それはニコニコメドレーシリーズではない #ニコメド記事投稿祭
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

それはニコニコメドレーシリーズではない #ニコメド記事投稿祭

2020-04-14 00:00
    自分は2014年頃からメドレー界隈という場所に入り、それ以来毎日のように新しく投稿されたニコニコメドレーを追っている。
    世の中に存在する全ての動画群の中からニコニコメドレーのみを探して追うのは大変だ。
    可能な限り追えるように動画サイトはニコニコ動画に絞っている。
    それでも毎日数え切れないほどの動画が投稿されている。
    そこでニコニコメドレーの動画を探す方法のひとつとして「ニコニコメドレーシリーズ」のタグ検索がある。
    「ニコニコメドレーシリーズ」タグが付いている動画のみが表示される為、
    削除や非表示を除いた全てのニコニコメドレーシリーズが表示されることになる。
    打ち込み、原曲繋ぎ、生演奏、果てにはアカペラのモノまで出てくる。
    しかし、ニコニコメドレーシリーズだと個人的には思っていた動画が出てこないことが多々ある。

    ニコニコメドレーの線引きがどのように行われているのか知りたい。
    まずは、どういうモノがニコニコメドレーシリーズに当て嵌まるか調べてみる。
    初めに「メドレー」の部分に着目をする。
    メドレーとは、2つ以上の曲目を区切りなしに演奏することである。(広辞苑参照)
    上記で挙げた4つのタイプは全て当て嵌まっている(DTMや歌唱を演奏に含めた場合)。
    余談だが、ニコニコメドレー『2曲』という作品もメドレーという枠組に入る。一般的にはメドレー収録曲は2,3曲です。

    次にニコニコメドレーシリーズが付いていないメドレーをパッと思いつく限りで挙げてみる。
    (ついでに例として1動画ずつ挙げてみる)
    ・演奏してみたメドレー(アニソン72曲をメドレーにして弾いてみた 【ピアノ】)
    ・ジャンルメドレー(【UNDERTALE】YOUR SOULMATE【一周年記念】)
    ・作中で別の曲を歌う歌ってみた(カゲロウデイズ歌ってみたと思ったら歌ってなかった)
    ・歌い手等のコラボメドレー(冬☆クリスマスメドレー(covered by ド葛本社))
    ・原曲サビメドレー(【作業用BGM】アニソン名曲サビメドレー100曲【高音質・高画質】)
    ・マッシュアップ(【マッシュアップ】ヒビカセ × ECHO【Mashup】)
    ・曲が素材の音MAD(ドラげもんのうた)





    ニコニコメドレーシリーズの大百科を参考に何故タグが付けられないのか考えてみる。
    まずはニコニコメドレーが一般的なメドレーとの違いとして書かれていることは、
    ・再生時間:一般的なメドレーは演奏会のレギュレーションや番組の尺に合わせて作られることが多く、それに比べると下限も上限も無い為自由
    ・構成楽曲:ニコニコ動画由来の曲をメインに、1部又は全部がニコニコ動画に関係ない曲。(語彙力の無さを発揮)
    ・編曲方法:楽曲と楽曲の間は原則として滑らかに繋ぎ、あたかも一つの楽曲のように編曲される。また複数楽曲を同時に再生する箇所も存在する。
    以上の3点である。
    結局のところ違いではなく「投稿された動画にはこういう傾向がある」というだけである。
    また、上記に挙げた作品群は全て当て嵌ると見て取れる。

    話が変わるが、組曲や七色はタグロックがされていない為
    よくニコニコメドレーシリーズタグが消されることがある。
    しかし、作者本人が「ニコニコメドレー」と呼んでいる。
    もしも「ニコニコメドレー」とは別の名称を使っていた場合、全く同じ作品でも「ニコニコメドレー」ではなかったのである。

    この世には異なる名前を持つ同じモノも存在する。
    おはぎとぼたもちは別の名称だが同一のモノである。(正確には季節が違う)
    売店によって呼ばれ方が変わることもある。

    作者が「ニコニコメドレー」という存在を知らなかったり知っていたうえで敢えて
    「ニコニコメドレー」ではない別の名称を用いた場合、
    受け手(視聴者)が「100%ニコニコメドレーである」と感じたとしても
    それは「ニコニコメドレーシリーズ」ではない。

    作者が「ニコニコメドレー」であることを明言したモノは概念に相違があったとしても「ニコニコメドレーシリーズ」であることに変わりはなく、否定はできても「ニコニコメドレーシリーズではない存在」にすることはできない。
    逆に作者が「ニコニコメドレー」であること・そうではないことを明言しない限りは受け手の憶測でしかなく、たとえ概要が一致したとしても「ニコニコメドレーシリーズ」であるか否かを決めることはできない。

    つまり、それはニコニコメドレーシリーズではない。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。