声真似をしてから改めて自分のことを考える。私と俺と僕ーyou&MEー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

声真似をしてから改めて自分のことを考える。私と俺と僕ーyou&MEー

2015-07-12 16:38
    根暗・ネガティブ・頑張るときは限界を超えるときも・・・しばしば。気を遣いのくせにコミュ障なので、(相手を知らなきゃ普通に話してると思われがちだがかなり緊張してます)一見面白いねーと言われますが、ものすごく大きな壁を作ってたりたまに気になる方はその人の壁を過ごしづつ??ではないですが・・・・かなりウザったいぐらい絡んでます
    初対面の方と、慣れ親しんだ方とでは、全く接する態度が変わります。(すごく変わります色々)

    まずは、自分はだんまり話すときはちゃんと話すが・・・伝わらない一発芸みたいな感じ。周りチラチラ様子を見ます。(昔そのちらちら見るのがきらだと言われました。それからはしてないですがよく癖です)
    中身は変態タキシード仮面ではありませんが・・・オタクとか声優(初心者王国民・めぐファン歴14年)なのです。昔は腐女子とかもしてました。今は聞いててもそうかそうか。と答える立場です。黄色い悲鳴上げるほどでもなくなりました最近はうおおおおおおおおが多い。(ゆかりんとかななさまとか)
    そして本当の自分はとてもいい加減で、適当です。人生いろいろあるんでもう受け入れるどころか・・・・おろかおろか・・・
    このブロマガにも書いたんですが、いつもではないんですが・・・
    こんな感じです


    最近嗚咽だったり・・・ストレスがたまり・・・・なんでこううまくいかないんだろうとか・・・・あります。
    それは精神なことかもしれないし。人間関係だったり交流関係だったり会話の中であったり・・・・表上は仲良しでたい・・・・とかいろいろ複雑ーな心境。裏では、はぁーとおもったり・・・人間じゃななと思う日々・・・・まぁ人間じゃないけど・・・・なんというかやはりあなたはこういう病気でこう人とは違いますと言われた日からいろんなものが周りが違って見えて・・・・イラストにも影響が出て、できたこともできなくなる・・・うん。馬鹿だと思う。自分はそう思ってる。けど・・・・私はどうしたか・・・・・

    私の14年目
    いじめられ・妬まれ・暴力されてました。その影響で学校も不登校。家では暴力。学校に行くと陰口・呼び出され修羅の道。
    誰も助けてはくれませんでした。そしたら幻覚幻聴が始まり、嫌になるほど死にたとかいなくなりたとか、家出したいとかありました。
    助けてくれた人は普通に学校の担任でした。保健室とカウンセリングの話が唯一の場所でした。
    そんな俺も友達がいたんだと思う・・・・SさんとAさんである。Aさんとは中学からだが、全くのわからない方(最初)だったのであまり話さなかったです。Sさんは小学校の同級生で腐れ縁と呼ぶべきか・・・同じ趣味でした。漫画・アニメ・イラスト・・・・その人がいたから今のイラスト書いてる自分もいてると感謝なんですが・・・数年前から連絡が取れずにw
    未だに元気かなーと考えるときも。
    Aさんとは高校の約束をしてたというか・・・・その頃自分はゲームとイラストを書いて過ごしてました。中退をしようとしてたんです。実は言うと中学は一人卒業式を上げてもらいました。先生方もすごくいい方ばかりで・・・泣きませんでしたが、となりで母が泣いてたのを忘れたことは今も忘れられないです。自分は中学を卒業という形は思ってません。
    それで高校の進路のこととか話になって・・・・
    Sさんがすごいとこに行く(倍率高いとこ)だったのでAさんも受けたらしく、Aさんは落ちて、Sさんだけ上がって、その頃携帯もない時期だったので家に電話が来て、『高校一緒に行かない?』と誘われたのがきっかけに、倍率低いとこに受けて、上がって・・・・
    ふたりして上がって・・・・わーもきゃーもないです。いなかったんだものww
    高校でもいじめはあり・・・なかなか単位もそこらへんの勢いで最下位赤点・次数補修・・・昔主治医だった先生にこういうことだからという紙・・・というかそいうことで学校がイケマセン的な紙をかいてもらいました。
    その頃はもう白髪が増え始めて・・・・え?ってぐらいに嫌われるし、頑張ってもだめだった。だが、最終的に・・・日直の人とぶつかり合い嫌われてました。
    最終的にこういうことがあって、教師の方にもいって、納得。だが赤点と次数補充はやらなといけない・・・・で、普通にAさんとはなかなか話してましたが、ある日嫌われて・・・うーんとおもいました。高校の知り合いAさんTさんNさんだったけど・・・そんなに話すこともなく・・・・多分いましたずっとイラスト書いてました。高校のときSさんと遊んでる時何気なくみた手の傷跡・・・・やっちゃいかんよとあの日から少し思い出すたびに自分も自殺未遂に・・・・カウンセラーの約束で「自殺未遂はダメです。したらもう喋らない」とったのでそれ以来約束をまもったり。
    高校終わってから18~19の間ずっとゲームとイラストでした。
    20なっての転機。専門学校合格ー
    なかなかなれない仙台という土地・・・・人ごみ・幻覚幻聴が激しく・・・・とりあえずゲーム科を追放され、漫画の先生に拾われて、とりあえずお金ない状況に通信に・・・しかたなよねーと。
    それから卒業してなんとなーくして病院関係の施設に入り生活訓練。
    1年かけて障害者とうことを告げられてから。おかしいとこもいっぱいそりゃわからなこともあるから。
    できることはできるできないことがおおいできるけどできない。人より遅い病気なんです。今でも幻覚幻聴ありますが言わない方が、昔それを飲んで倒れまして。それいらい飲みたくないちょっとした薬はこえーと思うけどなんかなれを感じてしまう;;
    そんなこんなんでいま自分が生きてるのは病院のおかげと先生たちです。
    いまさらーですが・・・・私は一応元気です。多分・・・


    自分の病気について。
    私の病気というか障害はこんなんです。
    知的障害(ちてきしょうがい、英語: Intellectual Disability)とは、

    知的機能に制約があること
    適応行動に制約を伴う状態であること発達期に生じる障害であること
    の3点で定義されるが、一般的には金銭管理・読み書き・計算など、日常生活や学校生活の上で頭脳を使う知的行動に支障があることを指す。

    精神遅滞(せいしんちたい、英:mental retardation)とほぼ同義語であるが、一般的には、医学用語上は「精神遅滞」を用い、学校教育法上の用語として「知的障害」を用いる形で使い分けを行う。

    客観的基準を示す法令にあっては、発達期(おおむね18歳未満)において遅滞が生じること、遅滞が明らかであること、遅滞により適応行動が困難であることの3つを要件とするものが多い。遅滞が明らかか否かの判断に際して「標準化された知能検査(田中ビネーやWISCやK-ABCなど)で知能指数が70ないし75未満(以下)のもの」といった定義がなされることもある。

    通常、事故の後遺症や認知症といった発達期以後の知能の低下は知的障害としては扱われない。事故の後遺症については通常の医療給付の問題であり、認知症については老人福祉の問題と考えられるためである。したがって、法令上の用語としての知的障害は、精神医学の領域における知的発達障害に照応することが多い。また、外見だけでは知的障害者と気づかれないことも多く、体力にも遅滞が生じることもある。

    乳幼児期
    同年齢の幼児との交流が上手くいかなかったり、言葉に遅れがあったりする場合が多い。染色体異常などの病理的原因(後述)の場合は早期に発見されることが多い。
    学齢期(6 - 15歳ごろ)
    判断力や記憶力などの問題で、普通学級の授業についていけない場合が多い。複雑なルールの遊びに参加することは困難である。そういったストレスから、各種二次障害が発生する場合もある。また、後期中等教育への進学に当たっては、各種の問題がある。
    成年期(18歳 )-
    一般的な職場への就労はハードルが高く、障害者の保護者やボランティアなどが開設する通所施設で活動する例が多い。また、日常的でない判断(高額な契約など)が難しく、時に判断を誤ることや、悪意の接触にだまされることがある。

    知能による分類
    基本的には、知能指数が100に近い人ほど人数が多い。しかし、知能指数の種類によっては最重度まで正確な存在数比率を出せない場合もある。
    教育の分野では、軽度の生徒を「教育可能」、中度の生徒を「訓練可能」と分類する。医学的に考えると精神年齢は12歳以下と推定される(厚生労働省などの発表)。

    原因による分類
    病理的要因
    ダウン症候群などの染色体異常・自閉症などの先天性疾患によるものや、出産時の酸素不足・脳の圧迫などの周産期の事故や、生後の高熱の後遺症などの、疾患・事故などが原因の知的障害。
    脳性麻痺やてんかんなどの脳の障害や、心臓病などの内部障害を合併している(重複障害という)場合も多く、身体的にも健康ではないことも多い。染色体異常が原因の場合は知的障害が中度・重度であることが多く、外見的には特徴的な容貌であることも多い。
    生理的要因
    特に知能が低くなる疾患があるわけではないが、たまたま知能指数が低くて障害とみなされる範囲(IQ69または75以下)に入ったというような場合。生理的要因の知的障害がある親からの遺伝や、知的障害がない親から偶然に知能指数が低くなる遺伝子の組み合わせで生まれたことなどが原因である。合併症はないことが多く、健康状態は良好であることが多い。知的障害者の大部分はこのタイプであり、知的障害は軽度・中度であることが多い。「単純性精神遅滞」などともいう。
    心理的要因
    養育者の虐待や会話の不足など、発育環境が原因で発生する知的障害。リハビリによって知能が回復することもある。関連用語に「情緒障害」がある。また、離島や山岳地帯や船上などの刺激が少ない環境で成育した児童の場合も、IQが低い場合が多い(知能指数#生活環境参照)。IQテスト自体○や△など抽象的な図柄を見分けるといった文明社会に馴染んだ者にとって有利な問題となっている。従って、都会生活を経験したことのない先住民族などには不利な評価が下されることになる。

    ボーダー(境界域)
    知能指数は70 - 85程度。知的障害者とは認定されない。
    軽度
    知能指数は50 - 69程度。理論上は知的障害者の約8割がこのカテゴリーに分類されるが、本人・周囲とも障害にはっきりと気付かずに社会生活を営んでいて、障害の自認がない場合も多いため、認定数はこれより少なくなる。生理的要因による障害が多く、若年期の頃では健康状態は良好。
    中等度(中度)←自分はここ
    知能指数は35 - 49程度。合併症が多数と見られる。過半数の精神年齢は小学生低学年程度。
    重度
    知能指数は20 - 34程度。大部分に合併症が見られる。多動や嗜好の偏りなどの行為が、問題になっている。概ね精神年齢は4歳児程度しかない。
    最重度
    知能指数は19以下程度。大部分に合併症が見られる。寝たきりの場合も多い。しかし運動機能に問題がない場合、多動や嗜好の偏りなどの行為が問題になる場合がある。実際の精神年齢は1歳児程度。

    知的障害と自閉症
    「自閉症」という障害は、知的障害があるもの(狭義の自閉症)と、知的障害がないもの(高機能自閉症・アスペルガー症候群。いわゆる高機能PDDと称される)に便宜的に分類されているが、その他の関連した障害を含めて自閉症スペクトラムという連続した障害と捉えることがかつて提案された。広汎性発達障害(厳密には、知的障害のないものについては、高機能広汎性発達障害(いわゆる高機能PDD)となる)という用語がほぼ同義語として機能している。知的障害は、知能面の全体的な障害であり、自閉症の本質であるコミュニケーション障害は、対人関係面を主とした障害である。昔から知られている種類の自閉症は狭義の自閉症のことであるが、これはコミュニケーション障害と知的障害が合わさったものである。近年知られてきた種類の自閉症である高機能自閉症は、コミュニケーション障害のみであり、知能指数の全体平均は知的障害の域に達しない。しかし、知能指数を要素別に計測すると、各要素間に大きな差が見られる。

    ただし、精神障害の診断と統計マニュアル第5版では、(カナー型)自閉症、アスペルガー症候群、高機能自閉症、特定不能の広汎性発達障害の4つを包括し、自閉症スペクトラムと規定された。

    知的障害と学習障害
    学習障害(LDのこと。厳密には、学習障害というよりも、主に読み書きの障害であるディスレクシアとするのが正確とされる)は、読み・書き・計算など学習面に困難があるが、会話能力・判断力などの知能の他の面では障害がない(そもそも、LDの定義の中に「知的遅れがない」とされている)。知的障害の場合は、学習面も含めて、知能面など全般的に問題がある。

    治療と予後
    精神遅滞のほとんどで、基礎にある知的障害そのものを改善させることは難しい状況です。しかし恵まれた環境下においては適応機能などが向上する可能性が十分あります。早期に発見され適切な療育が施された場合、児の長期的予後は改善するとされています。本人のみならず家族への支援も欠かせないと考えられます。

    知能やその遅れに関する知識の啓蒙や教育を当事者のみならず一般社会に行うこと、家族や遺伝に関するカウンセリングがなされることも有用と思われます。出生前後の適切な医学的対応や生後のさまざまな福祉的・教育的支援(特別支援教育)は、精神遅滞や二次的な合併症を最低限にとどめることに役立つと思われます。

    主に成人を迎えてる方はウィスクラーというものをうけますが、お子様の場合はわからないのでご了承を。

    成人を対象とした検査 WAIS-IIIとは?

    1990年の発刊以来広くご利用いただいてまいりましたWAIS-Rがこのほど改訂され、第3版のWAIS-IIIとして発売されました。WAIS-IIIでは、新しく「群指数」という側面からの把握や解釈が可能になること、また、高齢社会に対応するため適用年齢が大幅に拡大されること、その他、提示用の図版の大型・カラー化や、時代に合わなくなった問題内容の修正など、種々の改良が加えられています。 言語性IQ(VIQ)、動作性IQ(PIQ)、全検査IQ(FIQ)の3つのIQに加え、「言語理解(VC)」、「知覚統合(PO)」、「作動記憶(WM)」、「処理速度(PS)」の4つの群指数も測定でき、一層多面的な把握や解釈が可能です。

    精神(発達)遅滞とは、全体的な知能(知的能力)の発達が
    遅れた状態にとどまるものをいいます。
    また、そのために、社会生活上の困難があることとされています。


    知能とは、人間が適応していく能力や倫理・知覚・運動する能力をさします。
    この能力は当然のことながら、個人差があります。
    そのため、知的能力を判断するものとして、知能検査が用いられています。

    知能検査とは、ある課題があたえられたり、
    問題に直面したときに、その解決の仕方や処理の早さや方法により、
    客観的に目に見える形で知ることができるようにし、
    それを測定可能な尺度、スケールにしたものです。

    知能テストとして現在もっともよく使われているのが、ビネー式とウェクスラー法です。

    ビネー式は、やり方が簡単で、知能指数(IQ)とともに、精神年齢が示され、
    結果がわかりやすいのですが、その人の知能の特徴を詳しく知るには、
    不向きとされています。
    対象年齢は、2歳から24歳までと広範囲です。

    ウェクスラー法(学童および青年の児童知能検査第3版)では、
    知能指数(IQ)だけでなく、知能を作り上げている色々な、特徴やバランス、
    さらに多くのテストの結果の分析によって、
    性格的な側面や、心理状態まで、とらえることができます。
    対象年齢は、6歳から17歳です。

    ウェクスラー法の知能検査では、
    知能指数(IQ)の全平均を100として分類します。


    知能指数(IQ)69以下が精神遅滞
    知能指数(IQ)70から80が境界知能
    知能指数(IQ)80から90が平均の低め
    知能指数(IQ)90から110が平均
    知能指数(IQ)110から119が平均の高め
    知能指数(IQ)120から129が優秀
    知能指数(IQ)130以上が最優秀

    余談になりますが、知能検査の得点は、年齢と関係があります。
    10歳代後半から20歳代前半が最も高い点数を得点し、
    その後は急速に低下します。
    したがって、大学などでは、知能検査の得点の高い学生を知能検査の得点の
    低い教授が教えていることになります。
    しかし、判断・実行能力の知能がもっとも高いのは、60歳ごろといわれています。


    精神遅滞は、その程度によって、軽度・中等度および重度・最重度の三段階に
    分けます。


    やったらわかりますが・・・・できるだけ自分がしんだんしてみたいなーと思う方に。


    個人的な感想

    病気とは治るまで向き合って治すというものですが、治らないかもしれない場合も・・・でも将来的に頑張ってます。ほんと。だから神経質なもので…病気って一生付き合わなきゃいけないし。

    声真似について
    発掘させてもらったり、声真似をしたい方々もいらしゃると思います。
    よく考えてみるとキャラが好きだから。好きな声優さんでやりたいかたもいらっしゃいます。よーく考えてみよう。○○主とか真面目に声優さんに申し訳ないと思ってます。私の場合オタクとかいう問題ではないんですが。真似をさせてもらってる上でキャラの特徴や声の出し方をぽい感じにしてますが、似て付かないのは当たり前な話で。よくいわれますが、やってください。自分は器用な人間ではないのですっと入れないです。
    私の声真似に対しての意識なんですが、キャラクターには申し訳ないし声優さんにも申し訳ない。でも好きだから楽しんでやる。
    演じさせている上でエステルだったら、照れたり嫉妬したり天然なイメージのエステルをやらせていただいてます。そのエステルというキャラを演じるなりきる上でその照れたり嫉妬したり天然のエステルを自分に引き寄せて憑依させてもらってます。ほかのキャラでも同じことなんですが、このキャラはこうした方がいいかなとかキャラの特徴とか捉える日々です
    なので自分の声真似についてはぽい感じでで声優さんに申し訳ない形に演じたり憑依させてもらったり、本当に好きなキャラに申し訳ないし好きな声優さんにも申し訳ないと思いながら日々練習はしますが、似てなくても私は私なりの好きなキャラを演じさせてる上でやってて本当にもうし分けない感じになります


    一応余談夏の陣の日にちが決まりました。26日です。それまで少し気晴らし程度なんですがキャス開いたりニコ生開いたりしてます。そのときは気軽にきて聞いてやってください。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。