一気見したのでエグゼイド全体についての感想。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

一気見したのでエグゼイド全体についての感想。

2017-11-02 01:32
    エグゼイドのネタバレがあります。






















































    なんというかバランスがよかったと思う。
    散々迷走しまくってわけわからんところに着地する感じではなく、
    全部計算通りだった感がある。

    欲を言えば、前半にいくつか微妙な話があったのと、
    後半ややだれていたところがあげられる。
    もっとも、一気に見なければ気がつかなかったかもしれないし、
    いうほどの問題でもないかもしれない。

    せっかくなのでよかった点をあげる。

    1.仮面ライダーのデザイン
    なんだこれと思っていたけど、慣れるとレベル1がかわいかった。
    後半はシリアス展開になっているところではいきなりレベル2以降だったので、
    ここシリアスだとわかりやすかった。

    ほか、ガシェットの配分等々についても結構よかった気がする。

    2.ライダーバトル
    HITの音がかわいいので、よかった。
    いたそーって感じにならないところがいい。
    逆に火薬を使いまくりで結構予算が下りていたのか、
    もしくはCGが案外安かったのか、いろいろ考えられる。

    後半はコインが立て看板になっていたが気にしないことにする。

    3.ストーリー
    23話で社長を倒す回は社長がゾンビすぎて、怖かった。
    あと、後半で社長の天才っぷりだけで問題が解決していき、ところどころドラえもんを見ている気分になった。

    それらを除くと、やっぱり後半の複雑な敵対関係を描き切ったのはよかった。
    敵を倒すための条件があまりにも多く、子ども向けなんかなこれってくらいにすごかったが、週刊ペースでよく作ったなあと言わざるを得ない。

    4.音楽
    OPが強いので、いろんなシーンで流れていて結構わかりやすく良かった。
    ほかにも、劇判が力入っていたと思う。

    5.社長
    こういうタイプは見てて元気になれる。

    6.エムさんという主人公
    エムさんの理想って結構誰ともあっていない。
    ヒイロさんとも、タイガさんとも、キリヤさんとも、社長とも、あっていない。
    相手を強く批判したりしないで、それはそれで自分のやり方は自分のやり方とうまく割り切ってオペをしていたのは結構好感が持てた。

    7.その他キャラクター
    一番難しい立ち位置だったのがポッピーさんである。
    彼女のキャラの使い分けがあまりにも一体感がなさ過ぎて、
    同一人物が演じているくらいの差しかないように見えた。

    かといって、キャラを分けるとそれはそれで問題である。
    ポッピー1(ピンクで明るいほう)とポッピー2(ナース服のそこそこ常識人なほう)とポッピー3(スーツでエッチなほう)に分けると、
    ポッピー1にポッピー3がつっこみを入れる構成になり、台本が膨らむ。

    ポッピー回を前半で作っておき、もうちょいヒロインとしたほうが、
    ……それも難しいか。

    バーサーカーニコちゃんのせいで常識人属性もあったせいか、
    ややインパクトが足りなかった。

    7.総論
    ネタとして面白い社長を筆頭に、バランスが取れた構成でよかった。
    棒立ちだったり、バグスター放置したり、パラドさん放置したり、エムさんやタイガさんがニコちゃんの理由のない暴力にさらされたりと、いろいろあったけど、なんとなく丸く収まっているところがまたよかった。

    一番のツッコミどころは謎の天才プログラマーMが、普通に観客のいる大会に出ていたところだろうか。衛生省もゲンム社ももう少しまじめに人探しをするべきである。つーか、社長に至っては住所まで知っているではないか。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。