さすがに失望しました。アンチ安倍に転向します。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

さすがに失望しました。アンチ安倍に転向します。

2013-10-04 17:27
    ※これはあくまでくぎゅう10個人の言論・思想であり、
     「日本やばいwww」活動の趣旨とは必ずしも一致しません。


    10月1日。

    ついに安倍ちゃん、やってしまいましたねー。

    消費税を4月に8%に増税することを正式表明しました。


    他の方が上げてくれた記者会見動画



    これは、控え目に言って、
    アベノミクスに逆行する政策でしょう。

    ニコニコで「政治」タグ動画を少しでも見ている皆さんなら
    誰でも分かることかと思いますが、

    2014年4月のタイミングで増税しても
    税収は減る危険性が高いです。

    つまり、誰も得しません。

    そしてこの会見でも安倍総理自ら言ってます。

    「この(デフレの)中で増税を行えば、消費は落ち込み、日本経済はデフレと
     逆戻りしてしまうのではないか。結局、財政規律も社会保障の安定も
     悪い方向へと行きはしまいか。」


    つまり、
    安倍「今増税すれば不景気になるよ、
    分かってるよ」
    と。



    現在、安倍内閣が支持されている最大の理由は
    「景気がよくなってきたor良くしてくれそう」です。

    多分、これには誰も異論を挟めないと思います。

    その最大の支持理由を、安倍さんは自ら捨ててしまいました。
    正直、理解に苦しみます。


    安倍総理は自民党内選挙でも、衆議院選挙でも、

    「デフレ脱却前の増税は無し」

    と名言し、公約に掲げていましたので
    言い逃れようもない公約違反でもあります。


    民主党と同じレベルじゃないですか。
    さすがにちょっと失望しました。

    ・・・というか、ちょっと憤りすら感じています。


    9月あたり、あまりチェックしていなかったのですが、
    これを期にいろいろチェックしなおしてみました。

    もしかしたら俺が見落としている、「今増税してもOK」な
    ポジティブな情報があるのかも、と。

    ・・・結果は、NO。

    やっぱり誰がどう考えても誰も得しない増税です。


    もう少し過激な言い方をしますと、


    今回の増税決定は殺人的です。


    97年の橋下増税後、またはそれに続く
    日銀の金融引締め政策によって
    日本人の年間自殺者の数は急激に増加しました。

    2014年から実際に消費税が増え
    不景気の中に逆戻りすれば、
    経済的な理由で自殺する弱者は確実に増えるでしょう。

    安倍ちゃんは財務省に「殺人許可証」を
    渡してしまった、と言ってもいいかもしれません。


    繰り返しますが、デフレ時で増税しても
    税収はむしろ減ります。

    つまり、増税しても国の借金ガー1000兆円とやらは
    1円も減らない(どころか悪化する可能性大)わけです。

    誰も得しない上、多くの人が死ぬことになるだろう、
    殺人的な政策決定をした瞬間でした。

    ・・・

    増税の結果を、安倍さん一人に責任を押し付ける
    俺の考え方は偏ってるかもしれません。


    政局が、党内派閥が、外圧が、財務省が、
    マスコミが、工作員が、コミンテルンガー、


    様々な要因がからんでいることも、そりゃまあ
    間違いないでしょう。

    でも、それら難しい問題を「政治的手法」で
    やりくりするのが「政治家の仕事」なんじゃあないですか?


    俺が安倍政権を支持していた理由はたった1点、
    「正しい経済政策」だけです。

    その「経済政策」が正しくなくなった2013年10月現在、
    俺が安倍政権を支持する理由は何一つなくなりました。


    もう「日本やばいwww」からフェードアウトしてますし、
    政治生放送もほとんどすることは無いと思いますが、

    そんな人間が一人アンチに転向したところで
    何が変わるってわけじゃないですが・・・。


    ちょっと「見逃せない」ニュースだったので
    数日遅れながら記事にさせて頂きました。


    ※これはあくまでくぎゅう10個人の言論・思想であり、
     「日本やばいwww」活動の趣旨とは必ずしも一致しません。
     「日本やばいwww」は様々な主義・思想の方がいらっしゃいます。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。