心の病気について。(知的障害と精神遅滞についていろいろ)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

心の病気について。(知的障害と精神遅滞についていろいろ)

2014-10-18 14:55

    自分の病気について。
    私の病気というか障害はこんなんです。
    知的障害(ちてきしょうがい、英語: Intellectual Disability)とは、

    知的機能に制約があること
    適応行動に制約を伴う状態であること発達期に生じる障害であること
    の3点で定義されるが、一般的には金銭管理・読み書き・計算など、日常生活や学校生活の上で頭脳を使う知的行動に支障があることを指す。

    精神遅滞(せいしんちたい、英:mental retardation)とほぼ同義語であるが、一般的には、医学用語上は「精神遅滞」を用い、学校教育法上の用語として「知的障害」を用いる形で使い分けを行う。

    客観的基準を示す法令にあっては、発達期(おおむね18歳未満)において遅滞が生じること、遅滞が明らかであること、遅滞により適応行動が困難であることの3つを要件とするものが多い。遅滞が明らかか否かの判断に際して「標準化された知能検査(田中ビネーやWISCやK-ABCなど)で知能指数が70ないし75未満(以下)のもの」といった定義がなされることもある。

    通常、事故の後遺症や認知症といった発達期以後の知能の低下は知的障害としては扱われない。事故の後遺症については通常の医療給付の問題であり、認知症については老人福祉の問題と考えられるためである。したがって、法令上の用語としての知的障害は、精神医学の領域における知的発達障害に照応することが多い。また、外見だけでは知的障害者と気づかれないことも多く、体力にも遅滞が生じることもある。

    乳幼児期
    同年齢の幼児との交流が上手くいかなかったり、言葉に遅れがあったりする場合が多い。染色体異常などの病理的原因(後述)の場合は早期に発見されることが多い。
    学齢期(6 - 15歳ごろ)
    判断力や記憶力などの問題で、普通学級の授業についていけない場合が多い。複雑なルールの遊びに参加することは困難である。そういったストレスから、各種二次障害が発生する場合もある。また、後期中等教育への進学に当たっては、各種の問題がある。
    成年期(18歳 )-
    一般的な職場への就労はハードルが高く、障害者の保護者やボランティアなどが開設する通所施設で活動する例が多い。また、日常的でない判断(高額な契約など)が難しく、時に判断を誤ることや、悪意の接触にだまされることがある。

    知能による分類
    基本的には、知能指数が100に近い人ほど人数が多い。しかし、知能指数の種類によっては最重度まで正確な存在数比率を出せない場合もある。
    教育の分野では、軽度の生徒を「教育可能」、中度の生徒を「訓練可能」と分類する。医学的に考えると精神年齢は12歳以下と推定される(厚生労働省などの発表)。

    原因による分類
    病理的要因
    ダウン症候群などの染色体異常・自閉症などの先天性疾患によるものや、出産時の酸素不足・脳の圧迫などの周産期の事故や、生後の高熱の後遺症などの、疾患・事故などが原因の知的障害。
    脳性麻痺やてんかんなどの脳の障害や、心臓病などの内部障害を合併している(重複障害という)場合も多く、身体的にも健康ではないことも多い。染色体異常が原因の場合は知的障害が中度・重度であることが多く、外見的には特徴的な容貌であることも多い。
    生理的要因
    特に知能が低くなる疾患があるわけではないが、たまたま知能指数が低くて障害とみなされる範囲(IQ69または75以下)に入ったというような場合。生理的要因の知的障害がある親からの遺伝や、知的障害がない親から偶然に知能指数が低くなる遺伝子の組み合わせで生まれたことなどが原因である。合併症はないことが多く、健康状態は良好であることが多い。知的障害者の大部分はこのタイプであり、知的障害は軽度・中度であることが多い。「単純性精神遅滞」などともいう。
    心理的要因
    養育者の虐待や会話の不足など、発育環境が原因で発生する知的障害。リハビリによって知能が回復することもある。関連用語に「情緒障害」がある。また、離島や山岳地帯や船上などの刺激が少ない環境で成育した児童の場合も、IQが低い場合が多い(知能指数#生活環境参照)。IQテスト自体○や△など抽象的な図柄を見分けるといった文明社会に馴染んだ者にとって有利な問題となっている。従って、都会生活を経験したことのない先住民族などには不利な評価が下されることになる。

    ボーダー(境界域)
    知能指数は70 - 85程度。知的障害者とは認定されない。
    軽度
    知能指数は50 - 69程度。理論上は知的障害者の約8割がこのカテゴリーに分類されるが、本人・周囲とも障害にはっきりと気付かずに社会生活を営んでいて、障害の自認がない場合も多いため、認定数はこれより少なくなる。生理的要因による障害が多く、若年期の頃では健康状態は良好。
    中等度(中度)←自分はここ
    知能指数は35 - 49程度。合併症が多数と見られる。過半数の精神年齢は小学生低学年程度。
    重度
    知能指数は20 - 34程度。大部分に合併症が見られる。多動や嗜好の偏りなどの行為が、問題になっている。概ね精神年齢は4歳児程度しかない。
    最重度
    知能指数は19以下程度。大部分に合併症が見られる。寝たきりの場合も多い。しかし運動機能に問題がない場合、多動や嗜好の偏りなどの行為が問題になる場合がある。実際の精神年齢は1歳児程度。

    知的障害と自閉症
    「自閉症」という障害は、知的障害があるもの(狭義の自閉症)と、知的障害がないもの(高機能自閉症・アスペルガー症候群。いわゆる高機能PDDと称される)に便宜的に分類されているが、その他の関連した障害を含めて自閉症スペクトラムという連続した障害と捉えることがかつて提案された。広汎性発達障害(厳密には、知的障害のないものについては、高機能広汎性発達障害(いわゆる高機能PDD)となる)という用語がほぼ同義語として機能している。知的障害は、知能面の全体的な障害であり、自閉症の本質であるコミュニケーション障害は、対人関係面を主とした障害である。昔から知られている種類の自閉症は狭義の自閉症のことであるが、これはコミュニケーション障害と知的障害が合わさったものである。近年知られてきた種類の自閉症である高機能自閉症は、コミュニケーション障害のみであり、知能指数の全体平均は知的障害の域に達しない。しかし、知能指数を要素別に計測すると、各要素間に大きな差が見られる。

    ただし、精神障害の診断と統計マニュアル第5版では、(カナー型)自閉症、アスペルガー症候群、高機能自閉症、特定不能の広汎性発達障害の4つを包括し、自閉症スペクトラムと規定された。

    知的障害と学習障害
    学習障害(LDのこと。厳密には、学習障害というよりも、主に読み書きの障害であるディスレクシアとするのが正確とされる)は、読み・書き・計算など学習面に困難があるが、会話能力・判断力などの知能の他の面では障害がない(そもそも、LDの定義の中に「知的遅れがない」とされている)。知的障害の場合は、学習面も含めて、知能面など全般的に問題がある。

    治療と予後
    精神遅滞のほとんどで、基礎にある知的障害そのものを改善させることは難しい状況です。しかし恵まれた環境下においては適応機能などが向上する可能性が十分あります。早期に発見され適切な療育が施された場合、児の長期的予後は改善するとされています。本人のみならず家族への支援も欠かせないと考えられます。

    知能やその遅れに関する知識の啓蒙や教育を当事者のみならず一般社会に行うこと、家族や遺伝に関するカウンセリングがなされることも有用と思われます。出生前後の適切な医学的対応や生後のさまざまな福祉的・教育的支援(特別支援教育)は、精神遅滞や二次的な合併症を最低限にとどめることに役立つと思われます。

    主に成人を迎えてる方はウィスクラーというものをうけますが、お子様の場合はわからないのでご了承を。

    成人を対象とした検査 WAIS-IIIとは?

    1990年の発刊以来広くご利用いただいてまいりましたWAIS-Rがこのほど改訂され、第3版のWAIS-IIIとして発売されました。WAIS-IIIでは、新しく「群指数」という側面からの把握や解釈が可能になること、また、高齢社会に対応するため適用年齢が大幅に拡大されること、その他、提示用の図版の大型・カラー化や、時代に合わなくなった問題内容の修正など、種々の改良が加えられています。 言語性IQ(VIQ)、動作性IQ(PIQ)、全検査IQ(FIQ)の3つのIQに加え、「言語理解(VC)」、「知覚統合(PO)」、「作動記憶(WM)」、「処理速度(PS)」の4つの群指数も測定でき、一層多面的な把握や解釈が可能です。

    やったらわかりますが・・・・できるだけ自分がしんだんしてみたいなーと思う方に。


    個人的な感想

    病気とは治るまで向き合って治すというものですが、治らないかもしれない場合も・・・でも将来的に頑張ってます。ほんと。だから神経質なもので…病気って一生付き合わなきゃいけないし。なのでありのままのーですねwww人より遅い病気。みんなとは違っても、変人だからーと気にしてない。けどあーだから、良くしてもらうと思わないでください。
    過去の傷が深すぎた分が結果を残しただけです。だから、あたりまえが当たり前じゃない私ですが、将来的に頑張っておりますゆえに…暖かく見守ってくださると嬉しいです。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。