Album「Wing」全曲レビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Album「Wing」全曲レビュー

2015-03-15 16:32
    コバイチです。
    連投ですw

    こちらでは、ボーパラ関西4で頒布の新しいMiniAlbum「Wing」
    全曲レビューをしていきたいと思います。

    すでにお求めいただいた皆さん、本当にありがとうございます。
    このレビューを読んでいただくと、より楽しめる・・・かも?

    ※CD購入方法※
    コチラの記事をご参照くださいまし

    コバイチ 2nd Mini Album 「Wing」

    1曲目 雪兎 試聴

    2枚目のアルバム、トップバッターからこの曲です。
    2曲目のDestinationの方が勢い的に1曲目っぽいんですが、
    プロローグ的意味合いで、この曲は断然1曲目なんです。

    雪兎ってのは、ある種の悲劇的な存在でしかないと思っています。
    人の手で作り出された、短命なものですからね。

    ちなみにこの曲の裏テーマは、
    年始早々に部署異動させられる社畜の心情です。
    あれ、なんか身に覚えが・・・

    ちなみにロックバラードを1曲目に置くっていうのは、
    作り手としては結構決断力が必要なんですよね。

    2曲目 Destination 試聴

    2曲目は先程書きましたが1曲目っぽいDestinationですw

    動画公開時の記事にも書きましたが、
    曲は勢いがあって、ポップなメロディなんですが、
    歌詞が結構後ろ向きなんですよね。

    表面上は笑顔を取り繕って、心の中はどんより。
    望んでもいない業務に就いて、周りには作り笑いをする社畜みたいですね。
    あれ、なんか身に覚えが・・・

    この曲、実は結構前からメロはできてたんです。
    Cloverより前にデモが存在していて、今回ようやく完成させた格好ですね。
    歌詞も最近書いたばかりです。

    3曲目 Grain 試聴
    初公開の新曲です。
    この曲も実は結構前からある曲でして、
    VoLを公開する前に、この曲とVoLのどちらにしようと迷った経緯があります。

    ただこの曲、ボツにしようかとも思ってたんです。
    なので、同じ6/8拍子の雪兎に一部流用しているメロやドラムリフが存在します。
    今回のアルバムのテーマに、ある程度合致したので、復活させました。

    この曲のテーマは、虚無と孤独感といったところでしょうか。
    Grainとは粒っていう意味ですね。

    全世界の人口が72億人以上とか言われていますが、
    その中の1人として、ひっそりと生きていく様を描いてみました。

    僕1人が何をしようとも、この広い世界には何の影響も無いという事です。
    とんでもねえテロでも起こさない限りね。
    そもそもそんな気はさらさら無いですが。
    人様に迷惑をかけずに、ひっそりと死んで行きたいです。

    そういえば、IAさんがサビ前で何か歌ってますが、詳細は内緒です。

    4曲目 Silene 試聴
    こちらも新曲です。
    この曲はメロディだけ元々できていて、半ば忘れかかってたんですがね。

    アルバム用にもう1曲足りぬ!と言った時に、不意に思い出しましてね。
    気だるい曲が欲しかったので、そういうアレンジにしてみました。

    実はこの曲の原曲アレンジは激しめのロックなんですけどねw
    いずれ作り直しできればいいなと思っています。

    この曲のテーマはそうそう上手くいかない人生の縮図です。

    5曲目 Our Links 試聴

    アルバム「Wing」のラストは、春の卒業ソングです。

    なんていう表向きですけど、本当はそういうテーマではなく、
    死に別れる2人を描いた曲・・・というか、
    僕自身の自殺願望を描いた曲です。

    ほら、卒業ソングとかにしとかないと、ゆかいあを愛する皆さんに怒られるでしょ。
    ってココに書いた時点でアウトな気もしますが。

    動画最後に、2人の間にヒビが入るじゃないですか。
    動画作ってくれたぱらぼさんに元々のテーマをお話した上で、
    お願いして、最後にだけヒビを入れてもらったんです。

    「また出逢えればいいね」は来世の話。
    最後の「二人を隔てる超えられない壁」のくだりは
    火葬場の事を描いてます。

    あとラスサビ、右側ゆかりにだけ羽根が生えます。
    つまりそういうことです。

    私がすんなり平和な曲を書くと思ったら大間違いですぜ。

    これを読んだ上で動画を見返すと、視点がまったく変わると思います。
    「おいw卒業ソングじゃねえじゃねえかwww」と。

    というか、雪兎から続くお話のエピローグなんですよ。
    「春になればあの空に帰るわ」って言ったでしょ。

    1~4曲目、それぞれこの曲に繋がってます。



    いかがだったでしょうか。
    ある程度、意味を込めてアルバムを作ることが出来たと思っています。
    レビュー読むと、胸糞悪いかもしれませんが・・・
    末永く楽しんでいただければ幸いです。

    ではまた。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。