【DDR A20】矢印を超えたその先へ!! Part.18【ゆっくり実況】→ あとがき + Part17 コメ返し
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【DDR A20】矢印を超えたその先へ!! Part.18【ゆっくり実況】→ あとがき + Part17 コメ返し

2020-03-23 07:00
    おつかれさまです。この記事ではPart18のあとがきと、Part17のコメントへの返信を書いていきます。

    とにもかくにもまずはこの動画を見てね。


    前2パートが足17以上のオンパレードだったので、いくらか今回の曲目は平和に見えますね。レベルの平均も16.5ですし。というわけで、ようやくFLOOR INFECTIONでの移植曲を紹介することができました。もうすでに何回か踏んだあとのものなので初々しさはないとは思いますが。まあ、DDRにはなかなかない曲調のものが移植されてきたので新鮮ではありますよね。BEMANIシリーズでたくさんの機種がある中で、基本的にはダンスミュージックが多いんですけど、よくよく聞けば機種ごとに特徴が違ってたりとか。GITADORAとノスタルジアはメインとなる楽器がほかとは違うので当たり前なんですが、IIDXはとにかく最先端、ボルテはキックが強いかストリングスの音が入ってる、jubeatはポップかハードかの両極端、ポップンはパーティー感強め、ダンスラはEDMオンリー、って感じです。あくまで個人的な印象ですけど。

    そして、OPでさらっと言っちゃいましたけど、とうとうEGOISM 440もクリアしちゃいました。出たタイミングも今日はあと2クレやったら帰ろうかな~くらいで考えてたところで、次に足19でクリアできそうなのはオバピリかエゴだよな、ってのでロケハンくらいの軽い感じで踏んでたんですよね。オバピリはオバピリで中盤までは安定してるのでもうちょっと譜面研究したら、という感じで終わったんですが、エゴは序盤抜けられたらワンチャンあるな、って状態でこじらせてたんですよね。とにかく表拍だけ意識して…ってやったら久しぶりに抜けられて、そのままとにかく足を動かしてたらクリアしちゃったって、思わず筐体の上で「は?」ってつぶやいたくらいなので本当に想定外だったんです。そんなわけなので、必然的にもう1回クリアをしないといけないわけなんですが…そう簡単にクリアできるわけないじゃん…

    ということでPart18のあとがきはここまで。以下Part17のコメ返しです。動画はこちらからどうぞ↓


    ・鬼譜面は家庭版とは別のやつだからな(MAX.(period))
    →CS版の鬼譜面、意外と高速地帯が厄介そうですよね。EDITが実装されたら打ち込んでやってみるのもありかな…?

    ・捻ってもスライドでも厳しい(MAX.(period))
    →スライドでごまかすには絶妙に遅いんですよね、300BPMの8分って。捻ろうと思ったら入り足を覚えないといけないし。400族が増えた今だからこその難しさ、って感じはあります。

    ・イベントボス曲にしては弱い、って感じ(IX)
    →たぶんなんですけど、エレクリとトリジャニが尖りすぎてるんですよ…

    ・譜面配置の流れで覚えるから難易度変わるとねえ…
    →つい最近やったout of focusのESPでやられました。せめて足15以上は激も鬼も覚えておかないとですね。つれえ。

    ・でもこれ某海外製の踏むゲームだと矢印の方が踊り始めるという・・・
    →大方PIUのことだとは思うんですが。PIUはPIUで譜面のスクロールの仕方がえぐい、って印象があるので見るだけ見てみたいですね。でもこの文章はよく理解できない。

    というわけで今回はここまで。プレーする難易度は抑えめに行きたい、とは言ってたんですが次回もなかなかのえぐさだと思います。

    それではまた。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。