• 【雑記】SNS時代のコミュニケーション

    2020-08-27 12:001



    表題について、思ったことについてまとめておきます。

    人は本質的に自分の見たいもの、信じたいものしか見ない。”見ない”というよりかは、受信をしない。
    そして、そうでないものも見ようとするのが「知性」で、そうでないものも受信してしまうのが「感受性」ではないだろうか。
    ――私の友人



    ◆SNSはディスコミュニケーション化している?
    バチャ豚な私は、最近になってTwitterで推しの人にたまにリプを送ったり、リストをやっと作ったんですね。そしたらタイムラインがもうVの人一色に染まったんですよ。これめちゃくちゃビックリしたんですよ。
    「そういや、今日Twitter半日くらい見てなかったな~」って思って開いたら、タイムラインの一番上に「4時間前に●●さんが☆☆ってつぶやきました」みたいなの毎回出てくるようになって、泡吹いたんですよね。

    SNS上では、「お互いに見せたいものを見せる」って言うだけではなくて、システムによって最適化されたフィルタリングが掛かっていて「お互いに見たいものを見る」というような、双方の合意がなされたコミュニケーションがシステムに管理され行われてる。その極地だって実感したんですね。

    こう、エコーチャンバー現象しかり、めちゃくちゃ偏った意見の人たちが出てくるのって、こういう事なのか・・・!だからこうよく皆が「偏った人の意見を耳にするときは、逆側に偏った人もチェックして、中立を保つように心がけないとダメ」って言ってた意味がよーく分かったし、アカウント何個も使い分ける必要ってなくない?って思ったけど、そういうことか・・・!ってめちゃくちゃ納得しました。

    その果てに思ったのが小題につながるわけですが、そこまでシステマチックに管理されたコミュニケーションとは、本当にコミュニケーションといえるのか?
    そもそも、自分と言うフィルタによって言いたいことを制限し、そしてシステムによって見えるものを制限し、そして受信者が率先して見たいと思った発言のみを抽出していく。
    もはや、誰かとのコミュニケーションを行うツールではなく、自分にとって都合のいい意見を汲み取るだけの装置、ディスコミュニケーション化しているじゃないか!と感じました。

    そのような合意が最適に行われるようになったのは、以下エントリで述べている、「潔癖化」の象徴でもあるような気がしています。
    ●【雑記】僕たちが「死にたい」と呟く理由
    https://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar1929300


    ◆僕たちは既にアバター化をはじめている
    そうした、「お互いに見せたいものを見せる」「お互いに見たいものを見る」と言うことが当たり前となった現状で、僕たちがどうなったかと言うと”アバター化”が進んだんだなと感じました。

    何が言いたいのかと言うと、こう普段我々が生活している時にいろんな顔って持っているじゃないですか。「家族との顔」「会社での顔」「友達との顔」と言うように”ジョハリの4つの窓”しかり、色んな側面を我々は持っている。それがインターネット上では実際に現実で会うワケではないので、ロールしやすく特に強く出ている部分だと思うんですね。

    わかりやすい例で言えば、少し前に流行った「○○のアライさん」と言うアカウントが物凄く増えた時ありましたよね「アニメ、けものフレンズに出てくるアライさんになりきる」と言うのが、当時流行ってタイムラインを賑わせた人もいるんじゃないかなと思います。

    そこに関係のある身体性とコミュニケーションについては、以下エントリで述べているので、合せて読んでいただけると嬉しいです。
    ●【雑記】オンライン飲み会をやって思ったこと
    https://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar1894625


    ◆アンマテリアルの空間でのコミュニケーション
    そして、身体性と言うのがやっぱり重要だよね。と言う事を「【雑記】オンライン飲み会をやって思ったこと」のエントリで述べている私は、インターネット上でも身体性の確保に回帰する必要があるんじゃないか?と言うトコに着目して、私はユメノグラフィアと言うサービスに足を運びました。そしたら、抜け出すことのできない沼でした(白目

    ●【趣味/VTuber】ユメノグラフィアに行ってみた
    https://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar1895124

    VR機器やセンサーを駆使し、擬似的に身体性を得る。手の動き、視線、顔の表情、言葉の抑揚、そういったモノが表現されれば、アバター化の壁は取っ払うことができるのではないかなぁ?と思ったのだけれども、どうもそう言うのとはちょっと違う感じがしています。

    まぁ、そりゃ、マテリアル化された世界でも、「家族との顔」「会社での顔」「友達との顔」と言うように使い分けは誰しもがしているわけで、それを取っ払ったコミュニケーションができるかどうかと言うと難しいし、そもそも、アンマテリアル化されたインターネット上でのコミュニケーションだからこそ、できるコミュニケーションもあるんですよね。

    だから、アバター化されることが本当に悪いことなのか?この最適化されたコミュニケーションが悪なのか?と言われると、それをアンマテリアルな空間に求めると言うのはそもそもの前提が違うよな。と言う感じがしているんですよね。
    まだ上手く言葉になっていないんですけれども、身体性を満たそう!と言う、前提にある考え方が自体が間違っていて、もっと違う方向性を伸ばして行くべきなんだろうなぁと考えています。その答えを得るために、もっとユメノグラフィア沢山行くしかねぇよなぁ?!?!


    ◆”怒り”の廃棄処分場所となったSNS
    「【雑記】僕たちが「死にたい」と呟く理由」と言うエントリで、今の世の中は非常に潔癖化が行き過ぎている。と言うことを私は述べました。
    潔癖化によって何が齎されるのか?と言うと、各々が持っている怒りの弾圧だと思うんですね。怒るのはよくないことだ、非生産的だと、怒るに怒れない潔癖化の圧力が掛かっている。

    じゃあ、その個人が持っている不満や怒りが、どこにぶつけられるかと言うと、匿名で気軽に発言ができるSNSだって気がついたんですね。
    なんだかここ最近のSNSって些細なことでも炎上だの何だのしてるじゃないですか。

    コロナ君の影響とかもあって、皆の精神状態が変になっていたり、ギークの持つ道具から一般に普及して、頭の悪いやつが~云々wみたいな側面って言うのもあると思うんですけれども、それ以上に、皆が持っている行き場所のない怒りが、インターネット上での分かりやすい悪と呼べる事に矛先を向ける事で、個人が持つ怒りが廃棄処分されているような、そんな場所になっているような気がするのです。


    ◆高速化するSNS
    やっぱり、SNSでの流れと言うのは本当に早いんですよ。ものの数時間で知らない世界になってしまう。んで、そこについていくと言うのはどうしょうもないくらい大変で、時間的なコストと得られるリターンと言うのがそんなに無いんですね。

    そして、そのような流れで自身が発言する。と言うのは物凄く気軽ではあるのだけれども、どこかで自己の考えの静止点を取りたい。
    今年はもう絶対にブログ更新しないぞ!今度更新するときはプラットフォームを変えて本格的にやるぞ!と言う意思があったのですが、ここに戻ってきたと言うのは、自身の持つアーカイブ性に価値を感じていて、過去の自分との対話をする場所として、ここに残したいなぁと言うような意図があったりします。まぁ、余談ですね。

    はてさて、話を戻しまして、ではそのようにしてアバター化し、高速化していくインターネットで、私達は、どのようにしてコミュニケーションしていけばいいんでしょうか。なんとなく、私がここ最近考えて掴めたことを文章にしたためてみましたが、その答えはまだ得られていません。
    その一つのポイントとして、区切りとして、静止点として。この場に今、書き残す。と言うことがせめての、今僕に出来るたったひとつの冴えたやりかただと、考えています。





    そんなかんじで。
    おしまい。

  • 広告
  • 【雑記】僕の痛いオリキャラを供養する

    2020-08-20 12:001

    Fate/stay night [Heaven's Feel] 3章を公開日に見て、墓地に送ったはずの10数年前のオタクの僕がニコニコと”リビングデッドの呼び声”で墓地から特殊召喚され、さらに下記の配信をみて、ぼくの痛いオリジナルキャラクターまでもが”ブレインコントロール”によって脳裏に蘇ってきたので、再度供養することに決めました。
    記憶もだいぶ薄れて設定思い出せない部分がありますが、だいたいこんなんです。
    六根清浄!六根清浄!

    ●【#痛いオリキャラカードバトル】【ホロライブ/宝鐘マリン】
    https://www.youtube.com/watch?v=f6tYhNzIQwg




    名前:クラム
    異名:スカーレット、紅腕のクラム
    設定:西の大国●●の<<英雄創生計画>>の実験体の失敗作で、ただ一人の生き残り。
    本来は<<英雄>>を人工的に作り上げる<<英雄創生計画>>だが、<<英雄>>見込みが無い実験体に対して、強引に魔力耐性を引き上げる施術を行い、安価な<<呪い>>を身体に打ち込む事によって、使い捨ての戦闘兵を作り上げようとした。

    成功例も無く、コストが掛かる事から<<英雄創生計画>>は計画停止が決まった。
    彼は本来なら廃棄処分となるところ、実験施設を抜け出す事に成功。実験施設にいたその他の者がどうなったのかは分からないまま、彼は東の帝国★★に身を預ける事となった。
    西の暗部から狙われる機会をへらす為、★★では、目立たないように傭兵活動を行い、日々の金銭を稼いでいる。

    彼の左腕に埋め込まれた<<呪い>>は指先から肩まで、禍々しい黒ずんだ刻印となり、身体に刻みこまれている。<<呪い>>は意思を持ち、常に寄生者を殺そうと企てる呪腕。
    呪腕は聖骸布を腕に纏う事によって、意思の制御が可能であるが、<<呪い>>の影響は確実に寄生者の身体を蝕み、長く生きる事は出来ない。
    また<<呪い>>により、魔法行使に必要な<<精霊>>との会話が出来ない為、魔法を使うことは出来ない。

    彼の身体は、強引に引き上げられた魔力耐性により、低ランクの術式や濃度の低い魔力は雲散霧消する。また高度な術式や濃度の高い魔力に対しても、減衰させる効果がある。
    <<呪い>>は寄生者の身体能力を強化し、その足の速さ、身のこなしは身体強化の術式を纏った戦闘兵を上回る。

    左腕に刻まれた<<呪い>>は左腕を伸ばした先、おおよそ半径2m程度が効果範囲であり、その<<呪い>>は、防御結界や護符をも容易く貫き、対象を消失させる不可視のカマイタチを放つ。その<<呪い>>の真の姿は<<悪魔>>である。

    後に東西南北4つの国を東と南、北と西、2つの陣営に分かつ大戦で、彼はシルフィーナにより巻き込まれ、そして目まぐるしい活躍を見せた。身体が返り血で赤く染まるその姿から、”紅腕のクラム”や”スカーレット”と呼ばれるようになった。
    その大戦で<<呪い>>を酷使した結果、左目と左耳がほぼ機能しなくなった。



    名前:シルフィーナ
    異名:わすれた
    設定:先天的な魔力量が尋常ではなく、その膨大な魔力量が身体に影響を与えアルビノとして北の国の皇女として生まれ落ちた。
    個人が保有する魔力量だけではなく、世界に満ちる魔力を扱う事もできる。<<精霊>>に愛されているだけではなく、天性に持ち合わせたカンにより、他国の魔法を一度見ただけで複写することができる。その力の正体は<<女神>>

    うんぬんかんぬん



    名前:クロガネ
    異名:わすれた
    設定:剣術<<六花>>を扱う太刀の担い手。その太刀筋は肉眼で捉えることはほぼ不可能な速度を誇り、身のこなしも身体強化の術式を込めた戦闘兵を軽く凌駕する。
    本来であれば、彼は<<精霊>>を使う事もできるが、何かに頼ると言うことが彼の本質として苦手であり、彼はただ己の力を信じ、剣術と体術のみを磨き上げた。

    彼は、数多くの歩法を習得しており、自身の存在を人の認識の外にズラすことや、相手との距離を一歩にして太刀の射程圏に収めたり、逆に距離を取ったりすることが出来る。
    <<六花>>は、その名の通り”6つ”の剣術から成り立つ。南の小国で生まれた剣術である。
    彼は、正しくなんの力も持たない<<人間>>である。

    うんぬんかんぬん



    せかいのおはなし:
    ”神様”は一つの世界に”悪魔”と”人間”と”女神”を作りました。
    悪魔はゲラゲラと笑いながら女神をいつもいじめていて、女神はいつも泣いていました。
    困った女神は人間に助けを求めました。ですが、なんの力を持たない人間は悪魔に立ち向かうことは出来ません。そこで人間は女神に仕える”精霊”の力を貸してほしいとお願いをしました。

    女神は少し考えましたが、悪魔がいじめる事が無くなればいいなと、そのお願いに女神は答えることにしました。人間は、精霊の力を使い悪魔をこらしめることが出来ました。悪魔が女神をいじめることは減り、女神は喜びました。
    女神はお礼に精霊の力を人間に与える事にしました。人間は喜びました。

    しばらくした後、人間はその精霊の力を使い、悪魔の撲滅をはじめました。悪魔はみるみるうちに力が弱り、一人残らず人間に駆逐されてしまいました。悪魔の撲滅をした人間は”英雄”と呼ばれ、人間の憧れの的になりました。

    悪魔がいなくなって、人間が悪魔のような暴虐を振るうようになったことを、女神は悲しみ、泣きました。悪魔がいなくなったことを、自分の責任だと思った女神も次第に力が弱り、一人残らずいなくなりました。

    最後に世界に残ったのは、人間だけが住む世界でした。



    東西南北の4つの国の設定と、上記「せかいのおはなし」に出てくる”悪魔”と”人間”と”女神”の役割を持つ3人の登場人物がメインに出てきて、恋愛感情もあったりとかそれぞれの国の背負うものがあるとか、色々複雑だね~。って言う、そういう剣と魔法の世界。

    学生時代に書いてた小説の当時めちゃくちゃ自信のあったネタのヤツなんですけど、だいぶうろ覚えなのと、もうこれ以上思い出すのは、書いているこっちも辛いので、ここまでにします。
    自分のハンドルネームのキャラを主人公にするのと、なんか実験体の呪われちゃった系男子が明らかに黒歴史だし、もっと設定を深堀りしていくと露骨にFateと終わりのクロニクルの影響受けているのが分かってしまって、目頭が熱くなってきますね。




    供養を、、、供養を、、、お願いします。(吐血)
    そんなかんじで。
    おしまい。
  • 【趣味】オタクが食事制限でダイエットした話

    2020-08-13 12:003



    昨年から登山をはじめて、ほぼ毎月どこかの山に登っています。その登山を快適にするために、ダイエットして身体を軽くしよう!と昨年から食事制限をはじめました。
    その記録をエントリとしてまとめておきます。自分の感覚でやってきたので、微妙かもしれませんが、ダイエットとかに興味がある人は参考になるかも?しれません。


    ◆スペック
    身長:186cm
    体重:94kg(12月頭) → 86kg(8月頭)
    年齢:30代前半
    骨格:外人みたいにガタイがいい。
    体脂肪率:今15%前後


    ◆方針
    前に運動でダイエットした際(下記エントリ参照)は運動に飽きて辞めたら速攻で、戻ったんですよね。

    ●【雑記/艦これ】"艦これ"のおかげで、私はニート脱出できました!
    https://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar898028

    そこから、食事制限で、かつ継続ができるようにゆるい制限を掛けよう。それで体重を減らせる生活を身に着けよう!と言う方針にしました。


    ◆食事内容
    朝:ヨーグルト、くるみ
    昼:プロテインバー、野菜
    夜:自由

    最初の頃は昼も結構自由で、とりあえず、朝は必ず上記を守り、次第に昼も上記に合わせました。
    >腸活+ケトジェニック
    の方向性を目指したかったんですよね。

    また、本当にストレスとかでダメな時は、ルール無視して好き勝手食べてもいいことにしています。
    やっぱり、ストレスも体重に影響してきますし、身体にできる限り負担を与えず、「継続する」事が第一目標でその先に「痩せる事」を意識する感じでやりました。

    朝と昼は糖質を抑えて、できる限り乳製品や食物繊維が取れることを意識しています。
    夜を自由にしたのは、朝はちゃんと食べれない。昼は、血糖値スパイクで仕事の能率が落ちることを避けたかったので、夜を自由にしました。

    また、昼の野菜は根菜類を避ける事を意識しています。
    ※根菜系は糖質が白米と変わらないレベルで高い為。
    ドレッシングも糖質が結構変わるので、注意が必要です。

    頭をゴリゴリ使う仕事なんで、日中帯に頭が働かないなぁって思った時とかは、遠慮なくラムネとか食べてます。

    夜は、本当に自由で好きなものを食べますが、睡眠時間の3、4時間前はなるべく食べないようにしています。睡眠中に胃の中になにかあると言うのは、胃腸に負担が掛かり、睡眠の質に影響があるからです。

    また、食事としてちゃんと満腹中枢が刺激される15分は掛けるようにゆっくり食べる事も大切ですね。早食い性質なんで、あまり出来ていないですけども。


    ◆飲み物
    飲み物は基本は一択で軟水の水にしています。
    一日に飲む水分量をノルマを超えられるように管理を行うためです。

    カフェインは利尿作用があるので、お茶と、コーヒーは避ける。また、硬水になるとミネラルが多いので、避けるようにしました。元々、私は水がめちゃくちゃ好きなんで、全然このへんも苦ではありません。


    上記の食事内容、飲み物に関しては、私はFitbitと言うスマートウォッチを使っていて、食事の大体のカロリーと糖質量、飲み物の水分量を記録し、日々の生活で「消費されるカロリー > 摂取カロリー」の状態をなるべく維持することを行っています。
    身体が糖質を求めている・・・!ってなった時はもう無視してケーキとか食べます。前回あんなエントリ書いときながら機械に管理されてる。ここ最高のツッコミポイントです。


    ◆ストレッチ
    できるだけ毎日ストレッチを行うようにしています。
    時間は15分とかで、youtubeに転がってるやつで、自分が続けられるなぁ、このへんが凝ってるなぁ、って思ったやつを調べて、軽くやってます。

    ほんと、「肩甲骨はがし ストレッチ」、「足のむくみ ストレッチ」とかで検索すると死ぬほど出てきます。
    その中でも、この行動を1分、3セットやってください!とかあると思うんですけど、それしんどくね?ってなったら1分を1セットで終わらせる。

    とにかく「継続する」ためにめちゃくちゃハードルを下げるようにしています。そしたら、ズボラな私でも続けられますね。
    それが、体重に直結するかって言われたら微妙なんですけど、コリがほぐれるおかげで、睡眠の質が単純に上がるんで、新陳代謝とかなんかよくなって、体重にも影響してるんじゃないかなって思ってます。(てきとう


    ◆最後に
    そもそも肥満気味だったのが平均になっただけなんですけど、とにかく継続するって言うのが大事なんだなぁって言うのがほんとよく分かりました。
    習慣化してきて、そしてそれが負担とは思っていない日常になったので、いいところに落ち着いたなぁと感じています。
    実際に最近の登山をやっていて、この体重の差は大きいなと実感もしています。もうちょっと経験値が上がれば中級者から先の山への挑戦ができそうです。

    コロナで時差出社、リモートワークとかになった時はグチャグチャになって体重が停滞していたんですけれども、最近は食べる量も結構増やしているのに、なぜか体重は落ち始めているので、身体が上手く作り変わってきたのかな~と感じています。
    ここから、さらに運動とか行う時間を割いていければ、運動をバリバリにやっていた頃くらいまでの水準まで、体重が落とせるかもしれませんね。

    余談ですが、痩せてるけどお腹がぽっこり出ているような人たちは、プランクと言う運動をおすすめします。(ぐぐったら色々出てきます)
    腹筋周りの筋肉が落ちていて、内蔵が支えられずお腹がぐにゃぁってなっているみたいなのがあるみたいで、ちょっと腹筋まわりの筋肉を付けるとお腹がシュッとするみたいです。姿勢もよくなるでしょうし、道具も必要なくてほんの数分でできるので、気になる人は一週間ぐらいやってみてはいかがでしょうか。





    ダイエッターのプロの方々、ズボラな私でもできそうなヤツ、あればコメントください。



    そんなかんじで。
    おしまい。