黄昏町の怪物『俺』編 【Day 26】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

黄昏町の怪物『俺』編 【Day 26】

2019-10-14 11:11
    プロローグ:ar1053047
    【Day 25】ar1108307
    ~~~以下、申し訳程度のネタバレ回避のための、若干の改行~~~
















    【Day 26】

    この短時間にネコババ2回。
    何で使おうかと思ってたら。

    「おう! 酒奢ってくれ」

    猪にたかられました。
    お前、全く面識ねぇんだけど……

    「100圓までな」
    「サンキュー!」

    どうせネコババした金だ。気前よく奢ってやろう。



    「ほら、こいつは礼だ。俺だと共食いっぽくなるしな」

    アッツアツの串焼き2本。
    人……じゃねぇけど、親切にするもんだな。
    つまみを分けてくれた。

    「うまっ!」
    「焼き立てだからな」

    ニカッと笑って酒をあおる猪。
    そちらのつまみは枝豆ですか。

    串焼きを食い終わり、席を立とうとした時。

    「おっと、兄ちゃん耳貸せ」
    「へ?」

    何かまだあるんですかね。

    「提灯だ。提灯を見かけたら買え」
    「提灯? いるのかそれ?」
    「まぁ、買えば分かるさ」
    「分かった。覚えとく」

    提灯ですか。
    確かに祭りアイテムっぽいけど、必要なのかね。
    一応、心に留めてはおきますか。



    [縁日]「おう!酒奢ってくれ」スーツ姿の猪が君に絡んできた。《猪に100圓で酒を奢るなら、お礼に焼き立ての串焼きを貰える【魂+2】》「提灯だ。提灯を見かけたら買え」別れ際、猪は君に耳打ちする。


    【Day 26】
    ステータス 魂 12→14 力 11 探索 2
    場所 縁日
    異形 蛇髪(力+2 探索+1) 複口(力+2 探索+1) 爪(力+2) 竜尾(力+5)
    アイテム なし
    備考 なし
    所持金 400圓
    死亡回数 7回

    誰かの不幸は、猪の幸福に。
    そのお裾分けは、美味かった。

    【魂+2】

    【Day 27】ar1108850
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。