ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

進撃のアニマル軍団。モフモフ系激モエMAXレベルからのカワイイ爆撃でキュン死に確定。ver2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

進撃のアニマル軍団。モフモフ系激モエMAXレベルからのカワイイ爆撃でキュン死に確定。ver2

2014-01-24 00:01

    前編
    http://ch.nicovideo.jp/koishihirotta/blomaga/ar438755

    「可愛い♥」

    可愛い(かわいい、Kawaii)は、日本語形容詞で、いとおしさ、趣き深さなど、何らかの意味で「愛すべし」と感じられる場合に用いられる。また、「かわいそう」と関連するという考え方もある。派生語にはやや意味を強めた「可愛らしい」、動詞の「可愛がる」がある。同義の古語は「うつくし(愛し)」(例:「うつくしきもの」〈『枕草子』〉)である。現代語の「かわいい」に該当する古語の「かはゆし(かわゆし)」は、「いたわしい」など相手の不幸に同情する気持ちを指す。共通語標準語の「可愛い」と同義の方言語彙は、東北方言北海道方言の「めんこい」や「めごい」(津軽弁など)がある。これらの語は古語の「めぐし(愛し)」から派生した。「めぐし」には、「いたわしい」と、現代語の「可愛い」の両方の意がある。

    意味

    「可愛い」は幼いもの、小さいものに対する情愛や愛着などを表現する意味合いが強い。そのため、恋人などを「かわゆく」思う場合は別として成人に使う場合は失礼とされた。

    しかし、現代においては、主に若年層が人物に対して「かわいい」と表現する場合、対象者の年齢社会地位などに対する敬意表現はほとんど考慮されず、目上の高齢者成人男性、場合によっては、神仏天皇に対して使用される例も散見される[1][2]。これは「愛すべき」対象の適用範囲が、単なる外見にとどまらず性格イメージに関してまで広がったことにより、対象に対して敵意を抱く要素や威圧的な要素がなく、自身の心を和ませる美点を持つと判断された場合に使われるようになったことによる。また、客観的な優位者に対する場合に留まらず、若年層の女性が憧憬の念を含めて、自身の価値観に基づいて自身より優れていると認識した人物に対して使用する例もしばしば見られる。特にその人の社会的地位や役割からして自分と距離があっても仕方ないと感じている相手の距離感が近かったり、一時的に縮まった場合に「かわいい」と感じられやすい(例:気さくに話しかけてくれる校長先生や、普段とても冷静で落ち着いた上級生が恋に悩んでおろおろしていたりするのを見たとき)。そこには言葉の意味の変化にとどまらず、現代日本の若者の感情規範に変化があったものと推測される[3]



    以下ボクのおススメのカワイイ7種類の動物を紹介します。
    あなたはどれがお好みでしょうか?







    ヘッジホッグ(セガ)

    ハリネズミ針鼠、英名 Hedgehog)は、ハリネズミ目ハリネズミ科ハリネズミ亜科に属する哺乳動物の総称。

    広義には、ハリネズミ科に属するすべての動物、すなわちジムヌラ亜科英語版、ハリネズミ亜科の両方の生物群を指すが、ふつうは針毛をもたない(あるいはほとんどもたない)ジムヌラ類を除いて、ハリネズミ亜科のもののみを指すことが多い。本項でも、ジムヌラ類を除くハリネズミ類について記す。ハリネズミ亜科では、現生のものとしては5属16種が知られている。

    自然分布は、ヨーロッパアフリカ中近東東アジア日本を除く)、ロシアインド

    移入種として、ニュージーランド日本

    日本では、化石は発見されているものの、有史以後は分布しなかった。ただし現在は、ペットとして飼われていたと思われるものが、神奈川県の西部などに定着していることが確認されている外来生物法の特定外来種指定リストにも、第二次指定種(2006年2月1日より施行)として「ハリネズミ属」が記載されている。


    針のようなトゲは、体毛の一本一本がまとまって硬化したものである。これにより敵から身を守る。

    日本語では『ネズミ』と付くが、実際はモグラに近い(目レベルでは異なる)。ミミズなどを捕食する。イギリスでは生垣の下に生息していることが多く、そのため英語名Hedgehog(生垣のブタとなっている。


    画像観たら赤ちゃんの時から、体毛(針)がうっすらはえてた。
























    コアラ(ロッテ)

    コアラ(子守熊、学名:Phascolarctos cinereus)は、有袋類カンガルー目コアラ科コアラ属で現存する唯一の種。オーストラリア東部の森林地帯やユーカリの林などに生息している。

    体色は背面が灰色で、腹面が白色、体長は約65cm-82cm、体重は約4kg-15kgである。北部に生息するコアラよりも、南部に生息するコアラの方が体が大きく、体毛の長さも長い。タンニンや油分を多く含むユーカリの葉を好んで食べる。

    分布

    オーストラリアのクイーンズランド州ヨーク岬半島南部より、ニューサウスウェールズ州東部、ビクトリア州南オーストラリア州南東部に分布する。西オーストラリア州、タスマニア州には分布していない。分布域内では熱帯雨林、温帯のユーカリ林、疎林などに生息する。特に川沿いや海岸地帯に近い、肥沃な場所でユーカリ類に含まれるタンニンや油分が少ない場所を好む[1]。通常は単独性で、群れを作らない。

    ヨーロッパ人到来によって分布域を急激に減少させ、1930年代までには、ヨーロッパ人入植前の50%にまでに分布域は減少した[2]。南オーストラリア州の個体群の一部には、州内外の個体群を再導入された個体群も含まれる[2]

    分類

    コアラはコアラ科コアラ属で現生する唯一の種である。化石種では他に同じ科の属、同じ属の種があり、西オーストラリア州南西部やオーストラリア中央部や北部において化石が発見されている[1][3]

    最初の目撃記録
    コアラの最初の目撃記録は、1798年1月26日にジョン・ハンターの使用人であったジョン・プライスがシドニーの西部の高地を探検している時であり、“先住民がCullawineと呼ぶ、アメリカのナマケモノのような生き物がいた”と記録している[4]。その後、1802年に、探検家のフランシス・バラリアーが、先住民が“colo”と呼ぶサルのような生き物がいることを記録している[4]
    命名
    1816年にフランスの動物学者であるブランヴィルが、コアラの属名そしてPhascolarctosを与えた[4][5]。これはギリシア語のphaskolosおよびarktosからきており、それぞれ“皮の袋”、“熊”という意味である[4][5]。また1817年にドイツ人の動物学者Goldfussが、種小名としてコアラにcinereusという名を与えた[4][5]。この言葉はラテン語から来ており、“灰色の”という意味である[5]
    ウォンバット亜目
    19世紀に、一時、同じ有袋類のウォンバットに近縁であるとされたが、1921年まではコアラは完全な樹上性であり、一方のウォンバットは地面に穴を掘る半地中性の生活を送ることから、議論の的となっていた[4]。現在は同じウォンバット亜目(Vombatiformes)に分類されている。

    名前

    “koala”の名前はDharuk言語族のgulaから来ている。元来、母音の/u/はアルファベットでooと綴られ、スペルはcoolakoolahと表記されたが、表記ミスによりoaと変わった[7] 。この言葉は、"doesn't drink"(水を飲まない)を意味すると誤って言われている[7]

    コアラはクマの1種ではないが、18世紀後半にやってきた英語を話すヨーロッパ人入植者により、クマに似ていることからkoala bear(コアラグマ)と呼ばれた。分類学的には不適切であるが、koala bearの名前は現在でもオーストラリア以外で使われている[8] この名称は不正確であるため、使うことは推奨されていない[9][10][11][12][13]

    他の英語表記には、クマを意味する“bear”を基に、monkey bear(猿クマ)、native bear(固有のクマ)、tree-bear(木のクマ)などと呼ばれることがある[7]。また日本語ではコモリグマなどと呼ばれることがある。

    育児嚢
    メスは育児嚢を持ち、この中に乳首を二つ持っている[6]。育児嚢はウォンバットと同じく後ろ向き、つまりコアラが座っている状態の場合、下向きについている[1]オスの交尾器は有袋類の独特な形状をしており、途中から二股に分かれてY字型をしていて亀頭が二つある。これはメスの内がY字に分かれていて、真ん中を産道が通っているためである


    樹上生活樹上で生活するが、木の葉を集めたものや、樹洞を利用したりというようなことはせず、特定の巣は持たない[1][15]。休む時は通常、葉がよく生い茂り、太陽光や雨などがしのげる樹上で休息し、たいてい木の上方3分の1くらいの所までにいる[1][15]。地上に降りることは稀だが、木から移動する際に地上に降りたり、ときには数mほどであれば樹間を飛び移ることもできる[6]

    単独性
    通常は単独性で、2頭以上でいることは稀である。繁殖期にのみ、オスとメスが一緒にいたり、またメスと子供が一緒にいたりする。

    樹上生活
    樹上で生活するが、木の葉を集めたものや、樹洞を利用したりというようなことはせず、特定の巣は持たない[1][15]。休む時は通常、葉がよく生い茂り、太陽光や雨などがしのげる樹上で休息し、たいてい木の上方3分の1くらいの所までにいる[1][15]。地上に降りることは稀だが、木から移動する際に地上に降りたり、ときには数mほどであれば樹間を飛び移ることもできる[6]


    睡眠時間
    一日のうち18-20時間を眠るか休んで過ごし、最も活動的になる時間は早朝および夕方で、薄明薄暮性である[4][6]。この生態はナマケモノに似るが、ナマケモノは体温が一定しない変温動物であるがコアラは36℃ほぼ一定の体温をもつ恒温動物であり、基礎代謝量もナマケモノの30倍近い[16] 。天敵天敵となるのは、大きな猛禽類をはじめ、まれに地上を歩いた時に、ディンゴ、野生化したイヌ、キツネなどにおそわれる可能性がある[17]


    食性
    食性は草食性でユーカリアカシアティーツリーの葉や芽を、一日に500g - 1kg以上を食べる[6][17]。オーストラリアにはユーカリは600 - 700種以上あるとされるが、食用になるユーカリはこの中で約35 - 120種である[1][6]。さらに、各地域に生息するコアラは、その地域にある全てのユーカリを食べるのではなく、多くのユーカリの種の中から数種類のユーカリやその他の植物を好んで食べる[6][18]

    ユーカリの葉
    ユーカリの葉は、昆虫や野生動物に食べられるのを防ぐためにタンニンや油分が含まれており、消化が悪く、一般に動物の餌として適さない[1][6]。コアラはユーカリを食べる前ににおいをかぎ、葉を選別してから食べる[6]。さらに盲腸発酵させることでユーカリの毒素を分解し、消化吸収する。コアラの盲腸の長さは2mある[6]。コアラが常食する食物には栄養に乏しく活発な行動をするためのエネルギーを得ることができないため、一日のうち18-20時間を眠って過ごすことで、エネルギーを節約している[4][6]。通常、水分はユーカリ(種類にもよるが50-70%の水分を含む)などの食物からのみ摂取し、直接水を飲むことは稀であるが[4][6]、火災などでユーカリの葉が焼けたり猛暑で脱水症状におちいったコアラが水を飲む姿がたびたび目撃されている[4][19]

    コアラの飼育施設

    1980年までオーストラリア以外でコアラを見ることができたのは、1915年にコアラの飼育を始めたアメリカのサンディエゴ動物園だけであり、コアラの生息数が減少してからはオーストラリア政府は海外へ輸出することを禁止していた[4]1980年にオーストラリアの法律が改正され、1984年および1985年にオーストラリアのタロンガ動物園から日本の多摩動物公園東山動植物園平川動物公園の3園に贈られた[4][22]。この時にユーカリが日本で育てられるかも調べられたほか、コアラが到着する3週間前には餌となるユーカリが輸入され、またそれと同時にコアラが一日にどのような葉が適しているのか、どのくらいの食糧なのかなど様々な飼育方法などの情報が提供された[4]。この時、日本では“コアラ・ブーム”が沸き上がることとなった[4]。オーストラリアからコアラが贈られた際、日本からはそのお返しにオオサンショウウオを贈っている。しかし、近年コアラの飼育数が減少しているため、全国のコアラを飼育する9動物園が協同繁殖に取り組んでいる。

    最も問題となるがコアラの餌で、前述のように、コアラはユーカリなど決まった植物の中からさらに特定の種類、しかも若い木の葉ではいけないなどの嗜好があり、大量に食べる為、合理的にコアラを飼育するには餌用のユーカリを専門に栽培する農家の存在と、ユーカリを年中安定して供給できる環境が必要である。また、初来日時のコアラブームが去ってコアラの動物園等への集客力がジャイアントパンダ等に比べて大幅に落ちている。



    コアラのマーチ
    1984年3月に、コアラが初来日する前にその情報を得たロッテがコアラをモチーフとしたコアラのマーチを発売した[23]。その後、世界数カ国で発売されるようになった


    ドアラ
    ドアラはコアラが初来日した東山動植物園のある名古屋市に本拠地を置く中日ドラゴンズのマスコットである




    あのキャラクターの割りに孤高の存在なんだな、どこでも寝れる単独行動、坂本龍馬だわ。









    ゴマフアザラシ(スガオ君)
    ゴマフアザラシ(胡麻斑海豹、Phoca largha )はアザラシ科ゴマフアザラシ属に属する海棲哺乳類。アザラシとしては中型。日本の水族館動物園で最も多く飼育されているアザラシである。

    分布

    ベーリング海オホーツク海を中心にチュクチ海日本海太平洋北部、ピョートル大帝湾渤海黄海に分布する。

    個体数は全体で40万頭、うちオホーツク海に20万頭が分布するといわれている。

    形態

    体長はオスで170cm前後、メスで160cm前後。体重は70-130kgほどになる。

    ゴマフアザラシを漢字で表すと「胡麻斑海豹」となる。この名からも分かる通り背面は灰色の地に黒いまだら模様が散らばっている。一方、腹面は薄灰色でまだら模様は少ない。体表の模様は個体差が著しく大きい。

    人間との関わり

    20世紀初頭のオホーツク海には20万頭ほどいたとされている。その後、日本や旧ソ連が狩猟を行っていたため減少し、後に、日本のアザラシ猟は衰退、ソ連は捕獲頭数制限を設けたために現在では20万頭程度にまで個体数が回復した。日本では、年1000頭ほど捕獲されていたが毛皮の価値が低下したために商業的捕獲は衰退し、現在では、有害獣駆除の目的で北海道にてわずかの頭数が捕獲されているのみであるが、近年、北海道沿岸で越冬する個体群や定住している群を観光資源として利用する動きもある。

    北海道東部で行われている秋サケ定置網に迷入し溺死するゴマフアザラシもかなり多い。しかし日本ではゴマフアザラシは保護動物でも資源として利用されているわけでも無いので溺死しているゴマフアザラシの統計は取られていない。


    カナダの商業アザラシ問題がどうもキナ臭い。。。









    エゾモモンガ(滑空ネズミ)

    ゾモモンガ(蝦夷小鼯鼠、Pteromys volans orii)は、ネズミ目(齧歯目)リス科モモンガ亜科モモンガ属タイリクモモンガ種亜種で、北海道に生息するモモンガである(→写真)。

    和名「蝦夷小鼯鼠」の命名者は岸田久吉[2]の学名Pteromys volansの意味は「飛ぶ翼のある鼠」で、Pteromysが「翼のあるネズミ」、volansが「飛ぶ」。1940年代までは「晩鳥」(バンドリ)という俗名で猟師山子(やまご)[3]の間で呼ばれていた[4]。亜種名のorii折居彪二郎への献名

    食性雑食性で、基本的には植物性のものを食べているが、昆虫なども食べる。植物では樹木樹皮種子ドングリなどである。昆虫は成虫幼虫も食べる。本種は手の指が長いので食物を手で持って食べることができる[9]

    本種が天敵に気づいたときの対処方法は、天敵が本種から離れて行くまで身動きせず、天敵に気づかれないようにすることである。その時間は1 - 2時間におよぶこともある[9]

    滑空

    本種は方向舵として使用することにより滑空中の旋回を可能としている[7]。滑空できる距離は約50mであるが、高所から低所へ滑空するので、離木位置と着木位置の高低差が大きければ滑空可能距離が長くなり、高低差が小さければ滑空可能距離が短くなる[9]

    鳴き声

    本種は「ジィージィー」と鳴く[9]


    かなりハイレベルキュートな抜け目ない容姿なのに、未だにキャラクター商品化とかされてないのかなあ、わるくないと思うけど。しかし天敵との戦いが超忍耐だった。あと分布も蝦夷ってわりには結構ワールドワイド。









    イルカ(ポセイドンの使い)

    イルカ(海豚、鯆)は、哺乳綱鯨偶蹄目クジラ類ハクジラ亜目に属する種の内、比較的小型の種の総称(なお、この区別は分類上においては明確なものではない)。


    英語での“Dolphin”と“Whale”の呼称の区別は、日本語の「イルカ」と「クジラ」の区別とほぼ共通する。例えば小型ハクジラ類のうちゴンドウクジラについては英語では“Whale”と呼びクジラとして扱う点で日本語と共通する。ただし、日本語で「イルカ」と呼ばれる種のうちネズミイルカ科のものは、英語では“Porpoise”と呼んでいて、“Dolphin”とは区別している。

    なお、近年の研究により、イルカやクジラに最も近い陸上生物はカバ類であることがわかった。

    頭頂部に呼吸のための独立した噴気孔をもち、そこから肺呼吸する。呼吸の周期はおよそ40秒である。 イルカは一度も泳ぐのをやめず息継ぎもきちんとしながら常に泳ぎ続けている事から、かつてはイルカは全く眠らないのではないかと言われていた。しかし、イルカは右の脳と左の脳を交互に眠らせる事(半球睡眠)ができる特殊な能力があることが分かってきており、眠らないという説は現在ではあまり有力ではない。目をつむってから息をするまでの約一分間×300回~400回が一日の睡眠時間であり、一定方向に回転しながら眠ることが知られている。この回転方向は北半球のイルカは反時計回り、南半球のイルカは時計回りに回ると報告されている。ちなみに、右の脳が眠っている時は反対の左目を、逆に左の脳が眠っているときは右目をつむりながら泳ぐ。

    体形は紡錘状で、背に鎌形あるいは三角形の背びれを有する種類が多いが、背びれがほとんどない種類もいる。尾側の最後部に尾びれを有し、尾びれを上下に動かして泳ぐ。前足に相当する部分に胸びれがあり、後ろ足は退化してわずかに骨のカケラとして体内に残る。2006年に腹びれのあるイルカが発見されたこともある[1]

    単独で行動するケースも見受けられるが、複数匹で群をなして行動することが多い。 また複数の実験・観察結果を通して、噴気孔付近から出すクリック音を使って同種の個体同士でコミュニケーションする可能性が指摘されている。 全般的に好奇心旺盛で人なつっこく、船に添って泳ぐなどしてその姿を人間に見せることが多い。人間は、このような性格を興行やアニマルセラピーとして利用している。

    知性

    イルカは体重に占める脳の割合(脳化指数)がヒトに次いで大きいことから、イルカの知性の潜在的可能性が古くから指摘されており、世界的にも数多くの研究者の研究対象になり、世間一般からも興味の対象とされてきた。 ただし、イルカの脳はサイズは大きいものの、グリア細胞の割合が多く、ニューロン自体の密度はそれほど高くない。ただしニューロンの密度をもって知性が劣ると言い切れるのかは定かではない。従って、脳のサイズのみから知性のレベルを判断するのは早計である。

    仮にイルカがヒトに匹敵する密度のニューロンを持てば酸素要求量が増し、長時間の潜水は困難となる。また肺を肥大化させると運動能力が犠牲となるため、現在の脳に最適化されたと考えられている。イルカが人間と同様の知性を持つ、あるいは人間以上の知性をもった存在として描かれる作品は多数あるが、いずれもフィクションであり、科学的根拠は確認されていない。

    肉体的な見地からイルカの脳は人間のように十分に活かされていないとする見解もある。イルカの脳は高性能だが、人のようなよく動く指も足もない。肉体的に人ほど優れていないゆえ、十分に脳が活用されるに至らなかったとする見解である[2]。脳は使う体の部位によって発達がほどこされ、使わなければ、それに関連した脳の部位も衰える。その為、人より優れたポテンシャルを秘めながらもイルカの脳は「宝の持ち腐れ」と化していると主張する研究者もいる[3]。つまり、指や足を退化させた分、イルカの脳は人より活用しなくなってしまった部位もあるという事実である[4]

    また、イルカは高い周波数をもったパルス音を発して、物体に反射した音からその物体の特徴を知る能力を持つ。更にその特徴を他の個体にパルス音で伝えたりと、コミュニケーション能力は高く、人間のようないじめも行うこともわかっており、魚などを集団で噛み付き弱らせ弄んだ挙句食べずに捨てる、小さな同種のイルカや弱ったものを集団で噛み付くなどして、殺すなど集団的な暴行行為も行う。

    神話

    いるかは海の神ポセイドンの使いとされている[1]。星座になったのは、逃げたポセイドンの妻アンフィトリテの場所を教えた功績が称えられたためとされる[1]

    別の逸話によれば、音楽家アリオン (詩人)シチリア島の音楽コンクールで優勝して故郷に帰る際、優勝賞金に目がくらんだ船員がアリオンを殺害しようとした[1]。アリオンは死ぬ前に琴を弾かせて欲しいと願い、船員たちはこれを許した[1]。アリオンが弾き始めると、どこからともなくイルカの群れがやってきて、曲を鑑賞した[1]。アリオンが身を投げると、イルカがその背にアリオンを乗せて故郷に連れ帰った[1]。この逸話はヘロドトスの『歴史』で現れる。イルカは功績が称えられ星座になった[1]

    食用の詳細
    日本の場合、比較的イルカがよく観察されるところでは食用にする習慣が残っているところもあり、各都道府県知事許可漁業の「いるか突きん棒漁業」「いるか追い込み漁業」として認可を受けて操業しているところもある(突きん棒漁業とは銛を打ち込んで漁獲する漁法である)。(食用の詳細は鯨肉#昭和以前の需要供給、流通参照)例えば静岡県の東部地域や静岡で水揚げされたイルカが流通する山梨県の一部地域、あるいは和歌山県ではイルカ食文化があり、この漁法で仕留めたイルカの肉を町中の魚屋やスーパーマーケットなどで日常的に販売している。最大の産地は岩手県である。イルカの漁獲量は一般の漁業と異なり、重量ではなく頭数管理とされている。なお、定置網で混獲されたイルカが食用とされる場合もある[6]2009年にイルカ追い込み漁を批判する映画「ザ・コーヴ」が製作され、日本での公開の際に話題を呼んだ。(捕獲の詳細は捕鯨#日本における捕鯨参照)

    軍用

    アメリカ合衆国海軍においては動物兵器(軍用イルカ)として、機雷の探知・ダイバー救助などに利用されている。米海軍が和歌山県太地漁港からハナゴンドウを買ったこともある。


    海豚なんだよな、名前が。高知能ってのは、なんとなく聞いてた、それが仇か。科学的根拠は微妙みたいに色んな解釈あって、答えだせないんだろうけど。ソ連も軍用でかなりカスピ海あたりで訓練してたよなあ、ちょっとこの動物はいろいろと文化的問題が背景にあるようなのでそれは今は置いておこう。














    クソガキ(Mr.Children)

    ロリコンとは、ロリータコンプレックス略語であり世代のかけ離れた女子に対し性を抱く人々のことである(男子に対するものはショタコンと呼ばれる)。「ロリコン」は本来、思期の少女幼女に対する成人男性の性的・恋愛的関心といった性的嗜好をす言葉であったが、日本漫画アニメ文化に取り込まれる過程で、「ロリコン」は幼児性者そのもの、あるいは彼らが好む表までも含意するようになった。

    由来と語源

    ロリータコンプレックスウラジーミル・ナボコフ小説ロリータLolita)』に由来する。 物語主人公である中年男性が、少女(14歳)にならぬをしてしまい、結ばれ別れて破滅していく様を描いた物。 この少女の名前(称)がロリータである。

    詳しくは⇒ロリータ

    主人公は自分が9歳から14歳少女に抑えがたい欲を抱いていることを明確にしており、その根が悲劇的な結末に終わった少年期初恋にあることを示唆している。

    余談ではあるが、「ロリータ・コンプレックス」というがはじめて用いられたのは、「ロリータ」の側の心理を説明するためであった。 年上の男性に惹かれる思女性の心理を、不在の父親に対する固着として説明したのである。

    尚、ロリコン自体は和製英語の一種だが、「lolicon」として英語でも逆輸入されている。ただし、アニメ漫画といった日本の「幼い登場人物の性的描写が好きな人」のような使い方もされ日本とは少し使われ方が異なる。

    まったく関係ないが、Wikipediaの記事の可愛い萌え少女イラスト画像はお勧めである。

    対象

    ロリコンす対は、実年齢に必ずしも依存しないという意味で、特徴的である。
    同年齢あるいは年上の女性であっても、相手の容姿が幼く見えるならばロリコンであるとされることがある。従って、厳密に言えばロリコンは幼児性ペドフィリア)と同義ではない。

    また、日本では18歳未満の女子はすべて「児童」として扱われるため、一般に13歳未満をす幼児性ペドフィリア)と、18歳未満をす未成年者に対する着を一緒くたにして「ロリコン」と呼称しているのが現状である。

    さらに、アニメマンガゲームといった娯楽分野における幼さを強調した絵もロリコンの範疇に属するので、ロリコンす対は、必ずしも現実世界に存在する必要もなく、さらに厳密に児童である必要もない。

    上記を総括すれば、「ロリコン」の対は、当人が観的に抱く「児童」という印に大きく依拠しているようだ。

    歴史(主として日本における)

    ロリコン」という言葉がいつ頃誕生したかについては諸説あるが日本では1970年代後半に使われ始めた。さらに1980年代の中頃にはすでに数多くのアニメ雑誌・漫画などで現在と同じように浸透していた。これは1979年ルパン三世映画カリオストロの城」でもルパン三世ロリコンという単を使うことでも確認できる。1981年にはアニメ雑誌「ふぁんろ~ど」でショタコンというが誕生する。

    さらに1988年に起きた宮崎勤事件などを受けて、オタク・バッシングを開始したことで大きくロリコンという単漫画アニメを知らない一般層にまで浸透するようになる。オタクと親和性のあった「ロリコン」も、上記事件との関わりから、“精病理学者”、“コメンテーター”、“専門”から非難され、「犯罪者予備軍」というレッテルを貼られた。悪評は猖獗を極め、コミケで賑わう東京ビッグサイトを背に、某局のナレーターが「ここに数万人もの宮崎勤がいるのです!」と報道したこともある。

    現代資本主義社会において、「児童は性行為から引き離すべきである」という通念が固着していることもあり、「ロリコン」は一種の精疾患として貶められ、現在に至っている(もっとも、その“精疾患”という概念も、近代という時代の要請により生まれたひとつの恣意的レッテルである――つまり、それが「科学的」かどうかが甚だ怪しい面が存在することは付言しておかなければならない)。

    ロリコンは犯罪者か
    現代では、「ロリコン」と「幼児を狙った性犯罪者」は犯罪心理学に基づき区別されるべきであるというがある。いわゆる「ロリコン」であっても性犯罪を犯す人間は一部であること、成人女性の代替として少女を狙う「ロリコンでない」犯罪者がいる(少女の方が簡単に騙せても弱いため)ことなどといった理由からである。後者チャイルド・マレスター(child molester)と呼ばれ、アメリカでは犯罪被疑者の一種として認識されている(ちなみに、上述の宮崎勤は、自分は本質的にロリコンではなく、成人女性の代替として児童を狙ったと裁判で言している)。

    ロリコンが必ずしも犯罪者でないという考えを裏付けるように、日本において「ロリコン」という言葉使われ出した1970年代と、「ロリコン」がブームになった1980~90年代とを較すると、強姦認知件数は半分以下に減少している(ただし、児童への強姦や強制認知件数は実数が出ておらず不明であるので、確実な裏付けとは言えない)。

    また、ロリコンが精疾患であるという前提を元に、即ち犯罪者であるとする説も論点先取をしている。なぜならば、精疾患と性犯罪の相関性が極めて低いからである。平成22年度に起きた強姦・強制に占める精疾患者の割合は、全体のわずか1.6%に過ぎない。裏返せば、もしロリコンが精疾患だと言うのならば、統計はロリコンならば性犯罪を犯すという結論を導かない。
    これに対する反駁として、ロリコンが児童に対し性犯罪を行なった実数が明らかにされていないというがありうる。即ち、精疾患の内、ロリコンであれば児童に対し性犯罪を行なう可性はやはり高いのであり、1.6の内訳はロリコンが占めているという物である。しかし、この統合失調症や躁病等の精疾患者の総数を視しており、さらに根拠となる数値のない仮説である為、今のところ説得があるとは言えない。

    平成22年の犯罪書によれば、13歳未満で強姦及び強制に遭った被者数は、強姦55人(総数1,289件中:約4)、強制1,063人(総数7,027人:15)である。内、強姦の被疑者は被者と40程度の割合で面識があることを付け加えておく。児童虐待件数も増減を繰り返している昨今の状況を鑑みるに、ロリコン紳士諸氏は、未来を担う若葉を守る意識を一層固く抱く必要があるだろう。

    尚、極端な例として、快楽殺人犯とロリコンの関連性を摘するもある。しかしながら、これは全な誤謬である。確かに性倒錯、性的嗜好が殺人と結びつけば快楽殺人の土台が成立するが、IVT(Ideal VictimType犯人の好む被者の意)が児童に限られるケースは少ない。
    有名なショタコン快楽殺人犯にジョンウェイン・ゲーシーがいるが(少年のみ数十人強姦し殺)、大抵はヒッチハイカー婦等、殺されてもアシがつかない人間がターゲットになる(但し、秩序殺人者はこの限りではない)。
    そもそも、快楽殺人者自体が非常に多様であり(結婚して子どもをもうけている快楽殺人者もいる)、IVTはに彼らの精外傷との深い関係性が摘されていることから、彼らをロリコン・小児性者であるという先入観を持って捜をすべきでないという意見が大半である。

    いずれにせよ、ナチス優生学に荷担した事をすっかり忘れドヤ顔で“精分析”をしている精分析学者に性的逸脱者であると辱められ、さらには犯罪との関わりを明されないままマスメディアに蔑まれる実のロリコンが、健気にも「YESロリータNOタッチ」という宣言をし、あるいは社会から隠れて生活をしなければならない事実は悲劇という他ない。

    ロリコン表現は許されるか

    大百科記事の項として申し訳ないと思うが、この問答めるのは非常に難しい事である。むしろ、不可能に近いのではないだろうか。

    真剣で深刻な問題の話をロリコン編集者りますと、「ロリコン表現は許されるか」という問いが「お互いにとって」不謹慎ではないか、と思うのです。保護者やロリっ子に対しても、紳士に対しても不謹慎でまじめな意味でお互いに嫌で気持ち悪くなるはずです。コレは観と事実が混ざったもので、何回も記しますが、非常に難しいことです。

    ロリコン(表現など)は許されるか」の議論が発生する間からロリコンは既にあらゆる線から既に許されてない事に紳士たちには気づいてほしい。紳士は冷たい線に絶対に負けず耐えび、ロリっ子は暖かく幸せに。
    過去少女達の身体、心や将来を巣食ったロリコンがいるという事実をしっかり認識しなければいけない。現在もいることをわかっていないといけない。紳士で、可愛い子は一線を引いたところでされるべきである。

    問答の結果として、やはり編集者は答えにたどり着けなかった。
    しかし、ロリコンによる犯罪が許されないのは絶対不変です。

    限りなく近づいた問答として、「徳的な、大切な心構えが絶対に必要」ということです。

    他意はないが、不思議の国のアリスとか、千と千尋がなんだか、思い出された。












    その先のサムシング(向こう側)


    「カワイさ」は、「全ての事物(有為)は因(原因)と縁(条件)によって生起する」といった時間的生起関係(無常)を表す一般的な意味での縁起(因果関係)等とは、いくらかニュアンス・切り口が異なり (あるいは、そうした発想のエッセンスの部分を、表層的・通俗的な曲解・逸脱から護るべく、徹底的に深化・拡張したものであり)、「長があるとき、短がある」といった表現に象徴されるような、事象・概念的な「相互依存性(相依性)・相互限定性・相対性」を指しているという点である。

    この世のすべての事象・概念は、「陰と陽」「冷と温」「遅と速」「短と長」「軽と重」「止と動」「無と有」「従と主」「因と果」「客体と主体」「機能・性質と実体・本体」のごとく、互いに対・差異となる事象・概念に依存し、相互に限定し合う格好で相対的・差異的に成り立っており、どちらか一方が欠けると、もう一方も成り立たなくなる。このように、あらゆる事象・概念は、それ自体として自立的・実体的・固定的に存在・成立しているわけではなく、全ては「無自性」(無我・)であり、「仮名(けみょう)」「仮説・仮設(けせつ)」に過ぎない。こうした事象的・概念的な「相互依存性(相依性)・相互限定性・相対性」に焦点を当てた発想が、ワタシが専ら主張するところの「カワイさ」である。


    ただの時間的生起関係・因果関係を意味するような、通常的・通俗的な「カワイさ」観で以てこれを理解しようとすると、例えば化学的変化を考える際に原子を絶対的・固定的実体と見做して前提してしまいがちになるのと同じように、あるいは、「神が世界を創った」といった発想が典型なように、「変化するもの」(因果律)の背後に、その「前提・土台・基礎・始原」となる「変化しないもの・自立的なもの」(特異点)を想定してしまうようになるので 矛盾に陥ったり、内容が理解不能になって頓挫することになる。

    二項対立する現象・概念は、相互に依存・限定し合うことで、支え合うことで、相対的に成立しているだけの、「幻影」のごときものに過ぎず、自立的なものではないので、そのどちらか一方を信じ込み、それに執着・傾斜してしまうと、必ず誤謬に陥ってしまうことになる。

    そのことを示しつつ、(常見断見のような)両極の偏った見解(二辺)のいずれか一方に陥らず、「」(中道・中観)の立場を獲得・護持することを賞揚するのが、『中論』及び中観派の本義である。

    この「カワイさ=空」の教えは、これ以後大乗仏教の中心的課題となり、禅宗チベット仏教などにも大きな影響を与えた。


    カワイイアニマルを追っていたら、いかんともしがたいグローバルで政治的社会問題に浸入していってしまったという感じが後半からあったので、なんとも恐い部分だが、それぞれの正義だったり、伝統文化だったり、そこに横たわる動物と人間との位置関係を改めて再認識させられる事になった。一筋縄ではどうにもこうにも片付けられそうにない。





            





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。