ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【麻雀】オンラインリーチ麻雀の国・地域別世界ランキングを作ってみた【IORMC】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【麻雀】オンラインリーチ麻雀の国・地域別世界ランキングを作ってみた【IORMC】

2020-12-07 19:00



    これは「スポーツアナリティクス Advent Calendar 2020」の7日目の記事です。

    「あれ、"スポーツ"アナリティクスと銘打っているのに麻雀?」と思われるかもしれませんが、実は麻雀は2017年に「国際マインドスポーツ」にも認定され、2022年の冬季オリンピックでは室内競技として検討されている、れっきとしたスポーツなのです!ということで麻雀(スポーツ)について堂々と記事を書いていきます。

    回やりたいこと・麻雀以外のスポーツの世界ランキングの概要
    サッカーであればFIFAランキング、野球であればWBSC世界ランキング、ラグビーであればワールドラグビーランキングといったように、各競技連盟に加盟する国・地域の「ナショナルチームのランキング」というものが制定されています。こういったランキングの麻雀版を作ろうというのが今回の試みです。

    世界ランキングは、普段その国や地域の該当競技に詳しくない人にも、相対的な強さを分かりやすく伝えることができ、国際試合を楽しむ際に大変役に立ちます。また、こういったランキングは、FIFAワールドカップでのグループリーグシード国の決定、WBSCプレミア12では出場国の決定など、重要な国際大会の運営時に活用される場合もあります。各チームの実力を考慮して出場国や試合の組み合わせを決めることは、1つ1つの試合や大会全体の面白さ・盛り上がりを左右するため、実力を表す信頼性の高い指標が存在していると大会運営上も大変都合が良いです。

    ■日本のリーチ麻雀の世界ランキングを作る
    麻雀にはさまざまなルールがありますが、今回は日本のリーチ麻雀ルール(日本で主におこなわれているルール)のランキングを作成します。

    麻雀の国際大会は、中国麻雀ルールでおこなわれるものが多いため、中国麻雀ルールでおこなわれた試合のデータを収集し、ランキングを作成した方が活用機会は多くなると思われます。しかし、残念ながら中国麻雀ルールで開催されている大会やイベントは、試合データが公開されていないケースが多く、ランキングの作成が困難なため、こちらのランキング作成は国際マインドスポーツ協会に加盟している中国麻雀ルールの大会を運営している団体(国際麻雀連盟など)にお任せすることにしましょう。

    ということで、いずれオリンピックや、マインドスポーツの国際大会で日本のリーチ麻雀ルールの種目が採用された際に備え、「日本ルールの麻雀」の世界ランキングを作成していきましょう。

    ■算出対象試合の選定
    まず、ランキングを作成するにあたり、ランキング付けの対象となる試合を決めないといけません。算出にあたっては、より国・地域の実力を反映するため、過去試合の対戦データが多く存在し、試合が定期的におこなわれていて、なるべく各国のトッププレイヤーが集まる(出場選手の選考がおこなわれる、または主要な国際大会に出てくる選手が参加するレベルの)広く開かれた大会・親善試合を選ぶべきでしょう。

    これらの条件を考慮し、今回は韓国麻雀連盟(KML)が毎年開催しているInternational Online Riichi Mahjong Championship(IORMC)の団体戦、および個人戦を対象試合としました。

                   (画像クリックで拡大)

    IORMCは、現在Mリーグで活躍している朝倉康心プロや、木原浩一プロ(日本プロ麻雀協会)、梶本琢程プロ(Mリーグ公式審判員)といったプロ雀士も日本代表選手として参加経験があるなど、各国・地域の優れたプレイヤーが集う国際大会の1つです。大会は2012年から1年ごとにおこなわれており、これまで24の国と地域が団体戦・または個人戦に参加しています。

    試合は全てオンラインゲームの天鳳でおこなわれており、誰でも自由に試合のログを閲覧できます。

    ■世界ランキング算出方法
    今回は2012年から2020年までのIORMC全523試合(団体戦・個人戦)のログを収集し、レーティングを計算することで24の国と地域のランキングを作成します。
    レーティングの計算は、天鳳公式で実力を表す指標として採用・公開されている、イロ・レーティングを参考に作成されたRating算出方法を用います。

    天鳳公式Ratingを用いる理由は、主に以下の2点です。
    ・シンプルな計算式で実力評価が可能であるため
    ・数値の善し悪しが感覚的に分かりやすい人が多いと思われるため(天鳳の累計登録ユーザー数は2020年12月時点で580万超え)

    先述のFIFAランキングやWBSC世界ランキングでは、大会・試合の重要度や、期間などによって独自に「重み」や「ポイント」を定義しランキングの作成がおこなわれていますが、今回は試作版ということで特に重みやポイントの定義はおこなわないこととします。

    算出方法は以下の通り。



    この算出方法に沿って、2012年から試合がおこなわれた順に1試合ごとにレーティングを計算をしていき、2020年の個人戦終了時点のレートが高い順にランキングを付与することで現在の世界ランキングを作成します。

    ■2020年日本ルールの麻雀(リーチ麻雀)の世界ランキング
    上記の手法で算出した、現在(2020年12月)の世界ランキングは以下の通りとなりました。

                    (画像クリックで拡大)

    現在の世界ランキング1位は、今年11月におこなわれたIORMC2020団体戦で優勝したフランス。そこからカナダ、ブラジルと続き日本は13位という結果になりました。ベラルーシはIORMCへの参加は1回(2018)だけですが、4位にランクインしています。

    次に年度ごとの各国・地域のランキングの推移を見てみましょう。

                    (画像クリックで拡大)

    各国・地域のランキングは、そのチームが初めてIORMCに参加した年から付与されます。
    世界1位の座はIORMCが始まった2012年から4年間は韓国が保持し、そこから日本(2016,2017)、オーストラリア(2018,2019)、フランス(2020)へと移っています。また過去最高レーティングを記録したのは韓国でそのレーティングはR1761でした。

                    (画像クリックで拡大)

    ■まとめ
    この記事では韓国麻雀連盟主催の国際大会、IORMCの試合結果を用いて、日本ルールの麻雀(リーチ麻雀)の世界ランキングを作成しました。とりあえず試作版ということで、対象試合や計算方法はかなりシンプルに定めましたが、今後は
    ・他の主要大会・イベント試合の考慮、例えば世界リーチ麻雀選手権(WRC)やLAPOM主催のKIZUNA CUPなどの試合を含める
    ・現在の実力をより反映できる期間を定めたり、期間ごとの補正をかける
    などを実施することで、より現在の実力を反映した違和感のないランキングが作成できるかもしれません。(もしアイデアなどございましたらコメント・DMなどで教えて頂けると喜びます。)

    もしもこの記事をここまで閲覧されているIORMC観戦経験者の方や過去大会の出場選手がいらっしゃいましたら今回作成したランキングの違和感の有無についても気軽にコメント頂けると幸いです。

    参考
    WBSC World Baseball Rankings
    FIFA World Ranking
    WORLDRUGBY
    イロレーティング(Wikipedia)

    --------------------------------------------------------------------------------------------
    【筆者紹介】
    阪神_甲子園
    IORMC2017日本代表。高校時代にTVアニメ「咲-Saki-」の影響を受け麻雀を覚える。麻雀はほとんどオンラインでしか打ったことがなくハンゲームや天鳳を転々としている。ここ2年ほどは三麻を楽しんでいるが、AI技術を用いた麻雀の戦略研究に没頭し、打っている時間の10~20倍くらいの時間を牌譜の閲覧や解析に費やす変人っぷりを発揮している。国内外問わずIORMC出場選手へデータ提供をおこない、麻雀の団体戦や短期決戦大会の戦略・戦術について議論することが最近の趣味となっている。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。