【連載38回目】映画の歩き方: 上海『支那の夜(蘇州の夜/蘇州夜曲)』編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【連載38回目】映画の歩き方: 上海『支那の夜(蘇州の夜/蘇州夜曲)』編

2015-07-20 14:16
    ▼第038号
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    映画の歩き方®
    上海『支那の夜(蘇州の夜/蘇州夜曲)』編
    KIYASUWALKER

    f:id:kiyasu:20150629210253p:plain

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    チュニジア、ヨルダン、イスラエル、トルコ、中国…
    映画のロケ地を中心に廻ってきた旅行について紹介する。

    これからロケ地へ行く人の、
    何かしら有益な情報になっていただければ嬉しい。
    行かない人も、映画をテーマにした旅の雰囲気を
    楽しんでいただければと思う。

    ▼今回はこんなロケ地に行きます
    優雅な恋愛映画の舞台

    ▼この有名なビル群の景色が実は…
    f:id:kiyasu:20150629210036p:plain

    f:id:kiyasu:20150629215037p:plain


    〜いつもながら御礼&宣伝〜
    連載30回目記念 『スター・ウォーズ 編 完全版』が、
    かなり好評で有り難うございます。




    連載32回目 『きっと、うまくいく 中編』
    過去最高のアクセスをいただきました。
    有り難うございます。


    f:id:kiyasu:20150516025141p:plain

    連載34回目 『ローマの休日編 完全版』
    暖かいコメントが多く、励みになりました。
    楽しんでいただけて何より。



    連載37回目 『フォレスト・ガンプ編』
    宜しく御願いします。こちらも更新したばかり。

    f:id:kiyasu:20150320020546p:plain



    また、この映画はパブリックドメインにつき、
    劇中の映像を交えながら紹介したいと思う。
    『ローマの休日』『スミス都へ行く』でもそうであるが、
    画像つきだと楽しく書ける。

    ▼劇中の李香蘭さん
    f:id:kiyasu:20150715001112p:plain



    ■そもそも『支那の夜(蘇州の夜/蘇州夜曲)』とは

    1.日本人男性と中国人女性の恋の映画
    2.公開当時、日本人も中国人も、本作に夢中になった色々歴史解釈がややこしくなってしまったけれど、この事実は変わらない

    決定盤 李香蘭(山口淑子)大全集

    そして、名曲『蘇州夜曲』が、重要な映画
    穏やかな曲目に、当時の人はうっとりしたに違いない。



    李香蘭 / 蘇州夜曲 (SP盤復刻による懐かしのメロディー)


    ちょっと筆者が困っているのは
    『支那の夜』と呼ぶべきか、
    最近のDVDのパッケージに合わせて
    『蘇州の夜』と呼ぶべきか、
    フィルムセンターに合わせて『蘇州夜曲』と呼ぶべきかいう点だ。

    ▼現在は映画タイトルが『蘇州夜曲 〜"支那の夜"より』となる場合も

    f:id:kiyasu:20150715001002p:plain

    ▼蘇州の夜になっている
    蘇州の夜 松竹映画 銀幕の名花 傑作選 [DVD]


    筆者は基本、原題を重視するタイプである。
    さらには、日中関係が敏感になっているので「時代だなあ」と思いながらも…。
    李香蘭さんは「支那とはあまり呼びたく無かった」と後年語っていたとも聞く。

    難しい。


    李香蘭(山口淑子) DVD5巻セット


    ともあれ、この映画の熱狂は、色んな文献で判る。
    だからこそ、あまりタブーな映画になって欲しくないのだよね。

    ■山口淑子さん李香蘭さんについても語らせてほしい。頼む

    国会議員にもなる大スター。
    山口淑子さんは日本と満州をまたにかけた女優であった。

    映画公開当時は、李香蘭という芸名だった。
    日本が大陸に進出していた時代。
    日本でも満洲でも多くの人々から
    中国人スターと信じられていたのが彼女。
    ※実際は大陸生まれの、日本人

    李香蘭 私の半生 「李香蘭」を生きて (私の履歴書)

    ▼映画でも『李香蘭』とある

    f:id:kiyasu:20150715000957p:plain

    人々を騙しているという引け目はあったものの、
    日本人とバラすと、中国人が失望する、という葛藤もあったらしい。

    スター☆デラックス 李香蘭


    中国に影響を与えた女優であることは事実で、
    筆者が香港に行った時、香港の映画博物館では、彼女の日本語の本があった。
    日本に関する資料が少ない図書館だけに、中国にとっての、彼女の重要度が判る。


    李香蘭 私の半生 (新潮文庫)


    ▼香港の映画博物館。別途掲載している『インファナル・アフェア』編をご覧あれ


    戦後も、裁判にかけられたり、
    日本人であることを立証するなど、エピソードは多い。
    国籍とは何なのか、と考えさせられることは多い。

    李香蘭(山口淑子)全曲集

    ノグチイサムと結婚していた時期があったのも、
    そういう国の間で揺れる虚しさを共有し合える仲だったかもしれない。
    ※ノグチイサムも、アメリカと日本の間で揺れていた

    ▼『キングコング』編で掲載しているイサムノグチ美術館
    f:id:kiyasu:20150317033604p:plain

    そんな人生は、人々を引きつけ、創作も生まれている。

    劇団四季 ミュージカル 李香蘭 [DVD] 李香蘭 [DVD]

    尚、黒澤明監督の『醜聞』にも出演されている。こちらも名作である。

    <あの頃映画> 醜聞(スキャンダル) [DVD]



    ■上海と『支那の夜蘇州の夜』の関係

    『蘇州夜曲』という名曲が使用されているだけあって、
    この映画は、上海から近いところにある蘇州が舞台だ。

    世界ふれあい街歩き 中国 蘇州/西塘 [DVD]

    だが、劇中で蘇州が登場するのは後半。
    前半は上海を舞台にしているのである。

    D02 地球の歩き方 上海 杭州・蘇州 2015?2016

    本当は蘇州にも行きたかったのだが、
    24時間もいられない旅行であった為、上海のロケ地のみ廻ります。

    ■改めて自己紹介

    ▼筆者


    ネットの中の社会人

    ◇映画
    ナチス台頭前のドイツ映画と、戦後暫くしてからの日本映画が好物。
    ・好きな監督は、フリッツ・ラング、黒澤、山中貞雄、溝口あたり。

    ◇宣伝
    ・100年後の学生に薦める映画2112本をひたすら書いています。
    ※文字制限でこのページの更新が止まってますが、実際は2000本ほど掲載。





    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    【01.大まかなロケ地と旅程】

    飛行機を乗り継いで行きました。1日しかいない旅なので駆け足です。
    尚、本"歩き方"では、実際に歩いた順番をいくつかシャッフルして掲載しています。

    【02.治安とか言語とか諸々】

    治安
    危険は全く感じませんでした。凄く良い人達が多い。
    否、でも、悲しいかな、騙そうとしてくる人はいました。

    言語
    中国語です。英語もそこそこ通じる。


    【03.到着編】

    インド『きっと、うまくいく』編から、いくつか寄り道した後、
    飛行機を乗り継いでやってきました。

    ▼高速鉄道に乗って、街の中心に行こうとしているところ

    f:id:kiyasu:20150629203415p:plain



    【04.映画博物館】
    世界の映画博物館を可能な限り制覇したいと思う筆者。
    今回は、上海の映画博物館に寄ろうとする。
    上海体育館という駅からアクセスできる。

    「そろそろこの辺にあるはずなのだが…」とキョロキョロすると、
    見上げると見慣れた、そして格好良く編集された映像が

    『さらば、我が愛 覇王別姫』の映像であった

    f:id:kiyasu:20150629203623p:plain

    筆者が最も鳥肌を立てた中国映画の一つである

    さらば、わが愛 覇王別姫

    中華電影的中国語 さらば、わが愛 覇王別姫―中国語・日本語対訳シナリオ集  さらば、わが愛?覇王別姫 オリジナル・サウンドトラック さらば、わが愛 覇王別姫 [DVD]

    屋外ディスプレーで流れていたのは、Blu-ray版の予告編だったかな
    ともかく、この映画の格は中国でも高いのだ、ということを知れたのは嬉しい。

    覇王別姫 / さらば、わが愛 (台湾盤)

    そして、映画博物館はこちらである。

    f:id:kiyasu:20150629203802p:plain

    近代的なデザインで驚く。最近出来たのですね。

    ただ…

    ただ…

    定休日であった

    f:id:kiyasu:20150629204044p:plain

    そういえば、旅行前に、筆者の訪問日は、
    この博物館が休日であることを確認していたのだ。
    ただ、あまりに楽しみにしていた為、失念しまったのだ。
    うーむ、恥ずかしい。

    博物館のガードマンの青年に、筆談筆者は中国語の単語はいくか判っても、喋れないで、
    建物の構造や、展示内容を聞いて別れる。
    青年よ、変な日本人が迷惑かけました…。

    【05.食事】

    観光を続けて行くと

    f:id:kiyasu:20150629204145p:plain

    ファーストフードの一角。
    ブルース・リーの姿が

    f:id:kiyasu:20150629204118p:plain

    香港のロケ地探訪『インファナル・アフェア』編でも述べましたが、
    筆者は『ドラゴン 怒りの鉄拳』が好きです。

    ドラゴン怒りの鉄拳 [Blu-ray]

    こちらは、スーパーマンがいる。良いのか

    f:id:kiyasu:20150629204254p:plain

    こちらは、お爺さんのキャラクター。

    f:id:kiyasu:20150629204640p:plain

    そんなわけで、ファーストフードに入ってみたけど、
    日本のファーストフードより格段に健康的で美味しい
    日本に進出してくれないかな。

    f:id:kiyasu:20150629204453p:plain


    【06.豫園】


    「上海の滞在時間が短いなら豫園に行ってみては」と祖母に言われたので、行ってみた。

    ▼この画像では判らないが、ドローンが飛んでいた
    f:id:kiyasu:20150629205358p:plain

    日本で例えるなら浅草、と言われているらしい。
    とはいえ、浅草より豪華な場所である。

    f:id:kiyasu:20150629204840p:plain


    玩具屋さん。
    日本のアニメキャラクターが多かった。

    f:id:kiyasu:20150629205616p:plain


    【07.国際飯店】

    『支那の夜蘇州の夜』のロケ地を検証されている先駆者様を3名程、筆者は参考にさせていただいたのだが、その中で、居ながらシネマ 様が 、劇中の景色の中に国際飯店 が入っているビルがではないかと指摘されていた。なるほど。

    折角なので、行ってみようと思う

    ▼劇中だと…この背景かな
    f:id:kiyasu:20150715001118p:plain

    駅を出ると…

    f:id:kiyasu:20150629215020p:plain

    すぐに発見

    f:id:kiyasu:20150629215043p:plain

    光が少なくて、どこか異様な雰囲気である。
    タイミングが悪かったのかもしれないが、
    浮浪者っぽい方も彷徨いているし、中に入って行く人もどことなく怖い。

    f:id:kiyasu:20150629215025p:plain

    f:id:kiyasu:20150629215033p:plain

    f:id:kiyasu:20150629215037p:plain

    入り口の回転ドアには「1934」の数字。このビルができた年であろう。
    映画は『支那の夜蘇州の夜/蘇州夜曲』は、1940年に製作されたから、
    映画に映っていてもおかしくは無い。
    そして、当時はとても高いビルの中の一つであったのだろう。

    f:id:kiyasu:20150629215039p:plain

    【08.今回行きたかったロケ地へ】
    筆者はとある川辺の公園区域にいた。

    f:id:kiyasu:20150629212039p:plain

    劇中、李香蘭さんが夜の景色を眺めた後に切り替わる、
    朝の一連の景色の場面を拝む為だ。

    f:id:kiyasu:20150715001105p:plain

    この先あたりで撮影するのが良いと見た

    f:id:kiyasu:20150629213418p:plain

    こんな朝の景色が劇中で流れるのですが…

    f:id:kiyasu:20150715001016p:plain

    建物がそのままビンゴじゃないですかね

    f:id:kiyasu:20150629212104p:plain

    映画の角度を忠実に再現しようとすればするほど、木々で隠れてしまうが、
    この公園あたりで撮ったと考えるのが良さそう。

    ▼厳密な撮影位置を探して試行錯誤。難しい…
    f:id:kiyasu:20150629212535p:plain

    f:id:kiyasu:20150629212233p:plain

    75年前の映画のロケ地であることを考えると、良く残ってくれていると思う
    しかも、きちんと判る形で、どの建物も残っているのだから、素晴らしい。

    f:id:kiyasu:20150629211036p:plain

    ちなみにこの建物は、
    他の場面にも、ちょくちょく映っている。

    例えば、この場面の奥の建物…

    f:id:kiyasu:20150715001102p:plain

    先ほどは右斜めからの撮影でしたが、
    左斜めから撮影すると、一致する

    f:id:kiyasu:20150629210253p:plain

    折角なので、一つ一つ、建物を調査して行く。

    X.花旗銀行

    f:id:kiyasu:20150629210406p:plain

    Y.中国工商銀行

    f:id:kiyasu:20150629210515p:plain


    Z.中国銀行

    f:id:kiyasu:20150629211000p:plain

    銀行が多いのか


    【08.まだまだ続くロケ地】

    次に、この場面であるが…

    f:id:kiyasu:20150715001025p:plain

    先のほどのロケ地と、同じ道沿いにあった

    f:id:kiyasu:20150629213501p:plain


    尚、冒頭の朝もやのシーンも、
    この上記場面の角度を変えて、より近づいたものだ。

    f:id:kiyasu:20150715001008p:plain


    ■劇中のカメラの動きを再現する
    この場面では、カメラが横にパンして横に移動して、その先には川が映る。
    具体的に見てみると…

    1.先ほど見つけたロケ地の場面
    f:id:kiyasu:20150715001025p:plain

    2.カメラが移動して川が映り始める
    f:id:kiyasu:20150715001031p:plain

    3.川と足場が映る。賑やかで活気がある
    f:id:kiyasu:20150715001038p:plain

    4.さらに、映像が切り替わって大量の船
    f:id:kiyasu:20150715001056p:plain

    ふむふむ。
    これを現在の上海で検証してみよう。

    A. 映画とほぼ同じ景色がスタートライン
    f:id:kiyasu:20150629214008p:plain

    B.映画と同じように、カメラを川がある方面に動かして行く…

    f:id:kiyasu:20150629214243p:plain

    C.えええええッーーー
    f:id:kiyasu:20150629210036p:plain

    この街のシンボルのビル群である。
    上海に行ったことが無くとも、知っている人が多い景色なのでないだろうか。

    もとの、のどかな景色は何処へ…。


    f:id:kiyasu:20150715001038p:plain f:id:kiyasu:20150715001056p:plain

    船がいるという共通点はあります。

    f:id:kiyasu:20150629214322p:plain

    このビル群で、
    『ミッション:インポッシブル3』ではトム・クルーズがアクションし、
    『007』ではジェームズ・ボンドが潜伏するのですよ…。
    20代の李香蘭様は想像できないであろう。

    ▼ミッション:インポッシブルで活躍があるのは、下の写真右の方にある青い光のビル
    f:id:kiyasu:20150629214947p:plain

    ? スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

    そんな時の流れに思いを馳せつつ、
    上海でのロケ地探訪を終わらせたいと思う。

    いつか、映画後半に登場する蘇州にも寄りたいものだ。

    f:id:kiyasu:20150719013908p:plain

    次回 チェコ『ミッション:インポッシブル』 編 完全版…かな?





    KIYASUWALKER®

    -----------------------
    バックナンバー


    ★総集編 ※まとめ記事
    こちら

    f:id:kiyasu:20150302003344p:plain

    ★スターウォーズ編 チュニジア
    完全版はこちら ←凄くオススメ&凄く人気
    旧版 前編はこちら

    旧版 中編はこちら
    旧版 後編はこちら
    補足編はこちら





    ★ロッキー編 アメリカ
    前編はこちら
    後編はこちら






    ★ローマの休日編 イタリア
    完全版はこちら ←判りやすくてオススメ&人気
    旧前編はこちら
    旧後編はこちら






    ★シェルブールの雨傘編 フランス
    前編はこちら
    中編はこちら ←映画未見の人もオススメ。筆者が一番好きな回

    後編はこちら





    ★インファナルアフェア編 中国
    本編はこちら





    ★アメリ編 フランス
    前編はこちら
    後編はこちら




    ★インディ・ジョーンズ 最後の聖戦編 ヨルダン
    前編はこちら
    後編はこちら
    補足編はこちら





    ★ミッション:インポッシブル編 チェコ
    前編はこちら
    後編はこちら





    ★尾道三部作&新三部作編 日本
    前編はこちら ←ささやかながらオススメ
    後編は更新中







    ★ラン・ローラ・ラン編 ドイツ
    前編はこちら
    中編はこちら

    後編はこちら




    ★/ロシアより愛をこめて編 トルコ
    本編はこちら
    f:id:kiyasu:20150302005420p:plain

    f:id:kiyasu:20150228191543p:plain

    ★キングコング編 アメリカ
    本編はこちら





    ★去年マリエンバードで編 ドイツ
    本編はこちら ←意外と面白いかも
    f:id:kiyasu:20150310012916p:plain

    f:id:kiyasu:20150310012711p:plain

    ★菊次郎の夏編 日本
    前編はこちら
    中編はこちら

    後編はこちら

    f:id:kiyasu:20150402212435p:plain

    f:id:kiyasu:20150324013249p:plain

    ★きっと、うまくいく編 インド

    前編はこちら
    中編はこちら ←最高アクセス
    後編はこちら

    f:id:kiyasu:20150516025141p:plain

    f:id:kiyasu:20150622222209p:plain

    ★男はつらいよ編 日本
    前編はこちら
    後編はこちら
    f:id:kiyasu:20150628010747p:plain

    f:id:kiyasu:20150628002214p:plain

    ★フォレスト・ガンプ編 アメリカ
    本編はこちら
    f:id:kiyasu:20150521030134p:plain

    f:id:kiyasu:20150320020546p:plain

    KIYASUWALKER®



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。