ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

sinさん のコメント

userPhoto
sin
蚊は食べれる癖に
No.1
86ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
             みなさんも思い出してください。 あの夏、あの場所で、過ごしたあの思い出を・・・ ~あの日見た虫の名前を、僕等はまだ知らない~(あの虫) ・・・小3の夏の出来事 ひ「・・・くら~、おれのカブトムシ成長してんだけど!!!」 く「甘いよひーくん、おれのクリスタルロビンとクライスラーデルタはもう カブトムシの領域を超えたさ」 ひ「マジか~!!」 く「カブトムシを感じるんだよ。きゅうりなんか食わせてたらお前、 いつか水になんぞ。なんかみずみずしいカブトムシだぞ」 ひ「確かに。じゃあくらは何を食わせてるの?」 く「決まってんだろ、ゼリーだよ。」 ひ「ん~、ふっつ~やな。」 く「ばか!食いもんなんて適当だろ!!そうじゃなくてカブトムシ同士戦わせるんだよ!経験値ゲットしないとレベルなんて上がらないよ!」 ひ「そっかぁ~!やっぱくらすげ~!!」 く「あたぼーよ。ちなみに、スパルタトレーニングしてたんけど、デコピンしたら角折れたわ。シンボルなくなったから逃がしてやったんだわ。♀と間違えられてさぞかし大変だろうね。はは。」 ひ「せやな!!えへへ」 こんな会話が飛び交う訳ですよ、誰しもが経験してるでしょ 男なら。 そう、毎晩森へハチミツ塗りつけて誘うわけですよ、カブトとクワガタを! なんか違う虫もいるけど、Gとかスズメバチとかさ。邪魔しないでほしいよね。 特にG。 でもひーくんは優秀かつ熱血で、度胸があって、殺意があってだな。 なんていうんだろう んーやっぱり一番わかりやすく言うなれば アホなんだと思うんだよ。 そもそもスズメバチって、ヤバいんだよ 拳銃持ち歩いたギャング集団にケンカ売るか スズメバチの巣にケンカ売るかっていったら 考える間もなくギャング集団に立ち向かうと思うんですよ。 なんでかって、数が違うでしょ数が。しかもどっから攻撃してくるかわからないでしょ ってかフェロモンですよフェロモン スズメバチってのは、殺害するとフェロモン出して仲間がぞろぞろ飛んでくんだよ やばいだろ、ひーくん。落ち着こうひーくん。 お願いだから、長い棒でスズメバチを殺そうとしないでくれ、 そして折れた木が僕に飛んできた事絶対一生許さないわ。 ついでに目的物であるカブトムシまで潰さないでください、迷惑です。 てな感じですよ。 んでまぁまた行ったんですよ、仕込みを終えた木へ。よる。何時かしらんけど。 いる訳ね、カブとんが もう既に見えているんですよ僕の目には 捕獲ですよ ひでくんとのお決まりの会話 ひ「おおおおおおおおおおおおくらやったね!!名前は?」 く「ん~・・・レイブンジャスティスかな」 ひ「かっけ~!!おれ子供生まれたらレイブンジャスティスにする!!」 意味がわからん 大人になって思うけど レイブンジャスティス って直訳すると 真っ黒な正義 ですよ 正義でもなんでもない、悪ですよ悪 悪の塊、もう悪でしかない ほかにも クリスタルロビンとかクライスラーデルタとかいたけどさ もうクリスタルロビンじゃなくてクリストファーロビンでいいじゃないですか クライスラーデルタって、そもそもあんたどこでそんな言葉覚えたんですか 過去の僕に会えたら間違いなく泣かしてると思う。毎日。 てか、ひーくん。子供にそんな名前付けたらいじめられるの明白だし 家の表札に {田中 レイブンジャスティス} ※仮名 訪問販売もしねーよそんな家。 しかも、見分けつけんのに羽でマッキーで色つけるとかどうかしてる。 確かに見た感じではどれがどれだかわからないから、気持ちはわかるけどさ マッキーはねーだろマッキーは。油性やん。せめて輪ゴムにしておくべきだったわ。 一生の恥や。 やばい脱線した んで、妹に見せるのよ く「見て!!レイブンジャスティスていうんだぜ!!かっけくない?!」 過去いも「お兄ちゃんすごいね!レイブンジャスティスかっくいいぃ!」 く「んだろぉ!!!こいつはレベル99まであげるんだぁ~!」 過去いも「がんばれお兄ちゃん!」 かわいすぎる。妹。戻ってくれ。妹。 現いも「お兄、シネ。足臭い。どっかいけば??邪魔、てか臭すぎだから。嫌われるよ、どうにか したほうがいいよ。病院いけば?異常だわ・・」 今じゃこれだよ。デリカシーのかけらもねぇ。 おれのメンタルが家に帰るたびに壊れるんだわ。まぁ、脱ぎたての靴下を 妹の鼻に押し付けて楽しむんだけどね。はっは。妹曰く、残り香がやばいらしい。 やばい脱線した んで順調に育てていったんですよ。 レベルが56くらいになったときかな?帰ったら妹がこの世の終わりみたいな顔してんだわ いやそもそも、虫かごに2匹しかいねーんだわ。カブターズが。 過去いも「お兄ちゃん、ごめんね・・」 く「きゃああああああああああああらあああああああああ!!!!!!!?????」 過去いも「ごめん!レイブンジャスティス飛んでっちゃった!!」 く「飛んでfぁsglskhlkshdfs;ksd;hさh;j!!!!ヽ(`Д´)ノウワァァァン」 過去いも「(´;ω;`)」 く「レイブンジャスティスは今レベル56だったんだよ!!どうすんだよ!!」 過去いも「ごめん・・・お兄ちゃん・・・」 く「とりあえずもうしょうがない、森だ。一緒に行こうか!」 過去いも「うん(´・ω・`)」 いったんですよ、森へ。あの森へ。 その前に寄ったんですよ、家へ、彼の家へ。ひーくんも拉致る為に。 く「・・・妹がレイブンジャスティス飛ばした。」 ひ「なあああああああにゃああああああああ!!!!!!!!」 く「シヌしかねぇ。」 ひ「飛んであsぃglkgヵんlkhんkぁsh;!!!!!!ゥワァ─(゚`Д´゚)─ァァン!!」 お前はブラザーか。なんだその瓜二つのリアクション。やめて。 んでまぁ3人で森へ行きました。 いつもの木見ると、既に僕の視界に入っているんですよ、チェックメイトしてる訳です。 く「ふふふ、妹よ、見ていろよ。このゴッドハンドパワーで、このクワガタの♀はゲットしたるわ」 過去いも&ひ「お兄ちゃんがんばれ!!」「くら、ファイツ。」 なんでひーくんお前クールやねん。 おれの手が木に伸びる、あと5cm。気付かれてはいない、いける!! ・・・なんかヌメってんですよ。そして早いんですよ、足のバタバタが なんだろう、とにかく早い。若干ブレてた、速すぎて。止まって見える寸前だった く「あらああああああああああ!!!!!!!!!!!!」 ひ「どうした!!」 うん、Gだったんだよね。コレ。クワガタの♀でもなんでもない。Gだったんだ 地面に叩き付けたかったですよ。でも想像してください もし、今あなたの親指と人差し指がGを挟んでいたら?正常な判断下せますか? ・・・無理ですね。 超現実的で、戦略的で、正確且つ明確で、簡潔で、清楚系で、 リアルで、太陽光発電的な言葉で言い表すのであれば 「もうダメぽ」 そして登るんですよ 僕の艶やかな腕を。Gが腕を登ってくる恐怖。 毛虫がなんですか。モグラがなんですか。キムタクがなんですか。 そんなのよりもこっちのが最強に異常な展開なんだよ、この現実。 気づいたら森の外にいました。多分、速かったと思う。おれの足。 そんときだったら50m走 4秒は切れたと思う。それくらいに。 とりあえず、帰ってクリスタルロビンとクライスラーデルタは虫かごごと 森へ捨てました。 それ以来、僕は虫恐怖症です。ハエでも無理ぽ。
くらんま通信
過去の甘い思い出等綴っていきます