です。



    3位:A HOUSE CAT(1998)



    歌詞はこちら


    1998年、林原めぐみは
    シングルを5タイトル切っています。
    その中で一番ヒットしているのが「~infinity~∞」
    そして、その逆に一番セールスが悪いのが
    この曲だったりします。
    ですがですが、この曲はそんなもんじゃありません。
    この曲は、非常にかっこいいです。
    個人的にはリズムの流れが最高だと思います。
    林原めぐみで、こういうカッコイイとか、
    リズム隊がという曲はほかになく、
    異色の作品と捉えて間違いないです。
    歌詞においても、なんだ。
    気づいたら5~3位迄、恋心の歌じゃないか。
    これまで以上に真っ直ぐに、
    積極的に恋をしている様子が伺え、
    それが非常に愛らしく思えます。
    音の雰囲気はそういう気持ちの
    真っ直ぐさの表れのように思えます。




    2位:Breeze(1997)



    歌詞はこちら

    5位同様、この曲も
    アニメ作品のオープニングテーマですが、
    異例の表題曲ではないです。
    ただ、表題曲である
    「don't be discouraged」と比べて、
    十分に勝る言葉がこの曲には
    散りばめられています。
    両曲は表裏一体なものです。
    「don't be discouraged」は前へ推し進めていく、
    逆に
    「Breeze」はどこか、後ろを振り返っていく。
    そして、「Breeze」の方がより、
    人と言う物がどういうものかを言葉にして、
    それでもなお、戦おうとしていく気持ち。
    そんなものが十二分に表されています。
    この歌詞の中でも
    「諦めない心なくさずに」
    2コーラス目のサビの終わりの歌詞。
    歌詞の内容の絡みが最高です。
    林原めぐみの曲は非常に前へ、前へと、
    我が道を行く歌詞を多く送り出している中で、
    こういう俯瞰しているものは珍しく、
    非常に気に入っています。
    1回聞いただけで、心打たれました。




    1位:Give a reason(1996)


    歌詞はこちら


    最後の最後でベタな曲を選曲です。
    この曲は、林原めぐみ最大のセールスを記録した曲であり、
    声優で初のオリコントップ10入りを記録した
    アニメソング史に残る金字塔です。
    それを選んでしまうのは、
    やはりこの曲が今、私がアニメソングを聴く上で、
    大きな地盤になっているからにほかなりません。
    この曲があってこそ、
    今でも、アニメソングの事を信頼し、
    続けて耳にしていく事が出来るのです。
    当時の私は、この曲にそれだけの価値を見出しました。
    言う事もなく、この曲が持つ、
    強い力、オーラとも言うべき物が
    今でも私の心を捉えて離さないのです。
    私の音楽を語る上で、
    この曲を外す事は出来ません。
    90年代は名曲が非常に多く、
    アニメソングは埋もれてしまいます。
    それでも、この曲はその名曲たちと
    対等に戦える力があります。
    今聴いて、それを十分に確認しています。



    さてと。
    林原めぐみというと、
    90年代のアニメソングの象徴であり、
    その頃のアニメファン誰しもが、
    何かしらの思いを持つ人です。
    その分、世代が変わると、
    全くわからない状態になる事が、
    少々悲しく感じられてなりません。
    林原めぐみを押す人は30代。
    少し古い人扱いされてしまうようになりましたが、
    今、再確認するべきです。
    林原めぐみの存在を、価値を。
    過去の遺物などではありません。
    今なお、光を放っています。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。