【初心者向け】MACでニコ生、実況動画したい人への講座に近い機材紹介
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【初心者向け】MACでニコ生、実況動画したい人への講座に近い機材紹介

2015-10-09 11:11
    こんにちはころもと申します

    実況動画をあげたりしてます

    多分大学生とかになって買うパソコンとかでMacを買った人とかいると思います
    そんでMacを買って、いろいろな事情で時間ができた人も多いでしょう

    そしてニコニコ好きだし実況動画を撮ろう! 

    と思ったんだけど

    Macにフリーソフトが少ない!

    とか

    Windowsの人が多いからかMacの記事が少ない!

    とか

    難しい言葉が多くて分かりづらい!

    とか思った人のためにこういう記事をあげさせていただきます
    ですがあくまでもMacでも実況を取るためには最低限の設備は必要です
    完全無料でほいほいと実況はちょっと無理です。パソコンさえあれば実況できる
    とはいかないので注意してくださいね

    今回は実況編で準備編です!
    この記事ではPS2やWiiのゲームを実況すると仮定します

    あくまで機材紹介風にこんな感じで自分はやってますというものなのでご了承ください

    まず実況動画を取るに当たって必要な機材
    まずパソコンとPS2はあるものとしてその映像をパソコンに取り込むために

    キャプチャーボード、通称キャプボってやつですね
    他にあるのかもしれませんが自分は

    mathey Mac対応ビデオキャプチャー VIDEO CAP For Mac MVCP-02MAC


    僕が買った時は4000円くらいで買えるはず
    これを僕は使ってます、付属CDなどでEZCAPをインストールすることで
    Mac上にゲーム画面を映せます
    三色ケーブルに変換できるやつなら大体いけます

    あとはマイクですね
    最初はバッファローの安いやつで

    iBUFFALO マイクロフォン スタンダード ホワイト BSHSM06WH





    を使ってた時期があります
    わりと安く丈夫だったので使いやすかったですね

    こういうマイクを買うときの注意点として
    Macにはマイクの端子がないのでそのマイク端子をUSBに変換する必要があります。
    なのでもしこういうマイク端子のついたマイクを買うときは
    その変換アダプタなんかを買ってください、電気屋とかでも売ってると思います



    現在自分はヨドバシカメラで買った適当なメーカー不明のダイナミックマイク?と
    オーディオインターフェースに

    QUAD-CAPTURE UA-55



    を使ってます
    正直宝の持ち腐れです
    とある有名実況者さんがニコニコの演奏者さんにインターフェースならどれがいいか聞いてて
    演奏者さんがこのインターフェースいいよ
    とおすすめしていたのを見て勢いで買っちゃいました

    ただ実況をとるのにはこんなものいりません
    たしかMacで実況を録っているという有名実況者の方は
    ソニーの普通のマイクを使っていると聞いたことがあります

    まぁ必要な機材と言ったらこんな感じですかね
    とりあえずマイクとキャプボがあれば問題ないです

    *3DSだったらもっとお金がかかりますが最低限必要なのはマイクとキャプボです

    上記で機材を紹介したわけですが

    次に実況で必要なソフトですね

    まずは音響関係で2つ必要です
    SoundflowerLadiocast
    どちらもフリーソフトで検索すればDLサイトが出ると思います

    この2つはニコ生にも必須になるソフトです

    まずSoundflowerは自分も使っておいてあれですがはっきり説明できません
    音量を出す部分を作るものと考えていただけたらわかりやすいと思います
    これにLadiocastをつかうことで

    PC音--------------------→スピーカーないしヘッドホン
          L----------→録画

    こんなかんじで分配できます
    実際の画面はこんなかんじ


    入力側
    一番上→マイク、声です
    真ん中→システム設定でPC音を出すようになってます、基本生放送BGMとかですね
    一番下→ゲーム音です

    出力側の一番上と真ん中に聞こえるようにしてます

    出力側
    一番上→録画用出力
    真ん中→ヘッドホンです、自分の声も聞いて音量滑舌確認しながらやってます
    一番下→なし

    これで入力側の音が混ざって出力側に聞こえるようになります

    これで簡単にゲーム音を小さくしたり
    声を大きくしたりができるようになるわけです

    音響は大体こんなかんじですね


    次は映像です
    映像は自分は上記キャプボについてきている
    付属CDのEZCAPというものをつかってます

    これは特に説明いりませんが英語なのでちょっと難しいかもしれません
    全部つなげて起動すると自動でウィンドウがでるか
    Digitizers→Ezcapを選べば起動できます
    ゲームが起動してなければ緑の画面が出ると思います
    できなかったら接続不良など何かしら問題があると思います

    設定などは特にいじった覚えはありません
    Record→VideoSettings→source→composite

    くらいでしょうか

    もう一つ画面を録画するソフトで
    多分どのMacにも標準であるQuickTimeを使えば
    画面録画もできます

    ファイル→新規画面収録

    で画面録画もできます
    これで録画の音声ソースをLadiocastで設定した録画用の出力ソースに設定し
    録画すれば

    ついに!実況動画の元が完成します

    これに編集やエンコードをすることで実況動画が完成します!
    まぁこんなかんじですかね
    もしなにか反響があるか書く気があればやります
    • 前の記事
      これより過去の記事はありません。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。