ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

オフだから語りたい釣りの話~ライン~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

オフだから語りたい釣りの話~ライン~

2017-12-07 15:03

    まず初めに言いたいことは


    釣りを始めてすぐの時期はカラーラインを使いましょう

    カラーラインを使う理由は

    どこを飛んでるの?

    どこに着水したの?

    ルアーはどこを流れてるの?

    ルアーはどこを泳いでるの?


    コレを視覚的に見えるのがカラーラインです。

    クリアラインだと飛んだ後に着水するまでどこを飛んでいるかが解からない。

    どう飛んでいるか解からないから対岸まで飛んでルアーを引っ掛ける。

    どこを流れているか解からないかリールを巻く速さが解からず根掛りする。

    ルアーが泳いでる場所が解からないからアクションのつけ方が解からない。


    渓流で餌釣りをする時もカラーラインを使うことで

    どこを流しているかがハッキリ解かります。


    ここで良く突っ込まれるのが、

    カラーラインは魚にも視認されるから不利である。

    カラーラインは不純物で色付けしてるから切れやすい。


    うん、解かるよ、言いたい事は。

    でもさ、釣りを始めた頃って、シーズンピークに始めるでしょ?

    魚の活性の高い時期でしょ?

    シーズン前や終わり頃の厳しいタイミングで始めないじゃん
    確かに私もクリアラインも使います。




    しかし、切れやすいって言うのも、魚に対してラインが弱かったと考えてます。

    技量不足も考えられるけど、体感的に遜色無いと思います。

    手竿に関して言っても、ハリスは透明なので神経質にならなくても良いと思います。


    まず、正確なキャストをするにはドコを飛んでいるかが重要で、

    釣果を出すには、どこを流すか解からないといけません。

    そして、魚が釣れて、初めて感動に出会えると思うのです。




    現段階で私もカラーラインオレンジ(ナイロン2号)を巻いていますし、
    アメマスも釣れました。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。