• 【架空デュエル】ひなこデュエルのーと第4話「すきをちからに」

    2018-09-15 23:021

    前回までのひなこデュエルのーと

    ひな子対ゆあのデュエルが開始するも後攻1ターンで怒涛の展開をするゆあ。
    盤面が最悪だがどうするひな子!

    ひなこデュエルのーと第4話「すきをちからに」

    ゆあ様
    LP8000
    手札0
    左EX:ディストピアガイ
    モン1:ディアボリックガイ3枚目
    モン3:ブルーD
    魔罠3:伏せ


    ひな子
    LP5100
    手札4(1枚はターコイズ・ワーブラー)
    魔罠3:伏せ(くず鉄のかかし)


    ひな子「私のターン……ドロー!」

    ひな子「まずはスタンバイフェイズで墓地のキラー・スネークを手札に戻す……」




    ひな子「そしてメインフェイズ。手札からLL-ターコイズ・ワーブラーを特殊召喚」





    ゆあ「はい」

    ひな子「そして手札のキラー・スネークを捨ててビッグ・ワン・ウォリアーを特殊召喚」





    ゆあ「うむ」

    ひな子「そしてミスティック・パイパーを通常召喚」





    くいな「パイパーならブルーDをすり抜けて効果を使えますが……」

    ゆあ「盤面をどうにかできなければ意味ないわね」

    ひな子「……私は3体のモンスターを墓地に送り」

    ゆあ「!?」

    ひな子「アルカナフォースEX-THE DARK RULERを特殊召喚!」





    ゆあ「そんなカードが入っていたとは……」

    くいな「ですがブルーDにより効果は無効で特に効果はないモンスターになりました。いやそれよりも」




    くいな「D-HEROとアルカナフォースの激突!いいですよ~これ」

    ゆあ「そうねえ……」

    ひな子「もうこれしかない……バトル!ダークルーラーでブルーDに攻撃!」

    ゆあ「通るわ」

    ゆあ様
    8000→5900

    ひな子「これで終了……」

    くいな「ひなちゃん……ゆあちゃんの墓地にはダイナマイトガイがいます」




    ひな子「うん」

    くいな「ダイナマイトガイの2の効果でディストピアガイを強化してディストピアガイの2の効果を使えばダークルーラーは破壊されます」




    ひな子「……あーそっかーブルーDの吸収ばかり気にしていたよ……詰みです。ありがとうございました」

    ゆあ「まあこんなものよね」

    ~ひな子の残る手札はワン・フォー・ワンでした~




    ~ゆあ様の伏せは戦線復帰でした~
















    ひな子「うう……」

    ゆあ「なんか……ごめん」

    くいな「そうですよー初心者狩りはよくないです」

    ゆあ「いやいやいや実際本番ではありえるでしょ」

    くいな「まあそうですけど……」

    真雪「本番は部門わけするそうよ」





    ゆあ「あれ、真雪先輩いたんですか」

    真雪「今来たのよ。えらく早く終わったわね」

    くいな「まあかくかくしかじかで」

    真雪「なるほどね……でも本番では優勝を目指すガチバトルとただ試合をするエンジョイバトルがあるから住み分けすればいいんじゃない?」

    くいな「なるほど、いいですね。初心者のひなちゃんはエンジョイに出ればいいんですね」

    ひな子「うーん」

    ゆあ「ひな子?どうしたの?」

    ひな子「遊戯王は人見知りを克服するための特訓として始めたけど、ゆあちゃんのデュエルを見て何か引っかかるんだよね……」

    くいな「まさか!遊戯王がソリティアゲーだということに気が付きましたか!?」

    ひな子「そうなの?」

    真雪「そうだよ」





    ~作者の意見ですのであまり鵜呑みにしないでくださいませ~


    ひな子「でも楽しかったよ。ボコボコにされたけど、なぜか楽しかった」

    くいな「まさか…M?」

    ひな子「そうじゃなくて、まだまだ色々なことができるかもって感じた。それに」

    くいな「それに?」

    ひな子「ゆあちゃんが楽しそうだったからね」

    ゆあ「そう思えるならデュエルしてよかったわ」

    ひな子「うん。もうちょっと考えてみるよ!」

    ゆあ「オーケー、調整なら付き合うわ」

    ~こうして和気あいあいとデッキ調整タイムが始まるのでした~

    ~数日後~

    ???「さて、ひな子さんはいらっしゃるかしら」

    ~突然の訪問者がひととせ荘に訪れる~

    →To Be Continued...



    次回
    ひなこデュエルのーと第5話「たましいカード」
    デュエル、スタンバイ!


  • 広告
  • 【架空デュエル】ひなこデュエルのーと第3話「ゆあさまうんめい」

    2018-09-02 00:071

    前回までのひなこデュエルのーと

    喫茶ひととせでのデュエル大会のためにデッキを作ったひな子。
    くいなとのデュエルで自信をつけたひな子は日々デュエルの練習に励むのであった。

    ひなこデュエルのーと第3話「ゆあさまうんめい」


    ~ひな子の初デュエルから数日後~

    ゆあ「じゃーん!ひな子いる?ゆあ様が直々に来てあげたわよー!」





    ひな子「ゆあちゃん?何か用?」

    ゆあ「ひととせデュエルのために私もデッキを用意してきたわ!さっそくやるわよ!」

    ひな子「例のイベント、ひととせデュエルって名前だったの!?」

    真雪「まあ、デュエルは別にいいけどやるなら部屋でやってよね」





    ゆあ「あっはい」

    くいな「自然な流れでデュエル!」

    ゆあ「そういえば千秋先輩は……?」

    真雪「あきちゃんなら勧誘に行ってるわよ」

    ゆあ「勧誘って?」

    真雪「さあ?」

    ~部屋を移動してひな子とゆあのデュエルが始まるのでした~


    ひな子「前とデッキは変わってないけど特にいじるところもないし……」

    ゆあ「じゃあやるわよ。先攻はじゃんけんで」

    ~ひな子が先攻になりました~

    くいな「ではデュエル開始ィィィ!!!」

    ゆあ「くいなのテンションおかしくない?」





    くいな「すみません普通にやります」

    ~アニメのノリは相手との距離感を保ってやりましょう~



    ひな子使用デッキ
    ひな鳥のかかし

    ゆあ使用デッキ
    運命のブルー

    ひな子「では先攻で……私はジェスター・コンフィを特殊召喚」





    ひな子「そしてキラー・スネークを通常召喚」





    ひな子「2体のレベル1でエクシーズ召喚!LL-リサイト・スターリング!1の効果は自身を対象にします」




    ゆあ「オーケー」

    スターリング
    ATK0→ATK600
    DEF0→DEF600

    ひな子「スターリングの2の効果でデッキからLL-ターコイズ・ワーブラーを手札に加えます」





    ひな子「カードを1枚伏せて終了です」

    ひな子
    右EX:リサイト・スターリング
    魔罠3:伏せ
    手札4

    ゆあ「私のターンよ!ドロー!メインフェイズ入ります」

    ひな子「どうぞ」

    ゆあ「D・HEROドリルガイを召喚!」




    ゆあ「そして効果を発動!手札のDHEROディアボリックガイを特殊召喚!」




    ひな子「おおー」

    ゆあ「2体の戦士族モンスターでリンク召喚!聖騎士の追想イゾルデ!そして1の効果発動!」




    ひな子「はい」

    ゆあ「デッキからD-HEROダイナマイトガイを手札に加えるわ」




    くいな「このターン、ダイナマイトガイは召喚、特殊召喚、効果の発動ができません」
    ゆあ「そうなるわね。続けてイゾルデの2の効果を発動!デッキから装備カードを1枚墓地に送るわ」

    ~墓地に送ったのは月鏡の盾です~




    ゆあ「そしてレベル1のD-HEROディスクガイを特殊召喚!」





    ゆあ「さらに墓地のディアボリックガイを除外して効果を発動!デッキから新たなディアボリックガイを特殊召喚!」



    2枚目


    ゆあ「私はイゾルデ、ディアボリックガイ、ディスクガイをリリース!現れよ究極のD!」





    くいな「ブルー……D……だと……」

    ひな子「すごそう」

    くいな「ゆあちゃんのデッキはD-HEROなんですね」

    ゆあ「今更ね……墓地のディアボリックガイで3体目のディアボリックガイを特殊召喚」



    3枚目

    ひな子「もう何がなんだか?」





    ゆあ「そして融合を発動。手札のD-HEROダイナマイトガイとD-HEROダイヤモンドガイを融合素材としてD-HEROディストピアガイを融合召喚!」













    くいな「ちなみにイゾルデでサーチしたダイナマイトガイを融合素材にすることは可能です」

    ゆあ「ディストピアガイの1の効果は私の墓地のドリルガイを対象にするわ。これでひな子にドリルガイの攻撃力分の1600ダメージ」




    ひな子8000→6400

    ひな子「よくわからないことに……」




    ゆあ「あっごめん、早くやりすぎた?」

    ひな子「ああ、ううん、違うよ。1ターンでここまでやれるんだねえって」

    ゆあ「これが……遊戯王!」

    ひな子「なるほどね?」

    ゆあ「ではバトル!ブルーDでスターリングに攻撃!」








    ひな子「効果は無効なので3の相手にダメージを与える効果はないです。1で600に上がった攻撃力は……そのまま?」

    くいな「遊戯王カードWikiを確認!」

    ~調べたけどわかりませんでした~
    ~わからないとはどういうことですか?~
    ~わからないということです~








    くいな「えっと……とりあえず攻撃力はそのまま600でお願いします」

    ゆあ「ということなのでひな子に1300ダメージ!」

    ひな子6400→5100

    ゆあ「そしてディストピアガイでダイレクトアタック!」




    ひな子「罠カード、くず鉄のかかしを発動!よって攻撃は無効!」




    ゆあ「なんでくず鉄が入っているのかしら……」

    くいな「かかしですから」

    ゆあ「あーなるほどそういうことね」

    ゆあ「最後にディアボリックガイで攻撃!」




    ひな子5100→4300

    ひな子「つ、つよい」

    ゆあ「伏せカード1枚セットでターンエンドよ」

    ゆあ様
    LP8000
    手札0
    左EX:ディストピアガイ
    モン1:ディアボリックガイ3枚目
    モン3:ブルーD
    魔罠3:伏せ

    ひな子
    LP5100
    手札4(1枚はターコイズ・ワーブラー)
    魔罠3:伏せ(くず鉄のかかし)

    ~初心者相手に怒涛の展開をするゆあ様~
    ~勝てる気がしないが、どうするひな子!~

    →To Be Continued...

    次回
    ひなこデュエルのーと第4話「すきをちからに」
    デュエル、スタンバイ!


  • 【架空デュエル】ひなこデュエルのーと第2話「ひなどりのエナジー」

    2018-05-18 20:43

    前回までのひなこデュエルのーと

    なんやかんやあってデュエルをすることになったひな子たち。
    ルールを覚えたひな子はさっそくくいなとデュエルを開始する。

    くいなは裏守備にする『月の書』と『ミスティック・ソードマンLV4』のコンボを狙う「ミスティック・ストーリー」デッキを使用。
    ひな子はレベル1モンスターとかかしカードを中心とした「ひな鳥のかかし」を使用。

    くいな
    モン3→ミスティック・ソードマンLV4
    魔法罠2、3→伏せ

    手札2

    ひな子
    EX右→リンクリボー
    モン2→ドットスケーパー
    モン3→裏側守備のライザー
    モン4→グローアップ・バルブ
    魔法罠3→伏せ(くず鉄のかかし)

    手札2

    両者LP変動なし。

    ひな子がモンスターを大量展開したところからデュエルは再開ィィィ!


    ひなこデュエルのーと第2話
    「ひなどりのエナジー」




    ひな子「それじゃあ行くよ!」

    くいな「レベル1モンスターが2体……来るぞ!」

    ひな子「私はリンクリボー、ドットスケーパー、グローアップ・バルブをリリースして」

    くいな「えっ」

    ひな子「『オベリスクの巨神兵』を召喚!」




    くいな「なん・・・だと・・・」

    千秋「借りてきたデッキには入ってなかったはずだけど……」

    ひな子「鳥太郎と考えたコンボだよ」

    くいな「ああ、そういう……」

    千秋「初心者にしてはよく回すなあって思ってたよ」

    真雪「鳥がデュエルできることには突っ込まないの?」

    ~鳥太郎はひな子によくなついている鳥です。ひな子と会話ができるようです~




    ※画像は鳥太郎とは関係ありません。


    くいな「まあ、主人公に相棒がいるのは遊戯王ではよくあることですからね……」

    ひな子「私はライザーを反転召喚!バトル!」

    くいな「うおっ」

    ひな子「オベリスクでミスティック・ソードマンLV4を攻撃!」

    くいな「ぐわああああああ!」

    真雪「ええ……」



    くいな
    LP8000→5900

    ひな子「そしてライザーでダイレクトアタック!」

    くいな「食らいます」

    真雪「そっちは普通なんだ……」

    くいな
    LP5900→3500

    ひな子「私はこれでターン終了!」

    くいな「エンドフェイズに『スケープゴート』を使用します」




    ひな子「何もないです」

    真雪(ところどころ素になるのね)

    ひな子
    LP8000
    モン3→風帝ライザー
    モン4→オベリスク
    魔法罠3→伏せ(くず鉄のかかし)
    手札1

    くいな
    LP3500
    モン1、2、3、4→羊トークン
    魔法罠3→伏せ
    手札2

    千秋(この流れは……)

    くいな「私のターンですよ!ドロー!!!」

    くいな「私は羊トークンを使ってリンク召喚!」









    ひな子「リンク召喚だ」

    くいな「ひなちゃんもやってましたよね?」

    ひな子「私のデッキは連続リンク召喚はしないから……」

    くいな「ではいきますよ!私は『ミセス・レディエント』と『リンクリボー』2体をリンクマーカーにセット!」

    ―閉ざされし世界を貫く我が新風! リンク召喚!現れろ、LINK4! ヴァレルロード・ドラゴン!―








    真雪「ノリノリだね」

    千秋「くーちゃんはアニメ見てるからテンション上がるんじゃない?」

    ひな子「テキスト確認いいですか?」

    くいな「どうぞ」

    ひな子「……つよそう」

    くいな「つよいですよーではバトル!ヴァレルロード・ドラゴンでオベリスクを攻撃!」

    ひな子「でも私には伏せカードのくず鉄のかかしが……」

    くいな「関係ないですよ!優先権はこちらにあるので攻撃宣言のタイミングでヴァレルロードの2の効果をライザーを対象に発動!」



    ※画像は関係ねぇよ!←関係なかった!

    ひな子「ええと、この効果にはチェーンできないから、通ります」

    くいな「ええ、そしてこの効果が解決したらすでに攻撃宣言のタイミングは過ぎていますので」

    ひな子「くず鉄のかかしは発動タイミングを逃しているってことだよね」

    くいな「そういうことです」

    ひな子「はえー」

    真雪「つまり、どういうことなの?」

    千秋「まあ、難しいルールだよね」



    ※複雑なルールは遊戯王カードWikiで確認しよう!

    真雪「むしろひなちゃんの理解度がすごいわ」

    くいな「ということで攻撃対象のオベリスクの巨神兵はヴァレルロードの3の効果によりリンク先にコントロールを移します!」

    ひな子「私の神が……」

    くいな「そしてオベリスクの巨神兵で風帝ライザーを攻撃!ゴッドハンドクラッシャー!」

    ひな子「オベリスクは対象に取れないからくず鉄のかかしも発動できない……」




    ひな子
    LP8000→6400

    くいな「私はこれでターン終了です」

    ひな子
    LP6400
    魔法罠3→伏せ(くず鉄のかかし)
    手札1

    くいな
    LP3500
    EX右→ヴァレルロード・ドラゴン
    モン3→オベリスク(ヴァレルロードの効果により)
    魔法罠3→伏せ
    手札3


    ひな子「大ピンチ……このドローにすべてがかかっている……」

    くいな「……」

    ひな子「私のターン、ドロー!」

    千秋「どうかな……」

    ひな子「うーん……とりあえず、『LL-ターコイズ・ワーブラー』を特殊召喚……」




    ひな子「そして『ワンチャン!?』を発動……」



    くいな「どうぞ」

    ひな子「『LL-コバルトスパロー』を手札に加えて通常召喚……」




    くいな「はい」

    ひな子「何を出せばいいのか……あれ?」

    くいな「?」

    ひな子「ライフポイントいくつだっけ?」

    千秋「ひなちゃんが6400、くーちゃんが3500だよ」

    ひな子「じゃあ、やってみようかな」

    くいな「今度こそレベル1のモンスターが2体……くるぞ!」

    ひな子「私は2体のリリカルルスキニアでエクシーズ召喚!『LL-リサイト・スターリング』!」





    くいな「ひなちゃんの鳥モンスター!」

    ひな子「スターリングの1の効果は発動しません」

    くいな「効果確認しますよ」

    ひな子「はい。ちなみにコバルトスパローを素材にしているので相手の効果の対象にならないよ」

    くいな「あれ、これはまさか……」

    ひな子「気づいたようだね……バトル!リサイト・スターリングでオベリスクの巨神兵を攻撃!」

    真雪「攻撃力0で攻撃力4000のモンスターに攻撃ですって!?」





    千秋「アニメみたいな反応ありがとう」

    くいな「……残念ですが、何もありません」

    ひな子「じゃあリサイト・スターリングの3の効果適用!X召喚したこのカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは相手も受ける!」

    真雪「なるほど……そんな効果があったのね」

    ひな子「私が受ける戦闘ダメージは4000なのでくーちゃんも4000ダメージ!」

    千秋「これでくーちゃんのライフだけが0になるね」

    ひな子LP6400→2400
    くいなLP3500→0

    くいな「うう……私の負けです」

    ひな子「やったあ!」





    ~くいなの伏せカードは『収縮』でした~





    くいな「ひなちゃん、デュエルはどうでした?」

    ひな子「楽しかったよ!これなら私も大会に出られそう!」




    千秋「よかったね。まだ期間はあるからゆっくり練習するといいよ」

    ひな子「わかりました!」


    ~こうしてひな子の初デュエルは終わったのでした~

    →To Be Continued...


    次回
    ひなこデュエルのーと第3話「ゆあさまうんめい」
    デュエル、スタンバイ!