我が家の筐体たち
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

我が家の筐体たち

2016-02-03 19:00



    実はこのテーブル筐体、はじめは白とブルーとツートンカラーの色をしているやつ
    (アールエス製?)で、8ラインスロットの筐体でした。

    その色が嫌だったんでペンキで塗っちゃいました。

    ガラスは黒ベタの新品に替えてあります。インストの窓が小さくて、インストが収まらない。

    細長い大魔界村のインストでも下が切れています。横幅のあるインストなんかは無理!




    中を開けると、こんな感じです。

    写真のモニターは、19インチの東映モニターです。(ほぼ焼けなし)

    モニター基板と一体型ではありません。

    JAMMAで使えるように1から配線をやり直してます。

    きっちり長さを合わせたり束ねたりしていないため見た目悪いです。

    筐体手に入れた時に変なフレームが2つ付いていました。

    写真のテーブル筐体は、フレーム付きのモニターにのせる用のステーなので、フレームなし
    ではモニターをのせる事が出来ない。

    この変なフレームが付いた状態ではフレームが邪魔してモニターを縦に回転できません。

    18インチや19インチが使えるテーブル筐体用のステーが欲しいけど、オークションでも
    なかなか見かけないし誰か譲ってくれないかな?




    これは駄菓子屋の前とかによく置かれていた筐体です。

    モニターはナナオで縦にしてあります。(うっすら焼けあり)

    画面を上下に移動するツマミ(H.PHASE)の利きが悪くなっていて中央に持ってこれ
    ない。
    レバー(セイミツ)やボタン(セイミツ)、コインシューターは新品に交換してあります。

    セイミツレバーのカチカチする音が好きです。

    ボタンは、三和よりセイミツの方が押した感触は好きです。


    去年、テーブル筐体で使用していた18インチの焼けなしモニターをあやまってぶっ壊して
    しまいました。

    下トビラの裏にモニター基板を取り付けていて、ネック基板に繋がっている配線がひっぱられ

    ている事に気づかずにトビラを全開したらネック部分が無理にひねった状態になって、

    プシューと音がしてネックのガラスが割れた。モニター基板は使えるかもしれないが

    ブラウン管はもう修理不能な状態になりました。大事なモニタが・・・


    手に入り辛くなりましたが、レトロゲームは液晶よりブラウン管でやる方がイイッス!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。