セガネット麻雀MJ Free対戦東風戦・4000試合までの成績
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

セガネット麻雀MJ Free対戦東風戦・4000試合までの成績

2017-06-20 17:47
    ■セガネット麻雀MJ 4000試合までの成績をまとめました!٩(ツ )و
    ■Free対戦 東風 4000試合までの成績
    1位 1304回(32.6%)   和了率 26.66%                    
    2位 1202回(30.05%)  放銃率 10.75%          
    3位  876回(21.9%)  アガリ巡目 11.29巡                 
    4位  618回(15.45%)  アガリ翻平均 3.42翻                
                 連帯率(1位+2位の率)は62.65%
                 平均順位 2.20位(2.20200位)
                 合計スコア+34773.2(平均+8.69)

    ※ちなみに3000試合までの成績は下記のとおり 比較用
    ■Free対戦 東風 3000試合までの成績
    1位 973回(32.4%)  和了率 26.31%                    
    2位 903回(30.1%)  放銃率 11.06%          
    3位 641回(21.36%) アガリ巡目 11.27巡                 
    4位 483回(16.1%)  アガリ翻平均 3.44翻                
                 連帯率(1位+2位の率)は62.53%
                 平均順位 2.21位
                 合計スコア+25051.7(平均+8.35)

    【反省や感想や今後】
    ・状況判断とリーチ判断、放銃を意識した結果、全体的に成績が良くなった感じです。
    ・平均順位2.2台を維持するためには出来るだけ4位を取らず1・2位を多くとることが重要なので最後まで諦めずプレイして上記の3つ(状況・リーチ判断・放銃)を意識することによって自分の理想の形は出来たかなぁと思います。あとは知識を増やしていけば成績はもっとしまりが出てくると思いました。
    ・反省点は手が悪い時で4位の時に無理な仕掛けをして酷い目に遭う場合が目立ったので、手が悪い時は悪いで他家同士にぶつかってもらっておこぼれで3位を狙う技術をもっと身につけなければいけないのかなぁというところです。

    →次の1000試合も引き続き4位をできるだけ取らないような意識で、状況を考えてプレイをして放銃を避けつつ平均順位と連帯率をあげていきたいと思います。それでは次のブロマガを楽しみにしてください。٩(ツ )و

    ■傾向のまとめ
    状況判断(リーチ判断・仕掛け・誰を警戒するべきなのか)→4位が減り連帯が上がる→
    →全体的に成績が良くなり理想の形に近づいてる 



    ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン







    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。