【アーカイブ7】長年の縁「「結果を出す人」はノートに何を書いているのか」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【アーカイブ7】長年の縁「「結果を出す人」はノートに何を書いているのか」

2013-05-22 08:13
    今週のアーカイブは「長年の縁」と題しまして、以下の本を取り上げたいと思います。
    「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
    美崎 栄一郎

    ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2009-09-11
    売り上げランキング : 10200

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    本書は「蔵前トラックⅡ」にて2009年9月14日に取り上げました。
    リンク先は「蔵前トラックⅢ」となっております。

    本書の著者である美崎栄一郎さんは大手メーカー勤務していましたが、2012年に脱藩し、現在は作家・商品開発アドバイザーなどを行っております。著書も25冊上梓されたのですが、その記念すべき1冊目となったのが本書であります。

    美崎さんは長年ノートについてこだわりを持っており、仕事・プライベートでこだわったノートのノウハウを本書で結集した一冊です。

    本書はたちまち売れに売れ、約8万部を売り上げ、ベストセラー作家の仲間入りを果たしました。また翌年行われた「2010年ビジネス書大賞」で第1位に選ばれるなど、一躍スターダムにのし上がったと言える活躍でした。

    それからの活躍は様々な著書を出版されたり、全国津々浦々で勉強会や公演を行うなど、多忙かつ楽しく過ごしているそうです。

    私と美崎さんの初めての出会いについて話をしましょう。私と美崎さんとが初めてお会いしたのは5年前、「出逢いの大学」など数多くのビジネス書を世に送り出した著者、千葉智之さんのセミナーの時でした。それからというもの、美崎さん主催の勉強会に頻繁に参加するようになり、時にはスタッフとしてお手伝いしたりしたのは良い思い出です。

    初めてであって4年半という、世間ではあまり長くないように思えますが、私自身の人生では「長い」部類に入ると思います。そういう意味で「長年の縁」と名付けました。そしてその縁は離れど、縮まれど続ければ良いなと思います。

    ―――――――――――――――――
    【編集後記】

    <その1 勉強会>

    先週土曜日に「第1回 くらまえ読書会」を開催いたしました。当日ギリギリまで呼びかけを行いましたが、結果的に参加者は、主催者の私とドタ参で参加してくれた方の2人だけでした。

    初めて勉強会を主催いたしましたが、これほどまでに集客が苦しいものとは思ってもいませんでした。

    とはいえ、反省点や課題は多々ありますので、それらを一つずつ、解決するほかありません。

    <その2 ブログ運営について>

    私はこれまで、趣味でF1について取り上げてきました。しかし昨シーズンから前々戦までのことをいうと、自分自身の記事がマンネリ化してしまい、書いていてもつまらないような仕上がりとなってしまい、本当に「F1」が好きか、と疑いさえしました。

    ブログ移転後、初めて行われたGPは、今回初めて取り上げませんでした。マンネリ化してしまうこと必死になってしまうので、それについて悩んでいたためです。

    しかし、ようやくある決心がつきました。それについては今週金曜日の「蔵前トラックⅢ」にて発表いたします。是非ご覧ください。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。