• ふたつのレミントン。

    2013-10-27 10:33
    ハイどうも、コージマンです。
    最近、週末にカラダが空かず…よし!この日はイケるぜって時に限ってお天気に恵まれずフィールドに出向いていないっていう情けない近況です、トホホ…。

    そんな愚痴をこぼしているウチにすっかり秋も深まってきたワケですが、ハナシは過去にぐぐっと遡りまして、先の夏…良くも悪くも「最も盛り上がった、ホットな銃」と言えば東京マルイがリリースしたレミントンM870だったんじゃないでしょうか?
    ワタシもFPSなどを始めとしてビデオゲームでショットガンが大好きなモノですから、当然の様に買いました、ええ…発売日当日に。

    幸いにして…と言うべきなのかどうかは分かりませんがワタシのM870は給弾不良からノズル破損なんて憂き目にはあっておりません。ただし、売りであるハズの「6発ショット」は殆どの場合、5発しか出ませんね。初期不良対策でマルイ送りになって帰って来たモノも、この辺りは未だ改善されてないってWeb等の報告で聞きますし…うーん、どうなんでしょ?

    今後に、そこも含め改良がなされたら改めてマルイへ里帰りに出しましょうかね。
    (基本的にゲームでは3発モードしか使ってないので急がないでもイイんですわ)

    しかし、そういった致命的なトラブルに見舞われていない所為もあって、ワタシの中ではこの銃…結構お気に入りですよ、うん。特に今年の夏は猛暑だったのでガスガン絶好調でしたし。
    同じくマルイ製のエアコッキングSPASと比べると、丸1日ゲームで使っても左腕が死亡しない軽いコッキングは(そして、その動作音)ホント素晴らしいっスわ。

    現在、カスタムらしいカスタムってのは施しておらず、上面レールにAimpoint T-1タイプのドットサイトとレシーバーのサイドにシェルホルダーを貼り付けた程度。(そんなモンだから特にイラストでの紹介もなし)まぁ、ようやく最近になってアフターパーツがボチボチ出始めたカンジなので、コレからってトコでしょうか?

    個人的にはですねぇ…(画像はレミントン社公式から実銃のモノ)


    ピストルグリップ付きのストック、そしてこの形状の先台が出てくれたら…喜んでM870 MCS仕様にするんですが(延長チューブなんかも追加して)メーカー各位サマおながいします。


    そんなコトを言いつつ、気温もすっかり冷え込んでガスガンの季節も終了しそうな気配なので…これまた夏に知人より譲り受けた(モヒカンM兄貴ありがとう)マルゼン製のCA870チャージャーを最近になってテコ入れしてイジってみたり。

    エアコッキングであるCA870ならば季節を問わないぜ、とこれから先の季節はコイツで行こうかと。

    ただ、この銃イラストでも描いてますが、精度は素ん晴らしいのに…サイト類がデフォルトで存在せず、なおかつレールもグリップの上辺りに3~4cm程度のモノがちょこんとついてるだけ、というチグハグな仕様。元々がショットガンですから正確なサイティングよりも、ズバン!と面制圧…なんてコトが出来たらイイんですが、コイツは単発発射なんですよねぇ。

    当初、マルイ製のM4用オフセットハイマウントでComp M2タイプのダットサイトを(ちなみにコチラもマルイ製)乗っけてたんですが、どうしてもアイリリーフが近過ぎる&高さが微妙に足りず深い頬付けが必要(フェイスマスクなど装着不可)…と不便だったので、同じくM4用の前方にレールが延長するタイプのハイマウントで解決。

    正直、ルックス的には「何だこれ?」な仕上がりにはなりましたが、便利っちゃ便利なんですよ、このマウント。(過去には、同じ様な構造で面イチになる延長レールも存在した様ですが…軒並み販売終了)

    将来的には、レシーバー上面を覆うレールアダプタなんかを取り付け、C-Moreタイプのドットサイトに換装し、思いっきりタクティコーな雰囲気にしたいんですが…新品でも実売1万円程度のトイガンに幾らかかるコトやら…。


    しかしまぁ、ぶっちゃけた話がワタシは、サバゲーにおいてショットガンでバシバシとHit取れる程の熟練者じゃないし、射撃性能には全く寄与しない外装パーツにお金掛けまくっても仕方ないんだとは分かっちゃ居るんですよ、ええ。

    でも、格好イイから仕方ないね、うん。

    #
    そんなワケで、夏も冬もショットガンなのですよ。

  • 広告
  • 正体はステアーHC。

    2013-10-02 13:25
    ハイどうも、お久しぶりぶりのコージマンです。

    えーっと、しばらく更新の無かった間、何をやってたのか?と申しますと…相も変わらずサバゲーにハマっておりました。そんなワケなんでblog更新のネタがないってコトもないのですが…サバゲー版リア充とでも言いましょうか、フィールドできゃっきゃと楽しく遊んで、「そんじゃ次は何処に行こっか」なんて仲間と盛り上がってる内に、blogなんてしばらく放置って状態ですよ、サーセン。

    つーコトで久々の更新は、ニコニコ動画と連動したサービスであるブロマガらしくコチラの動画を挿入…



    言わずと知れた加齢さんの動画ではありますが、この中でワタシも少々に登場しており、その中で所持しているエアガンについてのコメントがチラホラ…。
    答えをアッサリ書きますと、冒頭のキャプションにある通り東京マルイのステアーHCですわ、コレ。

    実はこのエアガン、東京・御徒町にあるショップ『FIRST』さんのアメ横店1周年記念セール(8/31~9/1)でのくじ引き、2等当選で入手したモノ。

    2等の景品の中には同じくマルイ製のM4A1カービンやM977コマンドなどSTDモデルが幾つか有り、その中から選択可能だったのですが…コルトAR-15系列は定番中の定番だし、それらはこの先ワタシがサバゲーを続けていくウチに「いつか買うだろうな」ってカンジなんスよね。ラッキーにもタナぼたで入手出来るのならば「定番からは外れるけれど、ちょっと気になるラインナップ」の方が面白いじゃないですか?ねぇ。

    そんなスッタモンダがありまして、ステアーHCを格安でGET!したワケなんですが…どうせなら、その浮いた分の差額でカスタムしちゃおうぜ!ってコトで多少、手を加えております。


    マルイのHCモデルってのは、フラットトップレイルになったA3以降のモデルでも、9mm拳銃弾を使用する 「XS」だとか「9mm PARA」と呼ばれるモノがベースでして(マガジンなど細部はマルイのアレンジ含む)、それはそれで悪くはないんだけど…やっぱミリタリーっぽい無骨さが欲しいな、と。

    というワケで、上のイラストの様なイメージを求めイジってみた結果がコレ。


    現状でショップなどで入手可能なパーツ、それもボルトオンでポン付け可能なモノばかりで構成してますので「A3 SA USA」モデルを再現ってなレベルには到底達してないんだけど…ノーマルのルックスからは、ワタシの望む方向へシフト出来たかな。

    コレ以上は盛ったり~削ったりの自作スクラッチを行うスキル必要だったり(ステアーAUGのアフターパーツって意外に出てないのよ)、もしくは海外メーカー製のAUGから外装移植など、お金がかかりそうな方法しかないので、これにて一応の完成。

    んで、ハナシは加齢さんの動画に戻るワケだけど、パッと見て「AUGであるコトは分かるけど…詳細は不明」ってなカンジになったんで満足~満足。うむ。

    ちなみにノーマルではサバゲーに一回も用いるコトなく、現在のスタイルに変更しちゃったので使用感と言ってもアテにならないレビューになりますが…


    イラスト上部分、「ストックがやや長い」という点につきましては…ワタシの場合、身長が177cmなので余り問題にしていませんが、小柄なヒトは若干キビしいかも?
    あと、ストック部分に機関部があるブルパップ式なので当然っちゃ当然だけど、ハイサイクルの動作音は頬付けしてるとかなりノイジーですね(まぁコレばっかりは仕方なしんこ)

    そして、イラスト下部のトップレイルについて…。
    コレについても「戦場にて、工具無しで簡単にバレルまで分解・交換可能」というAUGならではのギミックを再現する為にそういう設計なんだとは思いますが…レイルの後ろ半分はボディに固定されてないんですわ。

    正直、「転んで落としたらヤバそう?」と予感はあったんですよ。
    あの動画の日、関東直撃こそありませんでしたが、伊豆諸島沖に台風が接近しており前日まで雨がパラつき足元が多少ぬかるんでたワケですよ。

    そしたら、案の定すべって転んだりするんですよ、ええ。


    ハイ、あっさり折れました…。

    その他、銃本体やドットサイトには何の不調も無かったのが幸いでしたが…楽しく遊んでいたハズのサバゲーでこんなコトが起きると途端にブルーになりますよね。

    あの動画のあった同日、裏側ではこんな悲しい目にあっていたおじさんが居た…というコトを皆さんのご記憶に留めて頂ければ…というおハナシですた。


    #しかし、なんだかんか言いつつステアーHC非常にお気に入りです、最近こればっかり使ってるもん。
  • 半ズボン兵。

    2013-07-11 23:40
    ハイどうも、みなさん地球を防衛してますか?
    ってな書き出しで始めましたが…特にビデオゲームのネタは無く(楽しくプレイはしてますけど)、相変わらずのサバゲー話。

    えーっと、報告が遅れましたが…先月末の6/29に、とあるツテで千葉県佐倉市にある『バトルシティ』での貸切ゲームに参加して来ました。


    流石にサバゲーについては「日本でイチバン充実してる」と噂される千葉のフィールドだけあって設備も物凄い充実っぷりに感動ですよ。


    フィールドの造りは『バトルシティ』の名前通り、かなり建物が入り組んだ構造の模擬市街戦。この日は主催者の配慮もあって、1hit→即退出のフラッグ戦などシビアに勝敗を分けるルールではなく、復活ありのゆるいルールがメインで、大のオトナがわーきゃー!と鉄砲ごっこに興じるといったカンジのとてもリラックスした雰囲気でした。

    とは言うものの、近接戦が発生しやすいこのフィールド…ルートによっては「5mぐらいでの撃ち合い」になるコトも多く、そういった意味ではかなりの緊張感…だって痛いんだもの。実際にこの日、至近距離でヘッドショット喰らって、こめかみ付近に内出血のアザ作っちゃった…相手はオンナのコだったのに、てへ♪

    非常に楽しい1日を過ごし、またの機会があれば千葉のフィールドのレベルの高さを堪能したいですね(ちょっと電車移動では、ウチから千葉は遠いので頻繁には難しいっス)


    …と、千葉遠征を振り返ってみたワケですが。
    ココで少し、当日にもあった問題と梅雨明け以降、最近のお天気を含めた話題をひとつ。

    単純に言いますと「夏のサバゲーって暑くね?」

    バトルシティへ行った6月末で、気温は30℃を少し超えておりまして…当日の格好はポロシャツにジーンズ、それに加えてチェストリグやらニーパッドなどを装備。
    ウェアはほぼ私服みたいなモノで、長袖BDUなどと比較すると過ごし易い部類なんですけど、ネックになるのが厚手のナイロンで作られた装備品。これらを密着する様にカラダにまとっていると…そこの部分がイヤになるぐらい汗だく…。

    正直、メタボ気味なオッサンにはこれはツラい!
    つーワケで、装備類を夏向きに更新してみました。
    何のコトはなく…単純にチェストリグからMOLLE付きベルトにしてみただけなんスけどね。
    ただ、以前のチェストリグにMOLLEは備わっていたものの、デフォルトのポーチ類は縫い付けられていた為、ベルトに流用するコトは出来ず。イチからポーチを取り揃えたらそこそこのお値段がしちゃうのね。初心者ゆえに一式揃ってる方を選んじゃったけど、後々を考えると最初から個別で揃えた方が良かったか…と反省。
    散財にはなりましたが、これも勉強のウチ…ってコトにしときますか。別に、前のチェストリグを全く使わなくなるワケじゃないしね。

    とりあえずカラダに密着する面積は大幅減。
    ついでにゴーグルや靴なども装備一新し、夏らしく半ズボン兵としてしばらくは参戦予定でありんす。(少々、被弾してアザをつくろうが…熱中症よりマシだよ)

    ちなみに、イラスト中でシレっとAK47Sを構えてますが…コレも新たに購入しちゃってます。これについては次回のエントリででも。



    #サバゲーを始めようとトイガンショップを覗いたのが5月連休の頃で…約2ヶ月間で使った金額は……数えちゃ駄目だ、駄目だ、駄目だ…。