• 一人反省会

    2019-05-20 22:26
    この間の記事を読んでくださった方、ありがとうございました。
    あれは遊佐こずえの宣伝のため書いた記事なのですが、じゃあ前半部分は適当並べただけなのか…というと全くそんなことはないです。

    例えば高垣楓の魅力ってなんなのかを考えてみると…
    • 酒呑み
    • 駄洒落
    • 世間のイメージとのギャップに少々悩む所あり
    大体こんな感じですかね。

    アイマスにおいてアイドルを語る上で、多分「アイドル性」ってかなり重要な要素だと思うんです。
    前も書いたけど、アイドルってのは「偶像」なんです。

    例えば自分と何か共通する趣味を持っていたり。
    自分と共通の悩みを抱えていたり。
    自分と共有の欲望を抱えていたり。
    自分の欲望を受け入れるだけの器を持っていたり。
    そんな「何かを託すことのできる存在」を俺は「偶像」と定義しました。
    「アイドル性」とは、そうした偶像としての役割がどれだけ果たせるのか、ってことだと思うんです。

    高垣楓が好きな人達の多くは「どうしようもない大人」としての彼女を受け入れ、そこに多少なりとも共感する部分を持ち、担当をしているんじゃないかと思うんです。違う人もそれなりにいると思うけど。

    夢見りあむの場合は「一時的な欲望のはけ口」としての部分に焦点が当たりがちだけど、多分魅力はそこだけではない。
    自己承認欲求が膨らみに膨らんでいて。
    真面目に将来を考えることが嫌になっていて。
    アイドルの素晴らしさをファンとしてよく分かっていて。
    でもそこに至る努力を自分が果たしていないことも分かっていて。

    そんな要素に皆が気づき、受け入れるとまではいかなくても認知されることで、彼女はアイドル性を大いに発揮する。


    夢見りあむは欲望のはけ口に特化したアイドルです。
    性欲。
    虚無感。
    承認欲求。
    努力の否定。
    社会への諦観。
    これら全部夢見りあむに託すことができる。
    表面的で単純な欲望から、どうしようもなく根深くドス黒い欲望まで。
    今この時代に必要なはけ口を殆ど持ったアイドル。
    そう思ったから俺は「高垣楓と同等の実力を持っている」と表現したのです。

    これを読んでいるオタクに、全部分かってもらおうとは思わない。
    でも、もし「言いたいけど言えない欲望」をあなたが抱えているなら。
    多分あいつがそのはけ口になれる。
    あいつはあなたの「救い」になれる。
    それがきっと奴の恐ろしさなのです。



    …以上の内容が「もし俺が夢見りあむのPならどのようにプロデュースするか」というもの。
    こんな感じの宣伝は北条加蓮でも考えるし、本田未央でも考えるし、西園寺琴歌でも考える。
    でも俺には遊佐こずえでこういうことはできない。その辺はみんな苦労してるとは思うけど頑張ってほしいなと思います。俺はこんなことになりました。

    それにしても、ああいう文書は書いてて楽しいね。
    真剣に読み進めた人をガクッと脱力させるのがたまらない。
    いや内容は不真面目じゃないんだけど。真剣な内容のダイマを2つくっつけたら、たまたまああなっただけなので。そこだけは分かって欲しいかな。
    気がついたら夢見りあむが担当に加わってるかもしれないしさ。俺あいつのこと嫌いになれないし、おっぱいには滅法弱いからね。



    兎にも角にも、今年は多くの人に笑いを届けられたようで、本当に嬉しかった。
    あれがどれだけ遊佐こずえの票に繋がったかは分からないけど、投票してくれた方は本当にありがとうございます。
    それにしてもCuトップだぜ?目を疑ったよ俺。LMBG入りは確かに追い風だけど油断ならねえ…って思ってたからね。本当に嬉しい。これからどんな展開があるか本当に楽しみですよ。



    来年の総選挙は…どうしようかな。
    もちろんこずえちゃんには入れるけど、他にも好きなアイドルはたくさんいるからね。風の向くまま気の向くままのオタクなのでその時になってみないと分からんです。
    他のボイス待ちアイドルに投票するのもいいと思うし、りあむや加蓮を推してみるのも楽しそう。法子やくるみの圏内入りを狙って活動する、というのもやりがいがあると思う。

    何にせよこれからも何か笑えるものを提供したい、というスタンスは変わっていないので何卒よろしくお願いします。皆様お疲れ様でした。
  • 広告
  • 夢見りあむは本当に「脅威」なのか

    2019-04-29 20:413
    シンデレラガール総選挙の中間結果が公表されましたね。


    ……正直に言うと驚きました。シンデレラに登場してから三ヶ月経ってないアイドルがこの順位を獲得するに至った理由、これは一体何なのでしょうか?

    ちょっと彼女がここまでの順位を獲得した理由を考えてみたいと思います。


    ~勝因その1:巨乳~
    「いいとこなんてないよう…ちょっと乳がでかいくらい…95とか」
    これはあらゆるコンテンツにおいて言えることですが、基本的に胸は大きい方が人気が出ます。女性キャラは巨乳の方が注目を集めるし、男性キャラでも人気の人物は胸筋がしっかりしていることが多いですね。
    胸が大きいことで絵描きの注目を集めやすくなります。ピンク髪で巨乳。pixivで「夢見りあむ R-18」で検索すれば夜のオカズには全く困りません。圧倒的なイラスト供給量で、シンデレラの内外問わず大きく知名度を獲得したことは間違いないでしょう。


    ~勝因その2:性格に難あり~
    「炎上でもいい!目立ちたい!」
    「ネットで叩かないでほしい!!」
    常にどこか燃えてるようなコンテンツでこんなことを言い出す面倒くささ。
    360°どこから叩かれても本人には宣伝要素になりうる、というのは非常に脅威です。そして「総選挙のやり方に不満のある層」「そもそもデレマス運営が気に入らない層」等の受け皿として大いに機能してるので、集票力は新規アイドルの中でも群を抜いている。とんでもないポテンシャルです。


    ~勝因その3:他人事と切り捨てられない要素~
    「アイドルがなきゃ生きてけない!」
    「いまの時代、みんなやんでるじゃん!アイドルでも好きにならなきゃ生きてけないよ!」
    先に対する不安ばかりで、皆どこか諦めたような表情で日々を生きる現代社会。アイドルの存在が一服の清涼剤として大きな存在感を持っている、ということは皆様も共感する部分があるかと思います。
    他にも満たされない承認欲求、周りの努力についていけない自分、楽したいと思っていたのに高いハードルに打ちのめされ…などなど、自らの生き方も定まらずただただ社会に翻弄される姿には、全てでは無いにしろどこか共感する点もあるのではないでしょうか。


    「こんな奴をアイドルとして認める訳にはいかない」という方もいるとは思いますが、むしろ逆です。そもそもアイドル(idol)は和訳すると「偶像」であることを忘れてはいけません。

    人々の願望・不満・コンプレックスを集め、その象徴たる存在として偶像としての役割を完璧に果たす夢見りあむ。
    彼女は2019年現在において「シンデレラガールズの中で最もアイドルらしいアイドル」と言えるのです。


    ここまで読んでくださった皆様であれば、今回の結果は決して「一度限りの脅威」の一言で片付けることはできないことがお分かりいただけるかと思います。仮に今回の選挙で一位になれなかったとしても、アイドルとしての基盤がしっかりと固まっているので二度目三度目のチャンスは必ず訪れます。彼女は高垣楓と同等の実力を持っていると言っても、決して過言ではないでしょう。
    ただそれでもなお「何があろうとこんな奴を認めない」と言う方も多いと思います。その気持はお察しします。ではそんな方であっても寄り添えるような、時代に即した要素を持ったアイドルとは誰なのか?

    ここで彼女の言葉を今一度引用してみたいと思います。
    「アイドルってのは顔がよくなきゃいけないんだよ!!」

    そう。顔がいいアイドルなのです。それではシンデレラガールズで最も顔がいいアイドルとは誰なのか?








    遊佐こずえなのです。
    もちろん無根拠で言っているわけではありません。そこにはしっかりとした裏付けがあります。

    今回の中間発表で総合8位・属性3位という大台まで浮上してきた彼女ですが、総選挙前や開催中にU149やLMBGなど公式からの後押しはなく、ナターリアPのような「祭り」があったわけでもありません。現在ボイスもついていないため、声優に関連するプラス要素があったわけでもありません。ここまで順位を上げてきた特別な理由が本当に何もないのです。
    ではなぜこの結果を出すに至ったのか、残る理由は一つ。純粋な顔のよさです。
    遊佐こずえは「顔がいい」という一点のみでこれだけの人気を獲得することができたのです。
    他にも良いところは多数ありますがここではあえて割愛します。
    ストレスの多い現代社会において「かわいい!」という点だけで応援できるアイドルは大いに需要があることはお分かりいただけると思います。とにかくかわいいのです。それ以外何も考えず応援できるのです。あらゆるものを忘れて癒やされることのできる唯一無二の存在、それが遊佐こずえなのです。





    今回のシンデレラガール総選挙は、中間発表から期間終了まで18日とかなりの日数があります。ここから大きく順位が変動することも予想され、まだまだ結果は分かりません。

    この時代を今最も癒やす存在をもっと広く知ってもらいたい。もっとたくさんの人を癒やしたい。是非ともお手持ちの投票券を遊佐こずえちゃんに入れていただけたら幸いです。

    長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。


    ところで「お前巨乳好きなんじゃないのかよ」と思った方もいらっしゃるかもしれません。たしかにおっぱいは大きいほうが好きです。しかしよく考えて下さい。あなたはおっぱいに何を求めているのですか?
    私はおっぱいに癒やされたいのです。おっぱいの真価はその癒やし効果です。遊佐こずえはその全てが癒しであり、存在そのものがおっぱいと言っても過言ではありません。ですから全く矛盾していませんね。世の巨乳好きはみんな遊佐こずえを応援すべきです。
    ……それにしてもりあむやっぱ乳でけえわ…。

  • 遊佐こずえの声が聴きたい、ってお話

    2018-02-19 00:00
    突発的に長ったらしいポエムを書きたくなる時ってのがあると思うけど、最近そんな発作が頻繁に起こっているのでこんなものを書いてます。


    ―――ふわふわしてよく分からない彼女のことをもっとよく知りたい。
    そんな気持ちから遊佐こずえの担当になることを決め、かれこれ一年以上。考察を重ねれば彼女がどんな子なのかが分かるかもしれない、と思い沢山のことを考えてきた。
    その結果、何とか「こういう子です」とざっくりした輪郭を伝えられるところまでは辿り着いた…ように思う。まだ断言はできないけど。

    ―――月日が流れて遊佐こずえに対する向き合い方はちょっとだけ変わった。
    ソロ曲出してほしいだとかもっとユニット組んでほしいだとか、山ほど言いたいことはあるけども、結局それらを総括すると「声が聴きたい」という一点に尽きる。

    何を考えているのか。
    どういう思いでアイドルに向き合っているのか。
    アイドルの他に好きなことは何なのか。
    他のアイドルをどういった目で見ているのか。

    ―――そんな思いを、遊佐こずえ自身の言葉で伝えてほしい。
    遊佐こずえ自身の"声"で聴かせてほしい。
    多分それが本人の成長にも繋がると思うから。

    ―――俺の活動理念は大体そんな感じ。
    そりゃ確かに総選挙で結果を残して、声優がつくってのも切望してるけど、それは願いの一つというか。数ある目標のうちの一つというか。
    皆ご存知の通り、遊佐こずえは天才だけどよく分からない部分が多い不思議な子。
    でも、そんな彼女をもっと知ってほしい。
    俺もそんなに分かってないけど、知ってるところだけでも共有してほしい。
    彼女の"声"を聴いてほしい。
    それがきっと遊佐こずえの成長に直結するから。

    以上、拙文ながらも思いの丈を吐き出しましたが今後とも遊佐こずえをよろしくお願いいたします。



    誕生日、おめでとう。