ぬし釣りシリーズとかRPGの世界かよっていうサービス
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ぬし釣りシリーズとかRPGの世界かよっていうサービス

2019-02-16 23:58
    釣りは昔はよく行っていて岸壁や河川などでやっていました。
    釣った魚はリリースするか食うか、飼うかだった。
    今は、売るという選択肢が選択に入るかもしれない。





    釣った魚を買い取るサービス
    地元にはこういったサービスを行っている場所は無かったけれど
    ネットで調べると結構あるみたいだった。
    寿司屋だったり集積所などで買い取っており、売却には
    事前登録が必要だったりするようです。

    ネットで釣った魚が売れる時代
    なんでも売れる時代になってしまっているが、新しく始まるオークションサービスの
    「Fish Sale」では釣った魚を写真と説明文と値段を登録するだけで
    オークション形式で競り落とせるというものだ。
    これにより大量に釣った魚をロスしないようになり、釣りの趣味を楽しむ費用になる
    魚市場が休みの日でも魚が買えるなどのメリットを打ち出している。

    問題点があるようで抜け穴も多い
    最初にこの記事を見た時に安全面や衛生面などは問題ないのかと思った。
    しかし、厚労省からの回答では問題ないという返答があったらしい。
    毒などの問題は無いかという部分に関しては毒のある魚の写真を掲載し
    さらに出品者が慎重にチェックをするし落札者もその分はチェックするだろうという
    オークションサイトではよくある出品者と落札者の問題という感じだった。

    漁業権については、魚は漁業権の対象外になっているそうで
    漁業権は藻や海藻、うにや甲殻類、貝などが対象だそうだ。


    メルカリとかジモティとかも最初は問題あんじゃねーのコレって
    思っていたけれど一般化しているので、もしかするとこういう
    サービスも一般化していくのかもしれない。

    【ニコニコニュース】
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw4754476

    【ヤフーニュース】
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000032-it_nlab-sci





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。