アドバンスドじさくみち~最新スクリプト、ゆっくりではどう使うのか~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アドバンスドじさくみち~最新スクリプト、ゆっくりではどう使うのか~

2015-12-20 20:24
    ではこれまでの解説した事をゆっくりでやるとどうなるか、というお話をおまけとしてさせて頂きます。
    まず服ですね。
    ゆっくりには胴体がないので、服もありません。
    ですが、服上00など帽子などにを割り当てることで、細かい色変更が可能となっています


    新ぱちゅりーを例に解説したいと思います。
    この子の「服」をsvouで分けるとすればどのようにするでしょうか。
    これには決まった答えはないので、帽子がvでもリボンがuでも構いません。
    色を変えたい部分、変えたくない部分で決めていけば良いと思います。

    服下00o





    服上00o



    服上00u

    私個人としてはアクセサリの色は変更せずアクセントとしたかったことで00uとし、色変更の影響を避けました。
    なので、帽子とリボンに00cを用意し、好きな色に変更出来るようにしてあります。


    服下00c

    服上00c


    色変更、渋めの色。

    先程も言いましたが、どれをどう配置するかの決まりはありません。(三日月アクセサリを服下00vとして帽子に隠れてしまうなどのミスは除いて)
    作成者様が「ここの色変えられたら良さそう!」という部分を00cとして作成してしまえば良いと思います。





    次に髪を始めとした各パーツとと体についてとなります。

    髪や各パーツの単体での扱いについてはささらちゃん素材での説明と全く同じです
    必要であれば「00o 00c 00d 00l 00b 00w」の各画像を用意し適切なフォルダに配置、色変更に対応するだけです。

    ここでお話したいのは体01を用意することによる「ゆっくりのポーズ差分」となります。
    手足などの胴体がないのにポーズ差分とはということがあるかもしれませんが、まず体01(00と全く同じもの)を用意します。

    体01
    ここでまずわかることは、体パーツの差分追加をしたので、「全」以外の各パーツフォルダ内に「00」「01」のフォルダを作成することですね。
    この時、髪の00には

    このように、帽子の影入りの髪が入っています。


    ここで、体01を用意したことで追加した、髪フォルダ内の「01」フォルダに帽子の影の入っていない髪を入れます。
    次に服上服下フォルダ内のどちらでも構いませんので、片方の「01」フォルダは髪のリボンのみ、片方は空にします。



    あとの「目、口、眉、後、他」の中の「01」は「00」とまったく同じで構いません。

    こうすると体パーツによる各パーツの「00」「01」の差異は「髪」パーツのの帽子影の有無、上下服での帽子の有無となります。
    この構成にすると
    体00の時
    体01の時

    このように、体パーツの00と01の切り替えでワンタッチで帽子をの着脱、髪の艶の位置なども変更が可能になります。
    アリスの上海の有無の切り替えもこの原理で行なわれていますので、帽子やアクセサリのを消したい時、イメチェンや演出上でも便利なものとなります。
    また、ポーズ差分として正面向きなども体パーツ1つでアニメーション動作を維持したままの切り替えが可能となりますので、(作成は大変ですが)、キャラ動作のつながりの自然さや編集の手間の軽減などに繋がる形となります。(後ろ姿は「全」なので関係ありません)



    また体パーツ01以降に対応させるのは何でもOKです。
    例えば体01に以下を用意します

    これはぱちゅりーの体ではありません

    この上で、各01フォルダに


    服上
    服下






    既におわかりかと思いますが、各01フォルダにさとりのパーツを入れれば、体トラックバー一つでキャラまでまるごと変更(きつねゆっくり以外への変更、ゆっくり以外へも可能)するということも可能になります。




    推奨はしませんが、体パーツを各キャラ180体分ほどをポーズ差分で追加、各パーツの対応フォルダも構成すれば、、全てが一つのフォルダに集約され、体パーツの切り替えのみできつねゆっくり全種類を切り替え表示も出来ることになります。

    上記はあくまでも案の一つでしかありませんが、ここまでの解説で話したことに加えて、そういった荒業まで通じるような本当に自由度の高いスクリプトになっています。
    乳揺れ、眉のアニメーションによる表情筋表現、体でのポーズ差分機能によるによるリアル頭身とロリ頭身、ギャグ頭身、ゆっくりなどの同キャラでの状態切り替え、実装していない機能はたくさんありますが、アイデア次第で本当になんでも出来るものになっていると私は思っています。

    私達素材製作者の声を柔軟に取り入れ、ここまでの便利なスクリプトを作成(しかも大幅な軽量化までされた)、キャラ素材の発展、ゆっくり実況だけでなくトクロ、解説動画、様々なジャンルの作品に貢献されたズーズさんには本当に感謝しています。4年くらいお世話になってしまっておりますが、この場を借りてお礼申し上げます。
    ここまで読まれた方は、少なからず素材を作成しようとしているか、使用されている方だと思います。
    どうかズーズさんのされてきた貢献に対して、感謝の気持ちをお持ち頂ければと思います。
    では、ここまでお読み頂きありがとうございました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。