• このエントリーをはてなブックマークに追加
今夜は「珊瑚海海戦」をテーマにお送りします。|久野潤チャンネルブロマガ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今夜は「珊瑚海海戦」をテーマにお送りします。|久野潤チャンネルブロマガ

2017-03-24 20:43
    久野です。

    今月22日、いずも型ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)
    2番艦「かが」が就役しました。
    基準排水量19500トン/全長248メートル/全幅38メートルと
    海上自衛隊最大の艦艇で、厳しい国際関係を生き抜く
    我が国に大いなる勇気を与えてくれるでしょう。

    29a0d553895880b809f420b5d04eed10da395523

    そして実は、戦前における
    大日本帝国海軍の空母「加賀」はさらに大きいんです。
    改装後の基準排水量が約38000トンで
    飛行甲板248.576メートル×30.48メートル
    ――日米開戦時は日本最大の空母で、
    開戦から半年間向かうところ敵なしだった
    南雲(なぐも)機動部隊の中核戦力でした。

    0552b382cfcbff25548b9a541aa0910fbb7ed398

    多数の空母を同時運用する機動部隊同士の戦闘を展開した国は、
    歴史上アメリカと日本のたった2か国だけです。
    緒戦の南雲機動部隊を支えた空母
    「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」「翔鶴」「瑞鶴」のうち、
    「かが」がいちばん早く“母艦”として復活してくれました。
    (とはいえ、戦前の装甲巡洋艦「出雲」の2番艦は「磐手(いわて)」でしたが)

    975b102fb83174be2dc50e7021a762c39f79195b

    このたび中国外務省は
    「日本は歴史の教訓をくみ取るべきだ。
    加賀の再現は、軍国主義の復活を意図しているのではないことを希望する」
    などと表明しているらしいが、我が国にとって脅威である国から
    恐れられているのは結構なことではないですか。
    そして戦前も世界トップクラスの海軍力をもっていた日本
    ――【久野潤チャンネル】では、
    その実像をシリーズ「日本海軍の実力」でお伝えしてゆきます。
    今週21時からの第一弾は、
    世界史上初の空母決戦であった「珊瑚海海戦」。ぜひ気軽に、ご覧下さい!

    ( 久野 潤 )
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    |久野潤チャンネルブロマガ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。