ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【雑記】私が考える「生産性のある会話」と「責任」について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【雑記】私が考える「生産性のある会話」と「責任」について

2014-07-04 12:00
  • 42
私がよく使う言葉に「生産性のある会話」と「責任」があります。
私が考えるその2つの言葉の意味について、お話したいなと思います。

イメージしやすい例題として”仕事”を上げます。
登場人物としては、労働者と上司を用意させて頂きます。

まずは「生産性のある会話」について。
労働者が複数の案件を持っていて、仕事が凄く忙しい!
その時に上司が新しい案件を持ってきて、これもやってくれと労働者に対して言います。
ですが労働者は現状の案件で手が一杯で、もうこれ以上の案件は持てません。くたくたです。
そうして労働者は「無理です」と声を上げるでしょう。
ですが、そうやって無理!と否定ばかりしていては平行線で、話は先に進みません。
そう言った時は「では一体、何故無理なのか?何故そう思うのか?」と一歩先に進んで会話をしましょう。
人を増やせばできるのか?今ある案件は他に出来ない人はいないのか?それとも他の人に新しい案件を任せられないのか?今ある案件の作業効率を上げたら、新しい案件も出来るのか?
考え方は色々あります。それが私の言いたい「生産性のある会話」です。

次に「責任」についてお話します。
労働者が負うべき責任は、そう言った「無理なら無理!でもこうしたら新しい案件もできるよ!」と出来る事、出来無い事、出来無い事に対してこうしたら出来るようになるよ。と上司に「発言する責任」がある。
上司が負うべき責任は、その労働者が出来ない事に対して、こうしたら出来ると言う提案を受け止め、「調整をする責任」がある。
そのように私は考えています。


つまり
1、現状の問題点を上げる。
2、その問題点対する解決方法を仮定する。
3、仮定した解決方法を実践する。
4、効果が出ているのかチェックを行う。
  出ているのであればオッケー、それを継続する。

  →出ていないなら、別の解決方法を考える。
と言うサイクルをしっかり回すべきなんですよ。問題を上げること、その問題点に対して解決すること。いわゆる結果に結びつく過程に焦点を当て、他人と言葉を交わしコミュニケーションを取ることや、それに伴う行動を起こそう!と言う事です。


話した内容について責任うんぬんなんて、そんな事はなかなか出来るものじゃない。
責任として各人が負うべきことは、ただ頭ごなしに否定をするのではなく、その理由を述べ、その上で「こうしたら出来るんじゃないか?」「こうしたら改善されないか?」と、話し合う事だ。と私は考えています。
それが私の言いたい「生産性のある会話」と「責任」について、です。

その為にはまず「人に文句を言う前に私自身はどうなのかな?」と考えよう。
近頃はTwitterやSNS、動画配信サービスによるコメント等、短い文章で発信できる場が多く「何故そう思ったのか?」「何故そう感じたのか?」と言う”理由を考えない人”が非常に増えてきたのではないかなと私は考えています。


まとめると、
言葉で殴りあうんじゃなくて、ちゃんと言葉のキャッチボールしようぜ!って事です。


そんな感じで。
おしまい。
広告
他32件のコメントを表示
×
PCDAサイクル
まあ基本の「き」だよ
86ヶ月前
×
>今ある案件は他に出来ない人はいないのか?
今ある案件は他に出来る人はいないのか?
或いは
今ある案件は他の人では出来ないのか?

ネットだけはないけれど 吟味されていない日本語が増えていると思う
86ヶ月前
×
スタンドプレーから生じるチームワークでもいいんじゃないかな
86ヶ月前
×
上司が職務放棄してるに近い状態で部下に解決策を求めてるとしかみえないんですが。

権限だけが強くて管理能力に乏しい上司しかいないのが問題としか思えない。
86ヶ月前
×
>momo さん
それも一つの真理ですね。
結局いくら考えたところで、行動に移せていないと意味が無いんですよね。
86ヶ月前
×
>ペロペロ さん
そうですよね。
年功序列とか色々と無駄だなーって言う仕組みがあるので、そこから改善していくことが真の生産性に繋がると思います。
86ヶ月前
×
>ガチムチ兄貴 さん
正しく仰るとおりです。
この基本をしっかり回すことって大切だよねーって事伝えたかったです。
86ヶ月前
×
>バお さん
あら、たしかに間違えてましたね。
ただ、私がこの記事で伝えたかったのは、会話のキャッチボールしようぜって事なので。
その本質を理解していただけたらなーって思います。
86ヶ月前
×
>ぽそ さん
それカッコイイですね!その考えはなかった。
そう言ったチームワークも確かにありですね。
86ヶ月前
×
>frist さん
あくまでもこれは例題であり、特に内容について深く考えていません。
私が伝えたい本質は、会話のキャッチボールをしようぜって事です。
86ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。