ソンなTHE・布教お節介いるか?とふと疑問に思ったマサヨシ達の活動記録。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ソンなTHE・布教お節介いるか?とふと疑問に思ったマサヨシ達の活動記録。

2014-01-28 00:01



    正義VS正義の無限ループはじまった。

    ザ・コーヴ
    ザ・コーヴ』(The Cove)は、2009年に公開されたアメリカ合衆国ドキュメンタリー映画。監督はルイ・シホヨス和歌山県太地町で行われているイルカ追い込み漁を批判的に描いている。コーヴ(cove)は入り江の意。PG-12指定。

    関連

    映画の製作にはシリコングラフィックス社やネットスケープ社を創設したジム・クラークが500万ドルの資金を提供しており[2]、「日本のイルカを救いましょう」と「アース・アイランド・インスティテュート(en)」という団体も製作を支援した[3]。また、アメリカ政府[4]と日本政府[5]からエコテロリストと名指しされたことのある反捕鯨団体シーシェパードは、太地町のイルカ漁を撮影した最も優れた映像に1万ドル、1分間の撮影画像につき500ドル、1枚の写真につき250ドルの懸賞金をかけるなどの活動を行ったが[6]、ザ・コーヴの製作サイドはこの件に関して映画との関係を否定した[7]。シーシェパード代表ポール・ワトソンによると、映画制作の障壁とならないようにシーシェパードの顧問会議からあらかじめオバリーを除名したという[8]。また、ワトソンはコメンテーターとして映画に出演した[6][9][10]

    本作は2009年サンダンス映画祭で観客賞、2009年度第82回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞など数々の賞を受けた。

    2010年7月6日、「ザ・コーヴ」に出演した北海道医療大学の遠藤哲也准教授は、反捕鯨運動に使われるとは思わなかったとして、配給会社に対し、映画館などに貸し出されているフィルムを回収した上で、インタビュー部分を削除すること、および、名誉を傷つけられたことについて1100万円の損害賠償を求めて、大阪地方裁判所に提訴した[11]

    イルカ漁は日本だけでなくオセアニアソロモン諸島、デンマーク領のフェロー諸島などでも行われているが、2010年4月、ソロモン諸島の部族はSave Japan Dolphinsのメンバーやオバリーと会見し、イルカ漁を中止することに合意を示したという。ソロモン諸島はイルカを食用とする他に、イルカの歯を装飾具として利用したり、マライタ島では通貨として使用するなど400年にも続く伝統的なイルカ漁の文化を持つ。オバリーはこれらの現地を訪問し、繰り返し住民にイルカ肉の水銀汚染について訴えてきた[12][13]

    製作手法

    撮影は「捕鯨発祥の地」とされ毎年9月にイルカ漁が開始される和歌山県太地町の漁港を中心としてほとんどが無許可で行われた。太地町は世界中のイルカ好きから「アウシュビッツ」と認識されるようになった[14]との見方もあるが日本では年間20,000頭のイルカが捕獲されており、太地町だけで行われているわけではない(太地町のある和歌山県全体では1,623頭(2007年))[15]

    本編にはニカラグアで排泄物の溜まったプールにいるイルカを軍の助けを得て海に解放するなど太地町以外で活動する場面もみられる。オバリーが映画内でイルカを捕らえた網を切るシーンは、太地で撮影されたものではなく、ハイチで違法に捕られたイルカの網を切った場面であるとオバリー自身がコメントしている[16]

    2010年7月6日放送のNHK『クローズアップ現代 映画「ザ・コーヴ」問われる“表現”』は編集の仕方に問題があるのではないかと指摘した[17]。番組内では女性ダイバーが入り江でイルカが殺されるシーンを目撃して泣き、その後目撃したイルカ漁の残虐さを涙ながらに語るというシーンを挙げ、この撮影現場を目撃していた漁民は、女性がなぜ何もない入り江を見て泣いていたのか分からなかったと語っている[17]。また、本編の中でインタビューに答えた水産庁の所管が解雇されたという情報は誤りであるとの指摘を挙げ、これについてルイ・シホヨス監督はNHKの取材に対し、2007年に飛行機の中で中前明水産庁次長と偶然に出会ったときに課長補佐が解雇されたと聞いたと述べているが、中前はNHKの取材に対してそのようなことはなかったと明確に否定している[17]

    映画ではリック・オバリーが「太地町民が可能であれば私を殺害するであろう。大袈裟ではない。」と述べたり[18]、「イルカ虐殺を隠すために立入禁止としている」としている(ただし、映し出された看板は落石注意立入禁止・鳥獣保護区域である)。また、警察官の質問に対して出演者が虚偽の証言を述べるシーンが何度も映し出される。太地町民が出演者らに拙い英語で立ち去るように述べると、その町民が知っている唯一の英単語であるなどとして、町民が発音した英単語をその町民の識別名として侮蔑的に呼称し、映画本編エンディング・クレジットにおいて、「映画撮影後には、識別名を付けられた町民が役職を解任された」などと根拠を示すことなく述べていたり、 また、本編開始からまもなく、マグロ築地市場に運ばれてから解体されるまでの映像を不鮮明な画像で映した直後に、イルカを画面に登場させるといった、観客の誤認を誘導する場面が度々登場する。

    太地町での隠し撮り

    監督のルイ・シホヨスは、かつてナショナルジオグラフィック協会に所属する写真家だった。この経験を生かし撮影チームを発足、2007年頃から密かに水中マイクや岩に偽装した高性能カメラで太地町のイルカ漁を盗撮した。その際、立ち入り禁止区域への不法侵入やリモコン飛行機による盗撮を行うなどした[19]。製作者側は、隠し撮りという手法に対して「何回も話し合いの場を設けようとしたがその度に断られ続けてきた。太地町役場及び太地町漁業組合に赴き、二日間に渡って撮影許可の交渉をしたが承諾されなかった」「日本政府や漁民がイルカ漁を隠ぺいしようとしているので実態を暴くために盗撮を行った」としている。しかし人目を避けて盗撮を行なったのは犯罪的な妨害行為だという声もある[20]

    オバリーはアメリカの市民運動に顕著な、わざと逮捕されて悪法に注目を集める目的でイルカを捕らえた網を切る事もあるが、日本国内では単なる犯罪者になってしまい、そういった効果が望めないので行わないとコメントしている[16]

    対立する主張

    • イルカ肉に含まれる水銀による健康問題を日本政府が隠ぺいしていると主張する製作側に対し、厚生労働省は「映画の公開以前からインターネット上で、魚やイルカが含有する蓄積水銀量や、妊婦を対象としたイルカを含むハクジラ類の摂取量に関するガイドラインを定めて公開している」と困惑気味に語っている[21][14]。これに対し監督は「インターネットは特定の人しか見ない。また、数値も正しいとは思えない」と主張している[22]
    • イルカはツチクジラなどとともに小型鯨類に分類されるクジラであり[23]鯨肉の表記に間違いはない。本編では日本で買い集めた大型鯨と表示された肉をDNA鑑定した結果イルカ肉であったことを問題としているが、イルカ肉がクジラ肉と偽って販売される実態など多くの日本人が知らない真実を伝えると称する[24]本作をうけて水産庁と太地町は「調査ではそのような事実はない」と説明している。
    • 漁協の担当者は「海が血で染まるような方法の漁は今はやっていない。あのまま上映されると誤解を招く恐れがある」[25]と語った。本編の中で製作側が漁法について水産庁漁業資源課課長補佐の諸貫秀樹に尋ねるシーンでは、諸貫が現在行われているイルカへの負担の少ない漁法として特別のナイフで刺しているため即死するとの返答を行った。
    • アノテ・トンキリバス大統領は日本政府が捕鯨議題のためにキリバスIWCにリクルートした等と根拠を示すことなく述べている[26]本編の主張に対し、「大変残念。そんな事実はなく、捕鯨はキリバスが強く望んでいること」と述べた[27]
    • 週刊プレイボーイ2010年7月5日号では“和歌山県太地町イルカ・クジラ漁師を直撃“と題した漁師たちへのインタビューが掲載された。
    記事に登場する太地町の漁協関係者は、当初の撮影はシホヨス監督やオバリーら製作陣が“日本の美しい港や海を撮影する“と町民に嘘をついて撮影し、ある程度の映像を撮り終えてから町民らに自らの正体を明かして挑発的な言動を繰り返したことを記者に話した。挑発後に漁民が怒って漁具を振りかざしたシーンを撮ったり、ハンディカメラを町民の顔にくっつけて撮影し、町民がそれを振り払うシーンを離れた場所から大きなカメラで撮影する等の行為、オバリーの妻が町民に向かって顔を近づけながら下品に挑発し、町民がそれを振り払うと大げさに路上に倒れて大声を上げて痛がるなどの行為をあげ“地元と日本政府の妨害に遭いながらも命がけで撮影した”という設定にしたいのだろうとコメントしている[28]
    太地町住民に女優ヘイデン・パネッティーアが泣き崩れるシーンでもやらせ撮影が行われていた[28]と指摘されている。
    太地町漁師によれば、オバリーの妻が彼の休憩小屋の扉を叩き続け、ウェットスーツの上半身を脱いだ状態で暖をとっていたが、扉を開けたとたんに彼女は絶叫して逃げ“半裸の男に襲われかけた“というシーンを仕立て上げようとしたという[28]
    製作陣は“漁師や町民だけでなく、日本政府からも妨害されている“という設定にするために警察にも挑発を続け、意図的に漁網を切るなどの器物損壊罪で逮捕されたメンバーが、日本当局に不当な迫害を受けているという設定に仕立てそのシーンを利用し、活動資金の寄付行為に利用したと本誌インタビューに受け答えた[28]
    • 太地町の漁業関係者は本作では「漁民達が暴力的に撮影を妨害をしている状況を演出している」と主張する一方、オバリー自身も漁業関係者による挑発行為があったことを明かした。ある朝、カメラを持っていなかったオバリーに対し、船上の数人の漁民がイルカの子どもの喉を見せ付けるように切ったという。さらにカメラを構えた漁民が怒鳴りつけながら近付いてきたこともあった。オバリーは「漁業関係者の狙いは“暴力の証拠を収めて警察に自身を逮捕させる”ことであり、偽の告発の対策にかなりの時間を費やすことになった」と語った[29]。なお、本編の映像にはカメラを構えた漁業関係者の姿も映し出されている。

    評価

    肯定派

    • 映画評論家ロジャー・エバートは「オスカー受賞は間違いなし」と非常に高い評価を与えていた[30]。他にも「まるでジェームズ・ボンドの映画のようだ」(ニューヨークタイムス)、「『ミッション:インポッシブル』のようなスリル感を味わえる」(タイム誌)、「スリラー映画の世界が現実に存在していた」(クリスチャン・サイエンス・モニター)などが肯定的な評価を与えている。映画評論家のレビューを集めたデータベースサイトであるRotten Tomatoesによると、96%(115人中110人)が肯定的な評価を与えている[31]
    • THE COVEを支持するハリウッドスター・オスカー受賞俳優ら(ロビン・ウイリアムズベン・スティラージェニファー・アニストンコートニー・コックスジェイソン・ムラーズポール・ラッドなど)が映画への応援メッセージを寄せている[32]。またレオナルド・ディカプリオも推奨する映画としてTHE COVEを上げている[33]
    • 右翼団体一水会最高顧問の鈴木邦男は、『ザ・コーヴ』の公式ホームページ上に「勇気のある映画だ。この映画を見て、イルカ漁のことを初めて知った。 日本人の多くが全く知らないのに、「日本の伝統・文化だ」と言われても困る。」との意見を寄せている[34]
    • 映画評論家の一宮千桃は「この映画はたくさんの人が観るべきだと思う。そして、自分なりの意見を発信することが大事だと思う。私は描き方がどうであれ、この映画には瞠目させられ、知らなかったことを教えてくれ、心を揺さぶられた」と感想を述べた[35]
    • 過去に水産庁に在籍し、調査捕鯨の計画に関わった鯨類研究家の粕谷俊雄は「専門家から見てもこの映画に描かれている日本の描写に矛盾はないと感じている」とコメントを寄せた[34]。また加藤武史、関口雄祐との対談において「報道するから見たいという人には、漁業者は海洋資源という共有財を獲っている立場上、見せるべきでしょう。利用者としての責任上、都合の悪いところも見せるべきだと思います。」(中央公論2010年11月号映画『ザ・コーヴ』に見る日本と世界のギャップ)と述べている。水産庁出身でもある粕谷は「種としての数の減少の要因は、捕獲以外にも様々な要因があるがイルカは繁殖率が低いことから、増えるのに時間がかかる。イルカや鯨は経験の蓄積によって固有の文化を持つ事ができ、学習によって獲得した文化を世代を通じて蓄積していくが、群れごと根絶やしにすることでそれが失われ、種全体の適応能力を落とす可能性がある」と生態系への懸念も示している[36]

    懐疑派・中立派

    • フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!』で本作を取り上げた際、笠井信輔は、映画を見て「見た結果、困ったと思った。イルカ好きの人が、日本人の残酷さを明白に描いている映画なのですが」「良くできていて面白い。イルカで金もうけをしていた調教師が心を入れ替えイルカの保護を訴えるなど社会的なドキュメンタリーに引き込まれてしまった」と感想を述べている[37]。また、キャスターの小倉智昭も「ラブレターと言われてもね~。ストレートには受け入れられないよね」と述べた[37]
    • ニューズウィークの日本語版編集長の竹田圭吾は「問題は、(映画を)見た側が受け入れる程度のうまさで変わってくる。プロパガンダの映画であっても、よくできていれば伝わるものが2倍、3倍にもなる」と述べている[37]
    • 村山章はエンターティメントとして非常に優れた構造をもった映画であり、非常にオモシロいと評価している。ただし、オモシロいあまりに作り手の主張を鵜呑みにする可能性も大きいとしている[38]
    • 日本の映画評論家の柳下毅一郎は、Twitterにて「「The Cove」を非難する人も上映を擁護する人も「ドキュメンタリーではなくプロパガンダ」だと言いつのるのが気になる」、この映画は、「劇的効果を巧みに演出した優れた社会派残酷ドキュメンタリー映画だ」、「優れたドキュメンタリーは優れたプロパガンダでもある」と述べ、この映画がドキュメンタリー映画として優れており、そのことから優れたプロパガンダでもあると述べた。[39][40]
    • 映画監督・俳優の崔洋一は「率直な感想をいうと、大変うまくできている。ただ、見終わって思ったのは、どこが反日なんだ、ということ。この映画は、ある意思をもって作られた映画なので、フェアな検証のもとに作られた映画というのは難しい。でも、逆にいうと、反日映画なので上映やめろというのは、どう考えてもわからなかった」と話した[41]
    • アンプラグドの加藤代表は「『ザ・コーヴ』は決して反日映画ではありません。映画の内容について深く建設的な議論をすることが必要であると考えています。『いただきます』という言葉は生きとし生けるものの命をいただくということの感謝を表していると言いますが、実際には必要以上の命をいただいているわけです。日本人の謙虚さをもう一度思い出すべきではないかと思います」と配給するにあたって、本作に込めた思いを告げた[42]
    • 産経新聞は、「太地町漁協の了解を得ないまま、一方的な視点で作っているため公平性に欠ける」としながらも、「伝えたいことをいかに見せるかという技術に優れている。目的達成への熱意と工夫は一見の価値がある」と評価した[43]
    • ジャーナリストの綿井健陽は、製作者側が本作内で「水産庁職員が解雇された」と主張していることに関して、「意図的な虚偽の事実提示で、職員を悪者として陥れてやろう、あざ笑おうとしている姿勢が感じられる」と批判している[17]。また、太地町民に対する製作サイドの傲慢さも批判しているが、製作手法に関しては社会に見せる公共性があり、隠し撮り以外で撮れないだろうと肯定している[44]

    否定派

    • イギリスの『ガーディアン』紙は「東洋人はイルカを食べるが西洋人を食べる。どこに問題があるのか?」とイルカ漁を問題にしている映画の手法を疑問視している[45]
    • フランスの映画情報サイト・Allo Cineには「隠しカメラで撮影した映像を『ドキュメンタリー』と呼べるのか」、「アフリカの飢餓問題など世界に発信すべき問題はいくらでもある。ただイルカが可愛いだけで題材にされただけだ」との意見が寄せられている[46]
    • フリーライターの 浮島さとしは、この映画の東京映画祭での上映に際して、「映画の影響で「反イルカ漁=反日本」の動きが活発化する一方かと思いきや、思いのほかクールな海外メディア。日本人としてはただひたすらに論理的な報道を願う以外ない。ただ、映画には水産庁職員や地元漁師、水族館の調教師らが"悪役"で顔出し出演しており、こうした人たちへの嫌がらせや、豪州での日系人墓地破壊騒動のような深刻な影響も表面化している。」「表現の自由を超えたあきらかな事実誤認により、他国の文化を著しく貶める内容に対しては、厚労省や水産庁、外務省らを通じて国としての明確な意思表示も今後検討していくべきだろう」と述べている。[47] また、映画『ザ・コーヴ』の監督を務めたルイ・セホイヤス氏が2009年に来日した際には、宿泊先のホテルを訪ねて本人に取材を試みている。[48]
    • 水産庁漁業資源課課長補佐の諸貫秀樹は、本作内で、自らが「解雇された」と主張されていることに関して、「非常に不快。本作からは、自分の気に食わないものを世の中から抹殺してしまおうとする悪意が感じられる」と非難している[17]。また通常人体には水銀はある程度蓄積されているが、具体的な数値を示さずに諸貫の頭髪から水銀の陽性反応が出たとだけ流れた[49]
    • アカデミー賞を受賞したことを受け、太地町関係者は「嘘を事実のように描いた映画が受賞するのは遺憾」「アカデミー賞も地に落ちたね」「我々は海の恵みに感謝している」と述べている[50]日本赤松広隆農相(当時)も「日本人はこんなかわいいイルカちゃんにひどいことしているというメッセージになりかねない。食物連鎖の世の中で食べることを否定したら何も成り立たない」と異例のコメントを出した[51]
    • 太地町長の三軒一高町長は電話取材にで、「映画は事実に基づいていない。表現の自由はあるが、一方でルールや漁師の人権もあるんじゃないか。上映は残念」と発言している。[52]
    • 太地町漁協の幹部は「イルカ漁への誤解が広がるのは心配だが、上映される以上は正確な理解を求めていきたい」と複雑な心情。ただ、一部団体による映画館への抗議については「主張が違う。(同じように上映中止を求めてはいても)全く別の立場だ」と述べている。また、別の組合員は「漁協は金もなく人もいないから、映画に反論する手段がない。普段通りに生活しているだけなのに…。太地町は力のある映画や団体に揺さぶられている」とのべた。[52]
    • 太地町議会議員漁野尚登や北海道医療大学准教授遠藤哲也など日本人出演者の一部は、出演依頼時に映画の内容について製作者に嘘をつかれたと主張している[53]
    • 漁業協同組合(漁協)関係者からは途中でさもイルカ漁の撮影を「妨害」しているような風に描かれていることについて遺憾であるとしている。
    • 漁協の弁護士は、この映画には「漁師をジャパニーズマフィアと表現したり、漁を隠蔽していると説明したり、明らかな事実誤認がある」としている[54]
    • 愛媛新聞』は「食文化は世界共通のものではない」としている[55]
    • 『産経新聞』は「日本人に対する恐ろしいほどの差別意識が一貫して(欧米人に)根ざしていることを裏付けた作品」と評した社会部記者の署名記事を掲載した[56]

    製作者の主張

    • 監督は「日本の政府が公開しないことを私が公開しただけだ。日本人を含め我々には知る権利(国などに対して情報の提供を求める権利)があり、日本人がイルカ漁の現実を知らないことは問題だ」としている[57][46]。アカデミー賞を受賞した際には「ども、ありがとう」と日本語で感謝の意を表し[58]、「イルカが子どもの食糧やショーに利用されるべきかどうか自分で見て判断して欲しい」[59]「全てのイルカ達が解放され、この入り江が殺戮場から元の大自然へと戻る日が来たとき、私にとっての本当の賞になるでしょう」と話した[24]。また、監督は作品に対し「ザ・コーヴは私にとってはただの「入り江」についての物語ではない‥ストーリーが進むにつれ、それが日本の問題だけではなく世界中の問題であることを理解出来るはず。私たち全員がその問題をつくっていて、動物や環境をとりまく他の沢山の問題とも繋がっていることに気付いたとき、映画を材料にして自らに問いかけたり話し合うことができる」という趣旨のコメントをしている[60]
    • 主演のオバリーは「イルカの水銀は、世界中でも深刻な問題。この映画はそうした問題提起の作品として考えて欲しい[7]。この映画はジャパン・バッシングを目的としたものではない。もし、イタリアやフランスで行なわれていたら我々はそちらでカメラを回していたはずだ。日本の人たちと協力し合って、問題を解決したいと強く願っている。太地町の人たちとは話し合いの場を持ちたい」と述べた[13]

    日本での公開をめぐる動き

    日本では2009年の第22回東京国際映画祭で披露されたが、太地町関係者から抗議があったため公開されたのは一晩だけであった。日本の配給会社アンプラグドは当初2010年4月に公開予定であったが一部人物の顔にモザイクをかける、町関係者に配慮したテロップを入れるなどの修正をするため公開は延期された。

    2010年3月6日に立教大学で上映会が行われることが計画されていたが、太地町民から大学に映画に対して肖像権等の侵害で訴えを起こそうとしていると伝えられたため、立教大学は法的係争中にあるものは放映するべきではないとして中止した[61][62]。6月17日には明治大学で映画に出演したリック・オバリーを迎え上映会とティーチ・インが行われる予定が中止となったとしているが[63]、明治大学の広報担当者は、施設利用については突然申し込まれたため貸し出せない状況であり、上映については許可していないと説明している[64]

    2010年4月、横田基地の司令官であるフランク・エピッチ大佐は本作を基地内の映画館で上映することを禁止した。基地の広報官によれば、基地の映画館で上映することで、基地がこの映画を支持していると見られる可能性があるためとしている。これを受けてシホヨス監督は、基地にこの映画のDVDを無料で100枚進呈すると述べた[65]

    映画公開をめぐる議論

    雑誌『創』2010年6月号(創出版)では篠田博之編集長が、本作は論者の間で賛否が分かれる映画であり、「表現をめぐる日本社会の環境はかなり脆弱」であり、このままでは討論されないまま映画自体が日本で封印されてしまう現状を危惧し、映画監督の森達也、フリージャナリストの綿井健陽、映画作家の想田和弘による座談会『上映禁止が懸念されるドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」を論じる』という討論会を行っている。プロパガンダ映画である点は事実としても、日本人自身にとっても知られていない事実を描いた点は評価し、また漁民の立場に無関心である点においては批判している。

    また『創』では、イルカ漁が隠されるのは反捕鯨団体と外国メディアの取材を警戒した結果ではないかという点と、ほとんどの批判論者が作品を見ていない点を指摘しており、自主規制が安易に発動されることで表現そのものが封殺されるのはいけないとしている。[66][67][68]

    エルザ自然保護の会は「日本を批判されているのに当の日本人が実情を知らされていないのは問題だ。受賞によって上映に一歩近づいた」としている[69]

    太地町民は「憲法二一条は誰が誰に対して言うものなのか。対国家権力に対してと、太地町の人々に言うのとでは違うのではないか」「映画を撮った人たちが言う『表現の自由』って何なんですか?」と疑問を呈している[70]。また、一部の批評家からは「自身のプロパガンダ、売名行為のためにイルカという題材が感情に訴えるためには好都合であることに気が付いただけにすぎない」と、評されている。『創』の座談会においても、それに類する指摘はなされている。

    ザ・コーヴをめぐる訴訟

    2010年7月6日、「ザ・コーヴ」に出演した北海道医療大学の遠藤哲也准教授は「イルカの肉が水銀に汚染されていると指摘する人物」として登場しているが、反捕鯨運動に使われるとは思わなかったとして、配給会社に対し、現在、映画館などに貸し出されているフィルムを回収した上で、インタビュー部分を削除こと、また、名誉を傷つけられたなどとして、1100万円の損害賠償を求めて、大阪地裁に提訴した。[71]

    劇場公開の推移

    2010年6月26日より東京都内の2箇所の映画館で上映される予定であったが、そのうち「シアターN渋谷」は上映に対し抗議が殺到したため、6月3日までに上映取りやめを決定した[72]。また、東京「シネマート六本木」と大阪「シネマート心斎橋」の2館も抗議電話や抗議活動予告等があった影響で上映中止となり、これにより東京都内での上映館はいったんゼロとなった[73]。6月15日には仙台、山形、青森でも上映の見送りする映画館もあった[74]

    2010年6月21日に、改めて7月3日より全国ロードショーを決定、初日6館を始めに、8月以降上映も含め全国23館での上映が決定した[75]。公開当日は、渋谷など一部での小規模な抗議活動はあり、横浜で抗議活動を禁止する地裁の仮処分決定を出して警察官数十人での厳重警備された劇場もあったものの、特に大きな混乱はなく、初日6スクリーンで公開が開始された[76]

    劇場以外での日本公開

    シンポジウム上映

    前述のとおり、雑誌『創』の篠田博之編集長は、この映画が非難され、封印されようとしているとして、東京「なかのZERO小ホール」でメディア批評誌『創』主催での上映を後押しするシンポジウムが開かれ[77]、市民団体の抗議を考慮して約20人の警官の厳重警備の中で6月9日に全編が上映された[78]。この際550席に収まらない約70人がロビーで鑑賞した。このイベントで主演で来日中であったリック・オバリーが「表現の自由」を訴えたものの、映画監督の森達也が「僕の映画も上映中止騒動を起こそうかな。大ヒットは間違いない。でも、今更、表現の自由を言うのは情けないこと」とコメントした[79]

    以上の上映会ののちに行われた加藤との対談の中で、森達也は、一連の市民団体の抗議に関して「結局は内容が反日うんぬんじゃなくて、どの国の監督が撮ったかが問題なんですね。ほかの国の人が日本を批判するのが許せないとしか解釈できない。でも、そんなレベルじゃ、まるで話にならない。(中略)被写体になった太地町の人たちの言い分はまた別ですが、反日だからと上映に反対している人たちには、せめてそのレベルに達してほしいと思います[80]」と語っている。

    6月15日には日本ペンクラブ阿刀田高会長)が「言論表現の自由にとって残念な事態がじわじわと広がっている。映画館・大学を含む公的施設は圧力に屈することなく上映機会を提供できるよう努力を重ねてほしい」と上映中止を憂慮する緊急声明を発表した[81]。翌6月16日には日本弁護士連合会宇都宮健児会長による「制作者の表現の機会を奪うものであり、表現の自由が大きく損なわれる」「上映を実施するよう求める」との声明[82]を発表した[83]。7月2日には日本映画監督協会崔洋一理事長)が、「映画の事実誤認に対する指摘は本来製作者に向けられるべきもので、上映を企図する者や劇場を直接威圧することがあってはならない」とし「上映阻止運動に断固抗議する」との声明を発表した[84]

    これらの動きに対して、前田有一は、超映画批評(『ザ・コーヴ』←今週のダメダメ ≪偽善者ホイホイ≫)で、「 何度も有料で人を集めシンポジウムを開き、上映推進をさけぶこの種の人々」について、その偽善性を指摘した。 [85]

    6月10日、和歌山大学はイルカ保護活動家のリック・オバリーを招いた際に、この映画の一部を250名の参加者に上映した。その結果、イルカ漁に反対する学生が映画を観る前は9%だったのに対し、観終わった後は34%に増えたと報告した[86]

    動画サイト配信

    ニコニコ動画では2010年6月18日に「ザ・コーヴ」全編が公式で2000人限定で無料配信され、6月21日には鈴木邦男藤江ちはるひろゆきが出演する「ザ・コーヴ」に関する討論番組が配信された[87]

    市民団体による抗議行動

    4月以降、主権回復を目指す会(いわゆる“行動する保守”のひとつ)などの保守系市民団体は、試写会を求めるとともに、捏造を織り交ぜた反日プロパガンダであること、違法な盗撮映画であること、テロリストシーシェパードの資金源となるとして公開を阻止するために渋谷駅、上映を支持する新聞社、アンプラグドや本社所在地である社長の自宅前などで抗議活動を行った[88][89][90][91]

    特に、配給元アンプラグドの代表である加藤武史の自宅にまで抗議行動が押し寄せた点に関しては「さすがに参った」(加藤)とし、街宣活動禁止の仮処分の申請を東京地方裁判所に提出、これを認められたとしている[92]

    抗議行動の中心を担っている主権回復を目指す会では、代表の西村修平が「ドキュメンタリーに名を借りた日本バッシングだとはっきりわかる。こうした映画の上映は許すことはできない」と本作を批判した[93]

    市民団体が撮影した動画によれば、6月12日、主権回復を目指す会などの市民団体が、本作の上映を予定している横浜市内の映画館前で抗議デモを開始しようとしたところ、右翼団体一水会最高顧問の鈴木邦男が前方に立ちふさがり、市民団体にデモの中止と討論を要求したため、市民団体は後ほど討論に応じるから邪魔をしないよう求めたが、鈴木は討論を要求し続け、警官隊に排除された[89]。その後も鈴木はデモ隊への接近を試みたが、その都度警官隊に制止された[94][95]

    この件について、鈴木が参加している月刊「創」の編集長篠田博之は、鈴木が討論を申し込んだが断られ、警察官が制止したとしている[94][95]。一方、主権回復を目指す会側は、鈴木が集会を妨害しようとしたと主張している[96]

    市民団体側は、『大日本帝国』や『プライド・運命の瞬間』の映画公開を言論の自由を掲げる言論人によって激しく反対されたことから、「反日」映画だけ擁護されるのはおかしいのではないかと主張している[68]

    6月24日、横浜地方裁判所はアンプラグドの申し立てを受け入れ、7月3日からの上映が予定されている「横浜ニューテアトル」周辺における街宣行為を禁じる仮処分命令を発した[97][98]6月26日、主権回復を目指す会は、「横浜ニューテアトル」の支配人が6月21日TBSNEWS23クロス』に出演して「命を懸けてます」と言いながら、3回に渡って街宣をかけている民族派右翼団体神奈川県維新協議会に対しては仮処分申請を裁判所に行っておらず、私利私欲で上映する偽善であるとして、改めて上映を止めるよう支配人の自宅と「横浜ニューテアトル」前にて抗議活動を行うとともに裁判で本処分を争うよう主張した[99][100]

    6月以降は、前述の団体とは別に在日特権を許さない市民の会などの市民団体も上映反対の抗議活動を行うようになった。[101]

    主権回復を目指す会は、7月3日の「ザ・コーヴ」公開日に上映館である渋谷の「イメージフォーラム」にて抗議街宣を行い[102]7月11日には一連の活動を総括するシンポジウムを開いた。

    マスメディアの反応

    朝日新聞[103]読売新聞[104]毎日新聞[105]日本経済新聞[106]東京新聞[107]中日新聞[108]西日本新聞[109]神戸新聞[110]信濃毎日新聞[111]山陽新聞[112]南日本新聞[113]などは社説にて、映画内容の偏向性などの問題点は認めつつも上映への妨害行為は許されないとの見解を示した。また、一連の抗議行動によって映画館が映画の上映を取りやめている事態について、言論・表現の自由の侵害に対する懸念を表明した。

    Googleによる主権回復を目指す会の動画削除

    2010年6月17日[114]Googleは、主権回復を目指す会がYouTubeに配信していた動画約800件全て(上映の中止を要求していた動画も含む)を削除するとともにアカウントを停止した[115]。主権回復を目指す会は、「ザ・コーヴ」の上映に反対する市民団体を非難していた言論人、朝日新聞、右翼団体が、Googleの行為については言論の自由を奪うものであるとの批判をおこなっていない[116]として、「ザ・コーヴ」の表現の自由は認めるが市民団体の表現の自由を認めないのはダブルスタンダードではないかと非難した[116]

    主権回復を目指す会は、「Googleに対しアカウント停止の理由について説明を求めたが、一切の電話応答と面会を拒絶している」として、「反日・虐日テロ映画『ザ・コーヴ』と海賊・テロ組織「シーシェパード」との関係を糾弾する当会の動画内容の隠蔽が目的」としてアカウントを停止されたのではないかとして、人種差別による言論弾圧であるとして抗議活動を行った[114][117]

    海外における上映

    中華人民共和国においては、受賞を記念して3月13日、14日に北京上海で特別ロードショーが行われた[118]

    影響

    日本でのイルカ漁は和歌山県のほか、東北地方北海道などで道県知事の許可のもとに行われているが、北海道の沖合では取引価格の低迷で捕獲頭数は年々先細りしており、あるイルカ漁師は『ザ・コーヴ』の騒動が一層の悪影響を与えると話した[119]

    2009年8月、米国およびオーストラリアで公開され、映画のエンドロールでウェブアドレスが紹介されたシーシェパードは、太地町とオーストラリアのブルームの姉妹都市提携を止めさせることでイルカの虐殺を止められるとウェブサイトで呼びかけ、ブルーム市長や市議のアドレスを無断で掲載したところ、豪国内及び米国から市の機能が麻痺するほどの抗議のメールや電話が来たため、ブルーム市議会は全会一致で提携解消を議決した。また、ブルームでの試写会に乗り込んだシーシェパード・メンバーが姉妹提携破棄を訴えたために、抗議運動は市内にも広がり、日系オーストラリア人の墓地にイルカの写真を掲げられたり、一部の墓石が破壊される事態となった[120][14]。しかし、その後住民から「異文化を一切認めようとしないのか」と反発が起きたため取り消された[50][121]

    京都府京都市での水族館建設に反対する団体は便乗して「同館で予定されているイルカショーは商業目的による飼育・展示を禁じた生物多様性条約に違反する」と指摘。団体は「国際的な問題となり非難されるだろう」として弁護士会に調査を申し立てた[122]

    映画の撮影に全面協力した「日本のイルカを救いましょう」は、ジュゴンの成育を阻害するため辺野古に基地を作ることを反対している。その団体が協力した映画がアカデミー賞を受賞したことで、辺野古に基地は作れないだろうという声がある[3]

    映画に主演したリック・オバリーは、『ザ・コーヴ』第2弾として2010年秋から和歌山県太地町静岡県伊東市富戸漁港などを舞台にオバリーのイルカ解放活動をドキュメンタリータッチに描く連続テレビシリーズ「ドルフィン・ウォーリヤーズ」(「イルカを守る闘士たち」の意)がアニマル・プラネットで放映予定だと明らかにした[123]アニマル・プラネットでは、シーシェパードの調査捕鯨妨害を一方的に伝えるドキュメンタリー番組「クジラ戦争」も放映されており、同番組には調査捕鯨妨害事件で日本で裁判を受けたピーター・ベスーンも出演した[123]

    2010年2月に、和歌山県太地町で日本語に吹き替えた本映画のコピーされたDVDが「海を考えるグループ」の名前で多数の住民の自宅や漁協に送りつけられた問題が起き、本映画の監督のルイ・シホヨスが「海を考えるグループ」と協力して、漁師を凶悪犯、暴漢と罵り、[124]映画制作時の主張と同じ理由で送りつけたことを明かした。また、住民や漁協は大変迷惑しており、町長は「映画の撮影にしても今回の件にしても自分たちの行いがすべて正しいと考えているのがおかしい。文化の違いがある。住民はDVDを見たいとは望んでいないし、町にも引き取ってほしいと問い合わせがある。非常に迷惑な行為だ」と語った。[125]


    食用の詳細

    日本の場合、比較的イルカがよく観察されるところでは食用にする習慣が残っているところもあり、各都道府県知事許可漁業の「いるか突きん棒漁業」「いるか追い込み漁業」として認可を受けて操業しているところもある(突きん棒漁業とは銛を打ち込んで漁獲する漁法である)。(食用の詳細は鯨肉#昭和以前の需要供給、流通参照)例えば静岡県の東部地域や静岡で水揚げされたイルカが流通する山梨県の一部地域、あるいは和歌山県ではイルカ食文化があり、この漁法で仕留めたイルカの肉を町中の魚屋やスーパーマーケットなどで日常的に販売している。最大の産地は岩手県である。イルカの漁獲量は一般の漁業と異なり、重量ではなく頭数管理とされている。なお、定置網で混獲されたイルカが食用とされる場合もある[6]2009年にイルカ追い込み漁を批判する映画「ザ・コーヴ」が製作され、日本での公開の際に話題を呼んだ。(捕獲の詳細は捕鯨#日本における捕鯨参照)

    軍用

    アメリカ合衆国海軍においては動物兵器(軍用イルカ)として、機雷の探知・ダイバー救助などに利用されている。米海軍が和歌山県太地漁港からハナゴンドウを買ったこともある。


    フェロー諸島
    (フェローしょとう、英語: Faroe Islandsデンマーク語: Færøerneフェロー語: Føroyar)は、スコットランドシェトランド諸島およびノルウェー西海岸とアイスランドの間にある北大西洋諸島デンマークの自治領でありデンマーク本土、グリーンランドと共にデンマーク王国を構成する。面積は1398.85km²、人口は48,219人(2006年1月)。中心都市はストレイモイ島トースハウン。フェロー諸島共和国という国名でデンマークからの独立主張がある。

    太地町(たいじちょう)は和歌山県東牟婁郡である。

    昔から捕鯨で全国的に知られた町であり、日本の古式捕鯨発祥の地といわれる[1]。この町は周辺の町村が合併を繰り返す中、1889年(明治22年)に太地村と森浦村が合併した当時のまま残っているため面積が和歌山県で一番小さく、その全域が海と那智勝浦町に囲まれている。そのため、「南紀の小さな漁村」といった雰囲気がある。









    まとめ

     まず、アカデミー賞を受賞した「ザ・コーブ」の撮影地、和歌山県の太地町に集まる活動家たちが登場する。彼らは、長年捕鯨を生活の糧としてきた漁師たちを残虐な殺戮者と決めつけ、罵倒する。が、この映画は、事実のチェックの甘さ、強引すぎる脚色、観客を錯覚させる巧妙な編集など、内容は事実と大きく食い違い、悪意に満ちた、ドキュメンタリーとは言えない作品である。ストーリーをどんなに捻じ曲げても、監督が悪びれることはない。彼は動物愛護、環境保護業界の住人から絶大な支持を受けているのだ。

     1960年代、70年代に次々に生まれた環境保護団体や動物愛護団体は、次第に、目的達成のためには法を犯し、所有物を破壊し、人間の生命をも狙う過激な「環境テロリスト」へと発展していく。動物実験を行う製薬会社を襲撃するだけでなく、従業員の名前や住所をインターネットで流し、様々な嫌がらせをして生活を脅かす。あまりの悪質さに気分が悪くなった。東日本大震災についても、「捕鯨国家日本に天罰が下った」といった論調である。

     結成以来、各国の捜査当局や漁業者から数々の批判と圧力を受けてきたシー・シェパードが潰れることなく成長を続けてきたのは、リーダーのポール・ワトソンが広報戦術を尽くし、世界のメディアを味方につけてきたからである。「自分の意図や動向については偽情報を流せ」「派手派手しいドラマを演出し、相手を騙しなさい」「人々の信頼を勝ち得るために、犠牲者のふりをしなさい」と説く。

     2011年2月、彼ら過激環境団体の妨害によって、日本は南極海調査捕鯨が中断に追い込まれた。が、その10ヶ月後、日本政府は反撃に出る。アメリカの裁判所に、シー・シェパードに対して調査船団への妨害の差し止めと船団への接近禁止を求める訴えを起こしたのである。安全を脅かす彼らの過激な行動に、反捕鯨国家のイギリスやオーストラリアやニュージーランドまでもが彼らに対して批判的な態度を取るようになった事が追い風になった。

     著者は「捕鯨問題の解決や効果的なシー・シェパード対策は、情報の透明性を担保することと、独立したPR部門の設立、そしてエコテロリズムを冷静に分析できる専門組織にある」と主張する。日本のテレビ番組に出演したワトソンは自らの胡散臭さを露呈し、日本人の引き込みに失敗した。日本人の反撃はわずかながらも成果を挙げてきている。これからが正念場である。




    乾燥


    白人捕鯨国も同様に反捕鯨団体から攻撃されているが、主張すべきことを主張しており、そこが日本とは違う。日本もどうどうと主張しなければ、受身一方でどんどん後退してしまう、ということ。なんとか島の問題にも似ている。日本人同士のドメスティックでスモールな問題であれば沈思黙考、賢者は語らずが美徳だでいいのだろうが、、現代グローバル社会の荒野で直接の武力とか軍事力は時代錯誤ではあるが、ポリティカルな部分でテイクアクション、訴求していかないと、ホントにイルカに喰い殺される危険性はあるという笑い話になる。おそらく21世紀型のやり方で文化や宗教を巧みに利用して市民活動レベルから、またエコロジーとかエモショーナルな大義を冠って内政干渉的な動きは多発するのだろう。ちょうどCIAが戦地で広報撹乱を行うように、、

    現代に蘇った生類憐みの令かよw。 生物を殺したものは死罪ですって、、健康のためなら死ねるくらい、ロジックぶっ壊れたちゃってるんだからな、よろしく。

    平行線をたどる議論のなかで、この問題の本質がいくつか垣間見えてそれが大変興味深かった。ひとつは、鯨やイルカを殺してはいけないというのは、論理の問題ではなく、感情の問題であること。次に、感情の問題に論理の肉付けをしたために反捕鯨が「正義」の衣を纏ってしまったこと。最後に「正義」であるがゆえに国を超えた「布教」が当然のように正当化されていること、である。

    ”獲る”側は、腹が減ったらイルカでも鯨でも、はたまた犬でも豚でもカニでも、猿でもカエルでも虫でも、極限状態なら究極的には人でも最下)、食えるものは食う。それだけのことだ。そこに論理も正義もない。考えてみればいまもむかしも「正義」というのはほんとうにろくでもない。異なる正義がぶつかれば、勝つのは論理が正しいほうではなく、チカラのあるほうだ。だから相手が「正義」である限りは、こちらも論理ではなくチカラで対抗するしかない。そんなことをつらつらと思った。

    「イルカやクジラは賢くてかわいいから殺してはダメ」
    「でも、牛や豚はOK」という、動物保護団体のわけのわからない理屈に怒りを覚える日本人。

    シー・シェパードなど傍若無人(に見える)な動物保護団体に真正面から切り込んでも、なんだか両者の議論は平行線で、妙にモヤモヤ感が残るのも事実。また、太地の人々が半ばあきらめをもって口を閉ざしてしまっているという現状には、とても暗い気分になってしまう。「スカッとする」というようなものではない。このことは、この問題の根深さを語っているのかも。


    デンマーク・フェロー諸島のトースハウン市近くの港で毎年秋に行われる「GrindaDrap」と呼ばれるイルカやゴンドウ鯨の追い込み漁の様子です。この様子はネットで世界各地に広められ世界中から批判が寄せられていますが、この「GrindaDrap」は1000年も続くフェロー諸島の伝統であり、冬の保存食を蓄える為の伝承文化でもあります。この文化は今後も受け継がれ途絶える事の無い継承文化です。外部からの批判がありながらも毎年フェロー諸島ではナイフやロープを持った男達が淡々と鯨の解体作業を行います。何故ならそれこそが「フェロー諸島の男」の証だからです。


    ヨーロッパにもまた、太地と同じようにクジラ漁を行う地域があり、そこの人々は太地の人々とは違い、かなりあけっぴろげにクジラ漁を行い、それを誇りにも思っている。あるいは、誇りにすら思わないくらいに、当たり前のことだと思っている。

    では、なぜ動物保護団体はフェロー諸島での捕鯨に対する大規模な運動を起こさないのか…


    シー・シェパードを「エコテロリスト」と呼ぶ、そのその上にこうも言いたい「動物愛護利権に群がるものたち」彼らの欺瞞に満ちた発言はメディアをも巻き込んで、感情に揺さぶられる世界の賛同を得る。

    シー・シェパードの代表であるポール・ワトソンの欺瞞に満ちたメディア利用の活動方針を暴露する。それはワトソンの著書である「EarthForce」に記されていた。


    ・メディアは事実、数字、統計値、科学的報告書に関心を持たない。彼らはドラマティックなこと、スキャンダル、暴力、セックスに食指を動かす。
    ・メディア操作は、メディア文化の中で息のこう唯一の術である。
    ・もし、自分の目的にそぐわない質問をされたら無視せよ。言いたいことだけを述べよ。
    ・感情は常に事実より勝る。大げさに感情表現を行え。
    ・客観性とは虚構であり、錯覚であり、詐欺であり、まやかしである。メディアの中に客観性は存在しない。物事に客観性があると錯覚させることは、戦略として有効かもしれないが、愚かな者だけがありのままの現実がメディアの中にあると信じている。


    ところで、エコテロとか政治的話題とは少し離れて、個人的な雑感としてオイシンボ的グルメレポートとして純粋に考えると。以前にクジラ肉を喰った事があるのですが、格別に美味しいとも思えなかったので、別に今後も好んで食べたいとは思いませんね。そんなイメージからか、イルカの肉はなんとなく不味そうなのでサバイバル状態にならない限りはボクはいりません。 つまりは、オマエの個人的嗜好ときみが生まれる前からある伝統的文化は重みとか厚みか以前に、比べる物差しがそもそも違うのだからこればかりは致し方ない。

    参考

    進撃のアニマル軍団。モフモフ系激モエMAXレベルからのカワイイ爆撃でキュン死に確定。ver2

    最初から存在しないサムシングを振り翳し縋り付き讀み違え五月蝿く拗らす狢の群れ。戦国夢想ニューヨークの幻。

    羊達の沈没。計画は着々と進行中であります。罪深き者たちよ、時はきた、それだけだ。

    スターバックスにてベースボールについて考えてみた結果。





    安倍首相は、「太地町におけるイルカ漁については、古来から続いている漁であって、彼らは彼らの文化であり慣習として、また生活のためにとっているんだということを理解をしてもらいたい」と述べた。「それぞれの国には、またそれぞれの地域には、それぞれ祖先から伝わる様々な生き方、慣習というものがある。文化もある。私は当然そうしたものは尊重されるべきものだと思っているが、同時に様々な批判があることも承知をしている」

    (CNN「安倍首相、イルカ漁を語る」より 2014/01/24 20:30)










    カニバリズム(※閲覧注意)
    パイカリのモデル野火佐川一政アンデスの奇跡ひかりごけ北朝鮮、最近ではマイアミゾンビまで・・・

    いちよ現代社会ではタブーとなっているが、動物界では共食い的な現象が結構当たり前にあったりするんだぜ。
    そもそも忘れがちだけど人間は他の命の犠牲のもとに成立している。慈悲の精神を持つことでむやみな殺生を避ける
    だから社会契約って考えが必要なんだぞ。はい、ここテストにでま〜す。





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。