悪魔の弁護人/(動画)最終回8話//最終話/1月25日pandora/Dailymotion/youtube無料視聴まとめ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

悪魔の弁護人/(動画)最終回8話//最終話/1月25日pandora/Dailymotion/youtube無料視聴まとめ

2020-01-25 16:57
    悪魔の弁護人/(動画)最終回8話//最終話/1月25日pandora/Dailymotion/youtube無料視聴まとめ

    2020年1月25日24時からフジテレビで『悪魔の弁護人/動画/最終回8話/見逃し配信』につきましては下記にて (無料視聴できます)

    ↓ ↓

    悪魔の弁護人/動画/最終回8話番組内容

    御子柴(要潤)は母・郁美(浅野温子)を救えるのか?罪の償いに終わりはあるのか?正義の意味を問う衝撃の法廷ミステリー、慟哭の最終回!最後の法廷の幕が上がる!.番組内容「弁護士を廃業する」 そう言い残し、姿を消した御子柴(要潤)。洋子(ベッキー)は何とか連絡を取ろうと試みるが、御子柴の行方は分からないままだった。 そんな中、事務所に弁護士の宝来(本村健太郎)がやってくる。御子柴に代わり郁美(浅野温子)の事件を担当するというのだ。そんな勝手なことを、と言う洋子に宝来は御子柴に頼まれたのだと告げる。そのための金も受け取ったと。 御子柴は本当に廃業してしまうつもりなのか、と困惑する洋子だったが、宝来を追い返し言う。 「先生は絶対に戻ってきます」 あすみ(玄理)とともに郁美の事件を洗い直す洋子。御子柴は必ず戻ってくる。その時までに少しでも弁護材料を集めておくために…… その頃、御子柴はひとりふるさとを訪れていた。 自分が幼少期を過ごした場所。かつて凄惨な事件を起こし、家族を不幸に追いやった場所。そして被害者家族に永遠の苦しみを与えるきっかけとなった場所。自分は生まれてこなければ良かったのだ。そう思う御子柴のもとに一本の電話が。敵対する検事・岬(津田寛治)からだった。 「逃げる気か?君の帰りを信じ待っている人間がいるぞ」 罪とは何か、罰とは何かーー 「大田区資産家夫殺し事件」、堂々の完結!はたして御子柴の贖罪の結末は……!?

    悪魔の弁護/御子柴 キャスト

    御子柴礼司: 要潤  日下部洋子: ベッキー  桜葉あすみ: 玄理  宝来兼人: 本村健太郎  横山紗矢: 田中こなつ  薦田梓: 森脇英理子  /  成沢郁美: 浅野温子  /  岬恭平: 津田寛治原作中山七里(講談社文庫)『贖罪の奏鳴曲』『追憶の夜想曲』『恩讐の鎮魂曲』『悪徳の輪舞曲』

    悪魔の弁護人/動画/最終回8話ストーリー性

    世田谷夫殺人事件の被告人、津田亜季子(奥菜恵)の妹を殺害していたのが、まさか、弁護人の御子柴礼二(要潤)だったとは、ここで繋がるのか、という衝撃とともに、納得の展開でもありました。しかも、そのことが亜希子の無罪を証明することになるとは、なんとも皮肉的です。御子柴は、事務員の草部洋子(ベッキー)言うように、亜希子を助けるために的に弁護を変わったのだとしたら、御子柴って、ほんとはいいヤツかもって、そんな感情も持ったりして、ここにきてなぜか、悪魔の弁護人なのに、御子柴の応援をしてる自分もいたりします。世田谷夫殺人事件の真犯人は、結局、亜希子の長女、美雪(豊嶋花)でした。なんんとなく、1話から美雪が怪しいとは思ってましたが、その動機が、自分の父親がお金に困って、父親の父親、つまり、美雪の祖父に自分を売られていたいういう卑劣さゆえのことで、父親に売られていたとい展開には意外で、驚かされました。亜希子が娘の罪をかぶって有罪になって、そっとしといた方が亜希子の家族にとってはもしかしたら幸せだったのではと思う反面、本当に美雪のことを考えたら、真実を明らかにして、美雪に罪は罪として償わせた方が良いのかと、考えされる場面もありました。でも、元少年Aの御子柴だからこそ、もしかしたら美幸の気持ちが分かったのかと思うと、悪魔の弁護人なのに、さらに御子柴の魅力に引き込まれていくのでした。

    悪魔の弁護人/動画/最終回8話 pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)では見れない時は下記で(無料視聴できます)

    ↓ ↓

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。