アドバンスドじさくみち3~「服」の概念~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アドバンスドじさくみち3~「服」の概念~

2015-12-20 20:21
  • 2

1、「服上」「服下」とは 

まずキャラ素材スクリプトver4以前のスクリプトと一番異なるのは「服」フォルダ有無ですね。
これはキャラに着せる服を「体」から分離することで、髪でも説明した着せ替えや色変え機能を実装することが目的とされています。

「服上」は「服下」より上に、副パーツはどちらも目、口、髪などの表情パーツより上に配置されます。
パーツの描画順序としては
後→体→顔(通常)→髪(不透明)→目→眉→口→髪(半透明)→服下→服上→他→顔(乗算)
となります。


では画像を参照しながら説明したいと思います。
私の「ささらちゃん」の素材構成を合わせて参照するとわかりやすいかもしれません。
服フォルダには格納出来るパーツに「00o」「00c」「00v」「00u」「00s」がありますが、ここではまず基本のo、cについてお話したいと思います。

まずoとcについては髪で説明した原理と全く同じになります。
oがなければcがデフォルトと色変更用の画像を兼ねることも同じですし、ささらちゃんには用意されておりませんが必要であれば「dlbw」の補助記号も服に使用可能となります。
ちなみに服系のcの色合いはこのような形になっています。


ささらちゃん

ゆっくり


では以上、oとcについてはご理解頂いているものとして(前記事にて詳しく説明されております)



ここではv、u、sについてお話させて頂きます。





上の画像の不透明部分が服上、服下で構成されたものになりますが、

シャツが服上の04o(考え方は髪のoと同じ)
シャツで出来る肌の影が服上の04s
シャツのCevioロゴが04u

スカートが服下の01o(考え方は髪のoと同じ)
スカートで出来る肌の影が服下の01s
靴が01v
となっています。


sはそれぞれのシャツやスカートで肌に出来た影を表示したい時に用意する画像になります。
なお、「体」パーツの肌は、目と同じく「c」などがついていなくてもスクリプトで最適化された色で変更が出来るのですが、この時補助記号「s」で出来た影はこの体パーツの色変更に連動して自動で最適な色に変更されます。
なお、このことから補助記号sによる肌以外への影の役割は持たせられません。
例えばスカートからニーソに落ちる影を04sなどとした場合、肌色の変更機能を利用した際にニーソの影色も連動して色が変化してしまい、不具合が生じてしまいます。




次に「v、u」ですが、こちらは両方とも目のvの話と同じで、「色変更の影響を受けない分離パーツ」ということになります。
vとuの違いは、服パーツ00より上に表示されるか下に表示されるかということとなります。
上の画像で説明した通りCevioロゴは「00u(u=上)」ですので、服上の00o、シャツより上に表示され、かつ色変えの影響を受けないパーツとなります。

服下の「00v(靴)」は服下00より下、服下00(スカート)で出来る肌影00sより上となります。

表示順としては、
下  服下の(s→v→c、o→u)→服上の(s→v→c、o→u) 上
となります。

目パーツのの涙と同じく色変更をした時に、色を変えたくないものは分離してvかuとして、服上00や服下00より上に表示させたい時はu、特に問わない時はvとなります。



ではここまでの話をまとめて、以下のポーズで全てのパーツを表示させるにはどうすればよいか、考えてみましょう。



こちらまずは体のポーズ差分04になります


顔00、目00、口00を用意する
これらはただ体に合わせてパーツを作成するだけです。
例の画像では体パーツが04なのでそれぞれのパーツフォルダ内に「04フォルダ」があり、その中に格納されています。(体が03ならフォルダ名も03)






上の画像の要領で「全」以外のフォルダ内は全てこのように体に対応したフォルダが構成され、その中に対応画像が格納されています。

眉00c、髪00cを用意する
眉も髪の色変更に連動するので、ファイル名にcの補助記号をつけた上で、色相変更に適した色合いの画像が必要ですね。
ただ、配布しているささらちゃんの眉も髪もは00cは公式色となっていますが、公式髪色をcとしても綺麗に色相変更できたためこのようになっています。
そしてこれらも「髪」「眉」フォルダの中の「04」フォルダに格納されています。

次に服上
こちらはシャツの04o
シャツの上に来るパーツである04u(Cevioロゴ、色変更の影響を受けない)
シャツで出来る肌影04s(体パーツの色変更と連動)
これらが「服上」フォルダ内の「04」フォルダに格納されています。

服下も同様で、
スカートの05o
スカートで出来る肌の影05s(肌の色変更と連動)
靴05v(色変更の影響は受けない)

これらが服上、服下の中の「04」フォルダに格納されています。

これで全ての基本アニメーションパーツが各パーツの「04」フォルダに入っていることとなります。

後はこれの繰り返しで、体05なら対応パーツを格納するのはフォルダ05、体06なら対応パーツはフォルダ06に格納、こういうことになります。
目や口顔色パーツの作成方法はおわかりかと思いますし、ポーズに合わせてのそれらの作成も、基本的に通常のじさくみちを理解出来ていれば問題ありません。

服は一見難しそうに見えますが、ポーズ(体)に対応した各フォルダに、ポーズに合わせた服を格納するだけなのは変わりません。
00(公式衣装)、01(私服)、02(制服)というファイルも、ポーズに合わせて上下で分けて(主に上着とスカートなどで)描き、フォルダに追加。
服によって出来る肌の影をs、服に付属するロゴやアクセサリー、色変更の影響を避けたいものを上に表示するかどうかでuかvとして分離作成。以上です。


言葉にするとかなりややこしくなってしまうのですが、ささらちゃん素材と照らし合わせながら読んで頂けると多少理解が深まるかもしれません。
では、これらの情報がお役に経てば幸いです。
ここまでお疲れ様でした。
広告
×
(ささらちゃんで例えると)シャツの(地の)色変更の影響を受けないロゴもまた色を変えられる
・・・という感じにしたいのですがそんな方法ってありますか?
服上の中でも2か所以上色変更できる所があるというか…伝わりづらかったらすみません…。
33ヶ月前
×
YMMで使えないのが残念
28ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。