「青空のラプソディ」関連、ようやく終了
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「青空のラプソディ」関連、ようやく終了

2020-07-10 22:30
    なんやかんやで1年がかりでしたw

    今年の2月に動画投稿して、モーションを公開。



    そして今日、自作したアクセサリを公開しました。







    トレース元の振付けは、2017年の1〜3月にマイリスしてました。




    「やりたいなぁ」と思ってはいたものの、別のものを制作中だったりで「なにか機会があれば…」と保留にしていました。

    トレースを思い立ったのは2019年の5月頃。
    「小林さんちのメイドラゴン」2期が2019年冬に決定と聞き、それに合わせて投稿しようと手を付け始めました。
    Lanaさんの振付けとMVのものを合わせる構想は以前から温めていたので、まずLanaさんのものから進めました。1分半のショートver.ではありますが、3人分のトレース。半年ほどで間に合うのか、多少不安はありました。

    7月中頃にはLanaさんのモーションが完成。そこからバックダンサー2人分のサビの振付けに移ります。

    その数日後、あの事件が起こりました。

    ショックではありましたが、淡々とトレースを進めました。作品と事件とはあまり絡めて考えてはいませんでした。
    「2期までに作る」という目標が無くなったことになるのですが、期日が無くなった分はしっかり作り上げようという気持ちでした。

    2人のモーションは9月には完成。モーションだけなら2期には間に合いました。

    そこからは、MVの再現を目指してアクセサリ集めを始めます。できるだけ雰囲気の近いモデルを探すのですが、いくつかの物は納得できるモデルが見つけられなかったので、自作をすることにしました。

    魔法円は、トールとカンナカムイがサビ直前に出現する演出でずっと考えていたもので、可能な限り再現できたと思っています。
    メニューボードも、MVの雰囲気を再現するのに欠かせないものだったので、苦手なイラストを頑張りましたw
    配布を前提に作ったアクセサリが5つ。配布無しで少し手抜きをしたものが2つに改造が3つ。およそ4ヶ月の作業でした。
    (ついでに言うと、あぴミクさんとトールもモデル改造や修正しています。)

    年が変わって1月末頃から動画編集。本編1本+セルフ比較2本の合わせて3本を制作。
    そしてモーションは、3人分を2ver.ずつ作って公開準備。
    アクセサリ配布も…と思ったのですが、配布用にブラッシュアップをしようとするとさらに時間がかかりそうだったので、アクセサリは後回しにして、2月21日に動画投稿とモーション公開をしました。

    そこからはややペースダウン。
    モーションだけでも公開できてしまうと、ふっと気が抜けてしまったというのもありますし(こうやってブロマガを今頃書いているのも、あの当時気が抜けて書けなかっただけw)、新型コロナウイルスが猛威を奮っている時期と重なったというのも少し影響したかも。
    それでも、モデルを手直しをしていると「ここはもっと良くできるかも」とか「あ、こういう機能もあるといいな」とかいろいろ思いつくもので、動画編集時よりもモデルはかなり進化しましたw

    アクセサリの公開も終えて、一連の制作は完了しました。
    振り返ってみれば、令和という新しい時代を明るく迎え、あの事件があり、ラグビーW杯で日本や世界が盛り上がり、新型コロナウイルスによって世の中が一変した。そんな歴史的な時期と重なった1年でした。
    まあ1年もかかってしまったのは、元々私の制作ペースが遅いというのが大きいのですがww

    モーションの作り方を変えたりモデルを公開したりして今までと違う取り組みもしました。
    改めて見ればまだまだ改善できるところだらけだとは思いますがw、納得できるまでじっくり取り組めた作品だと思います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。