【アーカイブ24】日本の活仏、亡くなる「一日一生」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【アーカイブ24】日本の活仏、亡くなる「一日一生」

2013-09-27 23:41

    約2週間ぶりの投稿となってしまいました・・・。その原因については編集後記に記載致します。
    さて、今週のアーカイブは「日本の活仏、亡くなる」と題しまして「一日一生」を紹介致します。

    一日一生 (朝日新書)一日一生 (朝日新書)
    天台宗大阿闍梨 酒井 雄哉

    朝日新聞出版 2008-10-10
    売り上げランキング : 186

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    本書は「蔵前トラックⅡ」にて2009年8月15日に取り上げました。
    リンク先は「蔵前トラックⅢ」となっております。

    本書は比叡山延暦寺の千日回峰行という荒行を2度満行した酒井雄哉氏の、人間として、仏教の修行のなかで悟った「真理」を著者自身の言葉で語っています。本書をきっかけに、生きることそのものを語った本が多数出ました。厳しい修行のなかで得たことがひしひしと伝わり、自分自身にも生きる上で大きな糧になった一冊だったと思います。

    酒井雄哉氏のこれからの活躍も期待していましたが、今月の23日、心不全で亡くなりました。本書をアーカイブとして取り上げたのは、これが要因でした。

    ―――――――――――――――――
    【編集後記】

    2週間の間、ずっとライターの仕事が詰まっており、ずっとアーカイブの記事を書くことができていませんでした。立て続けに仕事が舞い込んでおり、ブログを書く暇、あるいは書評を書く暇がほとんどありませんでした。

    僅かな時間を捻出できたとしても書評くらいしかとれず、アーカイブ記事の更新をする事ができていませんでした・・・。今後はもしかしたらどうなるかわかりませんが、なるべく週1回更新するよう努力致します。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。