senさん のコメント

userPhoto
sen
出来のいい良作だとは思っていたけれど場所の描写も結構しっかりしていたのか。懐かしいですし実際の写真は新鮮でした。追記待ってます。
No.9
9ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
90年代『モンタナ・ジョーンズ』ロケ地 検証 更新し続ければ、全52話分まで完成するのだろうか。 ニトロ博士の言葉を借りると「いま少しの時間と予算をいただければ・・・。」 更新情報や緩いロケ地探訪情報は twitter をご確認ください! 追記:第25話まで更新しました。ゴッドランド、イスラエルなど 2月追記 メキシコなど追加 3/7追記: サンフランシスコ追加 3/8追記: イタリアミラノ追加 3/11追記: 反響ありがたいです。 第二弾を近日中に公開します。 日本舞台の『義経回』の分析結果を惜しみなく出します 第二弾できました! 姉妹編。ディズニー全作品?ロケ地探訪 ■はじめに これまで、映画をモチーフにした旅をしてきた。だが、国によっては、 有名な観光地があっても大した映画のロケ地になっていないところ がある。例えば、 マチュピチュ とか。そういう時は、筆者は映画ではなく、あるアニメのロケ地探訪をしていると思うことにしている。 その名は『 モンタナ・ジョーンズ 』! 意外と、場所の考証もしっかりしている(ような気がする)。脚本家の中村修さんが頑張ったのか、絵コンテや演出の皆さんの力があるのか。1994年からNHK総合テレビで放送されたテレビシリーズだ。内容は、言ってしまえば 『インディ・ジョーンズ』をモチーフにした、宝を巡る冒険物語である 。流石にタイトルが直球すぎると判断されたのか、再放送時のタイトルは『冒険航空会社モンタナ』になっている。 この記事では、筆者が思うがままに、『モンタナ・ジョーンズ』のロケ地を整理していくものである。普段 載せてる『映画の歩き方』の番外編だと思ってください。 そんなわけで、冒険に出ましょう。 ▼第083号 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ アニメの歩き方® 『 モンタナ・ジョーンズ 』ロケ地研究編 KIYASUWALKER ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■そもそも モンタナ・ジョーンズ とは? 物語は、世界の遺跡をめぐり、騒動の末、悪玉から財宝を守る物語というのが基本パターンである。個性的なキャラクターやメカデザインも楽しい。声優も今振り返ると、大塚明夫さん、中尾隆聖さん、岩男潤子さん、滝口順平さん・・・と、思い出すだけで幸せになれる。今も続く『忍たま乱太郎』や、実質後続番組の『飛べ!イサミ』など、NHKの夕方アニメが力を増した時期の作品。niconicoでいうと「NHKの本気」タグが猛威を振るうあたり。 宮崎駿監督が参画した『名探偵ホームズ』と同じイタリアのスタッフがいる為、キャラクターデザインが 『名探偵ホームズ』そっくり であることでも有名。ちなみに、残念ながら『モンタナ・ジョーンズ』はDVDやBlu-rayなどのソフト化はされていない。 ■著者紹介 KIYASUWALKER(きやすうぉーかー) メディア史の勉強と創作活動が好きです。好きな映画は、ナチス前のドイツ映画、戦後の日本映画、そして、スターウォーズ。問い合わせは、コメント欄か、twitterで@kiyasuまで。 ◇宣伝 ・100年後の学生に薦める映画2112本をひたすら書いていました(完結)。 ※文字制限でこのページの更新が止まってますが、実際は2112本掲載。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 【第1話 翼よあれがマヤの灯だ】 モンタナ達が暮らす、ボストンの街からスタート。 注目は、モンタナが最初にカメラに映る建物。「 Christian Science Publishing Society 」である。 https://en.wikipedia.org/wiki/Christian_Science_Publishing_Society これは 実在する建物 であり、結構、"まんま"である。ただ、恐竜の骨が常にありそうな場所ではなさそうだ・・・。 筆者はこのあたりを歩いたことがある のだが、この建物がモンタナ・ジョーンズのほぼ最初の場面に当たるものだとは全く思っていなかった。写真を撮っていなかったのが残念である(というわけで、写真がないのが申し訳ない)。 仕方がないので、ボストンの情景を。 で、"メキシコの"マヤ文明ということで、こちらの写真を。雰囲気的にはグアテマラの写真でも良かったですが(エンディングで登場する遺跡のモデルが該当すると思うのですよね) 【 第2話 海底2万センチ カリブの謎】 カリブ海自体は行ったことがない。ここでは、元ネタの 海底二万マイル のネモ船長(フランス・ナントのジュールヴェルヌ)を拝んだときの様子を載せておきます。   【 第3話 イスタンブールより愛をこめて/ エンディング 】 まず、毎回流れるエンディングの印象的な場面から。 そこで登場したモスクは、トルコのイスタンブールがもモチーフになっているであろう。 エンディングはこちら。まず、ALFEEの名曲と共に。 この近辺は、第3話 『イスタンブールより愛をこめて』でも舞台になっている。筆者が簡略的ながらもロケ地探訪している、『 007 ロシアより愛をこめて 』のパロディである。 モデルとなったロケ地も大体一緒 。 『モンタナ・ジョーンズ』の各話の、タイトルは、有名映画のタイトルを丁寧になぞっている。どなたが付けたのだろう。スタッフロールに名前が出ているどなたかであろうか。逆に、英語版の『モンタナ・ジョーンズ』は、このジョークは全く反映されていない。 さて、本編のイスタンブールでは市場で追いかけっこの場面がある。アーチ型の入り口が背景に見える場面もあった。 ゼロ卿が登場直後には007でもボンドが観光した、アヤソフィアが登場。ビザンツ建築の最高傑作と言われる場所。 007と同様、モンタナ達は地下水道へも訪れる。スルタンアフメット地区にある見所の一つ。入場料は10TL。 小舟で移動 するのは時代考証的に正しい。 現在の観光客はこの足場で水路を一周する。 最後は、水辺に出てくる。 エンディングの水面の鏡張りの様子は、この写真が合致するかもしれない。 【第4話 誰がためプラハの鐘はなる】 あまり情景が映らないのだが、モンタナ達が川に出る場面は、このカレル橋の西側からという設定ではなかろうか。 大立ち回りの時計はこのへんをイメージしているのだろうか? あまり、アニメ本編のアクションシーンのような大きく古い建物がないんですよね。 さらに、この本の背景に近しいのは、このへん? 【第5話 タージマハルの秘かな愉しみ】 行ってみるとわかる綺麗な水面であることがわかる。アニメ本編では、その水中でアクションするのはナイスアイデアである。建物の美しさは本当に凄い場所。タージマハルの周りに人があんなにいないことはありえないと思うが。 【第6話 雪男はチベットがお好き】 ポタラ宮が登場していたが、ここではダライ・ラマの亡命先のインドの様子を載せよう。 ここにもダライ・ラマが祀られていて、曼荼羅もある。 劇中のポタラ宮に似ていなくもない。 この近辺は、雪男がいそうな雪山もある。 一番モンタナの旅ぽいものが体験できるエリアである。 【第7話 ピラミッドの鍵貸します】 アフリカ繋がりで、一番それっぽいチュニジアの砂漠を載せておきましょう。 ここは、スター・ウォーズのダース・モール襲撃場面の場所でもあるのですが、 「これで終わったと思うなよー!」とゼロ卿のように叫ぶ為のスポットでもあります。 【第8話 突然アーサー王のごとく】 劇中に登場したロンドン博物館の写真を、鋭意発掘中。 アルフレッドは電車は使いませんでしたが、 ロンドンで手がかりを探す場面として、ロンドンの通行人を仮置き写真。 【第9話 コンドルは舞いおりた・インカの秘宝】 行ってみると、列車のアクションからしてマチュピチュの観光ルートに沿っていることがわかる。脚本家の力か、誰かのアドバイスによるものか。この回はロケ地深堀が面白い。 まず、上空の赤い建物が多い街は飛行機からでも雰囲気が似ている。 駅を出発するときに見える建物は、街の広場にある建物に似ている (本来は駅から見えない位置にあるが) 長い線路はそっくり。写真は掲載しないが、劇中に登場したようにトンネルも複数ある。 有名なマチュピチュの風景はこちら。もちろんそっくり。 遺跡の様子はこんな感じである。 【第10話 チャイナタウンに手を出すな】 ゴールデンブリッジ。映画に出てくるシルエットに一番近い写真がこれ。 映画ではこんなに近づかないが、折角なので載せておきます。 有名なサンフランシスコの坂道の様子。 ゼロ卿が頭に被った蟹の街でもある。 【第11話 バイキングはわかってくれない】 『モンタナ・ジョーンズ』のwikipediaには、ノルウェー・ゴットランド島と書いてあります。ただ、劇中の字幕にある通り、スウェーデンだと思います。なんでだろう? 長くつ下のピッピと、魔女の宅急便のロケでもありますし、そちらを重視して回りました。 ゴッドランド島は私も上陸しましたが、景色が違います。 ▽ゴッドランド島でピッピの場面にあわせて 【第12話 燃えよバビロン!】 イランは行ったことないです。ひとまず、海を挟んだUAEの様子。 強引であるが、ゼロ卿が休んでいたヤシの木をイメージ。 【第13話 アルハンブラのある夜の出来事】 スペイン・アルハンブラ宮殿は、バス移動中に遠目で眺めたような気がするのですが、撮影し忘れました。同じスペイン南のの写真を貼ることにします。 【第14話 アンコールワットは危険な香り】 気長にお待ちください。 【第15話 ラスト騎士・イン・パリ】 wikipediaだとパリしか言及されていませんが、まずは、エルサレムへ行っているんですよね。岩のドームを動かすなんて、やばすぎるでしょう。 神様の大小は関係ないが、モンタナ史上、最も宗教戦争に発展しそうな場面。 ▽劇中でも映る岩のドームの外観。ここでモンタナはとんでもないことをする。 その後、パリの凱旋門前へ。 【第16話 アポロン神殿・デルフィで昼食を】 冗談で長崎佐世保の『坂道のアポロン』のロケ地を載せようと思ったが自重する。 【第17話 白鳥城からの脱出】 城下町であるフュッセンの街。雪の中進む街並みはこの辺りの建物の構造が似ている。 ただ、お城からはまだまだ距離があるのだが。 肝心のお城は『大脱走』編の写真をそのままに。そちらの記事もぜひ読んでください! このお城はエンディングにも登場しましたね。 【第18話 香港で激突!皇帝の指令を探せ】 冒頭の追いかけっこはこの辺りじゃないですかね。階段から想定。 【第19話 ミラノ大捜査線】 作中に出てきたのはこの建物。 【第20話 寒い国から来た招待】 クレムリン宮殿への進入という恐ろしいことを成し遂げるモンタナ。 メリッサが見張りをする鐘も実際にあります。 ただし、メリッサのように鐘の中に入ったら、とんでもなく怒られそう。 【第21話 王様と私・ジンバブエの黄金】 【第22話 赤い砂漠の大冒険】 【第23話 モンテカルロに進路をとれ】 気長にお待ちください。 【第24話 シルクロード大攻防戦】 モンタナがガソリン補給で訪れるアカバの街は筆者は素通りしたのですが、それでも下記写真は、モンタナが走り回った建物に似ていますね(写真はアンマン)。また、カゴに隠れる場面は、インディ・ジョーンズのパロディですかね。 ペトラはこちら。 【第25話 緊急指令!イースター島異状あり】 もちろん、モアイ像。オープニングにも登場しますね。 劇中を再現できるのはこの採掘場跡のあたりじゃないかな? 続く?(or アップデートする?) ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ [このブロマガは?] チュニジア、ヨルダン、イスラエル、トルコ、マレーシア、中国… 映画のロケ地を中心に廻ってきた旅行について紹介する。 大体、 毎週土曜〜月曜のどこかで更新 したいと思っていますが・・・。 これからロケ地へ行く人の何かしら有益な情報になっていただければ嬉しい。 行かない人も、映画をテーマにした旅の雰囲気を楽しんでいただければと思う。 ★ロケ地旅行記シリーズ一覧★ ■特選 ◇ オススメ 5選!リンク集 1. スターウォーズ(完全版) 2. シェルブールの雨傘(中編) 3. ローマの休日(完全版) 4. 尾道三部作・新三部作(さびしんぼう・ふたり編) 5. 去年マリエンバードで ▼スターウォーズ ルークの家 ◇ 最高アクセス 5選!リンク集 壱. きっと、うまくいく 編(中編) 弐. ローマの休日(完全版) 参. スターウォーズ(完全版) 肆. バケモノの子(仮編) 伍. 『スター・ウォーズ フォースの覚醒』初回上映をアメリカまで観に行ってきた! ▼きっとうまくいく編 ラダック地方で口論する橋 ■ 地域別 リンク集 ▼ヨーロッパ サウンド・オブ・ミュージック 前編 中編 後編 (オーストリア:ザルツブルグ) ビフォア・サンライズ 恋人までの距離編 前編 中編 後編 (オーストリア:ウィーン) 去年マリエンバードで編 本編 (ドイツ: ミュンヘン) ラン・ローラ・ラン編 前編 中編 後編 (ドイツ:ベルリン等) ミッション:インポッシブル編 完全版 (チェコ: プラハ) アメリ編 前編 後編 (フランス:パリ等) シェルブールの雨傘編 完全版 (フランス:シェルブール等) ローマの休日編 完全版 (イタリア:ローマ) ▼中東 ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル編 本編 (UAEドバイ:ブルジュ・ハリファ) インディ・ジョーンズ 最後の聖戦編 完全版 (ヨルダン: ペトラ等) 007/ロシアより愛をこめて編 本編 (トルコ: イスタンブール) ▼アジア スラムドッグ$ミリオネア編 前編 後編 (インド:アーグラ) 支那の夜編 本編 (中国: 上海) きっと、うまくいく 編 前編 中編 後編 (インド: ラダック地方) インファナルアフェア編 with 恋する惑星 本編 (中国:香港等) ▼北米 猿の惑星 1968年版編 本編 (アメリカ:ロサンゼルス ハリウッド) プリティ・ウーマン編 本編 (アメリカ:ロサンゼルス ハリウッド) バック・トゥ・ザ・フューチャーpart2 ビフのカジノ編 本編 (アメリカ:ラスベガス) グッド・ウィル・ハンティング編 本編 (アメリカ: ボストン) フォレスト・ガンプ/一期一会編 本編 (アメリカ: ワシントンD.C) キングコング編 本編 (アメリカ: ニューヨーク) ロッキー編 前編 後編 (アメリカ:フィラデルフィア) ▼アフリカ スターウォーズ編 完全版 補足編 (チュニジア:トズールなど) ▼日本 幕末太陽傳/幕末太陽伝 本編 (日本:品川) 東京物語 本編 (日本:堀切など) コクリコ坂から with愛染かつら編 前編 後編 (日本: 横浜) 野良犬編 本編 (日本 : 上野+?) 椿三十郎編 本編 (日本: 御殿場 厳島神社) 七人の侍 編 前編 後編 (日本: 伊豆など) 海街diary with スラムダンク編 前編 後編 (日本: 鎌倉) バケモノの子編 仮編 (日本: 渋谷) 男はつらいよ編 前編 後編 (日本:柴又) 菊次郎の夏編 前編 中編 後編 (日本: 浅草) 尾道三部作&新三部作編 前編 (日本: 尾道) ■その他 ▼番外編 映画マニア向けのNetflix?『MUBI』を使ってみた! 本編 侍映画マニアのインド人に教えて貰った!おすすめインド映画4本 本編 NEW 僕とアフガニスタン難民の旅 本編 ロケ地探訪シリーズ動画 解説(2) 本編 ロケ地探訪シリーズ動画 解説(1) 本編 ▼スターウォーズ 全128ルートに進化!『スターツアーズ』まとめ 本編 『スター・ウォーズ フォースの覚醒』初回上映をハリウッドまで観に行ってきた! 本編 姉妹編。ディズニー全作品?ロケ地探訪 姉妹編の 黒澤明全作品 ロケ地探訪は こちら ゴジラ全作品ロケ地探訪は こちら スターウォーズは こちら NEW 北野武全作品は こちら 第二弾できました! ◆宣伝 twitter 若しくはブロマガで紹介したら、一覧に載せます。 少しずつ更新となると思うので、フォローやリクエストいただけると嬉しいです。コンテンツを楽しむ一助になれば。
映画の歩き方
twitter: @kiyasu

本ブロマガでは、 "ライフワーク"である映画のロケ地探訪シリーズを中心に載せていきます。『スター・ウォーズ』『インディ・ジョーンズ』『ロッキー』『ローマの休日』『007』『シェルブールの雨傘』『去年マリエンバードで』『大脱走』など。1人の人間が全て廻っているのは珍しいかも。



◇別ブログ

100年後の学生に薦める映画2112本

100年後の親御さんに薦める絵本と児童文学101冊



◇好きな映画

・ナチス台頭前のドイツ映画と、戦後暫くしてからの日本映画。監督は、フリッツ・ラング、黒澤、山中貞雄、溝口など。