【アーカイブ9】今まで語ることのなかった「きっかけ」とは?「住む人が幸せになる家のつくり方」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【アーカイブ9】今まで語ることのなかった「きっかけ」とは?「住む人が幸せになる家のつくり方」

2013-06-05 09:47

    今週のアーカイブは「今まで語ることのなかった「きっかけ」とは?」と題しまして、以下の本を取り上げたいと思います。

    住む人が幸せになる家のつくり方住む人が幸せになる家のつくり方
    八納 啓造

    サンマーク出版 2012-02-16
    売り上げランキング : 72997

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    本書は「蔵前トラックⅡ」にて2013年1月6日に取り上げました。
    リンク先は「蔵前トラックⅢ」となっております。

    本書を取り上げるきっかけとなったのは昨年の12月16日の「UNDERGROUND」という勉強会で著者が登壇したときのこと、その中で、

    「あなたは何を目的に住んでいるのか?」

    という言葉が自分の胸に突き刺さりました。ちょうど引越しも含めて考えていた時期だったのですが、その時は川崎で別の所に住もうか、あるいは横浜に住もうかという考えで迷っていました。理由は単純に交通の便がよい、というだけのことでした。

    この勉強会で、本書を買い、さらに引越し先もゼロから考え直し、これからの自分はどうしたいのか、どうありたいのか、という考えを前提にして、著書を出す、書評を極める、そして仕事も極める場所、と言うことで鎌倉に住むことにしました。

    たぶん、本書、もといこの勉強会に出会っていなければ、無難な人生と住まいになっていたのかもしれません。本や勉強会は時折人生を変える、と言いますが、今回はそれに該当したと言えます。

    ―――――――――――――――――
    【編集後記】

    6月は梅雨のシーズンと言われております。しかし、知っての通り、雨はあまりどころか「全く」降っておらず、むしろ鎌倉の散策を堪能することが出来る、一週間でした。時には山に、時には海に、時には神社に、時には寺に、と満喫しております。(当然仕事もしてます)

    開放感溢れるような気候と空気は自分自身を見直す、もしくは作品をつくる環境も適しているのかもしれません。鎌倉の空気に触れつつ、新しいアイデアも思いついたりして、そして時折本を出す、電子書籍を出す、と言ったこともやれる気がしてなりません。

    【告知】

    「かまくら読書会」ですが、
    第1回につづきまして、第2回も開催することになりました!

    http://kokucheese.com/event/index/95113/

    テーマは「雑誌」

    タイトル通り鎌倉での開催ですので、鎌倉に来られる方ふるってご参加ください。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。