• ゲームが終わるという話

    2019-05-20 21:33
    年間でサービス終了をしているゲームは、年間で200タイトルを超えています。
    2019年になってからも、既にサービス終了が予定されてるゲームは100タイトルを
    超えているのだとか。

    ゲームがサービス終了になると寂しいですが、その影響もゲームのプレイ時間に
    影響が出ているらしく、ユーザーが遊んでいる多くのゲームは人気があり
    サービス終了からは遠い感じのゲームを遊ぶ傾向があるのだとか。





    ゲームの終わり
    オンラインゲームのサービス終了には何度か立ち会ったことがある。
    リアルタイムで遊んでいたものや、昔に遊んでやらなくなった物など色々。
    いまもラグナロクオンラインを16年プレイしている。

    オンラインゲームやブラウザゲームやゲームアプリが、サービス終了すると
    ゲームが遊べなくなってしまうだけではなく、アイテムやステータスが無くなってしまい
    かけた時間とかも無駄になってしまうような感じがする。
    実際は、全部が無駄ってわけではなかったり、残るものもあるとは思うのだけど
    単純に遊べないっていうのは大きい。

    少し前にグラブルの偉い人が、ソーシャルゲームはサービスが終了したら
    何も残らないというが、そんなことはない家庭用ゲーム機でも同じ、と言ってたけれど
    思い出とか、そういう仲間は残るかもしれないけれど、家庭用ゲーム機よりは
    新規が入らない分、残らない気がする。


    家庭用ゲーム機も終わりはある
    ソーシャルゲームやオンラインゲームだけではなく、家庭用ゲームにも終わりはある。
    NintendoハードのWiiやWiiUも、オンラインサービスやソフトの配信なども
    少しずつ終了してきている。

    PS2のFF11や、バイオハザードのアウトブレイクなど面白かったオンラインのサービスも
    終了してしまっているし、PS3からPS4のデータ移行が出来たボーダーランズなども
    データ移行ができなくなってしまった。

    ゲーム機自体の寿命もあるが、コントローラーやゲームソフトの消耗も激しい。
    スーパーファミコン何故かまだコントローラーの状態が良いのが手に入るが
    64のコントローラーは中々見つからない、ゲームキューブのコントローラーは
    スマブラの影響もあって人気があるなど、中々手に入りにくいものも多い。



    ゲームの終わりは、必ず来る事だけれど、やっぱ終わるのは寂しい。

    【ファミ通.com】
    https://www.famitsu.com/news/201905/16176105.html

    https://www.famitsu.com/news/201812/15169322.html






  • 広告
  • チョコが入っていない『パイのみ』が発売される。

    2019-05-10 23:28
    友人と、集まって遊ぶ時には、誰かがいつのまにか購入してるパイの実。
    あまりバリエーションがあるのは、見たことはないですが
    今は、イチゴのやつとかもあるみたいです。
    そんな中、パイの実が発売40周年で登場したのが、パイの部分だけの『パイのみ』です。





    冗談かと思った新商品
    パイの実の発売40周年を記念して、限定3000個発売された『おおきなパイのみ』。
    普通のパイの実よりも大きく、1箱8個入りで864円で発売されました。
    最初は、Uber Eatsでの発売だったのですが、余ったのか、人気だったからなのか
    わかりませんが、限定3000個で販売をするようです。

    パイのみの食べ方
    公式ページによると、様々なアレンジが可能なようです。
    そのままパイだけ食べてもいいですが、ジャムやはちみつと一緒に
    トースト感覚で食べたり、チーズを挟んでみたり
    クリームシチューの中に入れてみてもいいとか。
    変わった食べ方だと、たこ焼きのようにソースとマヨネーズでもイケるそうです。


    甘くしてもいいけれど、塩気のあるものと合わせても美味しそう。
    ただ、8個入りで864円はネタでもちょっと高い。


    【ロッテ】
    https://www.lotte.co.jp/products/brand/painomi/ubereats/

    【ねとらぼ】
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/08/news036.html



    それではまた。
  • オレはこのカードを4枚ドロー!更に追加で2枚ドローすることが出来る!→できません。

    2019-05-08 00:06
    UNOは、学生時代によくやっていたカードゲームです。
    あたりまえのように、ドロー4にドロー4やドロー2を重ねて使っていましたが
    どうやら、公式のルールでは禁止だったそうです。





    ドローを出されたら必ず引く
    ドロー2やワイルドドロー4を出された場合、必ず次の人は枚数を引かなければいけない
    というルールだったらしい。
    4+4も2+4も実はできなかったそうです。

    学生の頃にやっていたUNOでは、ドロー2を出されたらドロー2を追加で出せば
    次の人は2+2で4枚引くというルールでやっていましたが、これは生涯UNOの成績に
    大きな影響があるかもしれない。

    ローカルルールのカードゲーム
    大富豪をやっていると、ローカルルールが地域によって色々あるなーと
    思ったことがあります。
    ネットでプレイしていても、結構なローカルルールが採用されていたりして
    本当のルールが分からない状態です。

    大富豪では、革命は公式ルールだろうけど、それに対して出された革命のカード
    例えば7の革命であれば、それより低い4の革命で返せる『革命返し』というのもあった。
    また、階段(4,5,6)のような連番で4枚以上の場合も革命が起きるルールもあった。

    『8斬り』では8が出たら、そこで流れるというルールだったが、同じマークの10であれば
    返せるというルールや、8を含む789の階段でも流れ、9,10,11の階段でも返せるとかあった。

    階段自体も、同じマークであればOKなルールもあったり、数字が揃ってればOKだったりあった。

    『イレブンバック』というルールでは、11が絡んだ場合は、そのターンは革命状態になるというルールだった。


    他にも、セブンブリッジとかそういうのでもローカルルールは結構あったかもしれない。

    追記:ワイルドやスキップ、リバースとかで上がることも出来るらしい。

    【GIGAJIN】
    https://gigazine.net/news/20190507-uno-rule-clarification/

    【GAME SPARK】
    https://www.gamespark.jp/article/2019/05/07/89459.html


    それではまた。