JAEPO2015・The 4thKACに行ってきた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

JAEPO2015・The 4thKACに行ってきた

2015-02-14 23:00
    実は自分の住んでるところよりガッツリ東に行くのは昨年8月のお台場新大陸以来だったりするわけです。あと人生初の千葉です。そんなこんなで興奮冷めやらぬ今のうちにブロマガとしてまとめておこう、というわけです。

    ちなみに僕の家の最寄駅から幕張メッセまで2時間ちょいなので9時過ぎに到着すれば間に合うだろーと思って(途中で1本電車乗り過ごして)9時半に着いたらまあ長蛇の列だったこと。参考にするのに昨年のデータを引っ張りだしてきたんですが、昨年はKACは一緒にやってなかったうえに大雪だったんですよね。あてになるわけがなかった(˘ω˘)

    まあそんなこんなで9時半過ぎについて会場に入場できたのは10時半でした。ほんとにすごかったです。全員が全員KONAMIブースにはいかないまでも、3分の1は立ち寄ったんじゃないかな、と。もともと僕はグッズ漁りつつKACを見ていこうと思ったんですが、あまりの人の多さに途中で抜け出しちゃうと最後のBEMANIライブが間近で見られないと判断したのでグッズを買うのは諦めてひたすらKACの顛末を見守っていました。

    というわけでそれぞれの機種ごとについて箇条書きでまとめていきます。ミライダガッキは表彰式だけだったので抜きますが。
    ・jubeat
    入場が遅れたためにベストな位置では見れませんでしたが、どの曲も誰かしらはフルコンしてたような気がします。特にドーパミンでフルコンが出たときは鳥肌が立ちました。決勝の選曲もDOUBLE IMPACTとRiot of Colorとすごくドンピシャな曲だったのでもうRiot of Colorのイントロが流れ始めたときに涙ぐんでましたw
    ・GITADORA
    時間帯がほとんどjubeatとかぶってたのであまり把握はしていませんが、最後の曲がまさに度肝を抜くものでしたね。ドラム9.95、ギター9.99って。蒼い柱を見たときはどよめいてましたね…
    ・ポップン
    今回からいつものものに加えてオジャマ部門もできましたが、TATSUさん強すぎますね、あれ。wacさんとPONさんも悔しがってましたし。オジャマ部門は見てるだけでもかなり楽しいです。どんなオジャマが来るか分からないというのもあるんですが、それ以上にかなり鬼畜なものが出てくるので(他人事として)見る分にはかなり楽しいです。プレイヤーとしては絶対にやりたくないですが。
    ・ダンエボ
    もともとがっつり見る予定はなかったんですが上述の理由によりとどまってみることに。審査方法もかなり斬新でしたが僕はいいと思いますよ、あの方法は。というか優勝者も準優勝者もイケメンすぎるでしょ。抱かれてもいいよ。むしろ抱いてください。
    ・リフレク
    こちらもダンエボの片手間にという感じで見てたのであまりわかってないんですが、かなり歓声はすごかったですね。あとなにやら決勝で使われた楽曲が…?ほんとにパッと見でしか見てないので断言はしません。そのうちアーカイブが上がると思うのでそれをお楽しみに!
    ・DDR
    個人的にこれはすごく見たかったんですよね。主に何の曲が選ばれるかという意味で。そしたらΔMAXのCSP、ニューディケのESP、トリはパラレボCSPなんて。でも全員クリアするんですよねえ。さすがトップランカーと言ったところ。UIさんも驚いてましたしね。あとファイナリスト4人がすごく仲好さそうに見えたのですごく見ててほのぼのしました。プレーはまた別だけど。
    ・ビースト
    こっちもDDRの片手間で見てたんですが、フルコン出す上にPERFECTを出す人もいたそうで。でも一番驚いたのは最後ですけどね。新難易度て。リップルが真ん中に出てたしスライドもすごいことなってたね。どんどん視覚難で譜面が難しくなっていくのか…orz
    ・弐寺
    これはボルテの合間にちょこちょこと。というかゲストでDOLCE.さんが出てくると知ったときはびっくりしましたね、ほんとに。あと4曲目がすごいことになっててうえええええってなりました。いやあれはほんとにすごいよ。レイヤー見て鳥肌立ったよ。
    ・ボルテ
    この機種は最後にプレーする曲が公募の最優秀楽曲というのもあってかなり楽しみにしてました。予選の時点でもすごく白熱の戦いでしたからね。なんであの場面でUCできるんでしょうね。メンタル強いというのはうらやましいです。あと決勝の曲がFor Ultra Prayersでかぶった挙句、抽選で選ばれた曲がBangin' Burstという奇跡も起き、もちろん最優秀楽曲のエフェクターは許されない人…、とここまではよかったんですがまさかのメカニカルトラブル。また後日ということらしいので、そこまで新曲はお預けですね。スタッフ絶対許さない

    ということですべての機種において白熱した戦いが行われてました。全部見てかなり音ゲーに対するモチベーションが上がりました。自分もいつかはあの舞台に…という意気込みでやっていきたいですね。まあ無理はしない程度に。

    そしてBEMANIライブですよ。ずっと立ちっぱなしで体力はちょっと尽きかけてましたがやっぱ曲がかかるとテンションがぶちあがるんですよね。みんなで「運命浄化!」とか「すーふぃーんくすー」と合唱するのはとても楽しかったです。個人的に一番感動したのはSecond Heabenのカウントダウンと三倍アイスクリームの合唱に参加できたことですね。ほんとに感動しちゃって涙ぐんでました。それほどに楽しかったです。45分くらいやってたらしいですがあっという間に過ぎていきました。普段は使わないくらいのシャウトをぶちかましました。

    と、こんな感じであっという間に過ぎたJAEPO2015のThe 4thKACでしたが、すごく価値のある時間となりました。普段こういうイベントに参加することなんてまずないので、最初は不安も多かったんですが終わってみればまた来たい!と思えるようになりますね。

    というわけでJAEPO2015・The 4thKACのレポートでした。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。