• 生活保護問題に思うこと

    2017-12-28 12:47
    生活保護問題
     
     現状として……よく問題提起されること。
     日本国民の中に生活保護を貰えずに餓死する人など受給しないと生命の危機がある人がいる一方、不正と思われる受給者が後を絶たない。
     また憲法上は生活保護の対象ではない外国人にまで支給されている事。
     最低賃金や年金と生活保護の逆転現象が起きること。
     そして、生活保護に連なる貧困ビジネスの存在でしょうか。 
    ・・・・・・・・・・・
     不正受給について。
     酷い物だと入国した直後の外国数十人に支払われたケースもあります。
     しかも入管にて来日後の収入見込みを生活保護としていたそうです。
     これは、当然虚偽の申告をした側に問題があるわけですが、審査を通った後に発覚する割合はどの程度なのでしょうか? また摘発するのにも現場の負担は大きいと思います。
     上記の入国直後の外国数十人に支払われたケース(後に不正と見なされた)のように、どうして窓口審査を通ったのかと疑問に思うケースも多々見受けられます。
     中には某党の口利き、ブローカーなど様々な疑惑があるようですが、ここでは避けます。
     外国人生活保護について、いわゆる在日特権と勘繰られても仕方がない程に外国人への支給比率が高い自治体も存在するようです。

     また貧困ビジネス。
    ホームレスに住居を紹介して生活保護手続きを代行する。そうやって集め囲い込んだ生活保護受給者からの家賃などの収入を得るなどしている不動産業者なども多数存在するようです(囲い屋)。 対策も各自治体で斑があります。

     ざっと見てこれだけは言えること。
     法の裁量や窓口の判断基準が曖昧であるということ。
     基準が曖昧なので、自治体、場合によっては担当した人で基準も異なる。個々の価値観で基準が変ってしまう。 
     生活保護を充てにしたビジネスモデルが出来てしまっていること。

     悪徳業者の温床になっているのは事実。
     生活保護受給者の不正もですが、こっちの不正取り締まりはどうなのでしょう?
     この手の資金が行き着く先は、碌でもない場合が多いと思うが……。
     また、賭博に関しても度々議題になりますね。これにも似たようなことが言える。

     本来手を差し伸べるべきだった人に行き渡らず、貧困ビジネスの温床となり不正受給も後が絶えない。
     これは生活保護という制度自体が目的通りに運用されているとは思えない。
     不正対策に掛かる費用や労力も無視できません。さらに摘発したとして、その負債が回収できているか、その割合も気になるところ。
     
     必要だと思うこと。
     明文化した基準を設けることが必要。
     とはいえ、各地方自治体の財政状況等で差が生じるのは当然のことだとも思う。
     そもそも地方に分権していること自体が間違いではないか?
     
     不正対策・負担軽減策として、現物支給やカードなどによる管理ネットワークの構築などが何らかの措置が必要だと思う。
     実施した例もあるが、失敗したようだ。

     しかし、そんな小手先の対策で解決できるかも疑問。
     生活保護受給者が増加している原因を押さえなければ、いつまでも後手後手の対応になってしまう。その上、高齢化が進むことや移民が増え上記のような外国人やブローカー対策での現場の負担はますます大きくなっていくことが予想される。

     問題を解決するには雇用や各種福祉補助の諸制度・その他社会問題政策と見合わせた根本的な見直しが必要なのではないか?

    関連動画

  • 広告
  • 韓国の反日についての考察、思うこと

    2017-12-25 21:48
    反日を扇動してる主な勢力として、多数の人がまず韓国を思い浮かべるのではないでしょうか?
     今回はその韓国について。
     遡れば、さらに下関条約や伊藤博文の暗殺実態などがねじ曲げられてる等もありますが……韓国の反日行動は、憲法からきていると言われることがあります。
     
     憲法前文から形成され問題矛盾が生じるのです。
     憲法前文に「3・1運動で建立された大韓民国臨時政府法統と、不義に抗拒した4・19民主理念を継承」と記述されています。
     
     大韓民国臨時政府とは……活動家李承晩・呂運亨・金九らによって、中華民国の上海市で結成された朝鮮(韓国)の独立運動組織。
     韓国初代大統領の李承晩の名前があります。
     また組織の理念自体が反日であり、これを継承し韓国憲法の根幹にしている訳です。
     韓国の主張を見ていると解りますが韓国独立戦争という日本軍と戦って独立するという戦争が存在したことになっているようです。その作戦と思しき物自体はあったようで、アメリカ戦略事務局OSSと協約を結んだりしていたみたいですね。
     後に朝鮮人は日本軍として志願するべきという方針をとった呂運亨の名前もあります。
     これらの詳細は資料やwikiなどを参照してください。

     キーワード 『韓国光復軍』『大韓民国臨時政府』『韓国憲法前文』『李承晩』『呂運亨』『金九』

     ともあれ、憲法上で『大韓民国臨時政府』の理念を継承しており、これが韓国国家理念の基盤となります。(追記)特に『大韓民国臨時政府』の指導理念を読めば韓国が何故反日かがよく解ります。
     ※実際は日本・朝鮮総督府が当時の朝鮮半島の統治行政を行っていたことは言うまでもありません。

     それでは実際はどうでしょうか?
    ↓大まかな流れ。

    大戦後。
    日本は朝鮮を独立させる意向。
    朝鮮総督府は、朝鮮(朝鮮建国準備委員会・朝鮮人民共和国(呂運亨など中心)に行政権委譲しました(これも国際上認知されませんでしたが、これは実権を持っていた総督府から直々の移譲です)

               ↓      ↓
    しかし、連合国等は良しとせず、連合国が半島の利権を巡って対立。ソビエト民政庁・アメリカ軍政庁統治。(冷戦構造構築)&親日派を排除、処刑、迫害。呂運亨も暗殺されます。
               ↓
    ソビエト民政庁・アメリカ軍政庁の対立、情勢不安が続く→軍政庁を李承晩が引き継ぎ、韓国独立。
               ↓               
    朝鮮戦争・アカ狩り・作戦指揮権の移譲・南北入り乱れ血みどろの虐作劇
               ↓
    冷戦は続き、連合国に追従し各地の戦争に参加する。
               ↓
    漢字廃止・隠蔽・捏造(所謂ウリナラファンタジー)
     
     この流れは、基本的に韓国人は教えられていないようです。        
     大戦前後の一連の流れを認めると、韓国憲法、国の成り立ちの否定に繋がります。
     そのために統合性を持たせるために虚構の歴史で国民を扇動しているのでしょう。
     それがおかしな価値観や反日政策に繋がり、日韓で話が噛み合わない原因にもなっているとも思われる。
     
     その一部は盧武鉉の「過去史」清算事業政策で一部史実が表に出たこともありますが、現在、「過去史」清算事業は凍結中です。

     朝鮮戦争だけを見ても、
    朝鮮戦争、303高地の虐殺 -斗満虐殺事件、第五種補給品、保導連盟事件、済州島四・三事件、麗水・順天事件、老斤里事件等など隠蔽歪曲されたものが多数あります。

     扇動側、確信犯の韓国人関係者も多いことと思いますが、これで被害を受けた韓国人・朝鮮人は被害者でもあると思います。
     捏造教育で洗脳された韓国人もある意味被害者なのかもしれません。
     なんで北朝鮮と戦争してるかも解らないで、半島分断により引き裂かれた可哀想な人もいるでしょう。命辛々の思いで日本に逃げてきた在日もいるでしょう(それに紛れて本物のアカもいるだろうが)

     そもそもが、日韓基本条約も韓国が人質を取った上での交渉だったことも忘れてはいけません(日本人3900人以上を拉致監禁、拷問、殺傷)
     これだけのことをして戦後補償が終ったはずなのです。なにに幾度も幾度も合意を反故にしている。

     この韓国政府の虚構の歴史に基づく反日政策、反日活動を潰すことは、この被害者である韓国人を救うことにも繋がる。
     韓国政府の行う虚構の歴史扇動を止めて反日扇動を潰すことは、日本の名誉は勿論、それで苦しんでる韓国人を救うことに成り、在日問題も含めた日韓両国問題の解決にとっても望ましいと私は思います。 

     それと日韓合意により、日韓における歴史問題については強引ではありますが終了しました。
     しかし、韓国史における問題は日韓の話ではないので、合意の枠外でしょう。
     結果として日本軍と思っていた物が実は……という展開はあるでしょうが。




  • 反日プロパガンダについて言いたいこと

    2017-12-25 17:17
    ・・・・
     かつての大戦の時代は、帝国主義、列強支配、激しい人種差別の時代でした。
     その中で起きた戦争は、列強の利権争いなどいろいろな側面があります。
     日本もそういった世界の風潮に晒される中で、戦前の日本軍は口では御国のためと言うし、そういう面も確かにありました。

     でも、忘れてはならないのは……当時、大多数の人達は、未来を生きる国民達が貧困や人種差別によって苦しい思いをさせないために戦ったということです。それこそ今を生きてる私たちの未来のため、命を掛けて戦ってくれたのです.

     自分の親兄弟や妻や子供のため、今を生きる国民の幸せのために命懸けた人達なのです。今を生きている日本人のためを思って命を掛けた人達です。

     戦争に負けて、戦後補償やGHQによる間接統治がありました。
     勿論、その中で改善したこともあります。 
     しかし、理不尽な事も多くありました。  
     戦後賠償・補償が終ったと見做され、GHQの間接統治は終ります。
     そんな中で耐難きを耐え忍び難きを忍び、戦後を受け入れ、復興しのために汗水流し、再びアジアの一等地にまでしてくれた人達でもあります。

     戦後補償・賠償もとうの昔に終りました。  
     世界は冷戦時代に突入し戦争が山ほど起き、その冷戦時代も終りました。
     それこそ、第二次大戦での戦禍と比べても、遜色ない戦禍やそれ以上とも言える非人道・理不尽な事も発生しました。
     今やそんな冷戦の負の歴史についてすら語られることは殆どなくなりました。
     世界の差別意識や世論風潮も大きく変りました。
     そんな時代になっても後から後から難癖付け、それも明らかに捏造の話が飛び出し続ける。

     過去の戦禍を反省することは大切です。
     しかし証拠もない、果ては捏造とはっきり解る難癖で、反日扇動を繰り返すこと。
     これは、今を生きる自分たちのために命を掛けた人達に対して濡れ衣を着せる行為です。
     戦後復興のため汗水流した人達が積み上げた遺産を貪りながら、その人達に唾を吐く行為です。
     これからの世代にとって無用な足枷にもなります。
     
     仮にそれが事実であったとしても、日本人がそれに荷担することは悲しいことだと思います。ましてや必至で粗を探して、不名誉なことを見つけては喜ぶなど、そもそも一般の良識としてどうかと思う。 

     特に根拠としていた証言・証拠の捏造であったことが証明された後、謝罪すらしない人達。
     それどころか、その内容で今もなお反日プロパガンダを続けている団体。
     日本人に気付かれないように海外に向けて反日プロパガンダを続ける姑息な団体。
     それを支援する団体。
     正直その神経を疑う。