ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

結婚できる確率が知りたい!私の結婚確率は何%?|結婚の確率を上げるには
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

結婚できる確率が知りたい!私の結婚確率は何%?|結婚の確率を上げるには

2020-06-29 15:27

    「自分が結婚できる確率ってどのくらいなんだろう」と気になっていませんか?婚活をした場合の成功率も知りたいですよね。

    そこでこのページでは男女別・年代別の初婚率と、結婚相談・結婚情報サービスを利用した人の結婚率をご紹介し、解説していきます。

    また年齢別に、より結婚の可能性を高める婚活方法もご紹介します。

    ご自身の年齢と照らし合わせて、これからの婚活の参考にしてくださいね。

    このページの要点をざっくりいうと

    年代別に初婚率を見てみると、男女ともに20代の終わりから30代のはじめにかけてピークが訪れていることが分かります。

    さらに婚活の成功率を見てみると、やはり男女ともに20代後半が高く、年齢が上がるにつれて確率が下がっていきます。

    より結婚を確実なものにするためには、20代のうちから婚活をすることがおすすめです。

    おすすめはアラサーなら婚活アプリや婚活パーティーの複数利用、アラフォーなら結婚相談所の利用です。

    【女性版】年代別・結婚できる確率データ

    まず、女性の年齢別初婚率のデータを年代別にご紹介していきましょう。

    年齢別初婚率は、次のように計算されます。

    【妻の未婚年齢別初婚率】

    女性の未婚人口1,000人に対する妻の初婚件数の割合を年齢別にみたもの。

    妻の年齢別初婚率=妻の当該年齢の年間の初婚件数÷10月1日現在における日本人女性の当該年齢の未婚人口×1,000)

    ※小数点第2位以下切り捨て

    引用元:厚生労働省「平成28年度 人口動態統計特殊報告【婚姻に関する統計】の概況」

    データは、平成28年度の「人口動態統計」によるもので、平成27年の数値を全て下記から引用し、計算しています。

    20代女性の結婚確率:1番のモテ期!まだまだ余裕!

    20代女性の初婚率は次のとおりです。

    • 20~24歳:36.7% (91,416÷2,486,278×1,000)
    • 25~29歳:122.2% (219,154÷1,792,297×1,000)

    つまり、1年で20代前半の未婚女性1,000人のうち、36人ほどが結婚するというイメージです。

    20代後半では、1,000人のうち120人を超える程度になります。

    多いイメージのある20代後半でも8人に1人なので、少なく感じるかもしれませんね。

    ただ、こちらの数字は結婚する気がない人も含めた1,000人で、しかも1年のうちに8人に1人ということです。

    20代後半で仲のいい友達が結婚していくペースを考えると、ちょうどこれくらいだと感じるのではないでしょうか。

    30代女性の結婚確率:後半から一気に下降…

    次に30代女性の初婚率を見ていきましょう。

    • 30~34歳:105.9 (125,070÷1,180,472×1,000)
    • 35~39歳:58.9 (55,429÷939,904×1,000)

    30代前半はまだ100を超えており10人に1人程度ですが、後半になると17人に1人とグッと下がることが分かります。

    さらに細かい年齢別のデータを比較してみましょう。

    30、31歳では8、9人に1人ですが、38、39歳では20人に1人を下回っています。

    同じ30代でも後半には大きく初婚率が下がってしまうことがわかります。

    初婚率のピークは26~32歳頃で、ここを過ぎると下る一方となるのです。

    40代女性の結婚確率:後半で初婚率一桁の厳しい現実

    続いて40代女性の初婚率をチェックしてみましょう。

    • 40~44歳:20.8 (18,742÷897,277×1,000)
    • 45~49歳:7.3 (4,926÷671,075×1,000)

    40代になると、30代後半からさらにどんどん初婚率は低下していきます。

    40代前半で50人に1人、後半では135人に1人程度とびっくりするほど少ない数字です。

    ただ、これは「結婚したい人のうち結婚できる人」の割合ではないのです。

    40代になると未婚の人数自体が減ってきて、その中にそもそも結婚する意志のない人も多く含まれるので、「もう結婚できない…」と諦めることは決してありません!

    【男性版】年代別・結婚できる確率データ

    ここからは、男性の年齢別の初婚率を年代別に紹介していきます。

    女性の場合と計算方法は同じです。

    【夫の未婚年齢別初婚率】

    男性の未婚人口1,000人に対する夫の初婚件数の割合を年齢別にみたもの。

    夫の年齢別初婚率=夫の当該年齢の年間の初婚件数÷10月1日現在における日本人男性の当該年齢の未婚人口×1,000

    ※小数点第2位以下切り捨て

    引用元:厚生労働省「平成28年度 人口動態統計特殊報告【婚姻に関する統計】の概況」

    データは女性と同様に、平成28年度「人口動態統計」から引用し、計算しています。

    20代男性の結婚確率:まだ若い!余裕たっぷり

    20代男性の初婚率は次の通りです。

    • 20~24歳…21.0 (61,130÷2,656,916×1,000)
    • 25~29歳…88.0 (188,596÷2,141,662×1,000)

    女性より少ないですが、男性も20代後半は結婚する人が多く、1年に11人に1人程度が結婚するということになります。

    それほど多くない気がしますね。

    しかし20代ではまだ結婚する気がない人も多いですし、1年に友人の11人に1人が結婚していくというイメージなら納得できる数字と言えるでしょう。

    女性と同様に、初婚率は20代後半が最も高くなっており、まだまだ余裕で結婚できる年齢です。

    30代男性の結婚確率:後半から徐々に苦しく

    続いて30代男性の初婚率を見てみましょう。

    • 30~34歳…84.3 (135,726÷1,608,876×1,000)
    • 35~39歳…49.7 (69,276÷1,392,385×1,000)

    30代前半は、20代後半と同様に初婚率は高い水準を保ち、12人に1人程度です。

    しかし30代後半になると徐々に苦しくなり、20人に1人になります。

    年齢別に細かく見ると、37歳から初婚率は50を下回ります。

    男性の初婚率のピークは27~31歳頃と、こちらも女性とほぼ同じです。

    女性よりもピークの山は緩やかですが、結婚できる可能性が高い年齢はどちらも20代後半から30代前半辺りにあることは同じです。

    40代男性の結婚確率:男性も40代初婚は少数派

    次に40代男性の初婚率をご紹介しましょう。

    • 40~44歳…22.5 (31,739÷1,404,593×1,000)
    • 45~49歳…9.9 (10,730÷1,077,664×1,000)

    男性も女性と同様に40代になると初婚率は一気に下がり、後半では10に満たない数字となっています。

    これは40代前半では45人に1人、後半で100人に1人で、非常に少ないです。

    もちろん男性にも、そもそも結婚する意思のない人もたくさんいますので、「この年齢になると結婚は絶望的」ということを表しているわけではありません。

    【男女別・年代別】婚活した場合の結婚成功率はどれくらい?

    ご紹介してきた初婚率は、あくまでも参考程度に見ておくようにしましょう。

    結婚の意思のない人も含む「すべての未婚者」を対象としているためです。

    ここからは、婚活をした男女の結婚率を紹介していきます。

    こちらから、よりリアルな現状を知ることができます。

    アラフォー女性は婚活成功率が一気に下がる

    婚活をした女性の結婚率を見てみましょう。

    20代後半では7割の女性が婚活に成功しています。

    しかし、30代後半には明らかに下がり、半分を少し超えた程度になっています。

    40代になると4人に1人くらいの成功率となっています。

    さらに、年齢が上がるにつれてサービス以外での出会いでの結婚・婚約の確率が下がっていっていることが分かります

    つまり、年齢が上がっていくとサービスを利用しないと結婚するのが難しくなっていくということです。

    男性は40代でも4割が婚活に成功

    では、同じ調査から男性の結婚率を見てみましょう。

    男性も年齢が上がるにつれて結婚の確率はどんどん下がっていっています

    しかし、40代でも約4割が婚活に成功しており、女性よりは年齢が上がっても婚活が成功する可能性は高いと言えます。

    やはり女性のほうが、婚活においては年齢が大きく影響していることが分かります。

    【おすすめ】成婚率の高い婚活方法とは?

    若いうちはまだ自然な出会いから結婚に発展する可能性も十分にありますが、早く確実に結婚したいなら婚活も必要です。

    30代、40代と年齢が上がるにつれて、さらに婚活の必要性は増してきます。

    そこでここからは、より成婚率を高めるためにおすすめの婚活方法をご紹介していきます。

    アラサーまでは、婚活アプリや婚活パーティーを同時進行

    20代~30代前半では、まだ成婚率は高いので婚活アプリや婚活パーティーなどの、自分一人でする婚活でも成功の可能性は十分あります。

    ただ、少しでも良い出会いをつかむためには、アプリを使いながらパーティーにも参加するなど、できるだけ複数の方法を取り入れるといいでしょう。

    特に30代に入ると成功の可能性は下がる一方なので、結婚相談所も含め幅広い方法で婚活を進めていくようにしましょう。

    女性ならアプリやパーティーは料金がかなり安く利用できるものも多くなっています

    ただ、料金だけにつられて利用を決めると質もそれなりということも多いので、質の良い出会いを期待できるサービスを見極めて利用しましょう。

    アラフォーになったら、結婚相談所を利用しよう!

    30代後半からは婚活の成功率が下がってきます。

    そこでおすすめの婚活方法は「結婚相談所」です。

    結婚相談所にはデータマッチング型と仲人型がありますが、アラフォー世代にはプロの手厚いサポートが受けられる「仲人型」がよりおすすめです。

    アプリやパーティーも併用するのも良いのですが、あまり同時にいろいろ手を出してしまうと疲れて婚活が嫌になってしまう可能性もあります。

    サポートが手厚い結婚相談所は費用もそれなりにかかりますので、とりあえず結婚相談所をメインにしましょう。

    たまには相談所が主催するパーティーに参加してみるなど、余裕があるなら複数の方法を試してみるのがおすすめです。

    婚活方法について更に詳しく知りたい方はこちら >>

    【まとめ】結婚できる確率を踏まえ、年齢に応じた婚活を

    このページでは男女別・年代別に初婚率や婚活成功率のデータについて解説し、成婚率の高い婚活方法をご紹介しました。

    男女ともに、結婚する確率が高いのは20代後半から30代前半にかけての数年間になっています。

    30代後半になると一気に結婚の確率は下がっていき、40代になるとかなり厳しい数字となってしまいます。

    結婚にたどりつくためには、20代からでもしっかり婚活するのが確実な方法です。

    アラサーなら婚活アプリや婚活パーティーを中心に、アラフォーは結婚相談所の手厚いサポートを受けながら効率よく婚活を進めてください。

    あなたが素敵な異性と巡り合い、幸せな結婚を実現することを願っています。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。