【アーカイブ4】初めて取り上げたビジネス書「敵対的買収」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【アーカイブ4】初めて取り上げたビジネス書「敵対的買収」

2013-05-02 12:56

    今回のアーカイブは「初めて取り上げたビジネス書」について取り上げていきたいと思います。

    敵対的買収―新会社法とM&A (角川oneテーマ21)敵対的買収―新会社法とM&A (角川oneテーマ21)
    渡邊 顯

    角川書店 2007-03
    売り上げランキング : 118635

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    本書は「蔵前トラックⅡ」にて2008年5月18日に取り上げました。

    今となってはなぜか「「ビジネス書」を中心とした~」という紹介がされていますが、実際書評を始めた当初は「ビジネス書」の「ビ」の字も知りませんでした。むしろ新書や一般書の書評がほとんどでした。

    その新書のなかで「ビジネス書」として取り上げたのは「蔵前トラックⅡ」を始めたばかりの時の「敵対的買収」でした。

    当時は「戦後最長の好景気」の真っ只中であり、株価が上昇していた頃です。それと同時に国内外のファンドや会社などが合併や買収などが相次ぎました。とりわけメディアが多く扱われたのは「敵対的買収」でした。「ライブドア Vs ニッポン放送」や「王子製紙 Vs 北越製紙」といった買収騒動が連日のように新聞やTVなどで取り上げられていました。

    本書はその敵対的買収がなぜ起こるのかという「実際」について迫っていましたが、ちょうど本書が発売された時期が、「敵対的買収」について最も関心事として取り上げられていた時期と重なったことから出版されたのかもしれません。

    ちなみにこれも過去のアーカイブでも取り上げたことと同じく「偶然」取り上げたに過ぎません。

    ―――――――――――――――――
    【編集後記】

    <その1 引越し>

    今週の月曜日に川崎から鎌倉へ引越しました。まだまだ慣れない部分もあり、かつこれから鎌倉で何の活動をやるのかは大まかなところしか決めておりませんが、勉強会やセミナー活動、またライターや書評家としての活動ができればと思っております。
    ただ…鎌倉に来てから色々と買わなければいけないもの、捨てなければいけないものがでてきており、今週はそのことと「その2」のことに終始した一週間でした。

    <その2 こっちも引越し>

    リアルの引越しだけではなく、実はブログでも引越しを行いました。
    メインブログとして運営をしておりました、「蔵前トラックⅡ」を昨日付で更新を終了し、あらたにWordpressにて「蔵前トラックⅢ」の運営を開始致しました。

    「蔵前トラックⅢ」
    http://www.kuramaetrack.com/

    タイトルは単純に移転したことで「Ⅲ」となっただけです。
    Wordpressに移行した理由は自分自身、この書評を広げることへの「進化」、そして幅広くブログをカスタマイズできる「進化」があると考え、選びました。
    そのため、「蔵前トラックⅢ」は「進化し続ける」ブログとして運営していこうと考えております。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。