世界のアソビ大全51RTA ナインメンズモリスの勝ち方
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

世界のアソビ大全51RTA ナインメンズモリスの勝ち方

2020-08-05 00:54

    前提

    ・CPUの強さは「ふつう」
    ・自分が先手である

    ゲームが始まったら、2手使って下記の様な盤面を作る。






    中央の周を十字に置くような配置だ。
    これは毎回必ず発生するので、一手戻す必要はない。

    3手めは、一番内側の周の相手に隣接する箇所に置く。
    そして相手が置く時、相手は"自分が置いた逆側の、完全にフリーな玉"が2個並ぶように配置してくるのだが、内側に置くか外側に置くかが乱数である。
    勝利の為には、内側に置かせる必要がある。そのため、逆に置かれた場合は一手戻すを使用してリセマラする。
    下記の画像の状態が理想だ。





    続いて、相手が"ダブルリーチをかける"状態にさせる。これも置く位置がある程度乱数で左右されるので、この配置になるまで一手戻すを繰り返す。
    下記のようになれば良い。






    次の手で自分が置く位置は"外側に置いた球と近い方の、相手のミルを妨害できる箇所"である。下記の画像のようになればいい。






    そうしたら、相手は必ずミルを形成して今置いた箇所の玉を除去してくる。
    次の一手は決まっている。除去された箇所と同じ個所に置く。







    次に、ミルを形成した箇所を塞ぐように玉を配置する。ちょうど、外側の位置に置けばいい。






    そうすると再び一手戻すのリセマラの時間だ。
    相手の玉が塞がるような位置に置いてくれなければ困るため、自分の玉に隣接する位置に置かせる。






    そうしたらば、更にリセマラが続く。画像のように、"自分の玉に隣接する位置"に相手が玉を置いてくれなければこのゲームを終わらせることができない。
    だが、それさえ達成できればこのゲームはいよいよ終わりだ。






    終わりと言っても実はリセマラは終わらない。自分が見るを形成できる位置に弾を置き、相手がそれを塞いでこなければならないのだ。
    画像を参考にされたし。





    こうなってしまえば後は単純。置いたばかりの玉を動かせる場所に一手ずつ動かせば、相手は自然と詰みの状態になる。
    まさに袋のネズミ、飛んで火にいる夏の虫。どうでもいいけど、セミって可愛いよね。







    また、このゲームは完全に左右対称のゲームであるため、この盤面を90度回転させたとしても成り立つことが分かるだろうか?
    これでピンと来ない場合は、SRCのページから記録動画を見て参考にしていただきたい。
    https://www.speedrun.com/chg51/Nine_Mens_Morris


    以上 -著 美少女

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。