【連載41回目】映画の歩き方: アメリカ『グッド・ウィル・ハンティング』ロケ地探訪 編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【連載41回目】映画の歩き方: アメリカ『グッド・ウィル・ハンティング』ロケ地探訪 編

2015-08-05 00:46
    ▼第041号
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    映画の歩き方®
    アメリカ『グッド・ウィル・ハンティング』編
    KIYASUWALKER

    f:id:kiyasu:20150726023140p:plain

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    チュニジア、ヨルダン、イスラエル、トルコ、中国…
    映画のロケ地を中心に廻ってきた旅行について紹介する。

    ■今回は、こんな場所に行きます
    映画『グッド・ウィル・ハンティング』『ソーシャルネットワーク』の舞台、ボストン。
    ボストンが優秀な人材を排出している"雰囲気"を感じ取ってもられば。

    グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち [Blu-ray] ソーシャル・ネットワーク [Blu-ray]
    ※ソーシャルネットワークは、ボストン以外も舞台

    ▼例えば、映画内でウィルが掃除の仕事をしていたMIT(マサチューセッツ工科大学)

    f:id:kiyasu:20150726023109p:plain

    f:id:kiyasu:20150726023559p:plain

    〜御礼&宣伝〜
    連載30回目記念 『スター・ウォーズ 編(完全版)』が、
    かなり好評で有り難うございます。




    連載32回目 『きっと、うまくいく(中編)』
    過去最高のアクセスをいただきました。
    有り難うございます。


    f:id:kiyasu:20150516025141p:plain

    連載34回目 『ローマの休日編(完全版)』
    暖かいコメントが多く、励みになりました。
    楽しんでいただけて何より。




    これからロケ地へ行く人の、

    何かしら有益な情報になっていただければ嬉しい。
    行かない人も、映画をテーマにした旅の雰囲気を
    楽しんでいただければと思う。


    [先にごめんなさい]
    今回は、「ロケ地探訪」という程、
    きっちり映画に沿った旅ではありません

    これは、筆者の初期の旅行で、ロケ地探訪としてブロマガに上げるようなことを
    意識した旅では無かったためです。とはいえ、映画の雰囲気は出ていると思う。
    あくまでブロマガのタイトルは「映画の歩き方」なので、ご了承ください。


    ■そもそも『グッド・ウィル・ハンティング』とは?

    多くの天才が集まる大学が舞台。2人の主人公がいる。

    グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち [Blu-ray]Good Will Hunting [VHS] [Import]

    ■主人公1人目
    大学の片隅で清掃員として働くトラウマにまみれた天才青年
    演じるは、当時無名のマット・デイモン
    なんと、マット・デイモン氏は脚本も手がけている。

    マット・デイモン物語―ゴールデン・ボーイの素顔 (集英社文庫)

    ■主人公2人目
    妻に先立たれ失意の底の心理学者
    演じるは、今は亡きロビン・ウィリアムス

    ロビン・ウィリアムズ

    …この2人の交流の物語である。

    Good Will Hunting: Music From The Miramax Motion Picture


    アカデミー賞やゴールデングローブ賞の脚本賞を受賞するなど、
    確かな評価を得た秀作だ。


    ■ボストンが舞台の映画が他に3本

    ボストンは天才が集まる ? 街だ。
    実際、凄い人も入れば、そうでない人もいるだろう。どこの世界でもそんなものだ。
    それでも、成功した天才を多く排出している事実は変わりない。
    それを象徴しているのは、facebookの創設を描いた『ソーシャル・ネットワーク』

    ソーシャル・ネットワーク [Blu-ray]

    ボストンの学生が、
    頭脳でラスベガスに挑戦する『ラスベガスをぶっつぶせ』

    ラスベガスをぶっつぶせ [DVD]

    変わりどころでは、
    中年テディベアを描いたコメディ『テッド』だ。
    最近は、『テッド』のロケ地探訪ツアーもあるらしい。

    テッド [Blu-ray]

    ■ボストンとは
    アメリカ合衆国
    マサチューセッツ州北東部サフォーク郡にある、静かな街。

    B07 地球の歩き方 ボストン 2012?2013


    ■改めて自己紹介

    ▼筆者


    ネットの中の社会人

    ◇映画
    ナチス台頭前のドイツ映画と、戦後暫くしてからの日本映画が好物。
    ・好きな監督は、フリッツ・ラング、黒澤、山中貞雄、溝口あたり。

    ◇宣伝
    ・100年後の学生に薦める映画2112本をひたすら書いています。
    ※文字制限でこのページの更新が止まってますが、実際は2000本ほど掲載。





    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    【01.大まかなロケ地と旅程】

    飛行機を乗り継いで行きました。

    【02.治安とか言語とか諸々】

    治安
    危険は全く感じませんでした。

    言語
    英語です。


    【03.到着編】
    飛行機を乗り継いでやってきました。
    友人2人と一緒の旅。
    このときの筆者の旅行の目的は学会参加であった。

    f:id:kiyasu:20150726022324p:plain

    「クラムチャウダーとロブスターの店を探すべし」という恩師のアドバイスに従い、
    ボストン名物のシーフードをいただく。

    ▼ロブスター
    f:id:kiyasu:20150726022338p:plain

    学会の前の腹ごしらえである。

    f:id:kiyasu:20150726022351p:plain


    【04.チャールズ川を歩く】

    朝。ホテルから外を見下ろすと、
    映画にも登場するチャールズ川が見える。

    f:id:kiyasu:20150726022403p:plain

    沿岸には
    1.ハーバード大学
    2.ボストン大学、
    3.ブランダイス大学、
    そして、
    4.マサチューセッツ工科大学がある。

    ▼こちらは、ハーバード橋
    f:id:kiyasu:20150726023028p:plain

    このときは1月。

    が張っている!

    f:id:kiyasu:20150726023101p:plain

    f:id:kiyasu:20150726023124p:plain

    ちょっと凍てつく。

    f:id:kiyasu:20150726023018p:plain

    学友に「冬のボストンは足が凍るように寒いから、雪国用の分厚い靴じゃないと駄目」と言われたので、筆者はわざわざ防寒用の分厚い靴を買って旅に備えた。
    しかし、あの靴は、結局あまり意味が無かったような…。今どこにあるだろう。

    ▼この橋の右側から撮影したのが、劇中の撮影スポットではないか?と今更ながらに思う
    f:id:kiyasu:20150726023041p:plain

    f:id:kiyasu:20150726023148p:plain

    f:id:kiyasu:20150726023140p:plain

    映画の川辺のベンチ(池のベンチの場面もありましたね)…とは…違うものだが、
    同じ川辺だけあって、
    映画と雰囲気は似ている

    f:id:kiyasu:20150726023206p:plain

    バスを撮ろうとしたのだが、気になったのは…

    f:id:kiyasu:20150726023217p:plain

    後ろにプリントされているのはブルーマン。
    ドイツ『ラン・ローラ・ラン』編でもブルーマンに出会うことになる。

    f:id:kiyasu:20150805003143p:plain

    これまでの連載でも、
    チュニジア・フランス・チェコ・ヨルダンと、
    筆者は現地の清掃車を撮っていることが多い。
    この旅でも撮影していた。
    毎度書いていますが、お国柄を感じる上で楽しい。

    f:id:kiyasu:20150726023239p:plain

    美しいデザインです…(当社比)

    f:id:kiyasu:20150726023250p:plain

    このデザインだとちゃんと資源ゴミとして分別してくれそう…な気がする!

    f:id:kiyasu:20150726023230p:plain

    歩く場所の問題かもしれないが、落ち着いた街で、娯楽は少ない。
    これなら、勉学に集中できる!?

    f:id:kiyasu:20150726023306p:plain

    駅のデザインは緑の部分がクール。
    時間帯のせいか、人も少ない。

    f:id:kiyasu:20150726023315p:plain

    f:id:kiyasu:20150726023328p:plain

    f:id:kiyasu:20150726023337p:plain

    小休止。
    時間がゆっくりに感じる。

    f:id:kiyasu:20150726023352p:plain

    f:id:kiyasu:20150726023407p:plain


    「村上春樹さんはボストンに住んでいたんだよな」と、
    話した場所。


    f:id:kiyasu:20150726023429p:plain

    f:id:kiyasu:20150726023438p:plain

    ちょくちょく、興味深い構造の建物がある。

    f:id:kiyasu:20150726023449p:plain

    どの建物も大体煉瓦色で、統一感がある町並みだ。

    f:id:kiyasu:20150726023417p:plain



    【05.ボストン・セルティックス】


    別の日だが、バスケットボール好きの友人の強い要望で、
    ボストン・セルティックスの試合を観戦したときの様子。

    f:id:kiyasu:20150805003024p:plain

    f:id:kiyasu:20150726023510p:plain


    (アディダス)Adidas NBA セルティックス #9 レイジョン・ロンド Revolution Replica ジャージ (ホーム) - XL

    筆者が目を奪われたのは、
    休憩時間中のこのCM。

    f:id:kiyasu:20150726023520p:plain

    ゴジラ登場。
    アメリカの生活に普通に紛れているのが嬉しい。

    f:id:kiyasu:20150726023527p:plain

    この造形は、
    キンゴジ(キングコング対ゴジラに登場するゴジラ)だろうか?

    キングコング対ゴジラ [DVD] ART WORKS MONSTERS ~戯画 GIGA~ キンゴジ


    【06.MITを歩く】

    筆者が学会に参加する為に訪れた、マサチューセッツ工科大学である。
    『グッド・ウィル・ハンティング』の映画内では、
    マット・デイモンが 清掃員として雇われているキャンパスだ。

    歩くと、否が応でも目をひくのは、ステイタセンター。
    建築家フランク・ゲーリー氏による設計。

    f:id:kiyasu:20150726022719p:plain

    ▼[参考本] フランク・O・ゲイリーとMIT ステイタセンターのデザインと建設のプロセス

    フランク・O・ゲーリーとMIT ステイタセンターのデザインと建設のプロセス

    f:id:kiyasu:20150726022733p:plain

    f:id:kiyasu:20150726022743p:plain

    さらに歩く。
    ゴミ箱はスタイリッシュなものが採用されている。

    f:id:kiyasu:20150726022805p:plain

    f:id:kiyasu:20150726022816p:plain

    ▼色んな研究室がある

    f:id:kiyasu:20150726022906p:plain

    f:id:kiyasu:20150726022848p:plain

    ■MITメディアラボ
    今回の旅の目的地がここである。
    ここは、筆者がビリビリ刺激を受けた場所。
    (電気でビリビリする研究の体験もした)

    f:id:kiyasu:20150726022646p:plain

    槙文彦さんの手による建物。
    素晴らしい空間。

    場のデザイン

    入り口はこちら。

    f:id:kiyasu:20150726022700p:plain

    入って直ぐの、フロア。
    清潔で開放感がある。

    f:id:kiyasu:20150726023535p:plain

    ▼PC作業者がいる。筆者もここで作業すれば良かったな。
    f:id:kiyasu:20150726023654p:plain

    スネ夫に見える。

    f:id:kiyasu:20150726023542p:plain

    学会中は、
    このフロアは食堂になったりもした。

    f:id:kiyasu:20150726023610p:plain

    f:id:kiyasu:20150726023550p:plain

    建物に魅入った後は
    プロジェクター・卓球台といった、
    大道具・小道具に注目してしまう。

    f:id:kiyasu:20150726023618p:plain

    f:id:kiyasu:20150726023635p:plain

    筆者が訪れた当時はともかく、最近の日本のオフィスは、
    こんな遊び心があるところが、"イケてるオフィス" になってきた。

    f:id:kiyasu:20150726023644p:plain

    筆者にとって、このメディア・ラボ(とgoogle)は
    結構なカルチャーショックを与えたオフィスだ。

    f:id:kiyasu:20150726023627p:plain


    筆者の旅のときは、存在しない作品だが、
    『ベイマックス』のお兄さんがいた大学の研究施設のノリは、こういうものだと思っている。
    他にもスタンフォード大学とか、
    筆者が覗かせていただいた別の大学の雰囲気も混じっているけど。

    ベイマックス 3D[Blu-ray]

    例によって、
    夕焼けの景色に弱い筆者。
    日本の大学の優れている点と、学ばなければならない点を思う…。

    f:id:kiyasu:20150726023559p:plain


    【07.ロケ地へ

    MITの敷地内を歩く。

    f:id:kiyasu:20150726022914p:plain

    そうすると、目立つ、
    丸いドームが…!

    f:id:kiyasu:20150726022834p:plain

    『グッド・ウィル・ハンティング』に登場した、
    MIT校舎「グレートドーム」である!


    直ぐ近くに道路があるとは、映画を観たときは感じなかった
    f:id:kiyasu:20150726023109p:plain


    映画では、比較的冒頭に登場。
    最初は、MITの"景色"の場面、
    さらには、マットデイモンが歩く場面でも登場する。
    ここは、MITを象徴したところと言えるのだろうか。


    ▼近づいてみるとこんな感じ
    f:id:kiyasu:20150726022930p:plain

    f:id:kiyasu:20150726022944p:plain

    ずっしりした空間だ

    f:id:kiyasu:20150726023000p:plain



    【08.帰国前のディナー】

    恩師に教わった店に行く。

    f:id:kiyasu:20150726023700p:plain

    f:id:kiyasu:20150726023708p:plain

    このお店、もう閉じてしまったらしい。残念。

    f:id:kiyasu:20150726023715p:plain



    f:id:kiyasu:20150726023729p:plain

    そして、帰国へ

    f:id:kiyasu:20150726023735p:plain


    実際、ボストンで、優秀な人がどれだけいるのかどうかは判らない。
    だが、あのような環境で学ぶことによって得られるものは大きい。そう考えた旅であった。

    ▼学会のワークショップで描いてあった 落書き
    f:id:kiyasu:20150805003031p:plain


    次回『七人の侍』 編 ?若しくは、『ハリーポッター』編だろうか…

    f:id:kiyasu:20150629234049p:plain


    KIYASUWALKER®

    -----------------------
    バックナンバー

    ★スターウォーズ編 チュニジア
    完全版はこちら ←凄くオススメ&凄く人気
    旧版 前編はこちら

    旧版 中編はこちら
    旧版 後編はこちら
    補足編はこちら





    ★ロッキー編 アメリカ
    前編はこちら
    後編はこちら






    ★ローマの休日編 イタリア
    完全版はこちら ←判りやすくてオススメ&人気
    旧前編はこちら
    旧後編はこちら






    ★シェルブールの雨傘編 フランス
    前編はこちら
    中編はこちら ←映画未見の人もオススメ。筆者が一番好きな回

    後編はこちら





    ★インファナルアフェア編 中国
    本編はこちら





    ★アメリ編 フランス
    前編はこちら
    後編はこちら




    ★インディ・ジョーンズ 最後の聖戦編 ヨルダン
    前編はこちら
    後編はこちら
    補足編はこちら





    ★ミッション:インポッシブル編 チェコ
    完全版はこちら
    旧前編はこちら

    旧後編はこちら





    ★尾道三部作&新三部作編 日本
    前編はこちら ←ささやかながらオススメ
    後編は更新中







    ★ラン・ローラ・ラン編 ドイツ
    前編はこちら
    中編はこちら

    後編はこちら




    ★/ロシアより愛をこめて編 トルコ
    本編はこちら
    f:id:kiyasu:20150302005420p:plain

    f:id:kiyasu:20150228191543p:plain

    ★キングコング編 アメリカ
    本編はこちら




    ★去年マリエンバードで編 ドイツ
    本編はこちら ←意外と面白いかも
    f:id:kiyasu:20150310012916p:plain

    f:id:kiyasu:20150310012711p:plain

    ★菊次郎の夏編 日本
    前編はこちら
    中編はこちら

    後編はこちら

    f:id:kiyasu:20150402212435p:plain

    f:id:kiyasu:20150324013249p:plain

    ★きっと、うまくいく編 インド

    前編はこちら
    中編はこちら ←最高アクセス
    後編はこちら

    f:id:kiyasu:20150516025141p:plain

    f:id:kiyasu:20150622222209p:plain

    ★男はつらいよ編 日本
    前編はこちら
    後編はこちら
    f:id:kiyasu:20150628010747p:plain

    f:id:kiyasu:20150628002214p:plain

    ★フォレスト・ガンプ編 アメリカ
    本編はこちら
    f:id:kiyasu:20150521030134p:plain

    f:id:kiyasu:20150320020546p:plain

    ★ 支那の夜 蘇州の夜/蘇州夜曲 編 中国
    本編はこちら

    f:id:kiyasu:20150629210253p:plain

    f:id:kiyasu:20150629214947p:plain

    ★バケモノの子編 日本
    本編はこちら

    f:id:kiyasu:20150722022940p:plain

    f:id:kiyasu:20150722023726p:plain

    ★グッド・ウィル・ハンティング 編 アメリカ
    本編はこのブロマガ
    f:id:kiyasu:20150726023109p:plain

    f:id:kiyasu:20150726023206p:plain


    ★総集編 ※まとめ記事
    こちら

    f:id:kiyasu:20150302003344p:plain


    KIYASUWALKER®

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。