• ゆっくり素材の種類が増えました(じゃんげまゆっくり)

    2016-04-26 17:423
    じゃんげまというウェブ漫画作品の支援を兼ねて、ゆっくり素材が追加されました。
    僕のとても好きな作品ですので、現在は6キャラ中4キャラの作成となっておりますが、今後残りの2キャラの作成もさせて頂こうかと思っております。
    漫画の題材がゲームであることもあって、実況向きかと思われます。
    なおこのキャラ素材についてはnicotalk及びYMM3両方で動作するようになっておりますので、この機会に是非素材の使用、またじゃんげまの世界に触れてみて頂ければとお願いします!
    素材配布ページ

    こちらの素材はGame*Spark様、作者であるstggc様から使用、配布の許可を頂き、ズーズさんの協力のもとに実現しました、本当にありがとうございます。


    ニコニコでのじゃんげま作品ページ


    掲載元のGame*Spark様
    Game*Spark様での作品ページ
    Twitter

    作者のstggc様
    作者様ホームページ(別漫画も掲載されています、そちらも好きですざっ子ちゃんとか萌)
    Twitter(じゃんげま各話の後日談などが見られます!萌)


    素材

    永霧えいむ
    カジュアルFPSがメインのえいむちゃん。ろめ子ちゃんとの出会いからハードコアFPSもプレイし始め、絶賛女子力減少中。
    個人的にはCODやBFなんかの実況を想定してます。巨乳可愛い。


    伊戸ろめ子
    マニアックFPS狂のろめ子ちゃん。えいむちゃんと一緒に今日もドタバタゲーミングライフ。
    名前が長年のFPSファンとしてはニヤリとします。
    個人的にはSerious SamやDOOMだとか、オールドスクールFPS実況向けな感じです。
    とりあえず可愛い。

    りょーさん
    電子遊戯同好会の部長。格ゲーやSTGのアーケード系が好きなお団子娘。
    格ゲーやメタルスラッグとか、アーケードが元だったりするそういう系に向いてそうです。
    お団子可愛い。

    とみー
    スポーツも好きな褐色ショートヘアがキュートなとみーちゃん。トミ子と呼んではいけません。
    褐色ショートメガネ可愛い。

    今のところはこの4キャラが配布されており、残りの2キャラは来月追加予定です。
    こちらの素材はじゃんげまの支援を兼ねていますので、もし素材使用の際はご報告頂ければ積極的に動画の告知などの支援をさせて頂きますので、ぜひぜひよろしくお願いします。


  • 広告
  • アドバンスドじさくみち~最新スクリプト、ゆっくりではどう使うのか~

    2015-12-20 20:24
    ではこれまでの解説した事をゆっくりでやるとどうなるか、というお話をおまけとしてさせて頂きます。
    まず服ですね。
    ゆっくりには胴体がないので、服もありません。
    ですが、服上00など帽子などにを割り当てることで、細かい色変更が可能となっています


    新ぱちゅりーを例に解説したいと思います。
    この子の「服」をsvouで分けるとすればどのようにするでしょうか。
    これには決まった答えはないので、帽子がvでもリボンがuでも構いません。
    色を変えたい部分、変えたくない部分で決めていけば良いと思います。

    服下00o





    服上00o



    服上00u

    私個人としてはアクセサリの色は変更せずアクセントとしたかったことで00uとし、色変更の影響を避けました。
    なので、帽子とリボンに00cを用意し、好きな色に変更出来るようにしてあります。


    服下00c

    服上00c


    色変更、渋めの色。

    先程も言いましたが、どれをどう配置するかの決まりはありません。(三日月アクセサリを服下00vとして帽子に隠れてしまうなどのミスは除いて)
    作成者様が「ここの色変えられたら良さそう!」という部分を00cとして作成してしまえば良いと思います。





    次に髪を始めとした各パーツとと体についてとなります。

    髪や各パーツの単体での扱いについてはささらちゃん素材での説明と全く同じです
    必要であれば「00o 00c 00d 00l 00b 00w」の各画像を用意し適切なフォルダに配置、色変更に対応するだけです。

    ここでお話したいのは体01を用意することによる「ゆっくりのポーズ差分」となります。
    手足などの胴体がないのにポーズ差分とはということがあるかもしれませんが、まず体01(00と全く同じもの)を用意します。

    体01
    ここでまずわかることは、体パーツの差分追加をしたので、「全」以外の各パーツフォルダ内に「00」「01」のフォルダを作成することですね。
    この時、髪の00には

    このように、帽子の影入りの髪が入っています。


    ここで、体01を用意したことで追加した、髪フォルダ内の「01」フォルダに帽子の影の入っていない髪を入れます。
    次に服上服下フォルダ内のどちらでも構いませんので、片方の「01」フォルダは髪のリボンのみ、片方は空にします。



    あとの「目、口、眉、後、他」の中の「01」は「00」とまったく同じで構いません。

    こうすると体パーツによる各パーツの「00」「01」の差異は「髪」パーツのの帽子影の有無、上下服での帽子の有無となります。
    この構成にすると
    体00の時
    体01の時

    このように、体パーツの00と01の切り替えでワンタッチで帽子をの着脱、髪の艶の位置なども変更が可能になります。
    アリスの上海の有無の切り替えもこの原理で行なわれていますので、帽子やアクセサリのを消したい時、イメチェンや演出上でも便利なものとなります。
    また、ポーズ差分として正面向きなども体パーツ1つでアニメーション動作を維持したままの切り替えが可能となりますので、(作成は大変ですが)、キャラ動作のつながりの自然さや編集の手間の軽減などに繋がる形となります。(後ろ姿は「全」なので関係ありません)



    また体パーツ01以降に対応させるのは何でもOKです。
    例えば体01に以下を用意します

    これはぱちゅりーの体ではありません

    この上で、各01フォルダに


    服上
    服下






    既におわかりかと思いますが、各01フォルダにさとりのパーツを入れれば、体トラックバー一つでキャラまでまるごと変更(きつねゆっくり以外への変更、ゆっくり以外へも可能)するということも可能になります。




    推奨はしませんが、体パーツを各キャラ180体分ほどをポーズ差分で追加、各パーツの対応フォルダも構成すれば、、全てが一つのフォルダに集約され、体パーツの切り替えのみできつねゆっくり全種類を切り替え表示も出来ることになります。

    上記はあくまでも案の一つでしかありませんが、ここまでの解説で話したことに加えて、そういった荒業まで通じるような本当に自由度の高いスクリプトになっています。
    乳揺れ、眉のアニメーションによる表情筋表現、体でのポーズ差分機能によるによるリアル頭身とロリ頭身、ギャグ頭身、ゆっくりなどの同キャラでの状態切り替え、実装していない機能はたくさんありますが、アイデア次第で本当になんでも出来るものになっていると私は思っています。

    私達素材製作者の声を柔軟に取り入れ、ここまでの便利なスクリプトを作成(しかも大幅な軽量化までされた)、キャラ素材の発展、ゆっくり実況だけでなくトクロ、解説動画、様々なジャンルの作品に貢献されたズーズさんには本当に感謝しています。4年くらいお世話になってしまっておりますが、この場を借りてお礼申し上げます。
    ここまで読まれた方は、少なからず素材を作成しようとしているか、使用されている方だと思います。
    どうかズーズさんのされてきた貢献に対して、感謝の気持ちをお持ち頂ければと思います。
    では、ここまでお読み頂きありがとうございました。
  • アドバンスドじさくみち3~「服」の概念~

    2015-12-20 20:212

    1、「服上」「服下」とは 

    まずキャラ素材スクリプトver4以前のスクリプトと一番異なるのは「服」フォルダ有無ですね。
    これはキャラに着せる服を「体」から分離することで、髪でも説明した着せ替えや色変え機能を実装することが目的とされています。

    「服上」は「服下」より上に、副パーツはどちらも目、口、髪などの表情パーツより上に配置されます。
    パーツの描画順序としては
    後→体→顔(通常)→髪(不透明)→目→眉→口→髪(半透明)→服下→服上→他→顔(乗算)
    となります。


    では画像を参照しながら説明したいと思います。
    私の「ささらちゃん」の素材構成を合わせて参照するとわかりやすいかもしれません。
    服フォルダには格納出来るパーツに「00o」「00c」「00v」「00u」「00s」がありますが、ここではまず基本のo、cについてお話したいと思います。

    まずoとcについては髪で説明した原理と全く同じになります。
    oがなければcがデフォルトと色変更用の画像を兼ねることも同じですし、ささらちゃんには用意されておりませんが必要であれば「dlbw」の補助記号も服に使用可能となります。
    ちなみに服系のcの色合いはこのような形になっています。


    ささらちゃん

    ゆっくり


    では以上、oとcについてはご理解頂いているものとして(前記事にて詳しく説明されております)



    ここではv、u、sについてお話させて頂きます。





    上の画像の不透明部分が服上、服下で構成されたものになりますが、

    シャツが服上の04o(考え方は髪のoと同じ)
    シャツで出来る肌の影が服上の04s
    シャツのCevioロゴが04u

    スカートが服下の01o(考え方は髪のoと同じ)
    スカートで出来る肌の影が服下の01s
    靴が01v
    となっています。


    sはそれぞれのシャツやスカートで肌に出来た影を表示したい時に用意する画像になります。
    なお、「体」パーツの肌は、目と同じく「c」などがついていなくてもスクリプトで最適化された色で変更が出来るのですが、この時補助記号「s」で出来た影はこの体パーツの色変更に連動して自動で最適な色に変更されます。
    なお、このことから補助記号sによる肌以外への影の役割は持たせられません。
    例えばスカートからニーソに落ちる影を04sなどとした場合、肌色の変更機能を利用した際にニーソの影色も連動して色が変化してしまい、不具合が生じてしまいます。




    次に「v、u」ですが、こちらは両方とも目のvの話と同じで、「色変更の影響を受けない分離パーツ」ということになります。
    vとuの違いは、服パーツ00より上に表示されるか下に表示されるかということとなります。
    上の画像で説明した通りCevioロゴは「00u(u=上)」ですので、服上の00o、シャツより上に表示され、かつ色変えの影響を受けないパーツとなります。

    服下の「00v(靴)」は服下00より下、服下00(スカート)で出来る肌影00sより上となります。

    表示順としては、
    下  服下の(s→v→c、o→u)→服上の(s→v→c、o→u) 上
    となります。

    目パーツのの涙と同じく色変更をした時に、色を変えたくないものは分離してvかuとして、服上00や服下00より上に表示させたい時はu、特に問わない時はvとなります。



    ではここまでの話をまとめて、以下のポーズで全てのパーツを表示させるにはどうすればよいか、考えてみましょう。



    こちらまずは体のポーズ差分04になります


    顔00、目00、口00を用意する
    これらはただ体に合わせてパーツを作成するだけです。
    例の画像では体パーツが04なのでそれぞれのパーツフォルダ内に「04フォルダ」があり、その中に格納されています。(体が03ならフォルダ名も03)






    上の画像の要領で「全」以外のフォルダ内は全てこのように体に対応したフォルダが構成され、その中に対応画像が格納されています。

    眉00c、髪00cを用意する
    眉も髪の色変更に連動するので、ファイル名にcの補助記号をつけた上で、色相変更に適した色合いの画像が必要ですね。
    ただ、配布しているささらちゃんの眉も髪もは00cは公式色となっていますが、公式髪色をcとしても綺麗に色相変更できたためこのようになっています。
    そしてこれらも「髪」「眉」フォルダの中の「04」フォルダに格納されています。

    次に服上
    こちらはシャツの04o
    シャツの上に来るパーツである04u(Cevioロゴ、色変更の影響を受けない)
    シャツで出来る肌影04s(体パーツの色変更と連動)
    これらが「服上」フォルダ内の「04」フォルダに格納されています。

    服下も同様で、
    スカートの05o
    スカートで出来る肌の影05s(肌の色変更と連動)
    靴05v(色変更の影響は受けない)

    これらが服上、服下の中の「04」フォルダに格納されています。

    これで全ての基本アニメーションパーツが各パーツの「04」フォルダに入っていることとなります。

    後はこれの繰り返しで、体05なら対応パーツを格納するのはフォルダ05、体06なら対応パーツはフォルダ06に格納、こういうことになります。
    目や口顔色パーツの作成方法はおわかりかと思いますし、ポーズに合わせてのそれらの作成も、基本的に通常のじさくみちを理解出来ていれば問題ありません。

    服は一見難しそうに見えますが、ポーズ(体)に対応した各フォルダに、ポーズに合わせた服を格納するだけなのは変わりません。
    00(公式衣装)、01(私服)、02(制服)というファイルも、ポーズに合わせて上下で分けて(主に上着とスカートなどで)描き、フォルダに追加。
    服によって出来る肌の影をs、服に付属するロゴやアクセサリー、色変更の影響を避けたいものを上に表示するかどうかでuかvとして分離作成。以上です。


    言葉にするとかなりややこしくなってしまうのですが、ささらちゃん素材と照らし合わせながら読んで頂けると多少理解が深まるかもしれません。
    では、これらの情報がお役に経てば幸いです。
    ここまでお疲れ様でした。