【デュエマ】斬罪シ蔑ザンド【新カード】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【デュエマ】斬罪シ蔑ザンド【新カード】

2019-11-13 00:25

    『斬罪シ蔑ザンド』




    《カード情報》
    基本情報:コスト4/パワー+4000/オレガ・オーラ/闇文明
    種族:マフィ・ギャング/デリートロン
    効果
    ■無月の大罪2(このオーラを使うコストを2少なくしてもよい。そうしたら、このターンの終わりに、自分のクリーチャーを1体破壊する)
    ■これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
    ■これをクリーチャーに付けた時、各プレイヤーはそれぞれ自身のクリーチャーを1体選び、破壊する。

    《強い点》
    ・無月の大罪により2コストと非常に軽いコストで使える
    ・パワードブレイカーが付く
    ・相手クリーチャーの除去ができる

    《弱い点》
    ・オーラを付けた時の破壊は強制

    《解説・使い方》
    無月の大罪で使えば『学校男』そのまま使えば『ディオライオス』と同じ能力のオーラ版です。

    当然、採用はオーラデッキが多くなると思われますが、ハンデス系のデッキに入っている学校男の枠をこのカードにするのはありかと思われます。
    GRクリーチャーの能力が使える可能性が出る上に、場面に応じて2通りの使い方を選べます。
    (環境のハンデスに学校男は入って無いだろうけど)


    また、このカードは今までになかった低コストでの確定除去効果を持つオーラです。
    オーラデッキでの序盤の墓地肥やしと除去を両立できる上、中盤以降も使い道のあるこのカードは、派手さは無いですが非常に器用といえます。

    デッキセットの中に入っているカードなので、いろいろ入れ替えて使用感を試してみてください!







    実用性度外視で言えば、自壊効果はアタックキャンセルに使えます。
    付けた時に自壊効果のあるオーラは『幽具ポイズ』がありますが、このオーラは相手クリーチャーの除去もできます。
    「『ドラガンザーク』の効果は使いたい…けど相手のシールドは割りたくない…」っていうときに使えるかも?
    (そんな場面があるのかは知らない)











    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。