• レガシー道中記 その壱

    2014-04-30 03:20
    どうも!レガシー暦1年2ヶ月のまだまだかけだしkoutonです!
    この企画ではレガシーってどんなことができるのか、こんなデッキでもいいんだ!
    というのを少しでもお伝えできたらなぁと思いはじめました。

    基本的には自分の持ってるデッキの紹介であったり大会の感想等を書いていこうかなぁと思います。
    筆不精な私なので更新は不定期になるかとは思いますが、よろしくお願いします。
    少しでも皆様のお役に立てたらなぁと思っています。

    さて、第一回目の今日ですがちょくちょく聞いたことはあるんだけど
    どんなデッキなの?という声も聞きましたのでnicfit(ニックフィット)と
    呼ばれるビートダウンデッキをご紹介します。

    このデッキは主に老練の探険者/Veteran Explorer<WTH>をつかった
    レガシーであまり見ない大型クリーチャーを出して殴り勝つ大胆なデッキです。


    Veteran Explorer / 老練の探険者 (緑)
    クリーチャー — 人間(Human) 兵士(Soldier) スカウト(Scout)

    老練の探険者が死亡したとき、各プレイヤーは自分のライブラリーから基本土地カードを最大2枚まで探し、それらを戦場に出してもよい。その後これにより自分のライブラリーを探したプレイヤーはそれぞれ、自分のライブラリーを切り直す。

    1/1

    このクリーチャーを墓地に落とし、異常なほどのマナ加速から展開していこうというのが
    基本戦略となります。
    そのために自分のクリーチャーを生贄に捧げるカードを多用します。


    Cabal Therapy / 陰謀団式療法 (黒)
    ソーサリー

    土地でないカード名を1つ指定する。プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは自分の手札を公開し、指定された名前のカードをすべて捨てる。
    フラッシュバック ― クリーチャーを1体生け贄に捧げる。(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)

    一枚目を打った後、すぐにフラッシュバックコストで探検者を生贄に捧げ、マナブーストを行います。あと一回相手のハンドを確認できているので渦巻く知識/Brainstorm等手札入れ替えがない限り好きなカードを指定して捨てさせるのでその後の相手の展開を阻害することができます。

    もうひとつの手段として

    Phyrexian Tower / ファイレクシアの塔
    伝説の土地

    (T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。
    (T),クリーチャーを1体、生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに(黒)(黒)を加える。
    を使って黒黒をだして2ターン目に5マナを捻出することも可能です。
    また、中盤~後半にかけては

    Recurring Nightmare / 繰り返す悪夢 (2)(黒)
    エンチャント

    クリーチャーを1体生け贄に捧げる,繰り返す悪夢をオーナーの手札に戻す:あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。
    を使い、CIP持ちのクリーチャーと探検者を入れ替えながらぐるぐる増してアドバンテージをとっていくことができ、非常に楽しい動きができます。

    また自分のクリーチャーやパーマネントのマナコストが重いことを利用して

    Pernicious Deed / 破滅的な行為 (1)(黒)(緑)
    エンチャント

    (X),破滅的な行為を生け贄に捧げる:点数で見たマナ・コストがX以下の、すべてのアーティファクトとすべてのクリーチャーとすべてのエンチャントを破壊する。
    を使いレガシーのマナコストの低いカードたちを一方的に破壊することができます。
    現環境ですと大体X=3で起動すれば大体相手の盤面はまっさらになることでしょう。
    現スタンダードの花崗岩の凝視と違いプレインズウォーカーは触れないので注意が必要です。

    と、まぁここまで基本戦略を書いたところで現在私が組んでいる
    デッキリストを載せておきます。
    ありあわせとちょっとカジュアルよりになっている構成なので
    まだまだ改良の余地自体もありますが参考にしていただければと思います。
    また、このデッキ自体が基本緑黒+αの色で構成される幅広い選択肢を持つデッキなので、
    自分なりの個性を出しやすいデッキとなっています。

    koutonのnicfit(暫定版)※エキスパンションは使用してるものとなります。
    土地 22
    4 森/Forest
    4 沼/Swamp
    2 山/Mountain
    1 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire<ONS>
    1 霧深い雨林/Misty Rainforest<ZEN>
    1 乾燥台地/Arid Mesa<ZEN>
    1 新緑の地下墓地/Verdant Catacombs<ZEN>
    1 taiga<3ED>
    2 草むした墓/Overgrown Tomb<RTR>→後にBayouに変更予定
    1 血の墓所/Blood Crypt<RTR>→後にBadlandsに変更予定
    1 ドライアドの東屋/Dryad Arbor<FUT>
    1 ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run<ISD>
    1 ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower<USG>
    1 ヴォルラスの要塞/Volrath's Stronghold<STH>

    クリーチャー 15
    4 老練の探険者/Veteran Explorer<WTH>
    1 漁る軟泥/Scavenging Ooze<M14>
    1 永遠の証人/Eternal Witness<5DN>
    1 最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll<MBS>
    1 オリヴィア・ヴォルダーレン/Olivia Voldaren<ISD>
    2 スラーグ牙/Thragtusk<M13>
    2 墓所のタイタン/Grave Titan<M11>
    1 業火のタイタン/Inferno Titan<M11>
    1原始のタイタン/Primeval Titan<M11>
    1 自由なる者ルーリク・サー/Ruric Thar, the Unbowed<DGM>

    インスタント 3
    3 突然の衰微/Abrupt Decay<RTR>

    ソーサリー 9
    4 陰謀団式療法/Cabal Therapy<JUD>
    3 緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith<MBS>
    2 無垢の血/Innocent Blood<ODY>

    エンチャント 6
    3 破滅的な行為/Pernicious Deed<APC>
    2 繰り返す悪夢/Recurring Nightmare<EXO>
    1 森の知恵/Sylvan Library<LEG>

    アーティファクト 2
    2 師範の占い独楽/Sensei's Divining Top<CHK>

    プレインズウォーカー 3
    1 情け知らずのガラク/Garruk Relentless<ISD>
    1 歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler<THS>
    1 見えざる者、ヴラスカ/Vraska the Unseen<RTR>

    サイドボード 15
    3 赤霊破/Red Elemental Blast<4TH>
    3 思考囲い/Thoughtseize<THS>
    2 ゴルガリの魔除け/Golgari Charm<RTR>
    1 虐殺/Massacre<NEM>
    1英雄の破滅/Hero's Downfall<THS>
    2 古えの遺恨/Ancient Grudge<ISD>
    1 根絶/Extirpate<MMA>
    1 外科的摘出/Surgical Extraction<NPH>
    1 虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb<SOM>

    使ってみた感じはコンボに対してはすごく厳しいのでサイドからしっかりと対策を
    とっておいたほうがいいでしょう。
    あと石鍛冶の持ってくる装備品が非常に辛かったので古えの遺恨がサイドに入っています。
    一枚はクローサの掌握にかえてもいいのかなぁなんて思ってみたり。

    ほかには緑白黒にしてCIPもちのクリーチャーを修復の天使でブリンクして使いまわしたり、
    出産の殻を入れて殻デッキにしあげるタイプもあります。
    あとよく入ってるベールのリリアナが入ってないのはあまり使われないカードを使ってみようという試みからです。
    ゼナゴスは使ってみてなかなか相性はよかったのでいいのかなぁなんておもっています。
    あと別にデュアルランドでなくてもショックランドで十分戦えるとはおもいますね~
    勝率としては4割程度。
    スラーグ牙を久々に使いたい!から組んだデッキですが、
    レガシーにしてはお値段もまだましなほうなのでよかったら皆さんも自分の個性を出して
    楽しいデッキをつくってみてください!

    それではまた次回もよろしくお願いします!
    読んでくださりありがとうございました!


  • 広告
  • 2サイクルデッキを久々につくってみた。

    2013-12-24 12:14
    どうも!そろそろ年末です今年のみなさんのMTGライフはいかがだったでしょうか?
    僕自身はなんかまぁモダン組んだと思ったらレガシーもできてとえらい一年でした。

    まぁそんな話題はさておいて年末年始のniconico cupも近いのでいろいろと考えてらっしゃる
    方も多いのではとまぁ参考までに資料の少ない2サイクルデッキを作ってみました。

    ナヤヒューマン(ISD+RTR+M10)
    土地 22
    4 寺院の庭/Temple Garden(RTR)
    4 聖なる鋳造所/Sacred Foundry(GTC)
    3 魂の洞窟/Cavern of Souls(AVR)
    4 陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove(M10)
    2 根縛りの岩山/Rootbound Crag(M10)
    3 断崖の避難所/Clifftop Retreat(ISD)
    1 ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run(ISD)
    1 ガヴォニーの居住区/Gavony Township(ISD)

    クリーチャー 28

    4 教区の勇者/Champion of the Parish(ISD)
    4 アヴァブルックの町長/Mayor of Avabruck(ISD)
    4 スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben(DKA)
    4 管区の隊長/Precinct Captain(RTR)
    4 復活の声/Voice of Resurgence(DGM)
    4 銀刃の聖騎士/Silverblade Paladin(AVR)
    4 高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)

    スペル 10 
    2 清浄の名誉/Honor of the Pure(M10)
    4 稲妻/Lightning Bolt(M10)
    1 忌むべき者のかがり火/Bonfire of the Damned(AVR)
    1 不死の隷従/Immortal Servitude(GTC)
    1 ボロスの魔除け/Boros Charm(GTC)
    1 情け知らずのガラク/Garruk Relentless(ISD)

    サイドボード15
    2 ボロスの魔除け/Boros Charm(GTC)
    1 セレズニアの魔除け/Selesnya Charm(RTR)
    3 天界の粛清/Celestial Purge(M10)
    2 士気溢れる徴集兵/Zealous Conscripts(AVR)
    2 石のような静寂/Stony Silence(ISD)
    2 安らかなる眠り/Rest in Peace(RTR)
    2 隔離する成長/Sundering Growth(RTR)
    1 情け知らずのガラク/Garruk Relentless(ISD)

    クリーチャー以外のリストの汚さ・・・
    このデッキを組んだ目的はただ単に勇者、サリア、銀刃を使いたかっただけですw
    まぁ2サイクルなんてやりたいことや使いたいカード使ったもん勝ちですからね。
    まぁあとはストレージあさってたらスタン期あまり使わなかった割には
    いろいろ苦しめられた高原の狩りの達人も取っています。
    まぁ人間以外のクリーチャーへの突っ込みはなしってことで。

    スペルに関してはとりあえずウィニーなら名誉だろってことで2枚
    除去がないと困るし最悪叩き込めばいいよね!強いしってことで稲妻
    あとはやっぱり不利な盤面ひっくり返せるびっくりカードとして
    かがり火、不死の隷従を一枚ずつ採用しておりますそれ以上来ても腐ることも多いので。
    後は追加の火力とか何かと便利なボロチャとコントロール踏んだ時や
    追加の除去枠としてなさけないガラクさんを採用しています。

    サイドボードとしては
    ボロチャ→全除去コワイ
    セレチャ→おもにデカブツ追放
    徴集兵→上記と一緒で超えられないならパクればおk
    パージ→とりあえず好きだからっていうのとまぁ何かといそうではあったので。
    静寂→どんなデッキ踏むかわからない2サイクルなので一応アーティ対策
    RIP→まごう事なき墓地対。不死の隷従はサイドアウト。
    成長→まぁ白白基本的に出る構成なので解呪枠として入れてます一応トークン出すやつらも
       多いのでその辺とも兼ね合いがあっていいかっておもってます。
    ガラク→対コンサイドボードの追加

    まぁイニスト期のスタンをしてた方ならよくご存知のカードばかりかとおもいます。
    基本戦略は人間出して勇者がおっきくなって銀刃でダブストつけて殴る!
    めちゃくちゃ気持ちいいこの流れに限ります!

    次回は頭の中のコントロールを仕上げてレシピ上げたいと思ってます!
    またRTRとかカードの範囲は狭すぎなんですが作ってみます
    プロキシありのニコ生環境ですし、昔使ってたカードで遊べる2サイクル
    どんどんやってみてください!
  • EDHデッキレシピ:アニマのメイエル

    2013-12-09 16:59
    だんだんとEDHが楽しくなってきたこのごろです皆さんいかがお過ごしでしょうか
    本日はあまり回りを考えず突っ走るデッキであるアニマのメイエルを紹介しましょう


    Mayael the Anima / アニマのメイエル (赤)(緑)(白)
    伝説のクリーチャー — エルフ(Elf) シャーマン(Shaman)

    (3)(赤)(緑)(白),(T):あなたのライブラリーのカードを一番上から5枚見る。あなたはそれらの中からパワーが5以上のクリーチャー・カードを1枚戦場に出してもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。

    2/3
    マナ加速から6マナをためデッキトップからめくってくる某カードゲームのようにデカ物をたたきつけるゲームです。
    ほぼほぼ無限コンボ等は1組ぐらいしかなく基本的には圧倒的に殴り勝とうぜ!っというデッキですコンボとかコントロールとかが嫌いな人には結構お勧めできるデッキとなっております。

    以下デッキレシピと最近お気に入りのカードをピックアップして書いていきます。

    ジェネラル:《アニマのメイエル/Mayael the Anima》

    土地 32
    6《森/Forest》
    4《山/Mountain》
    4《平地/Plains》
    《処刑者の要塞/Slayers' Stronghold》
    《露天鉱床/Strip Mine》
    《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos,Shrine to Nyx》
    《陽花弁の木立/Sunpetal Grove》
    《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
    《カープルーザンの森/Karplusan Forest》
    《岩だらけの大草原/Rugged Prairie》
    《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
    《銅線の地溝/Copperline Gorge》
    《低木林地/Brashland》
    《断崖の避難所/Clifftop Retreat》
    《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
    《樹木茂る砦/Wooded Bastion》
    《寺院の庭/Temple Garden》
    《魂の洞窟/Cavern of Souls》
    《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
    《幽霊街/Ghost Quarter》
    《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》

    クリーチャー28
    パワー5以下(システムクリーチャー)6
    《永遠の証人/Eternal Witness》
    《士気溢れる徴集兵/Zealous Conscripts》
    《修復の天使/Restoration Angel》
    《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》
    《エルフの笛吹き/Elvish Piper》
    《種子生まれの詩神/Seedborn Muse》

    パワー5以上
    《鷺群れのシガルダ/Sigarda, Host of Herons》
    《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》
    《ヘルカイトの暴君/Hellkite Tyrant》
    《背くもの/It That Betrays》
    《森滅ぼしの最長老/Woodfall Primus》
    《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》
    《黴墓の大怪物/Moldgraf Monstrosity》
    《静穏の天使/Angel of Serenity》
    《テラストドン/Terastodon》
    《希望の天使アヴァシン/Avacyn, Angel of Hope》
    《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》
    《自由なる者ルーリク・サー/Ruric Thar, the Unbowed》
    《荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus》
    《黄金夜の刃、ギセラ/Gisela, Blade of Goldnight》
    《森林の始源体/Sylvan Primordial》
    《業火のタイタン/Inferno Titan》
    《世界棘のワーム/Worldspine Wurm》
    《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》
    《狩猟の神、ナイレア/Nylea, God of the Hunt》
    《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
    《無限に廻るもの、ウラモグ/Ulamog, the Infinite Gyre》
    《飢餓の声、ヴォリンクレックス/Vorinclex, Voice of Hunger》

    アーティファクト 9
    《速足のブーツ/Swiftfoot Boots》
    《太陽の指輪/Sol Ring》
    《巻物棚/Scroll Rack》
    《セレズニアの印鑑/Selesnya Signet》
    《ボロスの印鑑/Boros Signet》
    《グルールの印鑑/Gruul Signet》
    《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》
    《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
    《流転の護符/Quicksilver Amulet》

    エンチャント 6
    《パーフォロスの槌/Hammer of Purphoros》
    《熱情/Fervor》
    《ヤヴィマヤの火/Fires of Yavimaya》
    《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》
    《伏魔殿/Pandemonium》
    《森の知恵/Sylvan Library》

    インスタント 8
    《有毒の蘇生/Noxious Revival》
    《内にいる獣/Beast Within》
    《流刑への道/Path to Exile》
    《クローサの掌握/Krosan Grip》
    《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
    《奉納/Oblation》
    《俗世の教示者/Worldly Tutor》
    《召喚の罠/Summoning Trap》

    ソーサリー 13
    《大変動/Cataclysm》
    《新たな芽吹き/Regrowth》
    《自然の知識/Nature's Lore》
    《歯と爪/Tooth and Nail》
    《耕作/Cultivate》
    《不屈の自然/Rampant Growth》
    《爆発的植生/Explosive Vegetation》
    《緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenith》
    《スカイシュラウドの要求/Skyshroud Claim》
    《木霊の手の内/Kodama's Reach》
    《遥か見/Farseek》
    《生命の息吹/Breath of Life》
    《明日への探索/Search for Tomorrow》

    プレインズウォーカー(っていうかガラク) 3
    《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》
    《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter》
    《獣の統率者、ガラク/Garruk, Caller of Beasts》

    コンボ
    鏡割りのキキジキ+修復の天使or士気溢れる徴収兵
    いわずと知れた無限トークンコンボよく葉と爪双呪から持ってきたりします。

    伏魔殿のある状態で荒廃鋼の巨像が場に出る
    お手軽毒殺コンボです。

    最近入れた伏魔殿が気持ちいいぐらいにかみ合って大好きです。
    あとどんなけ速攻好きなんや!っていうぐらい速攻エンチャ愛してます!

    どっちかというとカジュアルよりだけど楽しくぶん殴れるメイエルお勧めです!