スマホ版の風来のシレンのリリースでわかったアスカ見参の話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

スマホ版の風来のシレンのリリースでわかったアスカ見参の話

2019-02-28 22:36
    スマホ版の移植ゲームの情報を見るたびに、不安と期待が入り交じる。
    当たりもあるがハズレも多いのがスマートフォンの移植問題。
    風来のシレンのリリース共に、SNS上ではアスカ見参のリメイクを求める声が出ていますが
    アスカ見参のリメイクは色々な問題があるようです。





    風来のシレンのスマホ版の配信が決まった
    リメイクらしいけれどSFC版ではなくDS版らしい。
    iOSとAndroid版が近日中にリリース予定らしい。

    画面に8方向の矢印やコマンドが表示されててそれをタッチして
    進んでいく感じになるらしい。
    操作性は実際に触ってみないとわからないけれど、タッチパネルの
    相性が悪いスマホとかだとワンミスで絶望を迎えるとかありそうで怖い。

    アスカ見参とは
    風来のシレンシリーズの中で外伝的なポジションなのがアスカ見参になる。
    主人公のアスカはNintendo64で発売された、風来のシレン2に登場したサブキャラクターで
    シレンと同じ風来人をしている。

    最初はドリームキャストで発売されたがWindows版が発売されダンジョンなどが追加された。
    難易度は結構高く、通常のエンディングを迎えるまでは普通の不思議のダンジョンシリーズだが、その後はアイテムが限定されたりする特殊なダンジョンなどが追加される。

    当時はDC版を遊んでいたが、正直こんなに話題になるゲームだとは思わなかった。
    なんでプレミアが付くほど人気になったのかは謎なのだが、今は版権問題もあるのかもしれない。

    アスカ見参の版権問題
    アスカ見参は不思議なダンジョンシリーズを発売しているスパイク・チュンソフトが
    発売元だったが、ハードがセガ、開発がネバーランドカンパニー、音楽はすぎやまこういち、キャラクターデザインは池田奈緒となっている。

    ゲームの開発ではいろいろな人が関わっている。
    リメイクの場合はそれぞれの版権問題をクリアしないといけないが
    問題なのは開発元のネバーランドカンパニーで、ネバーランドカンパニーは
    すでに倒産しており無くなっている。
    こうなってくると版権が会社が持ってるのか個人が持ってるのかとか
    色々調べないといけないので結構面倒になるらしい。

    ファミコン時代のゲームとかも開発元が無くなってリメイクできないものが多いそうだ。


    アスカ見参がプレミア価格がつくほど人気なのは知っていたけど
    再販が出来ない理由とかは知らなかった。
    不思議なダンジョンシリーズは、間空けると変なミスや流れが悪くなるので
    携帯機よりは据え置きでやりたい派だからSwitchかPS4で待ってます。

    【ねとらぼ】
    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1902/27/news071.html
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。