寝る前に一言 ~ARIA、新作に期待~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

寝る前に一言 ~ARIA、新作に期待~

2015-03-29 03:09

     癒されました。
     ARIA、見てきましたよ、ニコ動で。
     まさかニコ動で見ることになるとは思ってもいなかった。これも新作が発表されたおかげ…っ!!

     一気に無料で公開されている分、一期の3話分見てきました。
     懐かしいと言ったらありゃしない。なにせ昔の話だから…  ここでは心おきなくネタばれもあるかもしれませんが、そのときはなにとぞ。
     私のARIAに関する情報といえば、とりあえずアニメ+OVAは全部見てる。原作マンガも全巻持っている… それくらい。ラジオとか聞いてないです。あとはサントラをちょいちょい買った程度、かな。

     今回の公開で、記憶がよみがえった。いいことから悪いことまで。

     いいこと、ではないけど、このARIAという作品にはとても影響を受けていると思うのです。実際、このアニメ(及びマンガ)のおかげでイタリアに旅行したし。一言その旅行の感想を言うとなると
     「理想と現実の差…!!」
     みたいな?
     イタリア自体観光地だから人は凄いし、サンマルコ広場のハトはあんな優雅に飛んでいないし、なにをどうみてもウンディーネは男だし。いや、それはさすがに知ってたけれども(汗)

     旅行自体は楽しかったし、聖地巡り的な意味ではとても心躍らせて旅行してきました。
     今回はそんな私ごとの話はどうでもよくてARIAの話ね。

     ・・・

     いざ書こう話そうとすると何をどう話したらいいか全然見当がつかない。いかに自分の文章考察力、作成力が無いことか… 毎回毎回これには泣かされる。

     とりあえず、これだけは言いたい。
     「ぜひ一度は見て欲しい」
     と。
     私が他人にお勧めする数少ないアニメ、マンガのうちの一つなので。
     文頭にも書いたけど、「癒される」これにこしたことはない。気疲れしないし、基本一話完結型だから翌週が気になって気になってどうしようもない、あの感覚がないし。
     キャラ一人一人が主人公(一応、灯里が主人公みたいなものだが)で、各々のストーリーを楽しめる。キャラが生き生きしているといった感じもあるのか。
     特にこの作品で目立つ「素敵ワード」には心打たれる。メッセージ性の高いそのセリフは、私たち読者の心をわしづかみにするであろう…   みたいな?

     音楽や背景描写も実に素晴らしい。ゆったりとした、それでいて軽快な、そして涙を誘うその音楽。主題歌だけでなく、アニメ作中のBGMも反則レベルにいい曲ばかりで。
     背景、とくに建物系。まるで作品の世界に入り込めるかのような、そんな繊細が描き方。



     ちなみに話が逸れて悪い思い出というのもあって、盛大にネタばれをしてしまい友達から反感をもらったという話。それがまた重要なストーリーの部分で。それはマンガの新刊が出たときのこと。アリスが昇格するという話。私がてっきり口にしてしまった「アリスの昇格ってさぁ…」
     「!?」 という反応をリアルに感じたあの日。今でもあの時のことは覚えている。
     ちなみにその友達とイタリア旅行は行ってます。腐れ縁みたいなやつです。


     なんかうまく作品の紹介が出来ていない。もう少し文章力に長けていたら…と毎度思います。良さ、自分が感じたことを素直に表現できればいいのだけれど。
     どうも私の場合、語彙力が少ないのか
     「すげー」「これいいね」「感動した」
     みたいな簡単な言葉でしか表現できない。何がいいのか、どこの部分がよくて感動したのか、どこがいいからどうなった、みたいな… これを踏まえると本当難しい… そこに表現力、創作力ってでるんだなってしみじみ思います。



     正直こんなところ(ニコブロ)で話すより、実際に会って酒を交わしながら話した方が楽しいと思うのです。わざわざ一度立ち止まって文章化しなくても言葉として素直に発するだけだから楽だしね。

     ということで、ここの存在意義を全否定するようなことをつぶやいて今日のニコブロは終了。ちなみに、ニコブロのタイトル、もう全部「寝る前に一言 ~○○~」でいいんじゃね、ということで今後おそらくそうしていくかと。たまには別枠でかくこともあるかもだけど… そのときはそのときで。
     
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。