イラストレーターになる為に専門学校へ行く必要はあるか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

イラストレーターになる為に専門学校へ行く必要はあるか

2016-10-19 05:40
  • 29
配信日 2016/10/18
ゲスト 戯々


どうもぼくです
今回は元専門学校講師の戯々さんをお招きしてお話しを伺いました。


よく専門学校ってお金の無駄やろって聞きますが、実際どうなんでしょうか。
そんな疑問にお答えしていきたいと思います。


疑問
【イラストレーターになるのに専門学校に行く必要はあるか】

→結論からいうと正直ないです。

しかし無駄でも無い
と思います。


まず、何故必須ではないかというと、自分を律することが出来、フットワークの軽さがあれば結構独学でも、イラストレーターになれちゃうんですよね!ここ5年くらいは特にそう!


でも行くのも無駄じゃない!
それはなんで?っていうと、


・コネが作れる
→学校や先生からお仕事を紹介して貰えるかも

・就職に有利

→ゲーム会社お抱えの専門であったり、パイプを持っている専門はサポートが手厚い


・絵に打ち込めるモラトリアム(猶予)期間を獲得出来る
→仕事しながら練習するのは結構大変なんです


・同じ目標を持った仲間と切磋琢磨できる

→物理的に近い距離にいる理解者、ライバルは宝です



ざっというとこういうメリットがあると思います。

ですがあくまで、自分を有利な状況に置くものに過ぎません。

結局入ってから能動的に自分で行動できなければ大きく状況が変わることもないので、目標を持って努力できることがやっぱり一番大事ではないかなと思います。



さて、薄々僕も感づいてますが、
ここまでは多分、特に驚きとかなく普通の話ですよね。

ですので少し補足したいと思います。

やはり専門学校にも良し悪しがあります。
就職に、学ぶのに、仕事を貰うのに有利な所を選ぶ方が当然お得です。


なので次回は【イラスト専門学校を選ぶポイント】と題して
お話ししていきたいと思います。


広告
他19件のコメントを表示
×
それだけ頑張りたいとか、もっとやりたいって思うのなら
通っても無駄ではないです。
本当にうまい人は通わなくてもうまいですけどね(ゲス顔)
41ヶ月前
×
学校に行く、とイラストレーターになる、とイラストレーターになって仕事をやり続ける、と絵が美味い、は結構違うことだと思う。いくら学校に行って絵が美味くてもイラストレーターとしてのモチベが保ち続ける事ができなかったらそもそも意味ないし、実際絵は上手いけどプロにはなりたくない人も沢山いる。ヘタウマでもガッツリ仕事してる人もいる。自分が思うにソコソコうまくてやる気もあって締め切りにも確実に間に合わせてなおかつ売り込み出来るがプロとして残る。結局やる気と少しのセンス、だと思う。
41ヶ月前
×
お金に余裕がある家庭は行ってもいいと思う自分が駄目で道を諦めたにしろ学校がクソ過ぎて辞める事になっても、それは経験として学んだ事になる。生活が苦しいけどこの子の将来の為にと必死に金を集めなきゃいけないような家庭はやめておいた方がいいと思う。そんな価値のあるものじゃない
41ヶ月前
×
>>大学行ったほうがいい
これもまた違うんじゃね? 専門学校でたいしたことできなかったから大学行ったほうがよかったっていう奴ほど、自分でなんとかしようっていう気持ちが薄いから大学行っても、結局堕落して終わり、本当にその業界に自分が興味あるなら。自分から積極的に行動したりするからね。
まぁ専門にいって、何もしなかったらそれこそ金の無駄だしね、何もしない奴ほど幅広くとれる大学に行ったほうがいいってのは同意。
41ヶ月前
×
イラストレーターって、「絵師」さん的な物と、例えばブルータスみたいな雑誌で使われるエディトリアル的な物とでは違うと思う。

前者なら専門学校に入ってても行かなくても、ガンガン作品を描いてはあげ描いてはあげ、が第一。(と想像。)

後者の場合(自分の知っているのは10年位前の感覚だけど)、かつてはまず美大のグラフィック科を目指したものだけど、「イラスト科」ってわけじゃないし、それじゃイラストレーターにはなれない。玄光社「illustration」を始めとした登竜門的なコンペに入賞する、そのうち仕事につながっていく、という流れがあった。セツ・モードセミナーという良い学校があったのだけど、主催の長沢節氏が亡くなられて随分経ち、確か今年で閉校だったと思う。
そして、後者のような「イラストレーション」が、出版や広告の媒体の変化やサブカルの主流化によって、仕事がどんどんなくなっているという現状もある。「絵師」に仕事が奪われていく。原稿単価がどんどん下がっていく。(そう言って嘆いているのは知人の結構一流に近い人。)

いずれ沢山描く事が大前提。周りに目指してる人が沢山いる空気に身を置くために学校に入るのは無駄じゃない。
そしていろんな絵を見る事。日本人である以上、大なり小なり漫画を見て育ってくるから、その外を見る事。
海外の学校に行けるものなら行ってみるのもチャンスだし、Pixivで活動している人は海外のPixivみたいな「Deviant Art」というサイトがあるので、そこで武者修行してみるのはどうだろうか。

41ヶ月前
×
同期は大事だよ。業界に生き残っていけば、いっしょにキャリアアップしていけるしね。こっちがキャラデになって、同期がデスクやプロデューサーになって仕事くれるとかあるからね。みんなで偉くなって幸せになろうよが合言葉だったね。
41ヶ月前
×
1人でどうにかなる人はとうにそうなってるから
41ヶ月前
×
ライバルは宝
メッチャいい言葉じゃないか。なんか感動した
41ヶ月前
×
漫画家は行かないほうがいいと思う。定期的に持ち込みするかアシやったほうがずっとコネ作れそう
イラストレーターも結局本人の営業力の方が大事な気がする。
41ヶ月前
×
アニメーターの専門に入ろうと決断した時の覚悟は並大抵のものじゃなかったですはい。
41ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。